うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

艶を消したガラス

今回の巳亦さんの作品に、艶の消えた作品がいくつか見られました。
サンドブラストと言われる、砂を圧縮空気なので吹き付けて、
ガラスの表面を荒らす方法です。
この方法で着せガラスの表面を取り除き、
絵を描く方法などにも使われますが、
巳亦さんの場合は、均一に表面を荒らして、
マットな質感に仕上げています。

mimata555.jpg

焼き物などは、釉薬の調合や、釉薬を薄く施したり、
そのまま焼成する焼きしめなどで、
艶のない質感を生み出せますが、
吹きガラスのガラスの場合は、表面を細かく凹凸にしても、
品良く艶を消すことは難しく、
通常はサンドブラスでつや消しにするか、
薬品でつや消しにします。

mimata486.jpg

艶を消すことで、
同じガラスの色合いも、フロスティな質感になり、
シャープさがなくなりますが、
半透明の砂糖菓子のような、独特の趣が生まれます。

同じ色のガラスでも、吹いたママの艶のあるこのグラスと、片口型の花入れでは、
mimata554.jpg


mimata553.jpg


色合いが柔らかくなるだけでなく、
質感や素材感まで違って見えます。

mimata488.jpg

冷凍庫で凍らせたような、
フロスティな涼感を受けます。

            甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

お奨め催しが続きます

現在開催中の巳亦さんもぜひ見て頂きたい企画なのですが・・・。
6月7月の荻窪「銀花」の催しも、甘庵お奨めの企画が目白押しです。
来週からは、アケビや山葡萄といった自然素材で編まれた籠を集めた、
「籠 自然素材を編む 展」が始まります。
作り手は年老いて行き、素材は山があれて少なくと、
問題点は山積みですが、愛情ある使い手をしての出会いが、
ぼくらに出来る応援だと思っています。
若い年齢層にも、ファッションとして人気が高まり見直されているのは、
嬉しい限りです。

6月後半からは、鹿児島で磁器染め付けを中心に作陶する、
山口利枝さんの食器を中心にした個展です。
和食器の定番の染め付けに、伝統とモダンな解釈を加えて、
日常に使いやすく、手頃で求め安い、若々し器が並びます。

7月に入ると、今年で27回目と荻窪「銀花」ではもっとも長く個展を続けてくれている、
荒川尚也さんの宙吹きガラス展が始まります。
澄んだ素地にデザインされた泡は、美しく煌めいて清涼感溢れています。
荒川さんが生み出した、飽きがこず、使いやすく、長く愛されるガラス器を、
これからも橋渡しして行きたいと思っています。

7月後半には、阿波藍の美しさを見せてくれる、
待望の森くみ子さんの個展が、新しい体制で今年復活です。
「本物」とか言うのは、本意ではありませんが、
あまりに、「本物でない」藍が多いので、
言う必要がない当たり前の仕事をしているのが、
当たり前ではなくなっているので、あえて言っちゃいます。
ぼくが知っている、数少ない本物の藍です。
まずは見てみてください。ぜひ!!

今、和の文化の伝統をぼくらが少しでも支えないと、
本当に影の職人さんや、山や、素材や、技術が、
二度と手に入らなくなってしまうことになっていきます。
まずは時間をください。
器でも、籠でも、ガラスでも藍でも、
少しゆっくり時間をかけて眺め、手に取り、じっくりと見つめてください。
きっと、作り手の細やかな想いと、心意気が伝わってきたり、
滲んで来るに違いありません。
好き嫌いや出会いもあるでしょうが、
きっと、手仕事を判断する物差しの刻みが増えると信じています。

                                                    甘庵

** 6月7月の荻窪「銀花」催し予定***

籠 自然素材を編む 展
6月8日(金)~19日(火)
6/6水.7木.13水はお休みです
アケビや山葡萄や根曲がり竹などの、自然素材で編み上げた、
買い物籠、バッグ、碗籠など、暮らしの中で使いやすいものばかりです。
kago4.jpg


山口利枝 明るく爽やかな器 展 
6月22日(金)~7月3日(火)
6/20水.21木.27水はお休みです
伝統をふまえていて、丁寧細やかな仕事でありながら、
山口さんらしい、若々しさの溢れた作品です。
染め付け磁器を中心にした、飽きのこない使い安い器です。
yamaguchi521.jpg


