うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

藍分は粒子

藍染めは、タデアイを、発酵させて作った「すくも」を、
藍瓶に入れて、アルカリ液を足して、栄誉分をいれ、
発酵させて、出して行くそうです。

*今は瓶でないことも多いですよ。昔はなかった、
ポリバケツでも、コンクリート漕でも、ステンレス漕でも、
発酵がきちんとできて、きっちり洗えて扱いやすければ、
何でもいいはずです。

昔ながらにすることも、薬品にかえることも
その過程や方法はいろいろです。
ですが、長く使うと、差が出るのは、
何の世界でも一緒のようです。
あと、作り手への気持ちかな。
信頼おける、好きな作り手は応援したくなるのが、
心情ではないでしょうか。

moro091.jpg

さて、今日のお話しは、
その藍の成分というか、染まる元が、
どうも粒子らしいんです。
前に森さんが、藍で染まった糸くずや、端布をくださって、
「これ燃やしてみてください。
藍は虫やまむしよけというけど、
それは、経験出来ないのでわからないけど、
火に強いからと、火消しさんが身につけたといのは、
本当かも・・・」
では、灰皿の上で火をつけてみると、
木綿や麻の布は、良く燃えて灰になります・・・が、
その灰のなかに、青いものが、
「それが藍の粒子です。火の中でも残るでしょ」
って、言うんです。

mori092.jpg

確かに青い粒子が残っていました。
「粒子だから、染めてから落ち着くまで少し時間がかかるようです」
「固定する前は、動きやすくって、たたんだりしてストレスあると、
逃げていっちゃう・・・・それで反物は巻いておいた・・・」
へぇ~って、何気なく聞いていたのですが、
いつもジーンズの後ろポケットに、
飾りで入れておいた森さんの染めたハンカチを、
ある時広げてみたら、
たたんで折れた部分が薄い!!
あわてて折り目を変えてまたしばらく置いておいたら、
なんと、戻ってました。
完全ではないですが、明らかに、差が補われました。

mori093.jpg

一この一見非科学的な現象を、
藍が粒子で固定するまで動くということで、
理解し体験した覚えがあります。

mori094.jpg

一時期、この藍の粒子が電磁波よけになるので、
人工的に出来ないかと、研究している機関があるとも聞きました。
まむし除けの効果は試せなくても、
電磁波除けにはよろしいようですよ。
 
                  甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

鬱陶しい天気には藍

蒸して暑くお日様でても、からっとしない。
そんな天気が続いた7月も終盤です。
これでは梅雨明け宣言できないだろうという、
天気がまた続いたまま月が変わりそうな荻窪です。

東海より西の地方のみなさんは、
いち早く夏モードの天気のようで、
暑くて大変とは思いながらも、
このジメジメムシムシよりは・・・いいかな~と。
羨望しております。
mori009.jpg

今朝も、夕方のような空で、
いつ降り出しても不思議ではなく、
昨日の大雨で少し街が冷えたのか、
気温は幾分過ごし安いのですが、
それは外のお話し。

mori012.jpg

銀花の店内のように、窓やドアを開けても、
限りがある程度で、照明も付けますので、
自然に気温が上がり、たっぷりの湿度で、
う~ん、高温多湿。居心地が良いから、
小さなドラキュラ君も飛んでくるので、
蚊取り線香の香りも漂いこれが日本の夏!!っていう中。
なんといっても救いは、
目に涼しい藍の布が時折流れ込む風や扇風機に揺らいでいることです。

mori025.jpg

この雨、蒸し暑さで、お米を食べれるんだな~って。
思うゆとりも、出てきます。
それにしても、少し長すぎる梅雨ですね。

                  甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

見られなくなる大物

森くみ子さん作品を、
暮らしの中に取り込んでいってもらい、
藍染めの良さを理解してもらおうと、
荻窪「銀花」では、はじめから、ランチョンマットから、ベッドカバーまで、
敷布や、掛けるたり、吊す布を、
大小見せて頂いてきました。

