うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

甘庵 器はなしの会

ブログでは、重ねて書いているのですが、
最近本やWEBで「器の使い始めは煮る」などという、
間違いと思えることが流布していたします。
また、漆器などへは、相変わらず誤解も多く、使えないなって思う方もいらしゃいますね。
ブログではそんなことを、"うつわ屋"としての立場から、お話してきました。

今までお話してきたことですが、
器の使い方や、選び方、知っていると得するちょっとした知識を、
今回はもう一歩進めて、
皆様に直にお話する機会を設けることにいたしました。

たとえば、実際に数年使った粉引や陶器を、同タイプの未使用のものを、
手にとって比べていただいたり、
磁器、せっ器、陶器を比べて違いを、
実物で納得していただいたり。
出来れば、そうした器でお茶の一杯もお出ししながら、
同じ高さでお話出来たらいいかなと思って企画しました。
やっぱり器は使うと楽しと言うことを、お話したいと思います。
ひとりでも多くの方に聞いていただきたいので、
是非お気軽に、ご参加ください。

甘庵 器はなしの会 のお知らせ
4月7日(金)~4月18日(火)
「お酒のうつわ」展の会期中毎日、
器のお話会をごくごく気軽に催します。
やきものやガラスや漆器の使い方、選び方、作りかたから、歴史まで、
聞いてくださる方と一緒に広がっていくサロンのように、
皆さんからの質問や疑問に答えながら、
楽しく交流しながら小一時間、お話しできたらと思っております。

4月7日から11日までは、毎日2時と4時と6時(9日はナシ)。
やきもののお話を中心にお話します。

4月13日から18日までは、毎日2時と4時と6時(16日はナシ)。
漆器やガラスお話を中心にお話します。

どなたも無料で参加できますが。
そうたくさんの方のご希望が重なると言うことは・・・ないと思いますが、
狭い店なので数人ずつ、
気楽にお話したいと思っていますので、できるだけメール等で、
お申し込み頂ければ幸いです。
お友だちやお知り合いをお誘いあわせて、
ぜひ、お出かけください。
料理教室、陶芸教室の方などグループでの参加も、
お受けいたします。代表者がお申し出ください。

メール:ginka@netlaputa.ne.jp
TEL :03-3393-5091
会場  :東京都杉並区荻窪5-29-20 1F
             荻窪「銀花」
URL :http://www.netlaputa.ne.jp/%7Eginka/
(地図などの情報がでています)

甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

花冷え

昨日の荻窪村は風が強くて、
夕方からはとても冷たい風になり、
桜のとって長持ちの天気だったのかな、
それとも、花を痛める風だったのかな。

お便りをくださる皆さんから、
「長野は雪ですー」とかあって、
ひぇーさすが長野、さぶそー、って思っていたら、
名古屋でも雪が舞ったようですね。
いやー、こんな風に桜の便りが聞こえ初めて、
冷え込む日があるんですよね。
花冷えっていうのかな。

荻窪「銀花」の店内は、昨日お話した、
実家からの花が、しっかり開いていって、
春の気配に満ちています。

kaidou727.jpg


この海棠は、超広がり活けにくい枝振りです。
でも、やんちゃで、まとまらないけ姿ですが、
なまくらの腕米で活けるぼくと、
どっちもどっちの勝負って感じで、
しかも約束にもなににもしばられず、
(知らないってことは怖いけど強くもありますね)
ただ、この枝が水につかって収まるものを、
ほら、花器も売るほどあるので・・・・。
これは?これなら?これでは?と、
当てはめて、この西川孝次さんのウグイス耳付き花器に、
納まりました。

baimo722.gif



こちらは、貝母(ばいも)です。
柔らかでしなやかな野草ですが、
茶花に使われだけあって、どこか凛としたところがありますね。
淡く色合いなのですが、春の息吹をしっかり感じられる花です。
少しおすましした、稲垣さんの練り込みの瓶に活けてみました。

やはり器は、使かわれているときが、
一番美しく感じます。
花器は、水をくぐり、水を抱えて花を生けたとき、
器は、水や湯でしめらせて、料理を盛りつけられてこそ、
生き生きと、華やかに、ときには艶めかしく、
息づいてきます。

           甘庵

花に誘われて

オフに実家に寄って来ました。
年寄りの相手もそこそこに、
花好きのぼくは庭に出て、春の花を愛で触れてきました。
20代のころに植えた侘助、紺侘助もまだ楽しめました。
梅はさすがに、葉が芽吹くところでした。
それでも、木ぼけ、あせび、大輪のつばき、ニワサクラ(父はそういっていた)などが、
芽吹いてきた芝の匂いと、お隣の孟宗竹、
高台のために、向かいの高見にみえかくれする桜花も、
一緒に楽しんで来ました。

その後の所用で、戻るまで時間がかかるの少し躊躇したのですが、
今盛りだから・・・と、母にそそのかされて、
いく枝か、はさみをいれて持ち帰ってきました。

そんな一枝を、鶴見さんの活けようと、
深めの鉢に水をくぐらせると、土肌は急に生き生きとしてきて、
木ぼけを、ゆがんだ枝のまま・・・、
技もなにうえ、剣山は痛々しくて嫌いなので、
沿えただけなのですが、
一瞬、ぼくって花を活けられる?
そんな幻想を抱くぐらいに、
お花屋さんの整った花にない、
自然なゆがみが、自然はゆがみの鶴見さんの鉢にぴったり。

trm719.jpg


ついついはさみを入れ、
活けてしまうところまで・・・、
これ全て花に誘われてのこと。

そうそう、くるんだ新聞紙を解いたら、
かわいそうに海棠の一房が落ちでしまって・・・。
ついでに、浅めの鉢に水をはり、落としてみました。

trm721.jpg



小さな庭の水たまりのように見えてくるのは、
これまた、調子者のぼくだからかな。

             甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

みそ蔵は転じて家具屋に 

昭和初期に
八丁みその蔵として使われていた古い倉庫に
少しだけ手を加えて
小さな家具屋 になりました

canna1.jpg


そんなコメントのはがきが先月届きました。
場所は名古屋東区相生町。
店の名は「canna家具店」です。
主は、まだ若い女性です。

彼女との出会いは、長野に家具屋さんでスタッフとして、
勤め始めた時でした。
木工の専門学校出たてで、
ご両親の年を伺いぼくとほぼ同年代で・・・・、
そういう子と仕事する年齢に自分がなったことは、
思うところ大でしたね。
それ以来、「おい娘元気にしてるかー」などと、
冗談口に言っていました。
家具のこと、物作りのことを語りあったり、
工芸の質問も一杯尋ねられました。
話すときも聞くときも、
実直で、キラキラ目を輝かしていたのを、
懐かしく思い出します。

あれから、何年が経つのだろう。
長野家具屋さんでお世話になったスタッフたちは、
その後、独立して素敵なお店を持った方が複数いらっしゃいます。
今でもお世話になっている、軽井沢の「春や」さんは、
中でも早く独立してお姉さん格です。
その「春や」さんに、夏に遊びに伺うときに、
よくcannaさんと一緒になりました。
何年たっても受ける印象は変わりません。
いつも笑顔を絶やさない、淡々と働く、がんばり屋の彼女です。

前々から、
「いつかは小さな家具店始めたいんです。
その時には、銀花さんの器も紹介させてください」と言っていました。
その夢を実現するために、色々な才能を生かして、様々な仕事をして、
がんばって、とうとう夢を叶えました。
申し出も、ちゃんと覚えていてくれて、
何か良い器を並べたいので・・・と、
今回お話をくださいました。
少しずつですが、荻窪「銀花」の器を並べさせて頂くことで、
お手伝いすることになりました。
今日まではお休みですが、
明日には銀花から常設品の追加と、
少しまとめて藤田佳三さんの作品が届きます。
午後か明後日には、店頭に並びだすかな。

fjt54.jpg


律儀でまじめながんばり屋さんですから、
心根として、自然と応援したくなります。
お気づきの方も多いと思いますが、
canna家具店のブログを、すでにリンクがはってあります。
荻窪銀花HPのリンクページにも紹介してあります。

ぞれぞれ、是非覗いてみてください。
もちろん、銀花より近いと思えるかたは、
足を運んでくださいね。
その時には、甘庵に聞いたとか、
荻窪「銀花」から紹介されたと、一言添えてくだされば・・・。
おまけは付きませんが、
ぼくが恩を着せておける・・・・ははは。

っていうか、共通の気持ち(器好きとか・・・)の下敷きが、
きっとあるはずだから、
楽しく、心を解いてお話が出来ると思うんですよ。
是非とも、canna家具店をよろしくお願いいたします。

          甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

切れ味の良い口

これはぼくにも必要ですが・・・、
いえ、しゃべり方のことではなかった、
器の注ぎ口のことです。

器の口作りは形や姿だけでなく、
使う目的から注ぎやすいこと、
なんと言っても切れが良いことは、
これ、急須や片口や酒器なら、
お茶を注ぐ、醤油や酒を注ぐというための器、
そのための専用器なのですから、
切れがいいのは大前提ですよね。

だからといって、大仰に鶴のくちばしのように長くして、
切れが良いですと言われても・・・・、
ハレの器でそれがデザインの売りならともかく。
日常の器では、いかにコンパクトに作られた口で、
すぱっと切れが良いかというのは、
これは器作る側の姿勢でしょう。

一番欠けやすい口ですから、短い方が使いやすいです。
かといって、尻漏りするのでは、
注ぐたびにストレスたまります。
ここはすぱっと切れないとね。

でも、でも、短いといっても、
姿形も可愛く、美しくないと、
ほら、先日お話した非対称の、美しさの元になる口なのですからね。

鶴見さんの器は、注ぐ物が多いんですね。
きっと非対称の器が好きで、作るのが楽しいのでしょうね。
実に無理なく心地のよい形に出来上がっています。

turumi501.jpg


この酒器たちも、そう長い口ではないのですが、
その切れは、スパっと切れます。
もちろん、店内では水で試しています。
でも、こう陽気がよく、扉は窓を開けていると、
どこからともなく桜の花びらが、
店の中に流れこんできて・・・・。
ちょっと、花を想って一献。
なんてしたくなります。
だれか来店いただき、
「これはきちんと酒で試してみたい」などといっていただけると、
「そうですか。ではぁー(ニタリ)、純米と吟醸とどちらが・・・」などと、
宣いさっそく実験にうつり、
「ほぉー、なかなかの切れ味。もう一度ためしてみたいのですが・・・」
「では開けていただいて・・・はいどうぞ・・・」
と、杯と空にして「これもなかなかの切れ味」などと仰いながら、
2杯目の注ぎを試し「これは是非ご主人が」
「それはまたご丁寧ではお言葉に甘えて・・・・ほうーなかなか甘露」
などと気づけば酒器の切れ味を試していたのか、
酒の切れ味を試していたのか・・・となるのは楽しいだろうな。

turumi502.jpg


ところがこれ、
「ああー、だらだらするし、下はびじょびじょだしー、いけませんねー」
と、一発でだめだしでは、
試す楽しみもありません。
いえ、第一、デモンストレーションして、
帰ってもらい手がいなくなっちゃうの切れ味では・・・・。

というわけで、試し呑み・・・いえ、試し切りとしていただいて、
ご不満を残さないために、(誰が?)
荻窪「銀花」では、切れの良い器だけど取りそろえております。
 
              甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

器の煮沸について

昨日のブログでまたまた「やきものは煮物のしなくていい」という話を書いてしまったら、
ひょいのTさんとゴンベさんからコメントいただきました。
ありがとうございます。
ひょいのTさんのコメントにあったように、
本やWEBに急に煮沸の話が増えました。
その多くが、「煮る派」の書き込み・・・ですが、
でも、WEBの「煮る派」の中には、良く読んでいただけると、
全く同じ文言のものもがあります。
あれって、適当にコピっているだけ?
とっても無責任に思います。

反して、ぼくが見つけた「煮なくていい派」は、ほとんどがご自分の言葉で、
いわゆる文責を認識してお書きになっているところばかりでした。
そんな中から、とても気持ちの良いくらいすぱっと書いている三つのページを、
ご紹介させてください。
面識がありませんし、ご紹介するにあたって許可も得ていませんが、
すばらしい内容なので是非目を通してみてください。

百害あって一利なし

有名な銀座の黒田陶苑さんのブログです。
工芸の歴史を作られて来たお店です。
もう一件は鎌倉の工芸屋さんのようです。

やきものの常識・非常識「やきものは煮ると丈夫になるか?」

器屋さんとしての自負をしっかり感じられますね。の
次は、土岐市立陶磁器試験場のHPの質問コーナーです。
同試験場の技術者がお答えになっています。

陶器の使いはじめの取り扱い

どれも、すぱっと書いていて、
ぼくも向きにならずに、
これからは、一刀両断すぱっと書きましょう。

ただいま荻窪「銀花」で開催中の鶴見宗次さんの手ひねりの器は、
凄くいいですよ。
ともかく料理を盛って使って欲しい器です。
以上。
ね、今日は短いでしょ。
  
          甘庵
  
皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

潤んだ器は そそります

器(身の回りで使う日常に食器)は使ってこそ価値があり、
そこには当然料理を盛ったり、
お茶やコーヒーを飲んだり、
お酒を注いだり呑んだりするものです。

それは、プラスティックの容器や、
紙コップが出来る前から、
漆器は漆器、ガラスはガラス、
やきものやきものと、それぞれの良さや、質感を、
理解し、好んで使い続けてきたものです。

そこには、当たり前の思いやりさえあれば、
気軽に、美味しく使えるための、
歴史と、プロの技があります。
それが急に、このところで、
非常識が常識のようにさえなってきているように思えてしかたありません。

漆器もかなり、誤解が多くて、
そのために、はっきりいって、
量販店などに、漆器でない漆器の方が多くなっていて、
それで、漆器は弱いやはげるといわれても、
なんとも歯がゆい気持ちでしたが、
それでも木に漆を塗った漆器が使われていないからだと思い、
様々なお話をすることで、
随分、ご理解頂けるようになってきたと思っていたのですが、
それは、その疑問までいっていないので、
あまり、聞かれないだけかもしれませんね。

というのは、
このところ「使い始めは煮た方がいいです?」と良く聞かれるです。
危惧していたことが、
ますます現実になってきていて、
悲しく感じています。

なんで「やきものは使い始めに煮る」などという、
間違った常識が、どんどん感染しているからです。
この話は何度もブログに書かせて頂いていて、
愛読して頂いている方には、
聞き飽きていると思うのですが・・・・。
でも、誰かが伝えないと・・・・。

煮てもいいんです。
でも、そんなことしないで使えるやきものを、
(当たり前のことなんだけどなー)
提供したり、作るのが作り手としてプロで、
選んで並べるのが橋渡しするプロではないかと。
もちろん、陶器(土物)は磁器(石物)と違い、
使うことで変わるからこそ、侘びでいくからこそ、
陶器の魅力です。
ですが、変わりすぎるのは、汚れです。
その大半が、焼きが甘いからと言えます。
土が高温でないと締まらない土があります。
(悪い土ではなく高火度に耐えられる良い土なんですよ)
それなら、高温でしっかり焼くか、食器としては、
その土を選ぶべきではないのです。

煮てから使って欲しいなら、
やきものではなく煮物にして、
提供すればよいでしょう。
ただ、やきもの屋ではなく煮物屋になっちゃうけど・・・。

使うときに水をくぐらせてくれれば、
それで十分とお伝えしていますが、
それは、やきものを美しく美味しそうにするからです。

やきものは、1200℃をゆうに超える高温で焼かれていながら、
おおかたの器が、水との相性が良く、
あるいは、やきものを水にくぐらせ、
しっとりと潤ませた気配を、好むのが、
和の美意識でもある気がします。

料理人は、特別、湿ってはいけない食材でもない限り、
和の器は、水をくぐらせて、
拭くときも、あえて湿った布で拭いて、
時には、茶筅で水滴をさらに飛ばしたりします。
器が潤み、しっとりした美しさが、
盛りつける時の必然と感じているのでしょう。

さて、これは鶴見宗次さんの大鉢を、
乾いたまま撮影した後に、
さっと水をくぐらせて撮影したものの比較です。
ちっちゃなデジカメの画像でどこまで伝わるかな?

trm664.jpg

乾いたままでも素敵な器なんですよ。でも・・・・、

trm666.jpg


ほら、ずっとしっとりして、潤んできて、料理と盛っても花を生けても、
そそられる、和の美があるって思うのですが、どうですか。

         甘庵

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

片口に惹かれるわけ

器好きなあなた。
片口に心惹かれてしまうってことないですか?
これは、ぼくたちの血の中にながれている、
和の美意識に由来しているようですよ。

一口にいうと、左右対称より、
少しだけ違っているほうが、
どこかしっくりするという特有の感覚があるようです。

それに対して、中国から欧米までほとんどの文化の様式では、
シンメトリー(対称)が基準です。
真ん中に階段があって左右対称配置するホール。
寝台の左右にサイドテーブル。
城でも宮殿でも、大まかな外観はまず左右対称。
こんな大きな空間から、
デーブルの上まで、シンメトリーが基本ですね。

比べて、和の文化は、
大陸の影響で建てられた天平・奈良あたりまでは、
左右対称だった伽藍配置も、
平安・鎌倉と時代が下るに従って緩んでいき、
官ではなく民に至っては、
建物に限らず、あらゆる物に非対称が多くなっていきます。

