うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

年の瀬

ぼくの家の周りは、
年末年始の里帰りの報道が聞かれる頃から、
街が長閑な気配に包まれていきます。

大晦日までは、
駅前やスパーは買い物客でごった返していますが、
三が日の静けさは、穏やかで心地よいものです。

車も少なくなるからでしょう。
空も澄んできます。
まぁ、それもあっという間に、
元通りになってしまうわけですから、
今日のすんだ青空を、
窓ふきしながら楽しんでいます。

車も洗っておきたいし・・・。
さてもう一がんばりです。

        甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

事務仕事で納め

もう仕事と納めをなさった方も多いでしょうか。
荻窪「銀花」は今日事務仕事をして、
おおよその仕事納めです。

相変わらず仕事能率が悪いため、
いえ、ぼくの能力の問題ですね。
今年も自分では夢中でがんばってきたつもりでしたが、
気づけば、大きな成果もなく一年が過ぎてしまいました。

でもブログでは、とても嬉しいことや、
励みになる声をいっぱい聞かせていただいたり、
だくさんの出会いやご縁をいただきました。

夏には大変だった引っ越しもしましたが、
変わらず、自分で信じていることを、
言いたいだけ言い放っています。
それでも、多くの方に読んで頂いています。
ありがとうございます。

また、WEBから出会ったYOMEさんとは、
コラボレーションブログが始まりました。
おかげで、器好きの方とも、
荻窪「銀花」としてもたくさんのご縁をいただいたり、
新しい出会いや、広がりができました。

これは、三日坊主のぼくが、
ほとんど毎日ブログを書き続けることが、
すごく前向きのエネルギーになっていたからです。
つまりは、ブログ読者のみなさんお一人お一人のおかげです。

本当にそう思って感謝しています。

明日から休日のブログということで、
少し、間が開いたり・・イレギュラーな書き込みになるかもしれませんので、
今日のうちに、今年の納めとして、
感謝の気持ちブログでした。

                甘庵

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

本日は晴天なり

小春日和は初冬の穏やかな日和をいいますが、
今日は小夏日和と言いたいくらいに暖かな日でした。

昨日告知した山梨県都留市の「もえぎ」さんへ、
加藤財さんの急須やポット、土瓶、水滴などを、
およそ120点ほどもって飾り付けてきました。

fuji0612.jpg

晴天ながら風が強かったのですが、
ちぎれる雲なのか雪煙なのか、
富士山の頂に白くながれていました。

「もえぎ」さんは、都留ICより10分ほどで、
車だと大変便利なところです。
また、スウィーツの美味しい、
落ち着くカフェがありますよ。
ゆっくり器を選らんだ後に、
ゆっくりお茶してくつろぐことができます。
是非お出かけください。

             甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

加藤 財 急須ポットの巡回展 

加藤財急須ポット展巡回のお知らせ
荻窪「銀花」での好評のうちに終了いたしました。
たくさんのご来店ありがとうございました。
12月27日より年明け1月中旬過ぎまで、
山梨県都留市の「もえぎ」さんでご覧になれます。
山梨県都留市上谷6-13-35
TEL:0554-43-7347
会場の大きさにあわせて120点ほどにしぼりましたが、
ほぼ、代表的な作品はごらんになれます。
荻窪においでになれなかった方で、お近くの方は是非お出かけください。

甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

最終日

今日は荻窪「銀花」の2006年の最後の企画、
「加藤財急須ポット展」の最終日になります。
明日からは店のお休みとなります。
ただ、28日あたりまでは、
企画展の移動や、発送業務、事務業務で、
店で作業したり、出たり入ったりしています。

あいにくの雨になった最終日の今日は、
午後から財さんも来店してくれるので、
ゆっくりお話すことができるのが楽しみです。

kato583.jpg

ぼくの目からの財さんはというと、
まず、年齢はいわゆる段階の世代後で、
スリムな体躯で、静かな話し方をします。
恥ずかしがり屋で、控えめですが、
一本太い芯が通っていて・・・・硬派です。

なんていってもイメージわきませんよね。
去年のブログ「作り手≒作品」に画像あります。http://utuwaya.blog74.fc2.com/blog-entry-121.html

財急須にぼくが出会ったときから微細な部分をのぞいて、
作品としての大切な部分は完成されていました。
その後の15年間、基本や信条が揺らぐことなく、
作り続けてくれた急須ポットは、
多くのファンができて、愛されてきているのは、
まず、お茶が美味しいから。
姿が美しく心和ますから。

のどの乾きだけでなく、心も潤す財急須だからです。

               甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

加藤財さんの彫り

財急須のファンがどんどん増えて、
作れる数が増えるわけではないので、
お待たせしてしまう状況が続きがちです。
加藤さんの急須やポットは顔つきがどれも違う、
一つずつ作り出す仕事をしていますが、
とくに、個展の時には、普段は手間がかかってなさらない仕事がみれれます。

kato.449.jpg

そんな一つがこの彫りの仕事です。
加藤さんの彫りは、本体が乾いた状態で彫るので、
やきものの面取りとはちょっと違った緊張感があります。

通常、やきものの面取りは、土が生乾きの時に、
包丁のような道具で、お芋やにんじんの面取りのように、
一気に面をとっていくスピード感ある仕事です。
そこが信条で、魅力的な仕上がりを生む技です。