荒川尚也宙吹きガラス 展 
7月22日(金)~17日(火)
7/4水.5木.11水はお休みです
清涼感あふれる澄んだ素地に煌めく泡は、凛とした品格に満ちていて、
飽きのこない、盛り映えのするガラスの器を生み出しています。
arakawa05.jpg


森くみ子 阿波藍絞り 展 
7月20日(金)~31日(火)
7/18水.19木.25水はお休みです
待望の森さんの藍が復活です。いっさい手を抜かず、幾度も幾度も染め重ねた、
深い藍色を目にすれば、きっと藍染め美しさをくみ取っていただけます。
mori.a.jpg



皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。


テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

彩り豊かな

巳亦さんの吹きガラスの個展のサブタイトルを、
「彩りガラス」とさせて頂いているのは、
「彩り」の持つ意味の、配色、色の配合、
おもしろみや風情や華やかさを付け加えること、などから、
選んだ言葉です。

mimata550.jpg

それは、直に巳亦さんのガラス器を手にしたり、
使って頂いてくださる方には、
納得してただける響きだと思っています。

mimata547.jpg

ガラスでは見かけなかった、
乳白色や不透明なガラスが、
穏やかで、心和む色合いの、和の彩りを見せくれます。

mimata552.jpg

また、毎年見せてくれる新色と、
新しい彩りの組み合わせに魅了されることを、
多くのファンが楽しみにしています。

              甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。


テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

周到な仕込み

巳亦さんのガラス器の魅力は、
センスと構成力を支える、確かな技があってのことです。

ガラスの技は、熱く溶けたガラスが冷めるまでの間に、
的確に素早く形作ることは、
見ている間に出来て行くことから、
理解も想像もつきやすいのですが、
少しの無駄なく仕事が運ぶには、
細やかな神経で計画された仕込みがあるからです。

mimata549.jpg

独特の色合いの色ネタを作ることから、
様々な色ガラスを作り、さらにそれらを組み合わせて、
トンボ玉と同様の方法で、たくさんのパーツも作ります。

そのパーツは、カットして断面を見せて点文にしたり、
mimata548.jpg


細く伸ばした線文の元にしたり、
mimata545.jpg


それらをいくつも組み合わせて行って、
巳亦さんらしさが深まり、
美しく彩り豊かなガラスの表情を見せてくれています。

mimata445.jpg

周到な仕込みがあって、美し構成された、
巳亦敬一さんの彩りガラスが出来上がってきます。

              甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。


テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

光をたたえるガラス

巳亦さんのガラスの器は、
不透明で和の色合いを持っています。
ガラスによく使われる色とは違うのは、
巳亦さんのオリジナルの色が基本だからです。

mimata478.jpg

中間色だったり、わずかに濁りさえあり、
和の色合いを感じます。
彩度も、低く不透明なのに、
決して暗くなったり、重い感じはしません。

mimata480.jpg

それは、作り方の秘密があるのですが、
それを言葉で説明しても、もどかしいので、
結果をいうと、器が光を採りこんで、
ほんわかと・・・淡く明るさをもっていて、
まるで、持ち上げて光にかざしたように、
器が光をたたえています。
見込みに手を入れ揺らすと、
外側に影が映り込みます。

mimata503.jpg

お出かけ頂ける方は、
といっても、これも説明しても、
見て頂いたり触れて頂いていない方には、
分からないと思います。
これはもう、手に触れていただくしか、
理解頂けないお話しで恐縮ですが、
一度でも手にしたことがある方には、
「なるほど」とか、「そうそう」とか、
きっと納得してくださるはずなのですけど・・・。

ぜひぜひ、まずご自分の手にとって、
ご覧いただけたらな~と、
甘庵は強く願ってやみません。

              甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

夏だ~!!

昨日は長袖来ていても、
じーっとしているとヒンヤリするくらいの気温だったのに、
今日は半袖でも、動くと汗が滲みます。
うーん、この気温差には着いていけません。

mimata490.jpg

外の眺めると、車や葉がキラキラ。
アスファルトに電柱の影がくっきり。
う~ん、夏だ~。

mimata497.jpg

この夏の気配の中、
荻窪「銀花」では巳亦敬一さんのガラス展が開催中。
涼しげなガラス器が、本領発揮状態です。

mimata498.jpg

ガラスは夏の器と、どなたも思って頂けると思いますが、
この感覚、実は、四季のある中で育った、
ぼくたち日本人の誇るべき感性なのです。
いくら四季が変になりつつあっても、
この感性を大切にして、夏の器の代表として、
ガラスの器を楽しみましょう。

              甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

初夏の風に似合うガラス

朝からの雨と、暑いくらいの昨日との気温差に、
おろおろしております。
お客様からも「風邪をひいてしまいました」とよく伺います。
皆さん気をつけましょうね。

mimata486.jpg

さて、今日からの巳亦さん。
きちんと並べると、またいいんです。
アイテムは豊富ですが、
手仕事なので、あっても5~6客ずつ。
早くも完売の器も出てきています。

mimata499.jpg

ぜひ、手にとってその魅力をご覧頂きたいのですが、
HPがご覧になれる方は、
ぜひ、こちらから覗いてみてください。
初夏の風に似合うガラスがご覧になれます。

                 甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

色が違う~!!

まずはこの二つの画像をみてください。

これは、今回の巳亦さんのDM(ダイレクトメール)用の画像。
07mimata.jpg


こちらは、銀花で荷ほどきした器の画像。
mimata443.jpg


実は、同じシリーズでした。
時間の関係もあって、DM用は巳亦さんに撮影してもらい、
メールで到着して、ぼくがDMに整えました。
その時、現物を見ていなかったことや、
デジカメやPCや、いろいろあったのでしょうけど、
ライティングとバックの反射で、
本来水色の部分に黄色みがかって、
緑っぽく写ってしまったのかと推理しています。

というわけで、ぼくせいでこのようなことになって、
期待させてしまった方、ごめんなさい。

でも、現物は凄く素敵です。
ガラスですので、置く場所の色を透かすので、
微妙に色が違って見えることは、
楽しみとご理解頂ければ、幸いです。

             甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。


テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

彩りガラス

初夏の日差しに煌めいて、
眩しいくらいに鮮やかな新緑の中、
中央道を山梨都留の「もえぎ」さんへ、
荻窪「銀花」で昨日まで開催していた野波さんをもって、移動中です。

銀花では5/26(木)からは、
「巳亦敬一 彩りガラス 展」が始まります。
待ちかねてくださっているファンの方も多いと思います。
ぼくもそうなのですが・・・。

mimata442.jpg

ブログでも幾度かお話ししていますが、
巳亦さんの色合いは、いままでガラスに使われてきた色より、
少しくすんだ、あえて言えば、懐かしいような和の彩りです。
透きガラスの間に挟むことで、
周りの光を集め内包して、
仄かに淡く明るさを湛えています。
これは、たぶん手に持たない限りご理解頂けないと思います。
実際に手にとっても、とても魅力的で素敵と感じても、
意識して観察しないと、このデリケートな現象を気づくことはないかもしれません。
でも、結果としての、多くの方だが、
巳亦さんの「彩りあるガラス」の美しさで十分に魅了されるからです。

新緑の爽やかな風に似合うガラスを、
直に手に取りに、是非おでかけください。

巳亦敬一 彩りガラス 展
5月25日(金)~6月5日(火)
5/23水.24木.30水はお休みです
不透明なガラスなのに、手に持つと周りの光を集めて、
柔らかく仄かな光が滲みでます。
煌めくのとも、輝くのとも違う、
淡くしとやかな陰影は巳亦さんの彩りガラスの魅力です。

甘庵
荻窪「銀花」
"  mail "  ginka@kan-an.com
" URL " http://www.kan-an.com/


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

蹴轆轤を挽く野波さん

今日は野波さんの個展最終日です。
そこで、蹴轆轤を挽いている野波さんの画像を手にいれたので、
皆さんにサービス大公開しちゃいま~す。

makotononami.jpg

蹴轆轤(けろくろ)は、こんな形をしています。
ケヤキ材で出来ていて、
粘土の状態の器が乗る上の盤と、
足で蹴って回転を維持する下の盤を、
数本の桟で繋ぎ、糸を巻くボビンの様な形にしてあります。

野波さんが蹴轆轤で作る話をなさるときに、
「蹴轆轤で高台削るのは具合が良くて、楽しいんです・・・・」と、
よくおっしゃっています。
その楽しんで出来た高台の画像を、
ちょっとコラージュしました。
確かに、楽しそうですよ~。
nonamikoudai.jpg


          甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

掛け花いれ

先日は、野波さんがお花が好きというお話しをいたしました。
花を生けることを楽しんでいる野波さんの掛け花入れをご紹介いたします。

ロクロ目の伸びやかな2点は、なかなかのボリューム感をもっていて、
花が生けられて、壁が大変に華やかに彩られました。

nonami202.jpg
左:青白磁掛け花入れ
30000円 φ8.5 H38
右:マット白掛け花入れ φ5.5 H36

こちらは、タタラで組んだ使い安い大きさの掛け花入れです。
nonami203.jpg
青白磁白掛け花入れ
6000円 φ3.5 H28

表面に施された筋目が、カジュアルでいながらも、
釉調を楽しめる質感と表情に仕上がっています。
nonami333.jpg



ディテールにある目跡は焼くときに、
貝でつめ立てして、横にして棚板に窯詰めした跡です。
目跡とともに、窯変が出て、
景色になっています。
nonami332.jpg


nonami335.jpg


掛け花入れは、場所をとらずに、
暮らしの中に、ほんの一輪の花で華やぐために、
とても、使いやすい花器です。

                甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。



テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

さりげない器 2

5/18の「さりげない器1」でもお話ししたように、
ケロクロで挽かれた野波さんの器の醍醐味は、
何気ない鉢などの、綺麗なロクロ目の伸びやかなフォルムです。

nonami323.jpg
マット白磁鉢7000円 φ22 H9.5

nonami324.jpg

これは、白磁マットのゆったりした鉢です。
何気ないだけに、気軽に多様に使えて、
それでいて、品格を兼ね備えています。

nonami325.jpg
マット白磁輪花鉢 8000円 φ24 H8

nonami326.jpg

こちらは、輪花に仕立てられて、
凛とした緊張感を漂わせながらも、
実に素直で柔らかな表情で佇んでいます。

nonami327.jpg
青白磁輪花鉢 8000円 φ24 H8

nonami328.jpg


nonami329.jpg


どれも、さりげなく何気なくそこにありながら、
使うと心を穏やかになる器だと思っています。

               甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

花留め

野波実さんは個展中毎日会場に詰めていてくれます。
回数券を買って、横浜の自宅から通ってくれます。
毎日が楽しい会話で終始していて、
甘庵には楽しい企画展です。

そんな野波さんは、花好きで初日に自分でお花を生けてくれて、
毎日移ろっていく花をいとおしそうに、
手をかけて、なるべく長く花を楽しもうとなさっています。

そんな野波さんの暮らしの姿勢から生まれた作品が、花留めです。

nonami225.jpg

これまでの花留め角に加えて、今年は花留め百合ができました。

nonami330.jpg


nonami331.jpg

花留め百合は名の通りに、
百合の花弁のような3弁の花びらから構成されていて、
鉢の見込みに配置して花の茎を立てたり、
nonami226.jpg


鉢の縁にかけて、花の茎を立てたり、
nonami219.jpg

花の押さえにつかったりと、
使い方も工夫しだいてひろがりそうです。

そのまま置いておいても、
置物やオブジェとして、美しい存在です。

                甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

さりげない器 1

野波さんが蹴轆轤(ケロクロ)という足で蹴るロクロで、
玉挽きとか玉つくりなどと言われる、
一つずつ挽きだして行きます。
(野波さんは「一個挽き」といってました)
この方法は、抹茶碗やぐい呑みを挽くときによく使われたりする方法です。

nonami319.jpg

この方法は、同じ寸法の物をつくることより、
一つずつの表情を生かすことに主眼を置くときに向いています。
それが、一番良くわかるのが、何気ない、さりげない鉢たちです。

nonami320.jpg

おおらかで伸びやかなロクロ目。
最小限の削りで済むようにと、
イメージされて引き出されたフォルム。

nonami322.jpg


器の多くが見た目より軽いのは、均一な肉厚で挽かれていて、
特に、手持ちのバランスに重要な高台周辺に無駄がないためです。

水引きされた瑞々しさと、緩やかな回転のロクロと、
さらっとスピーディに削られた高台が、
何気ないさりげない鉢の見所です。
それは、盛りつけ、手にもち、使うことで、
必ず伝わってきて、堪能出来ることを請け合います。

                甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

人気の赤絵片口入荷

藤田佳三さんの人気の赤絵の片口が入荷しました。
よめ膳@YOMEカフェでも良く登場していて、
問い合わせも多く、注文に合わせて少し多めに到着。
久々に店頭に並んでいますので、
ちょっとブログでお知らせして見ます。
とはいえ、今時点で・・・残り4客です。

fujita280.jpg

fujita281.jpg

fujita282.jpg
赤絵4寸片口小鉢 φ12H6  3675円
食卓が華やいぐ器ですが、
意外なほど、盛りつけも映えて使い安い器です。
だからこその人気定番なのです。