そんな歴史のなかで自然にぼくらの血に刷り込まれた感性が、
非対称へ心地よさを感じる文化だと思います。

器では、片口はその代表です。
置くときに、ほとんど迷わず自然と口が左にいくでしょ。
確かに、左利きを生活の中で補正されるので、
ほとんどの方が右手で片口を持ち、
左側に注ぐので、そう置いた方が、
持ちかえる必要がないので、
能率的なのですが、そればかりではないようです。

お頭付きの魚をお皿に盛りつけるときも、
頭(口)が左ですよね。
そんな感じで、約束としても、
注ぎ口は左にするのは、急須も、汁注ぎも同じです。

余談ですが、左右があるのですから、器に表裏が出来て来ます。
器の正面に当たる部分を客付きと言います。
向付けや、小鉢のように、
一人ずつの器として、片口を意識するなら、
口を左にして、手前側が客付きという、正面です。

さて、片口の話にもどして、
そんな心惹かれる形の片口は、
注げるという使い勝手に加えて、盛り映えもします。
これまた、左右対称の器にない美しさを感じてしまうわけですね。

trm626.jpg


一輪一枝の花を添えても、
花器に活けるのとは違った、
広がり風情があり、心和みます。

氷を入れてアイスペールに、
冷えて露を浮かべた土肌はしっとりとなじむ。
グラスに氷を入れるだけでなく、
溶けた水は水割りにも、程よく。

trm650.jpg


もちろん、お気に入りの酒を注ぎいれ、
酒の色を楽しみ、潤んだ土肌を愛で、
酒で集めた光を受けた見込みを覗き、
するすると注ぐ流れと音を聴き・・・・。
肴になる酒器でもあります。

と、実はぼくが片口大好き人間なだけかな・・・・。

          甘庵
  
皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

美味しそうなブログ

銀花を贔屓にしてくださるお客さまのブログをご紹介します。
これが、めちゃ美味しそうでね。
仕事中の夕方とか、ちょっと手があいて、
覗くと・・・・これがいけません。

いわゆる”パブロフの犬”状態。
だいたいそうでなくても唾液が多いようなのに、
まさに「生唾を飲む」って言うことになる、
しかも、たくさん書き込んでいらして、
ちょっと間が空くと、もどっていっぺんに読むでしょ。
違う記事を読むごとに新しい唾液が、ああー洪水・・・。

そんな訳で、読む時間を考えて見ることをお奨めします。
また、ダイエット中の方には・・・・、
ぼくに、その責任を問われてもこまるので、
その点も一切責任とりませんからー。
ははは。
でも、まずはご覧あれ。

よめ膳@YOMEカフェ

どう、美味しそうでしょ。
見て頂けるとわかるのですが、
3月23日(木)の記事には、
藤田さんの小振りの赤絵のゆのみと、
これがご縁だった、加藤財さんのポットが、
美味しそうな”黒胡麻のクルクル八つ橋♪”と、
共演しています。

とても、器を可愛がってくださっている様子は、
前からメールでのお便りで感じていたのですが、
やっぱり、目にすると嬉しさが、ひとしおです。
この場でも、YOMEさんに重ねて感謝でーす。
        
          甘庵

  
皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

手あとの美しい器

ロクロを使わずに器をつくりだす。
鶴見宗次さんの個展が始まりました。
最近は個展にサブタイトルとつけるようにしています。
おおかたは、作り手に相談無く、
ぼくの独断で勝手に決めて、DMやHPのタイトルに、
載せてしまっています。

これは、売り込むコピーというより、
作り手の仕事を、ぼくが一口で言うとこうなるっていう感じです。

鶴見さんの器は手あとだらけですね。
電動のビューンって回るロクロでなく、
ケーキのデコレーションや、盆栽の手入れなどの時、
手元で回る感じのロクロがありますよね。
使っても、あんな感じのロクロの上に土を乗せて、
手と指で、広げてたり、のばしたり、つぼめたり、持ち上げたりして、
形を整えて行きます。
ゆのみでも、鉢でも、皿でも、片口でも、花器でも、
何でも、手でこちこちこち・・・・・。

だから、表面には、手あとがびっしり。
でも、それはもう、指が手が土の表情と一つになっていて、
力強くて、魅力ある質感に仕上がって、
鶴見さんの作り出すやきものの顔です。

量産の器になれすぎてしまっている方には、
土そのものだったり、見慣れない分、
存在感が強すぎてしまうこともあるかな。
でも、やきもの好きな人、土物好きなひと、
焼き締めが好きは人には、
この質感はご馳走だと思います。

水を打つと、実になまめかしく際だちます。
潤んで、艶やかで、しっとりとします。
和の庭石には、玉という感じの、光沢のある綺麗な石より、
侘びたこけむすような質感の石を多く見かけるのと、
似ていると思います。

枯山水の庭はそうそう取り入れにくいですが、
鶴見さんの手あとの美しい器は、
他の器との取り合わせを楽しめ、
料理の盛りつけが映えて、
食卓にあることで、四季をより取り入れられます。

trm601.jpg


数片の花びらを散らすだけで、桜花を想え。
若い葉を敷くだけで、初夏の風がぞよぎ。
紅葉を添えることで、染まった山を望み。
松葉を飾り、寿ぎの初春を迎え。

手あとの美しさしい土肌の器は、
手軽に四季を受け取り心豊かにする、
アイテムになります。
          
          甘庵

  
皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

花曇り

例年より10日も早く、桜が咲いた発表されても・・・。
まだ、固いかな。
それに、こんな感じで花曇りでどんよりしている日が何日かあれば、
今週末も、来週も楽しめるかもね。
そうでないと、色々なところで「桜祭り」などという、
イベントの前に咲いてしまったり、
提灯の準備が追いつかなかったりと、
苦労なさるかたが増えてしまいそうです。

sakura598.jpg

銀花の八重櫻

ひな祭りもそうですが、
野菜や果物のように、
商戦にかかわるのでしょうが、
先取り、先駆けが多すぎて・・・・、
そうでなくても時間に追われている日々。
四季の行事やイベントは、
もう少しゆったり構えて楽しみたいものです。

sakura600.jpg

銀花入り口の桜

まぁー天候に関わる桜の開花は仕方ないけど。
いくら潔さが売りの、ぱっと咲いてぱっと散る桜でも、
気持ちが華やぎ、浮き立つ、櫻花爛漫の期間は、
少しだで、長くしてほしいなー。

         甘庵
  
皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

萌える草花

今日は定休日ですが、
午前中はいつのもように、
店に出ていって細々すませてきました。
それでもやはり気持ちはお休みなのですね。
いつもの通勤路なのに、景色が違って見えました。

道とブロック塀の隙間のスミレ、
色づいた海棠の蕾と縁の赤みがかった葉、
もう色がくすみだした白木蓮、
一二輪ほころんだ日当たりの桜、
垣根の足下の紫大根、
駐車場のせっかちなタンポポ、
おいしそうな新芽のハコベラ・・・・。

日ごとにかわっていく、萌え出すこの季節の景色を、
見逃すのはおしいですね。
見えているのに、見てないのは、
心の持ちようなのでしょうね。
"うつわ屋"の店主としては、いつもそんな気持ちでいるべきなのでしょう。
少し反省。

         甘庵
  
皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

手のあと

やきものといえば、ぐるぐる回る轆轤(ろくろ)で、
びゅーん。って、
巧みな技を見せて作り出すイメージですが、
次回企画展の「鶴見宗次 手あとの美しさ 展」でご覧に入れる"うつわ"は、
すべて鶴見さんの大きな手から、こちこち・・・・・。
って、手あとをつけながら生み出された器です。
「手ひねり」といわれる、だれでも一度はやったことがある粘土遊びと同じで、
手指でのばして形を作りだしていきます。

trm597.jpg


よく見ればすべての器に、指の後が細かくついています。
使う土は、伊賀の原土と作陶している常滑の原土で調整した、
ケイ石が見える、ざくざくした土です。
これを轆轤で挽くと指が痛そう。
ってわけではないでしょうが・・・・。
シンプルな作りゆえの力強さは、鶴見さん独自の器に仕上がっています。

轆轤のスピードは量産にも繋がり、器作りへの気持ちの濃度が、
まますると薄れがちになります。
比べて、手ひねりは、気が入るというか・・・・。
彫刻を生み出す手法に近いと思います。

trm596.jpg


造形に強さが出てしまうという点もありますが、
表情の情感や、肉感的な造形は、
やきもの生い立ちの中では、縄文や弥生などにみられる、
作り手の、生の息づかいが感じられます。