ところが、加藤さんの面取りは、
石や木の彫刻のように、
「カリカリ・・カリ」って。
素地にもう粘りがないために、
気を緩めれば、破損がでてしまいます。
スピード感とは違う精緻な動きの質感があります。

IMG_1487.jpg

でも、彫られたウエーブは、
緩やかでたおやかな美し曲線で、
ぼくにはとてもモダンに見えます。
和の器にはなかった表情に思えます。

皆さんにはどう映りますか。

              甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

メリークリスマス

今夜の荻窪は冷え込んできました。
皆さんはどんなクリスマスイブを過ごしておいででしょうか。
イベントに出かけた方、プレゼントに走り回った方、
やっぱりお家でと、料理やケーキ作りに忙しかった方、
きっと楽しいクリスマスイブを過ごされていることでしょう。

暖かさがごちそうの料理ですが、
気に入りの器で食べる料理に舌鼓打ちながら、
ぼくも穏やかなクリスマスイブを過ごしたいと思っています。

kato592.jpg


Merry Christmas !

甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

財急須で喫茶する

加藤財さんの急須ポットを財(たから)急須と、
あだなして呼んでいるのは、
受け取る気持ちしだいで、
それがまさに、一珠のたからになるものだからです。

kato590.jpg

口の小さな、ちびっとしか入らない、
切れはいいけど、細ーく長ーくでるから、
注ぐのに時間のかかる・・・、
茶殻も出しにくい。
たしかに、決して近代的ではないかもしれない、
でも、急ぐならペットボトル入りのお茶もある。
それでも自分でお茶を煎れるのは、
気に入り茶葉あったり、煎れたての香りを楽しみたかったり・・・、
と、ペットボトル入りでは味わえない良さを知っているからで、
ここはもう一歩、お茶の、煎茶の心意気までちょっと踏み込んでみてみましょう。

小さな急須一つがあって、受け止める心があれば、
お気に入りの茶葉でいれる一杯のお茶から、
暮らしとらえ方が変わります。 
それが喫茶の持つ力であり歴史です。

財急須は、口が小さいから、
お気に入りの茶葉をいためず、口縁に残ったりしないで入れる工夫が必要です。
先人に見習う方もあれば、新しい工夫でもよし。
クリアしてみれば、
この口のバランスだからこそ、
気品に溢れて、格調ある美し姿が見えてくる。

kato591.jpg


財急須は、細く静かに注がないとならない、
その時間がお茶を美味しく煎れるにも、
煎れる、煎れられる人の心にも、
時間を取り戻す切っ掛けになります。
お茶を煎れ、呑む時までの、
僅かな時間で、落ち着きのある気持ちを取り戻すことが出来ます。

せいぜい数十秒と違わない。
でも心に余裕がないと、その時間は長いだけに。
この至福の時間を楽しめることを忘れている。
せっかくのお気に入りの茶葉で、
心解く時空を生み出せる機会なのに。
お茶を飲むということは、
単に喉の渇きを潤すだけはないのは、
喫茶の歴史を紐解いても明白。
薬として導入されてからの長い喫茶の歴史。
茶の製法や手前が変わっても、常に心を潤す時空が、
ぼくには見えます。
それは、現代のカフェでも同じだと思います。

財急須は心を潤す時空を、
自然に生み出す器です。
時間を惜しむのではなく、
お気に入りの茶葉で一杯のお茶を、
ゆったりと楽しむことこそが喫茶です。
             
            甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

丸型と砲弾型の比較

おなじみの丸形ポットと砲弾型ポットの、
個性を比べてみたいと思います。

kato580.jpg

まず、丸型ポットですが、
ほぼ球体ですので、
表面積に対しての体積が一番多くなるという理屈で、
ともかくたっぷり入りますね。
店では、メジャーカップを用意してあり、
容積や水切り、注ぎ心地を試して頂いています。
丸形のポットや急須が見かけより入り、
びっくりされる方が多いです。

デザインとして美しく納めると、
蓋が小さくなる傾向にあります。
ただこれも、お茶をいれることじたいが、
心を潤す時空を生み出すことなのですから、
能率だけを求めてはいけないという、
戒めと感じていただければ幸いです。

一方の砲弾型ポットは、姿形からのイメージで、
不安定ではないかと思われがちですが、
実は大変安定感のある使い心地です。
丸形のポットと比べれば重心は高さがある分上になりますが、
高台を見てみてください。

kato581.jpg

遙かに大きな高台なので、
むしろ安定性があるくらいです。
また、注ぎ安さにも独特の物があります。
ネルでコーヒーを入れる時に、
糸のように細く注ぎ入れて、
使うホーローやステンレスのポットも、
同じような縦長の形だからこそ、
細く長く安定して注ぎ入れること出来るのです。

財急須ポットは、細部にわたり細やかな仕事で、
姿形もシャープで洗練されていますが、
同時に、一杯のお茶を美味しく心を込めて煎れために、
納まりや工夫が成されています。