もう一つこれも人気の猪口です。

fujita309.jpg

YOMEさんもいろいろ使ってくださっています。
お茶からデザート、箸休めまで、
自由に使えて可愛い器です。
阿南手猪口小 φ7.6H6.5 2625円

  
                甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

野波動物園 2

今回の野波さんの仕事に、
磁器以外の仕事があります。
それが、この動物シリーズです。

nonami295.jpg

常滑に行ったときに分けてもらった、
煉瓦やタイルなどのための粘土だそうです。
手ひねりで作り出した動物たちは、
簡単な窯をしたてて、炭で焼かれました。
そのために、焦げがあったり、
灰かぶりも見えたり、ガラス化したところや、
炭化して黒いところもあり、
土色に様々な色合いを生み出しています。

nonami296.jpg


nonami297.jpg


nonami298.jpg


nonami299.jpg

野波さんのイメージの中の動物を、
心の赴くまま、粘土の個性のままに、
造形していった姿には、
動物たちなのに、どこかアニメの主人公にように、
個性があったり、何かを話しかけてくるような、
表情をもっています。

nonami300.jpg

後ろ姿が、また何を語り、
とってもセクシーだったり。
ははは。
可愛いですね。

                甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。


テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

甘い野菜

昨日、いつも心遣いをいただいている、
ゴンベさんから季節の詰め合わせが届いた。
ずしりと重い箱の中には、スナックエンドウと空豆が、びっしり。

早速、スナックエンドウを茹でてそのまま、
野波さんとおやつに頂きました。
二人で声をそろえて「甘~い」。
夏の香りや酷のある豆の味も濃いのですが、
それより感じる甘さにびっくり。

p294.jpg

新鮮な素材の美味しさを、
堪能させていただきました。
画像だけすが、お裾分けです。

帰り道、二人で分けた豆が心地よい重さに感じました。
ぼくは初ものだった空豆も夕飯に美味しく頂きました。
ゴンベさんご馳走さまでした。

                甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

新しい花シリーズ 2

今年増えたシリーズの花ティカップと、
花コーヒーカップをご紹介します。
紅茶やコーヒーを注ぐと、
飲むに従って、花形がくっきりと浮き上がります。

nonami302.jpg
花コーヒーカップは花カップにハンドルが付いたような形です。

nonami307.jpg
頂いたベリーティを半分ほど入れてみると、
ほら花形が浮かびあがります。

nonami301.jpg
それに比べて花ティカップは、少し花弁が開いています。

nonami308.jpg
開いている分、こちらの方が、
花弁の切り込みがはっきりしていますね。

nonami303.jpg
後ろ手急須も花弁型に作られていて、
蕾のような形に見えます。
摘みには、花が付いています。

nonami304.jpg
横手急須も、膨らんだ蕾のようです。

nonami305.jpg
高台削りも花弁と蕊に細工が施してあります。

nonami306.jpg
お茶の時間が、より楽しく、くつろげそうでしょ。

店でも梅湯呑みでお茶をお出しすると、
器好きのお客様は、こんな、ささやかなおもてなしを、
うつわ屋の心意気として、受け取っていただけて、
実に楽しそうに、嬉しそうにしてくださいます。
自然、お客様との会話も距離が近づく気がしています。
野波さんの花シリーズの器には、大変感謝しています。

                 甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

野波動物園 1

野波さんの細工で、急須や蓋物のツマミが動く仕掛けがあります。
そのツマミのほとんどが、動物の形になっています。

nonami271.jpg

こちらは、急須も蓋についた、魚くん。
nonami270.jpg

ほら、反対も向けますよ!
ツマミが動くアイデアの発想を、野波さんに伺ったときに、
「お茶を注ぐときに摘みが揺れると楽しいかなと思って」
と、答えたくれました。
遊び心から生まれている細工です。