この造形を生かすために、
調整された釉薬ではなく、
木灰をそのまま、水に溶いてかけただけの、
シンプルな分力強い焼き上がりになる手法。
焼成も釉薬より高温の焼成が必要なので、
カリンカリンに焼けています。
そして、冷却還元による強還元状態が、
素地を引き締め、いぶし銀の黒さにして、
灰は、しっかり溶けて、緑の玻璃(ガラス)質になっています。

trm595.jpg


ある時、焼き終わった窯をあけたら、
窯のなか全部がお皿になっていて、
思わず蓋をとじて、寝ぼけていたかな?と、
深呼吸してゆっくりあけても・・・・、
やはり、全部皿になっていて、ショックと受けたことがあるそうです。
つまり、土の限界を超えるまで焼いてしまい、
鉢も碗も、溶けて皿になってしまったそうです。
それほど、ギリギリに焼いてしまうというところが、
鶴見さんの器のおもしろさと魅力を秘めた、
エピソードだと思います。

今年の作品がどんな表情を見せくれるか楽しみです。
会期中には、この手ひねりの器の魅力を、
お話していきたいと思います。

           甘庵

  
皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

花薫

「暑さ寒さも彼岸まで」と言われます。
今朝は少し冷えこみましたが、
日が差してきて、すっかり穏やかな春日になりました。
街並みのあちらこちらに春色の気配が見え、
柔らかな花の香りが漂っています

sp555.jpg


春は様々な花が咲き競う時ですが、
それでも「花」と言えば「桜」と言えるくらいに、
桜は人々に愛でられてきました。
器にも花の絵が嬉しい季節ですが、
中でも桜は、多くの人に好まれます。

sp553.jpg


その桜は、この季節が一番なのですが、
今だけ限定ではありません。
たとえばお客様に出すときでも、
「今日はおいで頂いてとても嬉しく(おめでたい)から・・・」と、
一言添えてもらえば、OKです。
桜湯を喜ばしい席(お見合いなど)に出すのと同じで、
桜は時知らずの絵柄だそうです。

sp554.jpg


と、いま友だちにもらった、
「さくら焙じ茶」で桜の香りの楽しみながら、
ブログ書きしてます。
もちろん目の目には鉢物ですが満開の桜。
あとは・・・・ぼた餅かな。
結局は、「花より団子」のぼくかー。

                甘庵

  
皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

春のうつわ

荻窪は明るい春空の日曜ですが、
あいにく風が強くて、なんだか落ち着きませんでした。
看板がばたばたしたり、おいてあるDMが飛んでいってしまったり。
お日様にあてていた、桜の植木鉢もそうそうに室内に移動しました。
街ゆく人も、寒そうではないのですが、
ビル風に向かっていったり、押させたりで、歩きにくそうでうす。

立体マスクの方も多いですね。
今日あたりはいくら今年が杉花粉が少ない年でも、
しっかり、たっぷり舞っている思います。
銀花の中にじーっとしてても、目や鼻がむずります。

街では、白木蓮や、沈丁花、レンギョウなどが、
春の訪れを色や香りで知らせてくれています。
銀花の催しでも、季節にあわせて春の訪れを器から感じられる、
器を並べてあります。
少しご紹介しましょう。

sp569.jpg


そばちょこは、使い回しのきくマルチな器の代表。
お茶でも小付けでも・・・。

sp567.jpg


季節の変わり目は暮らしの変わりでもでもありますね。
気分を変えてマイカップを変えるのも、
移動や進学のお祝いにも、喜ばれる器です。

sp557.jpg


ぼくだけでしょうか、
明るい、華やかな器に目がいくのは、
春ならではの、器選びの心模様です。

           甘庵
  
皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ



満開とつぼみ

一昨日開化宣言をした銀花の鉢植え桜が、
今日が見頃、明日は満開かな。
明日はこれでひとりテーブル花見をましょう。
酒はあるぞー、近くのブロガーはよっといで!!

sakura583.jpg


それと、荻窪銀花はビルの一階にあるのですが、
地下車庫があり、構造上は中2階のようになっていて、
階段を5段あがります。
この階段の脇下に、植え込みがつくられていて、
そこに、数年前から桜らしい苗木が植えてあって、
葉は秋に紅葉を楽しめていたのですが、
花はまだ一度も見たことがありませんでした。
ところが、今春になって、蕾がみえていて、
あれ、もしや?っと期待していました。
じゃーん。
それが今日、はっきり確認できました。
蕾がふくらんできて、先が赤く色づいてきています。
うーん、これは嬉しい。

sakura585.jpg


sakura586.jpg



咲いたら何か良いこと起きるような気がしてくるなー。
まぁー桜が咲くことでだけでも、
良いことなのですが・・・。
ぼくも、一二輪でいいので、花を咲かせたいものです。
花も実もない数年のような気がしてなりません。
でも、他力本願や験担ぎではいけませんね。
老体にむち打ち、自分で種まきして、肥料をやって、育てないとね。

           甘庵

  
皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

急須ひょいオーナーの疑問 4

「本日もお疲れ様です。何だか(昔流行った)メル友みたいですが、またお邪魔致します。」
という書き出しでまだまだ疑問質問がわき出るTちゃんなので、
そう来れば、しっかり答えないと気の済まないぼくなので、
またまた長くなって恐縮ですが・・・・。答えます。

(最近この一口にまとめて言い切れない、ぼくの物言いに、
 疲れのたまっていた親しい友人の怒りを買い・・・反省大のぼくです。
 が、工芸のお話はどうしても省き切れない状況ですので、お許しを!!)

さて、はじめましょう。

Q:茶渋 ....緑茶や中国茶より、やっぱり紅茶は直ぐ濃く茶渋で残ります。普段はツルツルな磁器を使っているけど、着く!!

A:そうですね、紅茶が一番アクが付きやすいですね。
そのため、磁器を使うカフェでも湯煎をした器で提供するのですよ。
たとえ磁器で素地に、しみ込むことがなくても、
表面が綺麗なだけにアク付くのは美しくないですからね。

Q: 仕事の合間に飲むカップは、減ってく過程が分かる様に茶渋が輪になって着くけど。(一般的な)磁器だから容赦無く漂泊剤へGO。 ...ひょいは茶渋が目立たないから平気だけど。 これは、やはり磁器ならではでしょうか。

A:磁器でなくても、色が見えやすいものなら、あり得ることです。
それに、磁器だからとかではなく、決めの細かな釉薬が掛かっているものなら、
磁器でも、せっ器でも、紅茶のアクも付きにくいですよ。

Q:せっかくのせっ器や陶器は(私みたいな手作りデビュ-班は)きっと、あぁ..手作りって実感出来るのを選びます。うっかり漂泊剤...。茶渋は料理染みより絶対気にするので。漂泊剤の注意をいつか。

A:磁器には確かにアクや茶渋は美しくないので、取る方がいいでしょう。
でも、茶渋などに神経質になるなら、漂白剤の残留を身体のことを考えたら、
乱用しない方が良いのではないでしょうか。
アクや茶渋はタンニンですから、場合によっては、摂取しようとしているものですが、
漂白材は塩素などが基本ですから、
トリハロメタンなどと言われる発ガン性のある物質をつくる原因のでもあり、
また、塩素漂白剤+茶渋+酸性のもの(レモンや酢など)で、
あの毒性で強さで有名なダイオキシンが出来てしまうことがあります。

塩素などが表面に残りにくく、素地に吸水性がない磁器はよいですが、
せっ器や陶器には普通は使わないほうがよろしいのでは、
アクや茶渋が気になるなら、やはりこする!!
最近は良い洗うスポンジなどがあるのですから、
洗剤や漂白材に頼らず、こする!!
身体の溜だけでなく、お茶類に関しては、
香りの残存も大変気になると思いますよ。

陶器やせっ器を楽しむと言うことは、
茶渋などで少しずつ変わる様を「侘び寂」と喜んだ、
先人から受け継いだ「和の美意識」として、
受け入れてもらえると嬉しいのですが・・・。


Q: 釉薬着いてても...マット系は汚れやすいんですね。素人は薬を信じますので。何気に参考になりました。

A:薬>釉薬(うわぐすり=ゆうやく)や、磁器や陶器やせっ器などを信じるのではなく、
自分の目を信じるのが一番です。
では、どうやって自分の目を信じれられるいうにするか?
信頼のおける店で、信じられ留物を手に入れて、
使っていって覚えるのが一番です。


Q:焼きの甘い物 ...これは運ですね、やっぱり。しっかり焼けている →地が焼き硬くなる → カビ難い → 丈夫 。って事ですか? ..運と相性ですね。

A:運ではなく、しっかり焼けた物が器です。
そうでない物を手に入れてしまうのは、運が悪いのではなく、
そんな器を選ばなければいいだけです。
一つの手だてとして、しっかり焼く器を作る人を選ぶ、
そういう器を選んでいる店を選ぶのが、近道ですね。
ですから、運ではないと思いますよ。