使い方にあった、
使い方へ理解を頂いて、
お茶をいれると、それはもう必ず、
「美味しいお茶をする」楽しみを味わえること、
請け合います。

             甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

水滴∽急須∽ポット

今回の加藤財さんの個展では、
久々に水滴(硯に水をいれる注器)がきています。

kato577.jpg

はじめの頃の仕事では、急須やポットの新しい形の、
プロトタイプになっていることがおおかったですね。
姿だけを追求して形を生み出すには、
手頃な大きさということもあるのでしょう。

kato579.jpg
左から急須・水滴・ポットです。
そのために、相似形(∽)の姿を良く見かけます。
数学の言葉で形が一緒で大きさの違うことですが、
身の回りの多いので、
結構使われている言葉なので、
ご理解頂けることでしょう。

kato578.jpg

別の言い方を選ぶと・・・ミニチュアかな。
だからミニでも、小さくても財急須のフォルム。

匂いが付いてしまうので、
他に使えなくなるのですが、
抜群の切れの良さから、
醤油差しに使う方も多いですね。

可愛い姿なので、
ついつい集めたくなってしまいます。

                甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

財急須がクリスマス

長いお付き合いになるチョコままさんから、
藤蔓丸くしてくれたリースのベースや、
もみの木やベイリーフをいただきました。
一杯頂いたので、タイミングの良い方にはお裾わけしました。

銀花でも少し使わせていいただきたかったのですが、
加藤さんの立ち上がりでばたばたしていて、
気になりがら何も出来ずにいました。

やっと一息ついたので、
ちょっとクリスマスの飾りをアレンジしてみました。
そう、加藤さんの急須とポットも一緒に。

kato569.jpg

後5日で ***クリスマス☆★
もう12日寝るとお正月~♪

今日はオフ、明日からの加藤財さんの個展後半を終えると、
荻窪銀花の今年の企画もお仕舞いです。
もうひとがんばりです。

          甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

なすび型急須ポット

特徴がつかみにくいのか、
皆さんが見落としている気がするので、
なかなか良いとおもう急須とポットの応援PRです。

kato559.jpg
茄子型後手急須 容積300ccほど

下ぶくれのため高台が大きく、
湯を入れる特にですが、重心が下にあって、
安定感があります。

kato561.jpg
茄子型横手急須 容積250ccほど

基本は丸形の延長上にあります。
それは手にとって掌を味わうとすぐに納得出来ます。

また、丸形と同等以上に表面積に対して容積があります。
つまり見かけ以上に入ります。

kato562.jpg
茄子型ポット 400ccほど

それに、「なすび」は、「一富士二鷹三茄子」と、
初夢に見ると縁起が良いと伝えられています。
諸説ありますが、「成す」=大成といわれるのなどが、
有名ですね。
そのためか、茶入れからポットまで、
工芸の形にもよく登場しいたしまれています。
近年のデザインでもパソコンのマウスなどにも、
見かけますね。

さてさて、初夢を見た後には「大願成就」を願って、
茄子の急須で初茶でもいかがでしょうか。

               甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

財急須の縁

財急須がご縁で、長くお付き合い頂いている大切なお客さまが、
数え切れないほどいらしゃいます。
遠方からいつも応援してくださるゴンベさんも、
すでに、15年になろうとしてなかでも最古参かも。

今年になってからも、たくさんの嬉しい出会いを頂いています。
先日、ブログからレシピ本が宝島社から出版された、
YOMEさんもその一人です。
そのご縁になった急須が、
YOMEカフェレシピのP64やP51に登場しています。

加藤さんファンとしてYOMEさんが初日には来店してくれて、
荻窪銀花で加藤さんと逢えて、嬉しそうでした。
そのお話を「日々の器 と 小さなレシピ」に書いてくれています。
ちょっとぼくの話もあり、照れますが・・・。

0612kato481.jpg

「たぬき」をイメージしてくださったいて、
食べるのもったいないくらい可愛いお饅頭まで作ってくれました。


今回の個展でも、またたくさんの素敵な出会い生まれるように、
縁を大切にする気持ちをしっかり持とうと、
塩らしく思う甘庵でした。

                 甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

急須が小振りなわけ

加藤財さんの急須は、普段使い慣れている急須から見ると、
小さいかもしれません。
蓋を取ってみて口が小さいと思われるかもしれません。
ちょっと、窮屈な感じがするかもしれませんが、
この大きさだからこそ、この蓋のディテールや、
端正な姿こそが、お茶の美味しさをうみだせると、
ぼくは思っています。

0612kato482.jpg


今回の急須も容積は、120ccから200ccが中心です。
大きくても250ccほどです。
煎茶を美味しく入れるために、急須を産んだ煎茶道の約束に習い基本にしています。
ポットはその心を繋いでいながらも、使い勝手や容積を大きくしたもので、
便宜上名前をポットよんでいますが、茶葉を中心に考えていますので、
ス(漉す部分)もしっかり細かく付いています。
容積は300ccぜんごから600ccほどまです。

