FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

初春

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
荻窪はよく好天の三が日で穏やかな新春を迎えました。

18_12_fujita_0439.jpg
18_arakawa_0185.jpg
18_chujo_0271_20190103102840961.jpg
18_mimata_0071_20190103102704a02.jpg

明日1/4金から営業いたします。
5土、6日は御予約不要です。
吉祥文様など初春をことほぐ器を、
取り揃えてお待ちいたします。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

華やぐ冬のうつわ展がより華やぎました

開催中の華やぐ冬のうつわ展に、
藤田さんからの荷が届きより華やかになり、
応援隊到着という感じです。

18_12_fujita_0531.jpg

赤絵、染付色彩、紅安南、染付、瑠璃釉、飴釉と、
少しずつですが多彩な藤田さんの器が、
わかりやすく華やかな展示になりました。

現在急いでHPにアップすべく作業中です。
藤田さんファンの方もう少しお待ちください。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

秋の収穫に思える器

今年も光藤佐さんの個展が今日からはじまります。
穴窯からとれたての旬な器が届きました。
秋の収穫に思える美味しそうな器ばかりです。

18_mitufuji_0006.jpg

光藤さんが使っている穴窯(あながま)は、
皆さんもなんとなく耳にしたこととがあると思う、
登り窯(のぼりがま)と同じで薪を燃料にして焼く窯です。

18_mitufuji_0069.jpg

薪の調達は廃材の梁や桁(松材)を手に入れて、
光藤さん一人で切断し、割って薪にしています。
*梁や桁は木造家屋の構造材で柱が縦材で横材で、
曲がる力に強いこと重要なので松が多く使われています。

18_mitufuji_0194.jpg

もちろんロクロ挽き、釉薬作り、絵付け、施釉、窯詰め、
そして窯焚きも全て一人でやっています。
大変が作業なのですが、光藤さんによると、
慣れてくると力仕事なども流れでこなせてくるそうです。
それでも大変なことだと思うのですが、
何より本人が楽しくて仕方ないことが、
一番のエネルギーになっているようです。

18_mitufuji_0171.jpg

一房(単房=窯の焼成空間が一つ)の穴窯は、
焚口の手前と奥など温度や焼成炎が異なりますが、
それを読み込んで適正な場所へ窯詰めや焼成で補い、
サヤ(灰がかからないように作品を入れる器)を使わずに、
直に窯詰めして灰が降りかかることや炎で焦げることを、
窯変として目一杯楽しんで焼き上げています。

結果白くない白磁や粉引で出来上がっています。
これがいいんです。
見た目も器好きにはたまりませんが、
何より料理映えするんです。
なんでも美味しそうになってしまう器です。

今年はあえて会期を長くしました。
ぜひせひお出かけになって手にとってみてください。

                   甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

次のページ

FC2Ad