                     甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

友の助言

昨日のブログでお話しした大阪の友人が、
相変わらすのテンションと可愛らしさを忘れない気持ちを引き下げて、
尋ねてきてくれました。
しかも、お供には美しいく若い女性!!
なんでも、モデルさんだそうで、スリムで・・・・。
そう、まさにモデルさんです。
(そこはおじさん。素直に嬉しいでーす)

その二人がスピーディな関西弁で、
次々と楽しいお話を、関東人には出来ない芸当のテンション維持で、
あっという間の数時間。
うん、なんだかとっても元気もらえました。
せっちゃんありがとう!!

sp574.jpg


それに考えさせられるお話も・・・・。
彼女は大の器好き工芸好きで、一時はギャラリーもやっていて、
ぼくがそのお手伝いをしたこともあるので、
工芸のことはよく知っていて・・・・。
最近の商売として厳しさの話などしていました。
話が転じていって、これからの商売の方法論になり、
今までの日本とは違ってきているからこそ、
変えないと行けない3点のポイントを伝授されましたが・・・・。
うーん、どれも商売としては、真反対の荻窪銀花でした。
やはり、難しい先々のように思えて来ます。

でも、荻窪銀花が携わるのはごく一部ですが、
工芸は、日本の文化の底辺の一部でもあるので、
大きく変わろうとしている日本でも、
変化の中でも、なんとかとどめたい、伝えて行きたい、
生き続けて欲しい工芸だとなお強く思いました。

ささやかだけどぼくに出来ることは、声を出して伝えること、
違うと思うことは違うのではないかと提示することが、
今は必要かなと、結局のところ意固地なような結論に・・・・。
やはり、ブログを書き続けるぞー。

器を使うのが楽しめたら、とっても心が豊かになるはずだから、
やっぱり、うつわ伝道師のつもりになって・・・・、
ただし、もうすこし話短く、上手くなって伝えていこうっと。

ああー、でも食べて行かないとならないしね。
商売繁盛もがんばらないとなー。

              甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

開花宣言

休み明けの今日は嬉しいことが重なりました。
まずは、銀花の鉢植えの桜が、見事開化しました!!
なんだか嬉しい物ですね。
小学校の時に花壇に植えたチューリップが開花したとき嬉しさや、
教室の窓際においたぼくのヒヤシンスが開化しなかった寂しさの記憶が、
50年越しでよみがえってきました。

sakura576.jpg


もう一つの嬉しいことは、
数年ぶりに浪速から友人が尋ねてくれる予定です。
同世代の彼女とぼくは世間からみれば、
おばちゃんおじちゃんとなるのですが、
ほのぼのしながらも、ちゃんとどこかで異性であることを、
忘れずに接しながら、友人として信頼し会える人です。
それでいて、とってもフランクなんですよ。

互いに大人になって、工芸を介して知り合ったのですが、
仕事を超えて、まるで青春時代の友だちのように、
心地の良いお付き合いをさせていただいています。
変わり者と自負しているぼくも、彼女の波瀾万丈さには、
いつも驚きをもらい、同時にその不死鳥のようなエネルギーには、
お裾分けをもらっています。

数年ごとなってしまう再会に、いつも驚きのネタを持ってくる彼女。
さて今日は、心が暖かくなる笑顔といっしょに、
どんな新展開を聞かせてもらえるかな。
楽しみでーす。

               甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

春の空

今日は昨日と打って変わって、穏やかな春日です。
特に日差しが暖かくて、日の入る部屋の中や、
車の中は温室状態です。
溜まっている事務仕事をこなそうと、
座っているのは、苦手なぼくには、
睡魔との戦いに変じています。
頭を冷やそうと窓を開けると、
はっきり沈丁花の香りが流れこんで来ます。
見上げられば空は晴れていても、
一枚春のベールにつつまれて、
遠くの景色が霞んでいます。
甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

急須ひょいオーナーの疑問 3

またまた、Tさんの疑問に答えてみますー。
どうしても説明が長くなってしまいます。
これが整理出来ていくきっかけになり、
読みやすい形にまとめたいと思っていますので、
必要なところだけを読んで後は飛ばして下さいね。

Q:カビは見た目ではなく、臭いとの事了解しました。
粉引の黒ずみは、貫入とは違う...焼きの甘いのは、とブログにあったけど。
甘いのに当たると、呆気なく貫入もどきのヒビとともに、薬や化粧が禿げて黒くなるの!?


A:カビがベタで生えるとしたら、釉薬のかかっていない場所。
たとえば、碗類の高台まわりの土見せのあたりや、
皿や鉢の裏側の高台周りや高台ないの素地が見えているところあたりでしょう。
感じとしては、お餅にはえるようにかな・・・・。

貫入(かんにゅう:釉薬と素地の膨張係数が違うのではいるヒビのこと)が黒ずむのは、
食べ物や特にお茶などの、タンニンがそのミクロンの単位の隙間にわずかに入り込んで、
茶黒くなるときに、線として見えて、それを数寄人は気にするのではなく、喜ぶ。
でもね、これだってそうそう簡単に入る器ばかりではありません。
種類でいうと、長石釉の陶器などは、釉と素地の膨張係数の差が大きいので、
隙間もミクロンの単位ですが、広いので、貫入を楽しみやすい。それを意図的にした、
貫入釉というのさえあります。
結論からいえば、陶器やせっ器は使うことで侘びて行くけど、
それを楽しむゆとりをもてば・・・・いえ、持たないとね。
でも、ゆとり無くても気になるような変わり方は、説明しなくてもたぶんわかります。
それは侘び寂びの変化ではなく、汚れです。

後、粉引の雨漏りでというのが、いわば染みにのおもしろさです。
これは、確かにお茶人でないと・・・あるいはお茶碗などでないと、
うっかりすると気になると思います。
でも、ぼくが器と考えている焼き切ったものは、
特に使い始めの内に水にくぐらせば、そうそうには、なりません。
そうしょっちゅうなっていたら、器好きの人がいなくなっちゃいますよ。

でもね、マグみたいな・・・・特にお茶やコーヒーみたいに、
こぼしたら衣類やテーブルに茶渋やアクで、
色染めしやすいものは、マットな釉薬や、祖面の素地に、
粒子としえ、残り定着しやすんです。
そのために、たとえ磁器でも使う前に湯煎すると、洗う手間が全く違う。
いつも綺麗でいたいなら、ごしごし洗う。
少し侘び寂びを楽しみたいなら、心豊かにのんびり対応していけばいいんです。

次回の質問は、まだまだTさんの中で解決していない、
汚れを侘び寂の違い、器選びは運ではないことを、お答えします。

                         甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

三寒四温

「三寒四温」は、春が訪れるころの言葉でよく聞く言葉です。
子供頃はむろん、多少なら熱かろうが寒かろうが、
全く気にならなかった若い頃には、
縁の無い言葉だったせいか、ただ無知だっただけなのか、
ぼくの辞書に無い言葉でした。

たぶん30を過ぎてから言葉として、
認識をしはじめて・・・・この10年ほどは、
言葉の意味合いを体でしっかり実感しております。

数日の温かさが続いていて一昨日の荻窪は、
毎日集配確認に顔をだしてくれる宅配のドライバーさんたちは半袖でした。
日中は銀花もドアを開けて、少し春の風を迎えいれていました。
それが昨日は・・・いやー冷えました。
店を少しだけ早めにしめて、山梨都留市のもえぎさんに、
あかり展のもって模様替えに行ってきました。
都内でも少し雪が舞ったようですが、
中央道は、八王子から先で雪の速度制限が、まだ解除されていませんでした。
実際には、わずかに湿った路面というだけでしたが・・・、
でも、冷えました。

spring512.jpg



「葛西義信さんのマグ:春を描いた器展から」

今日も春日の日差しにだまされそうですが、
風がまだ冬の冷たさをもっています。

三日寒くて、四日温かさが続くことをいう「三寒四温」は、
元々は、中国などでの冬の言葉のようですが、
日本では、やはり春に変わっていく今頃にぴったりの言葉のようです。
昨日今日は冷えて、明日からはまた緩んできて、
週末にかけて暖かくなってくるそうですが、
金曜あたりには、春の雨もおまけについてくるようですね。
そうして、寒暖に揺さぶられ、湿り気をもらって、
春の花々が膨らみ開化していくのですね。

今朝来るときに、咲き出している辛夷をみました。
桜が追うように咲き出すのも、もう間近でしょう。

            甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

急須ひょいオーナーの疑問 2

前回につづいて、Tちゃんの質問に答えていきます。

Q:フッ...と。疑問が。質問です。
乾燥に気を付けたのは、初めてお金を掛けたせいもありますが★
いわゆるツルツルした磁器とは違う質感なので、どこまでしたら乾燥なのか、
見た目では分からないから用心した、っていう感じでして。
(させませんが)カビた器ってどんな見た目?青や白カビとして見える?...
黒ずむ粉引きとは...(マグは粉引きでチャレンジしようかと思うので、参考までに)。