0612kato467.jpg

目的に応じて、容積は選んでください。
でも、煎茶はそこそこの大きさまでの方が、
絶対的に美味しくお茶が入ると、
ぼくは思っています。

ただ、二煎目の味がぐーんと落ちるほうじ茶や、
紅茶なのどのように一煎しか呑まないために、
熱い湯でいっぺんに、出す物には大きさが必要でしょう。

煎茶で馴染んだ財急須の延長状で、
番茶や、ほうじ茶や、紅茶を飲みたいという声から、
ポットが生まれました。
便宜上ポットと名付けましたので、
茶葉でいれるものなら、何でもいいのですよ。
ただ、基本的に急須もポットも中に釉薬が施していません。
そのため、使い込むほどに、茶葉のタンニンが付くためた、
味が丸くなります。
香りも馴染むことでしょう。
なので、一つの急須ポットで、違う茶葉を使うことは、
避けるべきだと思っています。

目的が違うからと言い訳しながら、
茶葉ごとに、急須やポットを数種類手に入れしまったのは、
ぼくだけではありませんね。

                  甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

多忙につきお休みでした

久々に昨日はブログが書けませんでした。
さぼったというより、どうしても時間がとれなくて、
尋ねてくださった方ごめんなさい。

0612kato463.jpg

加藤財さんの急須ポット展の初日、お陰様で、
お客さまがたくさんおいで頂いたこともあるのですが、
メールでのお問い合わせが重なり、
お返事のため、手が遅くて時間がかかってしまいました。

慌ただしさのなかでも、前着順に、まずはお取り置きしておいて、
隙間を見つけては、資料画像を撮影するだけで、
営業時間が終わり、残業で画像加工して添付してメール。
営業時間内に受け取って方までお返事しました。
その後の方々の分は朝開店まえに、
お取り置きシールをべたべた貼って、
撮影をしながら、お返事をして、今やっと追いつきました。

0612kato467.jpg

件数はさほどではなくても、
一つずつのポットや急須なので、
一つずつの情報と資料とコメントをぽつぽつ打っていると、
なかなか進まなくて、
やきもきさせていまったお客さまの多かったかと。

画像を撮るために、一つずつ台にのせてみると、
どれも良いバランスでいて、
また実に丁寧な仕事で、本当にほれぼれしてしまいながら、
撮影しました。

丁寧で細やかな納まりや始末なのですが、
堅くならず、手仕事の温かさが滲んでいます。

そのあたりはお出かけくださったお客さまからの、
お声やお便りからも伺えます。
「秋の来ない綺麗な形」
「品が良くて、使い勝手が良い」
「お茶が美味しい」
「お茶を煎れるのを楽しく心和む」
などと言っていただけて、
個展のサブタイトル「心うるおす」そのものですね。

二つめ三つなんですと仰ってくれると、
ああーぼくと同じに、財急須ファンなんだな~と。

作り手ではないのに、
ファンとしては嬉しくて。

              甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

財急須満載

今日のオフを使って、
昨日並べた加藤財さんの画像加工をして、
HPの 「催し物会場と作品」へ書き込んで、
明日の開催と同時にアップ出来るようにする予定です。

先ほど画像を眺めていた感じを一口にすると、
「荻窪銀花たから急須満載!」

大きさやスタイル、色など違うのですが、
でも、どれ一つとっても財急須が、
展示台や棚や、テーブルから溢れそうなくらいに、
自己主張しながら、それはもにぎやかなくらいに満載です。
整列して皆さんとの出会いを待ちわびでいます。

0612kato458.jpg

球体でも平たくても、
下ぶくれの茄子型でも、円柱型でも、
砲弾型でも、瓶子(へいし)型でも、
基本には球体に通じる物があって、
事実手に取ったときの感覚が、
「丸いぞ~」と掌がうけとります。

0612kato444.jpg

画像を通しても、その財急須DNAが伝わってきます。
なんだか濃いお茶が呑みたくなってきました。
そうだ、いただいた乾燥芋で、
ここらでお茶でもしよっと。

teatime.jpg

甘露甘露。
                甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

整列してます

ちょっとくたびれましたが、
ニタニタしてます。
今、棚や展示台一杯に加藤財さんの急須とポットが並び終えました。
凄い。好い!!

kato434.jpg

ひとつひとつ顔が違う急須やポットを、まずは並べます。
これだけでも、もう仕事した感じです。
並べてから蓋を止めておいたセロテープと取るのですが、
数も多いのですが、落ちそうなくらいにギリギリまで並んでいて、
口や取っ手があり、おちょこちょいのぼくのことですから、
引っかけて落とさないように緊張しながら、中腰で取っていくのですが・・・、
「ああーこれ面白い」
「おぉ~好いじゃん」
「わぁ~素敵」と、
中断の入りぃ~ので、
時間ばかりかかって行くのですが、
どうにか、並べ切って・・・・ニタニタ。

kato441.jpg

本当に加藤さんの仕事は素晴らしくて、
それを、皆さんより一足先に見せていただける幸な仕事です。
梱包解いて、並べていくので、同然のことながら、
全部、完全に一つずつさわっていくのですから、
色、形、納まり、掌を、
観賞までいかなくても、
気持ちのいい感覚を感じながらの仕事です。