今回の再開にあたり、
森さん一人で工房での作業の全てを取り回すことで、
計画を再構築したので、
仕事としては、一旦中止せざるを得ない作品があるのは残念ですが、
仕方ありません。

mori047.jpg

とくに、大きな布の藍色の持つ力強さや、
おおらかさには、藍だけの持つ魅力がより発揮されて、
他の染料では、同じ藍色でも変わる物がありません。

mori059.jpg

ベッドカバーや暖簾、敷き布などに、
しばらくは、あるはもう会えない物もあるかと思うせいか、
より心惹かれてしまうぼくです。

                   甘庵



皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

心惹かれる藍染め

藍染めに心惹かれる多くの方にとって、
どこに惹かれるかと考えてみました。

アトピーなどの方は肌に良くてとか、
綿や麻という植物繊維と藍という自然素材に惹かれる方など、
いろいろ細かく、吟味される方も多いのですが、
まずは、素直に藍、紺という、
化学染料とは違うブルーの色合いに惹かれる方が、
もっとも多いかと思います。

mori020.jpg

藍は染料としては、やっかいで手間がかかり、
そのくせ、ムラが出たり、染まりにくかったり、
染めたあとも固定しにくかったり・・・・。
染料としての性能が良いとは言い難いかもしれませんね。

mori026.jpg

でも、ぼくの感じでは、
個性ある土肌のやきものみたいに、
癖があるけど独特の味わいの食材だったり、
綺麗な声というより少しハスキーだったりする歌声みたいに、
藍の持つ短所もそれが藍の個性であり魅力と、
受け取れることが、使い手にとって魅力と感じるのでしょう。

もっとも、その特徴を長所短所を含めて、
いとおしく引き出し、手間や経験で補い、
魅惑的な藍染めにしあげてくれる、
作り手が必要です。

mori019.jpg

だからこそ、藍への熱い思いを持った森くみ子さんの藍染めを、
ぼくは皆さんにご紹介していきたいと思いました。
とはいえ、いつも言うように、
つたない画像や文書よりは、手に取り見て頂くのが、
一番なのは、他の手仕事と変わりありません。
いいえ、色に敏感なかたなら、もっとわかり安いかもしれません。
是非、お出かけください。

                   甘庵



皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。


テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

大麻・苧麻・亜麻・・・・

麻って書いてあっても、
木綿や絹のように、木綿だったら綿花の綿状の物を、
絹だったら、蚕さん繭を紡ぐっていうその姿が浮かびますが、
麻だと・・・・さて?って、思いませんか。

先日、M県のTさんと電話で話していて、
「苧麻ってなんですか・・・?麻とはちがうんですか?」
という話になりました。
実は、これがわからなくて、
15年以上も前に、図書館で調べた覚えがありました。
その時の知識から、簡単にお話はしたのですが、
老齢かしていく脳細胞が心配で、
調べ直そうって・・・。
今は簡単です。
そう、PCで検索すればいいんです。

洋服などの表示で「麻」というときは、
家庭用品表示法では、
繊維: 麻(亜麻及び苧麻に限る。) が  指定用語:麻
で表示されるようです。

mori025.jpg
綿・麻 着尺

でもこれだと、大麻が抜けてますね。
きっと、いろいろヤバイ物ができる植物で、
栽培に規制があるからでしょう。

それでも、伝統工芸のなかなら、
もっと麻と大きくまとめられていまっている、
他の植物があったはずです。

mori023.jpg
綿・亜麻 着尺

麻と大まかなくくりの中だと、
大麻、苧麻、亜麻、ジュート麻、マニラ麻、サイザル麻や、
最近エコな印象のあるケナフなどがそれに当たるそうです。

mori034.jpg
苧麻 名古屋帯地

色々なサイトでわかりやすく説明されていますが、
興味のある方の参考になるかもしれないので、
ぼくがわかりやすかった2つのサイトをお知らせしておきましょう。
 
日本麻協会 麻と植物 http://www.hemp-revo.net/jha/plans/plans.htm

ボーケン 繊維の基礎知識 http://www.boken.or.jp/lib_fiberknowledge_linen.html

麻は木綿より古くから、身近だった繊維で、
藍との出会いも古かったはずです。
独特のシャリ感や、光沢や質感は、
ぼくには、とても惹かれる繊維です。

               甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

スカーフやストール

森くみ子さんの藍絞りのスカーフやストールは、
平面的な見え方の暖簾や卓布とちがって、
使う方、身に付け方で、違う部分が出たり、
体の部分になじむので、とても立体的で、
綿や麻、レーヨン、絹などで、
個性がことなって、もっぱら拝見する側ですが、
とても、楽しそうで、いいな~。