お忙しいでしょうから。気が向いた時に、向いた時教えて下されば幸いです。
是非見た目を...(失敗しても気付かないのが怖い)。
見た事無いので。調味料の染みをつける、のは想像付くけど。...黒ずみ..て。


A:ちょっと難しいんだけど質問に答えてみましょう。
まずは、どこまでが乾燥か?という疑問があるようなので・・・・。

磁器は素地に吸水性がないから・・・オーバーにいえば、
ビニールを乾かすみたいなもので、表面が乾けばよしでしょ。
せっ器はアクリルの・・・フリースみたいで、
脱水掛けた後でもう半分かわいているみただけど、少しは染みこんでいる感じ。
陶器は木綿みたいで、完全に乾いても、
静電気が起きないように、湿度を持っている感じかな。
変な比喩だけど、感覚的な感じとてはそんな感じです。

逆に、使うときには水にくぐらすのが約束なぐらいのせっ器や陶器ですから、
生乾きといわないまでも、からからではない内にまた使うぐらいで、ちょうど良いんですよ。

次に、かびた器の状態ですが、臭いかな。
ただ、器はそう簡単にかびません。
黴びてはいけないと思う。
それってよく本に「陶器はよく乾かさないと黴びることがある・・」って、
出てくるから心配なのでしょうけど、
それは、茶陶器や一部の抹茶碗などの話であって、
毎日使う器としては、そんな器を"うつわ屋"としてのぼくは認めていません。
そんな器は使えませんよ。
ろくに洗わず、放っておくとかでない限り、まず考えられないことですよ。

カビは「黴びる養分」がないと黴びないでしょ。
「酸素」「温度」「湿度」の条件が合えば養分が黴びるでしょう。
基本的に、やきものは無機質ですから、
そのままでは黴びる養分がないので、黴びません。
スポンジ状の素地に、美味しい物が入り込んで、
それが、湿って、風通し悪くて、そこそこ温かで・・・・黴びる。

つまり、それがスポンジ状の素地のやきもので、
そこに何かが残っていて、黴びるとういうことは、理論的に考えられますが、
実際には・・・たとえば常に湿っているような台所のスポンジを、
Tちゃん黴びさせたことってある?まず普通の条件ではないでしょー。
それと同じでそう簡単に黴びる方がおかしいですよ。

こういうのもPL法などが、供給する側の逃げの取説となって、
結果的には、かえって使い手を過保護にしすぎてしまい、
心配ごとばかり増やして、本質を自分で考える力を奪ってしまっていると思います。
というわけで、ぼくは半世紀以上生きていても、
ごくごく普通の使い方をしていて、器が黴びるのは見たことないです。
器に残った何かが黴びているのは見たことあってもね。
たとえば、冷蔵庫の奥でプラスティック保存容器にいれておいて忘れられてて・・・・とか。
だから、しょっちゅう使っているものなら、あんまり心配しなくて良いと思いますよ。
また粉引に貫入がはいって黒いヒビになるのは、カビではないので・・・・。

Q:カビは見た目ではなく、臭いとの事了解しました。
粉引の黒ずみは、貫入とは違う...焼きの甘いのは、とブログにあったけど。
甘いのに当たると、呆気なく貫入もどきのヒビとともに、薬や化粧が禿げて黒くなるの!?


この質問の回答はは次回に続きます。
**みなさんも、どんなことでも質問してください。
  ぼくに答えられることは、なるべくわかりやすく、
  一生懸命答えさせていただきます。

                  甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

急須ひょいオーナーの疑問 1

先日もご紹介した、急須「ひょい」のオーナーTさんとの、
その後も質問や疑問をいただき、
ぼくが回答するというの交信が続いています。
これって結構聞けそうで聞けない質問などで、
参考になる方も多いとおもうので、
少しずつご紹介していきたいと思います。

Q:ブログ読みました。何だか恥ずかしいですね。凄く出来の悪い子が、やっと人並みになったみたいで☆

(随分前の)ブログの写真はお店の雰囲気が少し分かるし。
あぁ..私みたいに遠方でお世話になっている方もいるんだな、とか知りました。

HPのトップにある、加藤財さんの緋色ポット、も気になりました。
...実はひょい は日本茶や中国茶で活躍してもらおうかと。今は検討中です。

ひょいに香りは移った感じはしないけど、紅茶の香りは強いので...。
ひょいに限らず、イメ-ジ的に紅茶葉だけは直ぐ洗っていました。

お茶が分かる色味の大きいカップや、ポッテリした感じの紅茶用ポット。
ひょい の仲間、my器達はこんな感じで探す予定のTでした。

あ。長々失礼しました。これからも素敵な器を見せて下さいね。


A:Tちゃんは・・・・そう呼ばせていただいていいですよね。
だって、自分の子供でもよい年なのですから。
Tちゃんには、ぼくの方が一杯教わりました。
これからも、びしばしと、素朴な・・・いいえ、Tちゃんからは、
未知の秘境へ踏みいる探検家として、疑問質問は当然であって、
工芸に関しては、いわば、宇宙人同士の会話みたいなことに・・・・。
そりゃー、ぼくに「カイユウノナカニミエカクレスルチイサナヒビハイシハゼデスカラシンパイナク ユウヤクノコマカナヒビワレモカンニュウトイッテケシキデスカラ・・・・・」って、
注:最後に漢字入りで。
言われた日にゃーねー。
あにいってんだーこのおっつあん?って。
むしろTちゃんは、大変すばらしい吸収力と理解力があって、優等生ですよ。

少しずつ、使っていくと色々見えてきて、欲しい物や使いたい物が出てくると思います。
それを、また悩みながら、検討していくのが
器と出会う、醍醐味で、楽しみなんですよ。
よろしくお願いしますね。

Q:私としては、質問に対して答えて下さるので。つい甘えてしまい。
ひょい顧問(イメ-ジです)の音声保証・取扱書を付けている有り難いお店って感じ。
で、お手を煩わせるも承知で直でした。御免なさい。
同じ種類や物であっても、知識や認識の差はあり。
私の場合同じ説明書じゃ...単語から現象から、
失敗してから慌てて対処すべく調べる羽目になりそうで☆

折角、この子と決めたのに...それでは遅い。
何の注意がどうして必要か、何が異常か。
(不真面目なので)流し読みさせてもらって。最低限のル-ルは守ろうと。

フッ...と。疑問が。質問です。
乾燥に気を付けたのは、初めてお金を掛けたせいもありますが★
いわゆるツルツルした磁器とは違う質感なので、どこまでしたら乾燥なのか、
見た目では分からないから用心した、っていう感じでして。
(させませんが)カビた器ってどんな見た目?青や白カビとして見える?...
黒ずむ粉引きとは...(マグは粉引きでチャレンジしようかと思うので、参考までに)。

お忙しいでしょうから。気が向いた時に、向いた時教えて下されば幸いです。
是非見た目を...(失敗しても気付かないのが怖い)。
見た事無いので。調味料の染みをつける、のは想像付くけど。...黒ずみ..て。


この質問の回答はは次回に続きます。

*灰釉に中に見え隠れする小さなヒビは石ハゼですから心配なく 
 釉薬の細かなひび割れはも貫入といって景色ですから

                  甘庵
皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

春風に萌え

今日の荻窪には、春めいた風が朝から吹いています。
気分屋の風らしく、そよぐということなく、
突風に近く強く吹いたと思うと、
ぴたっとやんだり・・・・。
ちょっと落ち着かない風なのですが、
とても暖かい風が、吹き込んでいます。

店内につまれた、山のような段ボールの一部を、
外にだして開店準備をするときに、
午前中日の当たる場所へ、鉢植えや観葉植物を出して、
日光浴をさせてあげます。

このところの主役は、春を待ちかねている、
八重桜の鉢です。
誕生日に頂いたものですが、
固かった芽の先がずんずん膨らみ、
若葉が萌えだしてきて、今朝よく見れば、
つぼみに淡い桜色が見え隠れ。
嬉しいー。
この数日の温かさで、急に色づきました。
楽しみですー。

bloog.jp へsakura540.jpg


サクラはやはり日本の春の花の代表でしょう。
爛漫に咲き誇る桜花の香りと色彩で、
春の訪れを知らせ、春の喜びを印象づけてくれます。

長くつづいている淡い桜色のトンネルの下を歩み出し発つときも、
見上げるほど大木から降り注ぐ花吹雪の中を新しい希望に燃えて挑みだすときも、
春に迎える喜びの情景には、
淡い桜色が強い記憶として残ります。