というわけで、疲れたけど、
なんだか、並べただけで、
満足感があります。

良い器はいいな~。
自信を持って皆さんに薦められることの幸せ喜びを、
毎回の企画展の始まりの日に感じます。
がんばって橋渡ししないと。

             甘庵



皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

多彩は多才から

稲垣明子さんの個展も今日までとなりました。
会期中のお客さまの声で、
「一人のかたの作品なんですか?」
「これも稲垣さんの器なんですか?」
などと、稲垣さんは作る器の表情が多彩なために、
驚かれるかたが多かったです。

石物と土物を同時に作るのは、
ロクロや道具から、窯まで、
気をつかう・・・いえ、まず掃除が大変なことだと思います。
偉い!!
いいえ、掃除だけではできません。
この多彩な手法や表現は、稲垣さんが豊かな感性をもち、
何より、多才だからこそです。

先日、さとさん がブログコメントで書いてくれたら、
わざわざ遠方から来てくださった、
クレッシェンドさんも、
「私も知りたい!」といってくださったので、
すっかりその気になってしまいました。
YOMEさんちに嫁にやった器たちの、
晴れ姿をもろ手喜ぶ、うつわ屋オヤジの親ばかぶりで、
早速リストにしておこうかと思っております。
手始めに付箋を付けていったら、30枚ほどで・・・こんな感じに。

yome386.jpg

これから機会あるごとに、開催中の個展など作り手の器が、
紹介されているのを、ブログでお知らせいていきます。
まずは、稲垣さんの器をP12「桃色の麻婆豆腐」見つけました。

yome388.jpg

この子は・・・いえ、この鉢は前に嫁いだのですが、
同じシリーズの練り込み角鉢が今回の会場にありました。

inagaki317.jpg

微妙な色合いの中に「桃色」を見いだせます。
きっとYOMEさんは、色にリンクも感じてくれて、
この器を選んでくれたのかも。
良い感じ!!

混ざりあったブルーとピンクの二色の土と、
ファーカスが合っていないようなマット感の釉は、
まるで土星の輪や小惑星の様な感じですが、
フォルムはシャープで、凛としています。

                 甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

めあと

目跡(めあと)という聞き慣れない言葉が、
今日のタイトルですが、他に変わる言葉を使うより、
伝統な言葉なのでこの際、覚えられる方は、
頭の片隅にでも残しておいてください。

目跡というのは、茶碗などの見込みに残る、
釉が抜けたり、かさついていた跡が3~6個ほど付いたものです。
大小の器を重ねて窯詰めして、
たくさんの器を焚くという、
経済効率から生まれたものです。

inagaki389.jpg

現代ほど、棚板や支柱などの窯詰めのための道具が、
なかったために、古い時代や、量産の窯では行われていたようです。

inagaki391.jpg

稲垣さんの面取りのボウルとカップは、
こんな風に重ねて焼いているようです。

inagaki392.jpg


そのために、ボウルの見込みにある3個の目跡と同様に、
カップの高台にも、3個の目跡が見えます。
では、稲垣さんはなぜ?今?

窯詰めの能率もないとはいえませんが、
ぼくの想像では、それよりも、
重ねて焼くことで、ボウルの見込みとカップの外側に塗った、
絵の具や釉薬が、高温になったときに、
互いに影響し合って醸し出す、窯変に期待していて、
それを仕掛けているのだと思います。

一つずつの顔になるように、
一つずつ絵の具や化粧土を施して、
窯の中でさらに変化した器は、
それぞれの個性を主張していて楽しくなります。

                 甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

モダンだけど和です

稲垣さんの器はとてもモダンで、
一見したイメージは洋食器かもしれませんね。
といいながら、手法や素地や構想概念が和。
何より作っている稲垣さんが和。
というと、誤解されちゃうと思うから、
付け加えると、ここで言う「和」は、
今のぼくらの暮らしの和です。

着物を着て、畳と障子の部屋で、
座って膳で食べるのではなく、
ジーンズにカットソーにフリースを着て、
テレビがあって、携帯で話し、
ダイニングテーブルで食べる。
そんな今の和の生活。
時代の中でいつも、新しい物を取り入れながら、
全て日本流に変えて、混ぜ混ぜして作り上げてしまうのが、
まさに「和」だと思っていますので、
あえて、ここでは「和」と言わせてくださいね。

というわけで稲垣さんの器はまさに「和」だと思っています。
湯呑みというよりカップ。
この方が言葉としても正解。
だって、誰もお湯なんて呑まないでしょ。
煎茶、番茶、ほうじ茶みたいな日本のお茶だけでなく、
紅茶、ウーロン茶、バーブティ、コーヒー、ココアと、
もう自由自在に、自分の好みの物を呑めるのが、
「和」なのですから。
cup なんだけど、カップ。
そう、カタカナになった時点で、
和の器になってしまうと思います。

inagaki379.jpg

使い方が自由なのも、和の器の特徴です。
元々の用途に縛られずに自由に使う感性を大切にしていて、
そんな遊び心を「見立て」といいます。

inagaki380.jpg

また、別々の器を合わせることで、
違った気配は雰囲気を生み出したり、
立体感を構成することも楽しみます。
それを「取り合わせ」と言っていますね。

inagaki381.jpg

稲垣さんの器はまさに「和」の遊び、
「見立て」や「取り合わせ」にぴったり、
遊びやすい器なんですよ。
画像の器もソバチョコやコップやボウルやとを、
適当に合わせただけですが、
よそ行きになったり、違うメニューがイメージできたりします。
皆さんもぜひ、自由に使って欲しいです。

              甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。


テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

YOMEさんのレシピ本

ご存じの方も多いと思いますが、
今や大人気のレシピブログ「よめ膳@YOMEカフェ」が、
美味しさ溢れる本になりました。
「YOMEカフェレシピ:宝島社」です。

yome382.jpg

銀花の店頭にも積んでありますが、
ぜひお近くの本屋さんで手に取り、
にこっとうなずき、できれば、
「美味しそう」あるいは「楽しいレシピ」などとつぶやき、
レジに持っていき、野口英世さんを一枚出すと、
宇治平等院を2枚も返してくれます。

yome383.jpg

家に帰ってみてください。
全部ではないけど、ここ彼処に、
"うつわ屋のつぶやき"読者や、荻窪銀花ファンには、
見覚えのある器に、美味しそうな料理やお菓子が、
盛られて、それはもういい顔して写っています。
まさに、嫁に出したうつわ屋としては、
ハレの舞台を見る思いです。
近いうちに、荻窪銀花関係で作り手の分かる器のリストを作ろうかな。
知りたい方いますか?いらしたらお知らせするようにします。

yome385.jpg

YOMEさんにあってみると、
ともかく温かくて心が和む方なんですよ。
そのYOMEさんそのものが詰まったレシピって感じました。
そのYOMEさんや可愛いお嬢さんの画像がまたほほえましいんだな!!

yome384.jpg

手に入りにくい方は、銀花にどうぞ。
また希望のかたには、サインをねだってあげますよ。
って、ぼくもお願いするんだ~。

                 甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

食器の収納性

器好きの方にとっての、
2大悩みは・・・。
欲しい物が次から次、でも予算には限度がある。
限られた予算の中で、いかに自分の暮らしの中で、
生きて来る器を選ぶか?

そしてもう一つ。
器の収納。
これは特に長い器ファンにとっての、差し迫った命題です。

って、どちらもぼくの悩みかもしれませんね。

きっと予算の悩みは、
いくら予算が拡大しても、
人の欲望や暮らし方の変化できりがなく,
追いつくことは、難しいのかもしれませんね。
でもだからこそ、生きていき暮らしていくなかで、
楽しみや、勢いやエネルギーに大きく関わっていると思います。
まさに、エネルギー摂取である食べることに関わり、
加えて、お気に入りの器なら、心を潤しながら、
それがかなうのですから、大切なゆとりだと思っています。

一方の収納は、日本という国土からくる問題でもあります。
それは食器棚の大きさにまで関わるからで、
さらに、上にも書いたように、器好きには、
新しい食器は食べ物のように必要になっていく、
そんな気持ちから、減ることは難しいことでしょう。
となれば、日常使いの器には、
収納性が、絶対的に要求されます。
これには、目に見えて分かりやすい解決方法として、
まず、重なりの好い食器を選ぶことです。
スタッキングといい、最小限の立体スペースになるように、
同じ器が重なることです。

inagaki377.jpg


稲垣さんの食器の多くは、
日常の器なので、スタッキングには大変優れています。
というか、しっかり計画して作られています。

inagaki376.jpg


平たい皿ばかりではなく、
カップや鉢も大きさや用途により、
食器棚の棚の感覚を意識しながら、
納まるように作られています。

そのくせ、どれをとっても、
一つで見たときに、重なるデザインが、
器のフォルムの足手まといなっているようには、
決して感じません。
それどころか、綺麗な自由なデザインのフォルムから、
重なりの良さに感心するくらいです。

inagaki378.jpg


これは、轆轤を挽く時や、
器のデザインをするときに、
バラバラに考えているのではなく、
はじめから、作り手稲垣さんの頭の中に組み込まれているのかもしれませんね。
もしかしたら、マグならコーヒーやミルクが入る形にハンドルがあるように、
片口なら液体がはいって注ぎやすいように注ぎ口を作っていく。
器の性能や性質として改めて意識するのではなく、
はじめから組み込まれているようです。

自然でいて、スマートなスタッキングです。

                   甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

稲垣さんらしい遊び心

グレーシリーズにもともと使っていた土は、
型鋳込みの土で、色や肌合いから、
あえてそれをロクロで挽くという仕事をしてきました。
このところで、粘土屋さんの方の調合が変わり、
同じ質感のまま少し挽きやすくはなったようです。