nonami265.jpg



これは、動物小壺 7000円 で高さが8~10.5cmほどの、
可愛らしい小壺です。

nonami267.jpg


ツマミの動物はいろいろいます。
小壺を持ち上げたり、蓋を取るときに、
ツマミが揺れ動きます。

nonami268.jpg

確かになぜだか、ちょっと嬉しく、楽しくなります。
nonami222.jpg


作り手野波さんの遊び心のある器は、
「心穏やかになる器」の企画展タイトル通りに、
使うことで、心和めて、穏やかになる器です。

                甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。


テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

新しい花シリーズ 1

注いだ液体が花の形になる、
人気の梅湯呑みや、花盃に続いて、
今回新しい花シリーズの器がお目見えしています。

今日ご紹介するのは、花深鉢です。
nonami209.jpg


手前が青白磁花深鉢、奥がマット白磁花深鉢で、
どちらも、3300円 φ14.6 H7 です。
鉢として盛りつけても、丼として持って使うことも、
用途や使い道にとらわれず楽しめる器です。

nonami984.jpg


このシリーズは、蹴轆轤で挽きあげたあとに、
高台の一部を少しだけ削る以外は、
水挽きといわれるロクロで挽きあがった、
柔らかくて瑞々し表情をそのまま残しています。
少し削ることで、楽しめて、絵になる姿として、
花弁や蕊を想わせる姿に納めています。

普通に使うときには見えない高台ですが、
器の持ち主の楽しみであり、
洗うのも楽しくなく納まりです。

             甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。



テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

細工を楽しむ

今日は、野波さんの細工仕事をご紹介します。
まずは画像から。

nonami272.jpg

「とっても魚くん」という名のカップです。
野波さんは小さな魚をかっていて、
その「魚くん」はしばしばモデルになって登場しています。

こちらは、魚くんが左右耳としてつく、双耳盃です。
かわいい魚くんの大きさは、2.5cmほどです。
nonami273.jpg


急須の摘みにも魚くんが付いています。
nanami275.jpg


こちらの急須は花弁です。
nonami274.jpg


こんな感じで、ちょっとしたところに付く細工から、
野波さんが仕事をとても楽しんでいる気配が伝わってきます。
なんだか、とっても長閑なで、和んでしまいます。

             甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。


テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

勢いと緻密

勢いと緻密
野波さんの仕事には、二つの顔があります。
蹴轆轤ので一気に挽きあげた瑞々しい表情と、
じっくりと仕上げた細工が共存している。

そんな野波さんの仕事を、
少しずつご紹介していきたいと思っています。
今日はまず、面取りの仕事です。

蹴轆轤でゆったり引き上げた形を、
高台や縁の始末ていどの最小限の削りで、
仕上げるのが野波さんの仕事の特徴です。

nonami251.jpg

面取りは、削り過ぎると穴が開き、
削りが足りないと重くなってしまうのが難しいところです。
面取りでも、全く無駄な厚みもなく、
スカッと勢いある削りは、
内側や残った柔らかなロクロ目との、
対照的な力強さが美しい、削りの後を見せています。

nonami250.jpg

面取りの見所は、
伸ばす作業と削りとる作業という、
相反する二つの作業の調和です。
陰と陽、柔と剛、女性的と男性的と、
反転する二つを兼ね備えたところが見所です。

野波さんの面取りには、
野波さんらしさを十二分に発揮しながら、
この見所をしっかり、楽しませてくれます。

                甘庵 


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

風薫る白磁

野波実さん個展が始まりました。
青みがかった白磁と、マットな白磁を基本として、
蹴轆轤で挽き出された、伸びやかで柔らかな表情の器です。

良く晴れた今日、少し強いのですが、
風薫る五月の爽やかな日です。
そのためか、野波さんの器が並んで白く染まった銀花の会場をみていて、
動きがあり、リズミカルなフォルムから、
爽やかな風をイメージが浮かびました。

nonami248.jpg

「今回はなかなか良い感じかも・・・湯呑みやカップなどの細かい物が多くなってしまって・・・」
と野波さん。

nonami246.jpg

いいんです!!
人気でいつも会期の途中で少なくなってしまう、
お茶など注いだ液体が、花形になって楽しませてくれる、
梅湯呑みのシリーズが、一杯ありますよ~。
嬉し限りです。

                甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

人柄贔屓の作り手

明日から野波実さんの個展が始まります。
ファンの皆様お待たせしました。
まだファンになっていない方は、是非の機会に!!
って、お奨めしちゃうのは、
器の魅力が、野波さんの人柄の魅力そのままだからです。

nonami987.jpg

蹴轆轤(けろくろ)という足で蹴って回すロクロの、
緩やかな回転から挽き出される魅力を圧縮抜粋してみると、
1.伸びやかなフォルムの美しさ。
2.ロクロ目をほとんど消さない=削らない手業。
3.滑らかで少し青みがかった青白磁とつや消しの白磁肌合い。
4.作った野波さんが一番楽しんだだろう、遊び心。
5.磁器なのに温かな質感。
6.料理が映え、お茶が綺麗で、酒が美味く、掌が良い。
と、切りなくあげられます。

nonami985.jpg

といっても、言葉で伝えるより、
触れてみて、飲んでみて、食べてみて、呑んでみれば、
すぐに納得してもらえます。

nonami984.jpg

まずは、普通に使い安い器ですが、
手に持ち、唇に触れ、盛りつけを和むと、
じわりじわじわと、その魅力が染みてきます。
野波さんの器はこんな器です。

                 甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

のんびりオフ

連休も営業してがんばりましたので、
昨日から3日間店はオフです。
とはいえ、棚卸しや片づけもありますので、
店に出たりしています。
でも、気持ちはのんびり。
のはずですが・・・。

目覚まし替わりのタイマーでオンするTVも、
オフの日はタイマーかけずに寝るのですが、
気持ちが楽だからか、起きなくていいと思うからか、
単に歳のせいなのか、いつもの時間やそれより少し早めに、
起きてしまうんです。

結局いつものように、朝から店に来て、
片づけと棚卸しをいています。
日差しが暑くなってきました。
ブログが書き上がったら、
濃いめのコーヒーを呑んで帰ろう。

ibook.jpg


午後は、車の点検整備に行こう。
通勤の自転車の整備もしよう。
iBookに増えていったしまう画像の整理や、
書類のバックアップをとって、少しHDを軽くして、
動きを回復しよう。
気になるサスペンス本の続きを少しを読もう。
蒔いたバジルがやっと芽を出してきた。
今日のオフはこんな感じで、
どこまでできるか、まぁー、のんびり過ごしてみます。

                  甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

満2年がたちました

今日はブログ「うつわ屋のつぶやき」を書きだして満2年目です。
近年、「陶器の使い始めは煮る」や「漆器は普段使えない・・・」などという、
器への誤解や伝えていかないとならないことを感じはじめて、
ぼくでも出来る、伝えられることを、ブログで発信していこうと思い立ちました。

器や工芸に関して、
本や雑誌や、ブログなどに、簡単にないようをコピーして広まったいく、
間違った、あるいは、ぼくは違うと思えることを、
あるいは、こうあるべき、こうしていきたいと思うことを、
ぼくの責任で、はっきりと言い切れる覚悟きめられたからです。

怠け者のぼくが、ほぼ毎日何かを発信できたのは、
PCの向こうで熱心に読んでくださっている読者の方々がいるという、
良い意味のでのプレッシャーを感じ取れたからです。

まぁー、いいかっこしい~の気持ちもあって、
思いこみを増幅させて、エネルギーにも出来たのだと思います。

皆さんからのコメントや・・・書きにくいからでしょう少ないけどね・・、
コメントより多いかな、暖かいメールに、とても励ませられました。

大人げなくムキなった記事になることも、
誤字脱字も相変わらずかもしれませんが、
器好きの熱意は冷めることなく、
書き続けて行きたいと思います。
これからも、皆様のご愛読をよろしくお願いいたします。

2年間支えてくれた読者の皆様に、
感謝の気持ちをいっぱいこめて、あらためて、

ありがとうございます。

              甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

使いやすくするために塗ってます

漆は乾いては研いで、また塗って研いでまた塗る・・・・を、
何度も何度も繰り返す手間をかけているのは、
しっかり丈夫にして、使いやすくするためです。

手間がかかった分、価格に反映してしまいますが、
同時に、丈夫になっているはずです。

07kesan134.jpg


熱い汁を熱く飲めるのは、
持っても熱くなく、冷めにくいのは、
木地に漆を塗っているからで、
漆が選ばれたのは、熱い物にも強いからです。

漆器がいつの間にか使いにくい、
あるいは、普段使いに出来ないと思われるようになってしまったのは、
そう思わせるようは、器を橋渡ししたり、
過保護な扱い方を、もっともらしく伝えてしまう、
悲しい現状の積み重ねです。

07kesan132.jpg


使っていただけた方には、すぐに間違った話と理解されます。
まだそう思われている方は、
是非、漆器を日常に使うことで、
誤解をぜひ訂正して欲しいと願ってやみません。

                甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

粉引の善し悪し

朝鮮半島で粉引が生み出されたのは、
白い物が好まれ望まれた背景があるようです。
土ものでも白く焼き上がることで、
粉引は喜ばれたのですが、
使うことで変わっていってしまうことから、
嗜好は磁器へ写って行きました。

半島の文化では、使って行くことで変わる様は好ましく思われずに、
すたれてしまいましたが、
伝わって来た日本で、侘び寂びの文化に受け入れられて、
日本各地ではぐくまれていきました。

茶道の手前で、茶を点てる前に碗の湯を注ぎいれるのは、
碗を温め、茶筅の状態を調べ整えるのが、
目の前の客へ、一杯のお茶を美味しく点てるための配慮ですが、
同時に、10年先100年先の碗で茶を飲む人が、
心地よく侘びていって碗を手にするための配慮です。

粉引は素地とガラス質の釉薬の間に、
白い化粧土の層があります。
この部分に、湯水や茶が入り込んで、
侘びた変化を見せていきます。

半島の文化のように、
粉引に、白さが変わらずにいて欲しいと望むのは筋違い。
その時は変わらない白いやきものを選択すべきでしょう。

kesan171.jpg
光藤佐粉引片口鉢 26×28.5cm高さ10cm
20000円が25%引きで、15000円に。

変わる様、侘びる様を由とできるなら、
粉引は良きやきものとして受け取られることでしょう。
でも、変わる様、侘びる様を受け入れがたければ、
粉引は悪しきやきものとして拒否されることでしょう。

kesan172.jpg
光藤佐粉引大鉢 径27.5cm高さ8.5cm
20000円が25%引きで、15000円に。

粉引を自分色に染めていくには、
使う優しさと、理解が必要ですが、
使い出す前に、デンプン質いれて「煮る」などという過剰な手間は、
全く必要ありません。
煮てもかまいませんが・・・。
煮て目止めをしなくてよいものを、ぼくなら選びます。
煮物ではなく焼き物なのですから。

kesan170.jpg
信田勝馬粉引皿  
左:径24cm高さ4cm 7000円が25%引きで、5250円に。
右:径20.5cm高さ3.5cm 5500円が25%引きで、4125円に。

ついでなので・・・・、
1200℃の高温で焼いてできた焼き物を、
100℃前後で煮て丈夫になるということは、
考えられないことといって良いと思います。
煮沸消毒の効果はあるとしても、
やり方では弊害や破損さえ考えらるます。
ご注意を!!
    
             甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。


テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

ガラスが生き生き

今日までらしいのですが、
荻窪は今日も朝から良い天気で気温がどんどん上がっていきます。
昨日もお話しして頂いて野草は、
ガラスの花入れや、コップや、クリーマーに生けさせて頂いています。
水を入れるだけで、ガラスが煌めいて来て、
また、この連日の初夏の陽気には、
涼やかなご馳走になっています。

丁字草と伺った・・・清爽な青い花は小振りな掛け花に生けてみました。
kesan162.jpg


姫フウロウソウはビアコップに、
kesan167.jpg


クリーマーには・・・姫ジョンかな?
kesan166.jpg


透けてみれるガラスは、
たとえ水でも入れることで、
伸びやかに生き生きとしてきます。
器はやはりつかわれることでこそ、
生きてくるものです。
器の橋渡しをして、28期目に入ったうつわ屋甘庵は、
使っていただける、良い出会いになる、
橋渡しをしていきたいと心新たに思いました。
どうぞ皆さん、よろしくお願いいたします。

                  甘庵



皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

花を生けての売り込み

決算市の25%引きの棚へ、新しい品が出ました。
昨日お客様よりいただいて、ガクアジサイの初々しい蕾を生けて、
花の力で売り込みで~す。

備前花入れを3点並べ、その一つに生けてみました。
薪で焚かれ炭で炭化された土肌は、
無釉でも華やかでいて、優雅で気品溢れる姿をしています。

kesan164.jpg
木戸明彦 備前花入桐共箱付 17500円→13125円

静かなガクアジサイの枝振りを凛と受け取って、
穏やかで伸びやかな佇まいを見せてくれます。
こうして花を生けるとセールの会場でありながらも、
心地よい空間に感じられるのは、
ぼくが器好きだからだけではないと思います。

kesan165.jpg
松本慶一郎青白磁花入れ 7350円→5512円

              甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

次のページ

FC2Ad