うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

ざっくりした粉引が美味しそう

今日ご紹介する美味しそうな器は、
ざっくりした粉引の表情が美味しそうな、
小野寺友子さんの粉引鉢です。

16_open_0919_20170922101151d51.jpg
小野寺友子 粉引鉢大 5,400円
径22cmH7cm


通常の粉引のように、
白化粧泥に浸すのではなく刷毛で化粧がけして、
粗い素地にとの相乗効果で、
下地の石や刷毛目あとが見え、
白化粧にモダンな火間が生まれたいます。
*火間:粉引の景色で、化粧土や釉の抜け。

16_open_0920_2017092210115390a.jpg

このざっくりした表情からは、
手作りのお菓子や総菜にあるような、
温もりや親しみが感じ取れて、
量産品にはない美味しさにつながります。

16_open_0921_2017092210115401f.jpg

フォルムも伝統的な兜鉢をリスペクトしながらも、
小野寺さんらしくどこかモダンで、
洋の器の合理性も受け取れます。

そのため和の食材だけでない、
グローバルな今の食卓にぴったりで、
料理をかかえて美味しそうに料理映えする、
日常使いの美味しい器になっています。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

モノトーンの鉢なのに美味しそう

開催中の美味しい器展から今日は、
久保田信一さんのモノトーンの文様の、
鉄流描盛り鉢をご紹介します。

17_oishii_0827.jpg
久保田信一 鉄流描盛り鉢 7,000円
長石釉白土 径21cmH8cm


色彩がないようですが、
黒でも真っ黒ではなく、白も真っ白ではなく、
厚みのある釉調で美味しそうな仕上がりです。

それは鉄での発色や長石主体の釉薬など、
天然素材が中心で作られていて、
それらを芯までしっかりと焼き切っているからこその、
美味しそうなヤキモノに仕上がっています。

17_oishii_0828.jpg

また鉄彩による文様も、
絵筆であがいたのではなく、
流しなけることで描くことで、
より自然の風景や素材のような表情になり、
モノトーンでコントラストがはっきりしているのに、
どこか温かみのある表情になっています。

この盛り鉢の大きさがまた頃合いです。
炒め物、煮物、サラダなど一緒盛りが映え、
美味しそうに取り分けられてあっという間にからになる、
そんな映像が思い浮かぶ美味しそうな盛り鉢です。

               甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

和のリム皿が美味しそう

開催中の美味しい器展から今日は、
久保田信一さんの渋めだけど盛り映えする、
縞柄平皿をご紹介します。

17_oishii_0817.jpg
久保田信一 縞柄平皿 3,024円
長石釉 径20cmH2.5cm


リム皿のフォルムの陶器の皿で、
リム部分に鉄で調整した絵の具で下絵され、
たっぷりの長石釉を施してしっかり焼かれた、
和皿ならではの深みある表情が、
美味しそうな仕上がりです。

17_oishii_0818.jpg

洋皿としても和皿としても、
また中華やエスニックと、
グローバルな食材も美味しそうに映えて、
日常から晴れの食卓まで幅広く使えます。

重なりもよく、丈夫です。
陶器なので長く使って行くことで、
しっとりと侘びていき、
また違った味わいの美味しい皿になっていくのも、
陶器ならでは楽しみです。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

次のページ

FC2Ad