mori051.jpg


今までの藍だけの仕事に加えて、
新しい試みとして、
草木染めを掛け合わせた作品も、
前向きに手がけてくれています。

mori043.jpg

こちらは、絹を使っていることもあり、
少し明るめの色合いが引き出され、
藍と草木染めが、うまく引き立てあっています。

軽やかに藍をまとうことで、
涼しげな演出になり、
この一枚がクーラーのかかったところに長く座るとき、
映画館や観劇や新幹線などで、
肩や首まわりが冷えずに、意外なほど効力を発揮します。
と、長く使ってくださっているお客様に、伺っています。

               甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

お日様のあるオフ

TVでの情報ですが、7月は日が照った日が少なかったんですね。
たしかに、オフに晴れているのは久々です。

mori060.jpg

さっと乾くから、タペストリーにしている手持ちの森さんの藍布を、
図書館に行く前に、洗ってみようかな。

mori048.jpg

気温が上がって、やっと来た夏を感じでいます。
でも、この日差しも荻窪の予報では、
長続きしそうもないようです。
今日のオフは、お日様を感じられるように、
行動することにします。

              甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

夏日に映える藍色

やっと荻窪に日差しが戻ってきました。
今日は朝から夏の太陽が照っています。
久々のお日様が嬉しくて、暑いけど蒸さないので、
ドア窓全開で、扇風機を回して、
夏の気配を感じとっています。

mori021.jpg

森さんの藍染めが飾ってある銀花は、
こういう季節感でないと~。
じめじめムシムシはイケマセン。

mori057.jpg

このからっとした暑さにすっきりした藍の色が、
映えること!! 涼しげで良い感じ!!
暑い夏という予報は一変して、冷夏かもしれないと・・・。
イケマセンね。
暑いとき暑いのが日本の四季です。
おかげで、お米も実るし、秋の果物の美味しいわけで・・・。
暑い夏は辛いけど、やはり暑くないといけないのですね。
四季がおかしくなるって言うのは、
たくさんの問題を抱えていますね。

mori058.jpg

麻の藍布のさらりとした感触を楽しめ、
柔らかくしっとりした綿の藍布の肌触りを味わえるのも、
夏が一番、忘れずにいたいものです。

                   甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

藍体感

初日から昨日まで銀花に詰めていてくれた森くみ子さんは、
今日は情報収集のため銀花にはおいでになりません。
パワフルな森さんがいないと、銀花かし~んとしてます。
まぁ、いつもの銀花なんですけど・・・・。

藍への理解あるお客さまや、興味をもっているお客さまには、
機関銃のようなおしゃべりで、一生懸命に語る森さが復活です。
少しでも、たくさんの、本当の情報を伝えたいと思う気持ちのあまりなのですが、
それにしても、エネルギーがあります。

mori055.jpg

一年間の完全休養は、大いに役立ったようです。
ご自分の中で、出来ることを整理して、
システムの再構築へ向けてスタートして、
今年の活動になりました。
2年ぶりの個展での森さんに、大きな揺らぎはなく、
いいえ、一つの思いを通すための、
お休みと修正をして望んだ個展は、
今までの仕事の上になりたっていて、
ファンの皆様からの期待を裏切ることなく、
素晴らしい藍の表情色合いを見せてくれています。

mori054.jpg

全く一人での活動になる以上は、
作品量は少なくなることでしょうが、
その内容が落ちたりするどころか、
ますます、新しい煌めきを見せてくれています。
藍染めと言われるものに、あまりに多くの幅があり、
果ては藍で染めてないないまでも・・・。

mori062.jpg

そんな現実から、多くの誤解があったりもします。
先入観を持たないで、藍の色合いを、
7/31(火)までの会期中に、
ぜひ、体感していただきたいと思っています。

                 甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

一枚の布が立体になる不思議

きものって、奥が深くて、
ぼくなどが語れるところではないのですけど、
まったくの度素人の感覚で、すごいな~って思うのは、
40cm前後の幅で、長さが12mほどの一反の布から、
あの麗しいきもの姿になるのですから、
なんとも素晴らしい。