みなさんにはどんな思い出があるでしょう。      
是非、コメントに書き込んで聞かせてください。
そうそう、下のバーナーから桜クリックの協力も忘れずに!!
はい、ありがとうございます。

            甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ


春風に萌え

今日の荻窪には、春めいた風が朝から吹いています。
気分屋の風らしく、そよぐということなく、
突風に近く強く吹いたと思うと、
ぴたっとやんだり・・・・。
ちょっと落ち着かない風なのですが、
とても暖かい風が、吹き込んでいます。

店内につまれた、山のような段ボールの一部を、
外にだして開店準備をするときに、
午前中日の当たる場所へ、鉢植えや観葉植物を出して、
日光浴をさせてあげます。

このところの主役は、春を待ちかねている、
八重桜の鉢です。
誕生日に頂いたものですが、
固かった芽の先がずんずん膨らみ、
若葉が萌えだしてきて、今朝よく見れば、
つぼみに淡い桜色が見え隠れ。
嬉しいー。
この数日の温かさで、急に色づきました。
楽しみですー。



サクラはやはり日本の春の花の代表でしょう。
爛漫に咲き誇る桜花の香りと色彩で、
春の訪れを知らせ、春の喜びを印象づけてくれます。

長くつづいている淡い桜色のトンネルの下を歩み出し発つときも、
見上げるほど大木から降り注ぐ花吹雪の中を新しい希望に燃えて挑みだすときも、
春に迎える喜びの情景には、
淡い桜色が強い記憶として残ります。

みなさんにはどんな思い出があるでしょう。      
是非、コメントに書き込んで聞かせてください。
そうそう、下のバーナーから桜クリックの協力も忘れずに!!
はい、ありがとうございます。

            甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

横恋慕 「よこれんぼ」なんてやっぱり死語かな。
恋に横やりを入れるともちょっと違うけど・・・・。
他人の恋人に、第三の人が恋をすることです。
単に横やりならいいけど、
横から惚れられた方に気持ちが流れたりするってーと、
話がちょいとやっかいになるんです。
ともかく、こんな「横恋慕」にあたることが、
器にもよくあるんです。

sakura538.jpg


今日、ブログからたどり着いていただき、
器のお問い合わせをいただきました。
うれしいじゃないですかー。
で、そのお客さまへ、在庫状況と画像とサイズやお値段という、
器の情報のお返事に加えて、こんなコメントを付け加えて起きました。

*************
取り合えす、明日まではこの3点を、
お取り置き状態にして、店頭からはずします。
というのは、何故か器もお見合い最中や恋愛がはじまると、
思いを寄せられたその器へ、横恋慕・・・引き合いがあったりするので、
その場合、断り切れなくなることもあるので、
明日12日(日)閉店まで、箱入り娘にして隠して起きます。
良いお返事をお待ちしております
*************

そうなんです。
これ、本当によくあることで、
お取り置きを、レジ台近くのテーブルなどに、
赤丸を付けてよけておくと、
必ずといっていいほど、「これは?」などと、
お声をかけれます。
「お取り置きなんですよ」とお答えすると、
「やはり、良い物が売れちゃうのねー」と、
大変惜しそうになさるお客様が多いんです。

うーん、確かに魅力があってお取り置きなのですが・・・。
その日からの企画展などで、
早いうちにご来店いただき、
赤丸と付けていただいた器は、
企画展の器ですし、特に今年の新しい仕事などで、
皆さんに見て頂きたくて、お客様のご厚意に甘えて、
会期終了までお預かりさせていただくものなどは、
器に赤丸付けて、おおかたレイアウトのままおいてあるので、
そのテーブルに、ゴロゴロあるものは、
だいたいがそれまでも、店頭にずーっとあった物のお取り置きなんです。
不思議ですね。

tkd532.jpg



確かに、赤丸のシールを付けているので、
それが目立って、その器に目がいき、
ほら、荻窪「銀花」にある器はどれも良い物ばかりなので~、
存在を意識して眺めていただけると、
それなりの良さが見えてくる・・・・・。
つまり、見て頂く時間を長くすると、
恋心に変化していく・・・・のかな。

でもねそれ以外のこともあるんですよ。
お話があっても、検討中の器などで、
店の棚にそのままあって、赤丸付けないでおいたり、
来店いただいたお客さまが、気に留めていただいておきながら、
たまたま持ち合わせがなかったり、急いでいたりして、
お声を掛けておいて頂ければいいのに、
遠慮なさってそのままお帰りになって、
翌日や数日後に、来店いただき・・・、
「ああー」
「どうなされましたか?」
「ないー」
「はぁっ?」
「ここにあった○○○の器が・・・ない」
「はい、たしかにその○○○の器は昨日売れました」

こんな現象もなぜだか、よくあることなんですよ。
見いだしてくださったお客様の想いが強いほど、
そうの傾向が発生しやすいような気がしてなりません。
もしかして、恋のように想いが器に伝わると、
その器が、恋さえれ輝きを増すのかな?華やぐらしい!
それで、他の方に魅力や器フェロモンが放出されて、
あっという間に、恋に落ちたようになって、
それまで目立たない器だったのに、
さらわれるように嫁に行ってしまう・・・現象。

よぉーし、今後荻窪「銀花」では、
朝来て店を見回して、ぴぴって来た器を、店主お奨め器として、
赤丸ならぬ、花丸などつけて、
レジ脇テーブルに数点おいておく。
あるいは、これって想う器に、
「いいなー君って素敵だね。ぼく欲しいなー、ぼくのお家に来ない」などと、
声を掛けながら、スリスリしておく。っていうのはどうでしょうかね。

親しいお客さんが来たら、
「今、きてる器ってどれかな?」
「気になる器ってありますか」
「欲しい物はどれですか」などと伺い、
それぞれの器を、5-6分も持ってもらって、
なでなでスリスリしてもらっておくと・・・・。
うふふ、えらーく売れたりしてね。

という、恋された器はよく横恋慕されて、
油断すると、もらわれていってしまうので、
「一期一会」
「恋に躊躇は禁物」
いいえ、「一器一会」や
「器選びに躊躇は禁物」と言うお話でした。

                  甘庵

嬉しいメールの行き来

昨日また嬉しい便りが来ました。
若いお客さまで、HPで銀花を見つけてくれた器を、
問い合わせかいただき、ご質問のお答えして、求めていただき、
使い始めてからのことをと・・・・、
何回か嬉しいメールの行き来をさせていただいています。

皆さんにもぼくの嬉しさをお裾分けさせてください。

HPで見つけてくれて、求めていただいたのは、せっ器の急須ポットでした。
手仕事の器を初めて手にする経験だったそうで、
しかも、HPからの買い物ですから、
とても勇気が必要だったし、不安だったと思います。
一生懸命質問してくださって、検討してくださいました。

その感じは受け取れたので、そこは優しい頑固店主?!
ぼくも一生懸命対応させていただきました。
ただ、例のごとく、語彙が少ないので、
初めて聞く言葉ばかりで、やたらと長い説明や回答だったと思います。
とても熱心に聞き入り、受け取るために、
勉強もしてくださいました。
何回かの画像の添付や説明のメールのやりとりで、
決断してくださって、注文いただき、発送しました。

それでも、やはり初めて手にして、目にする手仕事のせっ器は、
お客様の知らない、見たこのとのないテクスチャーだったのでしょう。
現物を手にして、また一気に不安が募ってしまわれて、
丁寧に画像を添付してくれての質問の嵐。

たとえば「石ハゼ」という、原土の中の石が焼けて、
ふくらんだり、亀裂になるもので、景色とされている部分でや、
しっかり焼いている急須ポットなので、
灰釉のしたから、伊賀原土のなかのケイ石が解けてぷっくり出てきている。

うーん、確かにこれは普通の食器から見れば、
以上事態かもしれませんよね。

でも、これが気になると、器のコンセプトというか、ねらいなので、
だめとか傷という認識とはまるで逆なので、
これは、説明してもわかってもらえないかなー。
と、思いながらも、その点をお話したところ、
ぼくを信頼してくれたのか、器の魅力が染みて来たのか・・・。
勇気をもって、ご理解頂いて使ってくださることになりました。

そうしていると、報告メールが届きました。
「本日開始。」
その節は大変お世話になりました。灰釉のポットを(先程から)使い始めたTです。
使い始める前は、蓋がス-ス-と動くので大丈夫かな? 蓋のポチッが無いけど押さえる時熱くない? ...と相変わらずの心配性からのスタ-トでしたが。が。お湯のキレというのでしょうか、垂れずに注げましたし。熱くない(笑)。
この子(ひょっとこに似てるので、ひょい、と命名)の初仕事は煎茶でした。しかも茶葉も詰まらない!
これから色々なお茶を楽しんで、ひょいには良い照り(黒光り?)を出してもらおうと思います。