この鋳込み用の土は、性質として、
乾き安く水が引き安く作られいて、
そのため、タタラなどの作業がしにくく、
ときに乾いた表面に乾いた田んぼの様なヒビヒビが・・・。
その土の性質や素材感と面白いと思う稲垣さんは、
あえてそのヒビヒビをつくりだして、
組み立て作った作品がこれ。

inagaki374.jpg

廃屋のような姿で、
オブジェであり花器でも由。
侘び寂びに溢れています。

inagaki372.jpg

こちらはかなり背が高い花器で、
四角いため花の納まりがとても良いです。
銅を綺麗に発色させて、
エキゾチックな緑青色がでています。

どちらもロクロとはひと味違う、
手仕事の遊び心たっぷりな作品です。

               甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

加藤財さんの急須ポット展

お待たせいたしました。
HPなどでもご紹介しておりますが、
来週12月15日(金)から加藤財さんの個展がはじまります。
そのために問い合わせを頂くことが多くなっているので、
ブログを読んでくださっている皆様にも、
早めの予告と、ご紹介をさせていただきます。

kato062.jpg


秋の予定だった個展が、
加藤さんが体調を壊したことで、
会期を延期させて頂き、いよいよ来週という運びになりました。
先週の状況では、窯焚きの最中で、
まだ作品の選別やチェックはこれからということでした。
さて、今年はどんな作品を見せてくださるか、
ワクワクしております。

切れが良く
使い勝手が良く
お茶が美味しく入り
気品溢れる美しく端正な姿

それが「たから急須」の持ち味です。
お茶を入れるのが楽しみになり、
芳香はお茶は喉の乾きと、
心を潤す心地良さを味わえます。

kato061.jpg


予定では、急須、ポット、注器などが、
300点ほど並ぶ予定です。
そして、急須にしてもポットにしても、
一つと同じものがなく、
少し違った顔つきをしています。
そのくせ、どれも加藤さんの急須やポットと、
すぐに分かるのは、ひたむきに作られている加藤さんの、
姿勢そのものが滲み出ているからに違いありません。

会場では、水を用意して試してもらっています。
どれも切れは良いので、
切れの良さを試すと言うより、
選ぶ時に注ぐ感じが手に合う物を選らんでいただくためです。
そうでもしないと、ふるい落とすことができないほど、
あまりにどれも素敵でいて、
選ぶのに困ってしまうからです。

そんな「たから急須」ですから、
ほんとうは、手にとって選んで頂きたいのですが、
遠方のお客さまには、
寸法、容積、複数の画像などの資料をお送りして、
さらに、選んでいただくよりどころになればと、
僭越ながら甘庵が「たから急須」ファンとしてアドバイスなどで、
選定のお手伝いをさせていただいておりますので、
お気軽にお問い合わせください。

             甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

大雪

今日の荻窪は寒空です。
暦では「大雪=たいせつ」という日だそうです。
見るからに寒そうで、今日の空模様にぴったり。
気温から言えば、きっとこんな感じが例年の気温なのでしょう。
ただ、秋が温かいまま過ぎたので、
どうもカラダか怠けているようで、
とても寒く感じます。

さて、昨日は定休日でした。
今日から稲垣さんの個展の後半へ折り返しです。
少し変わりだねをご紹介します。

inagaki375.jpg


グレーシリーズで作られた皿状の文字盤の時計です。
グレーシリーズのもつ、モダンでいて爽やかな表情は、
清潔感のあるインテリアグッズにもぴったりです。
径17cm 6000円
ムーブメントは電池のクォーツ時計です。
そこの悩めるサンタさん、これプレゼントに良いのでは?

                甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

オフの長閑な午後

相変わらずぼくのオフは実に長閑モード。
たまには変わったことをしてみようかな・・・。
とはいうものの、日だまりでの読書は極楽至極。
今日も読み差しの本を持ち出して、読み始めました。

そう寝坊したわけではなくても、
ノンビリしてる朝のため遅呑め朝食。
お昼になってもまだランチ食べるほどではないので、
頂いたハーブティと常備菓子のチョコで一息つけば、
もう少し読書を続けられそう。

off135.jpg

それならと、カップはティカップは稲垣明子さん。
ポットは年期の入った加藤財さん。
荒川尚也さんのぐい呑みにチョコ。
好きな器でプチ幸せです。

           甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

稲垣明子さんの練り込み

今日は稲垣さんの練り込みのお話をしてみますね。
練り込みという手法は、
複数の色の違う胎土=粘土を意図的に練り込んで、
土の色合いが生み出す文様を楽しみます。

練り込みを手がける方の多くは、
計画的に、あるいはたくさんの手間を掛けて、
縞や市松などといった、幾何文を生みしています。
根気のいる静かさを感じる仕事です。

稲垣さんの練り込みは、動きを感じる仕事です。
予期された偶然を上手く取り込む、
窯変や、灰かぶりや、緋だすきなどといった物に、
感性では似たものがあると思います。

