うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

オシャレなデザインと伝統手法のマグ

自分の器展から今日ご紹介するのは、
佐藤大寿さんの灰釉ロングマグです。

17_mycup_1240.jpg

佐藤さんは焼き物の里である会津本郷で生まれ育ち、
会津本郷の伝統的な手法を見つめながらも、
今の器をして生き生きする器を作くられています。

17_mycup_1239.jpg

ご紹介するマグなどはその良い例になります。
伝統的な土と釉薬が生み出す表情は、
明治大正昭和の民芸作品によく見たものです。

17_mycup_1241.jpg
佐藤大寿 灰釉ロングカップ 2,700円
径10cmH9.5cm


そこに大寿さんらしさのデザインを加えていて、
現代の利便性や使い勝手の良さを持った器になっています。
しっかりしたハンドルは手に馴染み、
特著的な口端は口当たりが良く、
飲みやすいデザインになっています。

17_mycup_1242.jpg

会津本郷の鉄分を程よく含んだ土と、
自然灰で調合して釉薬が、
しっかり焼かれて解け合い反応しあった表情には、
禾目(釉が縦に流れる表情)や白濁や青みがかった溜まりが、
一つずつ個性を見せて、
飽きのこない味わいになっています。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

ゆったりサイズの飯碗

自分の器展から今日ご紹介するのは、
久保田信一さんの見込みが深く、
たっぷりサイズの灰釉飯碗です。

17_mycup_1300.jpg
久保田信一 灰釉碗 2,808円
左:径13.5cmH6.7cm
右:径13cmH6.7cm


コロンとした碗型で見込みが深いので、
手に馴染み持ちやすいく、たっぷり入り、
程よく入れて300ccほどです。
男性の茶碗向きですが、
女性なら小丼によいサイズです。

17_mycup_1302.jpg

灰を基本にして調整した釉薬を還元焼成して、
灰の中に含まれる鉄分を綺麗な緑に発色させています。
窯の置き所でちょっとして炎の雰囲気や温度の違いで、
素地の鉄と解け合い方や釉調が変わるところは、
久保田さんの灯油の窯の窯変になっています。

17_mycup_1303.jpg

灰や土からの鉄分が基本の自然な発色の緑なので、
ご飯はもちろん、食材を美味しそうに映えさせてくれます。
となれば、手に持って食べる鉢にもと思えてきます。

17_mycup_1304.jpg

久保田さんの器は普段使いが基本コンセプトなので、
フォルムは美しく有りながらも使い勝手を殺さないデザインです。
この飯碗も大きめの高台で安定感があります。
鉢としても十分に使えて、
取り鉢やちょっと盛りにも使えます。

特別な華やかさを持っているわけではないのですが、
手元でよく使い出番が多くなるほど、
味わいが増して愛着の涌いてくる器に仕上がっています。

                 甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

育てる楽しみが味わえる汲み出し

自分の器展から今日ご紹介するのは、
藤田佳三さんの粉引汲み出し碗です。

17_mycup_1202.jpg
藤田佳三 粉引汲み出し 2,730円
径10.5cmH6cm 程よく入れて140ccほど


粉引は桃山時代に渡来した手法で、
粉引は素地の上に白い化粧土を施して、
その上に釉薬がかかっています。
この化粧土が使うことで変化していく様を楽しむ器です。
当時の侘びの美意識から愛されて、
綿々と続いて作られています。

17_mycup_1203.jpg

藤田さんの粉引は普段使いの器でありながら、
生がけという、ロクロで挽いた素地を乾燥させて、
素焼きをすることなく化粧土を施します。
タイミングが悪いと”かちかち山”のタヌキさんの泥船のように、
バラバラになったり、後から傷も出やすいのですが、
焼き上がった時の粉引の表情が違い、
柔らかく、ぬくもり感のある粉引になることを、
大切に思って生がけになさっています。
丁寧な器作りには頭が下がります。

17_mycup_1204.jpg

粉引の使っての変化は器一つずつ違います。
同じ窯から出来上がっても同じにならないですし、
不思議なことに使い手でも変わります。

17_mycup_1205.jpg

湯茶が染みこみ雨漏り手と言われる景色になったり、
釉薬のヒビが見えてくる貫入などの、
侘びの変化を楽しめます。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

次のページ

FC2Ad