さっそく、ぼくがお返事。
「よかったでーす」
無事にポットが暮らしの中にデビューできたようで、
嫁に出した親のようにほっと一安心です。
蓋がゆったりしているほうが、開け閉めが楽なんですが・・・
うっかりするとついているときに落ちやすい。
色々なディテールがあると思うんですが、
作り手それぞれがそれぞれの個性で解決しているとろが、おもしろいんですねー。
このポットは、本体に印籠(蓋が乗るところ)がありません。
その分蓋に袴(はかま)がついています。
これで茶葉の取り替えの時に口にひっかかる部分をなくして、
使いやすくしようというねらいなんですね。
はかまが長いので少し遊び(がたがた動くこと)あっても、落ちません。
あつくならないのは、せっ器質(陶器とおなじでつちもの=くわしくはブログをぜひ携帯でもみれます)だからです。
お茶がスムーズに注げること、きちんと絞りきれるス(茶こしの部分)であること。
これで初めて急須やポットと呼びます。と同時に、急須やポットは嗜好品の器です。
つまり飯椀や皿や鉢などより、気位高いんですよ。
急須もポットもお客様の前で注いで、その姿もご馳走になるべき物なんです。
茶道や煎茶道で亭主がお茶を点てるのと、
お客様を執事が案内してきて「お茶はいかが?」と進めるときには、
執事ではなくマダムが自分でいれるでしょ。
道具でありながら、亭主やマダムが扱い、お茶を楽しむ、
器自体がごちそうで、お客様をもてなすことができるアイテムなんですよ。
だからこそ、例の石ハゼや溶け出したケイ石などの景色などが、
日本の侘び寂びの文化では尊ばれるんです。
(ひょい)ちゃんと命名いただいたとのこと。嬉しいです。
名器は名があるものです。それは使いので愛情の表れです。
と同時に、完全でないというか、個性があるからこそ、あだ名=愛称がつくのですよね。
外食産業でも、通常の食器売り場でも、雑貨屋さんでも、型で作られた物ばかり、
PL法ができてから、メーカーはクレームを面倒くさがって、
説明あるのですが、本質をきちんとした説明してまで、
器を販売することがなくなっています。
そんな物の中で育つと、それが当たり前で、
曲がったキュウリや大きさのそろわないトマトが不安になる・・・・その方がおかしいのと同じなんですけどね。
どうぞ、すこし違った角度で、「ひょいちゃん」を見てやってください。
そのうちそれが本当の姿に見えてくるかもしれません。
そうすれば、Tさんの器好きが重傷になった証です。
うふふ。ぼくのがうつってしまってしまうかもしれませんね。 
今回はありがとうございました。またご縁をいただけるのを楽しみにしております。 

すると、こんなメールをいただきました。
「新鮮でした。」
会社は金具の茶漉しカップの付いた物を使い。私物のお茶で一息入れる
のは、茶漉し付きマグカップ。家のお茶は本当に適当..。器は外で眺めるだけでしたが。
が。茶漉しの部分がスで、蓋受け部分が印籠、磁器・せっ器・陶器の順で吸水率が違うとは! ...頂くメ-ル全てが新鮮でした。...そもそも、吸水なんて考えもしない生活..。
次に探すは、素材感のある大きいマグカップ!!今使っているのは、調度ひょい1回分が1杯に収まる、汎用品なので。量は400cc位の...で素敵なのってなかなか無いんですよね★
ひょいをスタ-トにして、茶葉に限らず、器も少しずつ楽しめればと思います。興味深いメ-ル、有難うございました。


そして、昨日は使い慣れて来ての疑問のメールがきました。 
「癖のせいでしょうか?」
仕事から帰ってきて、お茶をポットで入れる様になりました。
満遍なく洗う(触る?)丁寧な癖が無いせいか、ひょいの顔が(早くも?)斑っぽい..ような。
内(中?)の雰囲気が取っ手の辺りを中心にして、右後手に広がり始め。左側は、家に来た時と同じまま..。
茶筒とか育てる人は、使ったら満遍なく撫でるらしいけど。ひょいも手入れが必要だった!?
茶葉を除いたら、濯いで水気を切り、側を軽く拭いたら後は自然乾燥...は間違ってる!?
革財布(中学以来..14年選手か★)とは違い、器は割れるしな、やっぱりデリケ-ト? と、
心配に★
ブログの写真、見ました。片口・ポット・カップ・籠、飲み系を中心に楽しませて頂きました。

当然ぼくからお返事を・・・・。
「ひょい君は幸せ者」
ばっちりです。可愛がられて「ひょい君」は幸せです。
色のことですが、そう神経質にならずに、可愛がってもらっているのだから、好い感じで少しずつ変わっていっているとおもいますよ。
それでも気になるようなら、暇なときに、小振りのたわしで、ブラッシングするとか、粗塩でこするとか・・・方法はいろいろでも、ごしごしすれば、磁器とは違う、マットな表面についている茶渋がとれますよ。
でも、せっかく付いた味がなくなっちゃうって、ぼくは思います。
乾燥もそう気にしなくても、極端にいえば、使うときにまだ濡れていてもなんの問題も無いと思います。(ぼくはよくやっちゃってる、ははは) でももちろん、たか さんの扱い方の方がベターです。十分な愛情にあふれています。ひょい君に変わって御礼いたします。

といいうようなメールを交わせさていただいています。
ブログに載せる承諾をいただいたお礼のメールに書いたのですが、
このメールの行き来で、実はぼくにとって大変参考になりました。
どんなことが、伝わっていないのか、わからないことなのか、
普通は知らなくて当然のことが、毎日のことになりすぎて、
ぼく自身がどこまでが普通でどこからがマニアックなことなのかわからなくなりつつあるんです。
その意味でもぼくには大変勉強になるんです。
皆さんも、どんどん質問していただいて、何がわからないかをこれからも教えてください。

                        甘庵

花曇り

kanan-2006-03-09T10-05-02-1-thumbnail2.jpg



花曇りの花はサクラのことをさすのでしょうが、
昨日の暖かさの余韻で、
曇りがちの空でも寒いと感じない朝です。
曇りがち空は静かさを感じます。
木々に鳥のさえずりが聞こえ、
路地の角ではおばちゃんたちの立ち話しのさえずりも聞こえます。
生け垣から沈丁花の香りがただよい、
わび助や白梅や紅梅、
それに…これはミモザ?
曇りがち空に花花が香り高く
咲競っています。

甘庵

漆器は日光浴がにがて

昨日コメントにtomtomさんから質問がありました。

漆器について教えてください。
漆器は直射日光を避けてしまいましょうと
よくありますが、木製の漆塗りの重箱や弁当箱を持って、外でお弁当ってあまりよくないことなのでしょうか?重箱など早く傷みますか?

サクラが咲くのもうすぐのにタイムリーな質問ですね。
ありがとうございます。

確かに漆器は紫外線に弱いです。
これは、ほとんどの塗料の共通することなのですが、
柔らかいこと、柔軟性が皮膜の強さで、
紫外線を長く浴びると劣化して、その柔らかさを失うことになります。
時間の経過も同じこといえます。
つまり、漆には寿命があるということです。
ほとんど使わなくて、100年以上の古い漆器が、
骨董として案外安くでているのは、
その点をふまえての価格なんです。
と、同時に、車の塗装の塗り替えと同じに、
お金を掛けてメンテナンスすれば、寿命は長くなります。

話をもどします。
長いスケールでは、紫外線を浴びることは、
漆の肌には良くないといえます。
ただ、その頻度が毎日数時間とかでないのなら、
戸外に出ていても、使うときだけ、
風呂敷や袋から出せばかなり軽減されるはず、
簡単な思いやりで済むことです。
漆器への思いやりの基準は、
自分の肌に辛いことはしないことです。

汚れたままではいやでしょ。
すっきりしたければ、中性洗剤で洗いましょう。
お湯でも水でもいいけど、
お湯の方がすっきりするでしょうね。
手の甲などにこすって痛くないもので洗いましょう。
(スポンジでも布などがよいかな)
その時よくすすぐのも忘れずに。

あまり洗いすぎれば、お肌にはケアが必要なように、
無調整のオイルで(エクストラバージンオイルや一番搾りの油など)
軽く拭いてあげて、一呼吸おいて柔らかい布で拭き上げってください。

水切りは、やきものに重ねたり、
固いところにおかないようにしましょう。

使い方も洗い方や、手入れも、
自分の肌に準じた思いやりが、
基本です。

前にブログに書いた記事も参考にしてください。

普段使いの漆器

失敗しない漆器選び 1

失敗しない漆器選び 2

失敗しない漆器選び 3

漆器の使い方
              甘庵
次のページ

FC2Ad