まずは見てください。
inagaki363.jpg

これは、同じロクロで生み出された、
フリーカップを3つ並べました。
中程のカップの見込みは随分白い部分が多いですよね。
でも、このカップをそのままの配置で裏返して見ると・・・。

inagaki365.jpg

どうですか、見分けが付かないくらいの、
青と白の混ざりぐらいは、同じような感じですよね。
稲垣さんの練る込みは、
このカップですと、青い土と、白い土の塊を合わせ、
そのままロクロの上に乗せて、挽きだしてしまいます。
カップごとに、青の土と白の土が、平面的ではなく、
立体的に混ざっているので、
たまたま白い土だけの面ででることも、
その逆もあります。
でも、裏では平均的な混ざり具合の姿になっていたりします。

inagaki364.jpg

ロクロの上で土がねじられて、練り込まれていく、
勢いとスピード感のある、稲垣さんの練り込みを、
裏も見ながら楽しんでください。

                 甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

稲垣明子”うつわ”の解明の復習1

今日は稲垣明子さんの人気定番のグレーシリーズのことを、
じっくりお話しようとおもったのですが・・・。
他の仕事に関しても、制作方法や私見ですが見所などのことは、
昨年のブログ「稲垣明子”うつわ”の解明1~5」で、
かなり熱く語っていて、
「うーん甘庵若いな~」って。
いや、一年でそうそう丸くなっているわけではないのですが・・・。
自分で読み直すと、例のごとくの誤字脱字以外にも、
ちょっと、照れくさいものが・・・・。

でも、間違った内容や、改訂したい内容は今のところありません。
稲垣さんファンの方でお時間のある方、あるいは、
怖い物見たさという方にはお奨めです。ぜひ。

さて、はじめて読まれる方もいると思うの、
このグレーシリーズの事を改めて簡単にお話します。

inagaki334.jpg

手にとって感じるのは、重さだけでなく軽やかなことです。
光りにかざすとガラスかと思うほど光りが透けます。
ガラス化する素地とかなり薄仕立ての仕事の結果です。
この硬質感、軽快な素地で仕立てられたフォルムの器には、
モノトーンの無駄のなくデザインされた絵柄が線描されています。

inagaki355.jpg

この線描は「稲垣明子”うつわ”解明2」でも、
詳しくお話していますが、
染め付けなどのような多くのやきものの絵付けのように、
絵の具(やきものの)と筆で描いているのではなく、
象嵌(ぞうがん)という方法で描いています。
カリカリって素地をとがった物で彫り、
そこに、絵の具にあたるものを埋め込んでいます。

そのために、この独特の立体感ある質感の線描になっています。
実際に線描をツメでなぞると、場所によっては凸凹していて、
線が凹んでいるのがわかります。

力のある線描と素地の空白の生み出す空間が、
いつも新鮮で美しいグレーシリーズです。

               甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

稲垣さんの素顔

小柄で可愛らしいくて、いつも明るくにこやかな稲垣さん。
そんな外観や雰囲気からは信じられないほどパワフルなんですよ。

今回の個展のバリエーションを見て頂いておわかりのように、
石物(磁器)と土物(陶器)という、素材の違いをこなし。

inagaki343.jpg

同じ石物でも、グレーシリーズと、結晶釉という、違う構成を生み出し。

inagaki315.jpg


土物でも、練る込みと面取りでは、
まるで違う作り手の仕事のようです。

でも、どれにも稲垣パワーの遺伝子が組み込まれています。
どの一つをとってみても、ピリリとした元気が詰まっていて、
一人の作り手の仕事として筋が通っています。

inagaki.jpg
その遺伝子のもと稲垣さんのポートレートです。
ふっくら映っているって気になさっていたので、
つたない腕の撮影者としてのいいわけを。
楽しいオープニングパーティが終わったあとの、
稲垣さんの気持ちが、すこしほっとしたところを、
つかさず、携帯でとったので、レンズが短いかく、
ちょっと膨らんで写ってしまっていますね。
でも、稲垣さんの朗らかさがちゃんと写っていると思いますので、
皆さんに見て頂きます。
うーん、若い。とても○○歳には見えないな~。
っていうと、年みたいだけど・・・・。
いえ、本当に若いんですけどね。
                甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

間口の広い器

稲垣さんの顔になっているグレーシリーズは、
気に入ってくださるお客さまの間口がとても広い器です。

inagaki332.jpg

たぶん手仕事の器と意識しないまま、
「かわいい~」というお言葉をいただき、
気に入って使い始めてくださるお嬢さんから、
およそやきものに関しては、相当な知識をお持ちだったり、
かなり渋い、侘び寂び好みの初老に男性まで、
ファンの間口が広い器です。

乱暴にいってしまうと、
とっても、わかりやすい。
明るくて、軽やかで、明快・・・で可愛い。
と、同時に、フォルムに無駄がなくシャープ、
描かれる線描も、象嵌しているために、
軽やかなのに、重厚でもあるんです。

つまり、可愛いけど品格もあるみたいなぁ~。
(半疑問形っていうにかな、そんな響きで読んでください)

磁器素材ですから、丈夫で、匂いも付きにくく、
清潔感があり、使い安い器です。
素地はとても透明感があって、
強い光りのところでは、素地の透け感を感じとれます。
そんなところも、多くのファンを持つ魅力になっていますね。

inagaki339.jpg

作り続けている定番の器で、色々な絵柄があるので、
あえて柄違いで、買い足して行かれるファンが多いのも、
このシリーズの特徴です。
フォルムや質感はとっても、洋を感じるのですけど、
同じ絵柄で揃えないところは、
とっても和の器の遺伝子が濃いですね。
そのあたりも間口が広くなる魅力的な要素のようです。

                  甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

次のページ

FC2Ad