mori007.jpg

それも、ほとんどハサミを入れないわけですよね。
ファンタジック!!
ってオーバーに言いたいくらいです。

mori022.jpg

女性がきりりって、きものを装っていらしゃると、
キュートなドレス姿とは別の、
ドキンとしてしまう男子はぼくだけではないのでしょう。

mori023.jpg

普段キャミソールにミュールで華やか差を振りまいているのとは違う、
浴衣姿の粋さに、魅了されるからこそ、
若い方々ににも、受けている理由なのでしょうね。

mori030.jpg

花火大会も多くなるこれからの季節。
大人の女性に、ぜひ藍色の着物に袖を通して欲しいと、
熱望する甘庵です。

mori027.jpg

                 甘庵



皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

涼感体験

今朝は風向きが良いのか、銀花の中を風が抜けていきます。
ロートルなFanの風もあり、
つり下げて展示してある森くみ子さんの、
暖簾やタペストリーの藍絞りの布が、
緩やかに揺らいでいます。
時折風をはらみ、平面の布が立体の姿を見せます。

mori016.jpg

そんな動きが、風の流れを感じさせ、
不快指数満開の荻窪村でも、
店が始まる前の、数時間はエアコンをかけずに過ごせます。

浴衣など涼感を求めるとき、藍色をイメージされる方が多いとおもいます。
それは、無意識にも波長の短い涼しい色として、
伝統的に認知されていて選択しているからですね。
反対の長い波長の赤は、暖かみを感じ、目に見えなくなるほど波長が長いのが、
暖房などにも使われていて、近年耳にすることの多い遠赤外線です。

mori012.jpg

四季があるからこそ、色や質感や文様などを四季に割り振り、
暑いときには少しでも涼さを覚えるように、
寒いときはなるべく暖かみを感じて欲しいと、
約束やしきたりを生み出していった背景には、
暮らしの中の知恵が基盤になっていることが多いとおもいます。

mori013.jpg

森さんの藍染めも、暮らし中で使われ、水をくぐり、
澄んで来る藍を目指して作って来てくれました。
たくさんの努力や工夫で維持運営してきたものの、
様々な理由で維持運営のために、
仕事をしぼり込む必要になりました。
大変残念ながら、暖簾も省かることになった作品です。

会期中お出かけ頂ける機会のあるお客様は、
ぜひ、藍絞り暖簾で涼感体験してもらいたいと思っております。

                    甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

あいの力

といっても、愛の力ではなく、藍の力のお話し。
薬としての効能や、まむし虫除けとも言われますが、
まむしに会うことも少なく、虫除けはより確かな効力のある物もあり、
その力は、絶大とは言い難く、むしろ元の意味合いで、
「どんだけ~」といわれてしまいそう。

mori005.jpg

それよりも、ぼくのとらえ方では、
いささか観念的ではありますが、
蓼藍から作った「すくも」を灰汁で発酵させて、
手を抜かずに、こつこつと染めた藍の色には、
合成藍や合わせて、藍色に染めた色にはない、
心を解き、心和ませる力が、少なからずあると思っています。
感覚的には、暮らしの中の観葉植物的かな・・・。

mori008.jpg

染料としては優秀とは言い難いかもしれませんね。
手がかかり、染めむらもあり、染まりにくく、
木綿や麻などの、植物繊維には良いですが、
強アルカリ性の液になっている藍瓶の中へは、
絹やウールは通常の方法ではいれられません。

mori017.jpg

さてさて、そんな藍を、実は多くの方が、
見ているようで、見ていないというのも、一つの事実です。
「すくも」がまず少ないこと、
灰汁で発酵させる方も少ないこと、
なので、藍色はしているけど・・・・そういう意味では、
藍染めではない藍染めがほとんどだからです。
使いやすく安定していて、価格も求めやすいためなので、
理解できる結果でもあります。
善し悪しではなく、昔ながらの藍の色を、
一度見て頂けたら嬉しい限りです。

                甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

二年ぶり藍に染まります

澄んだ藍染めが銀花に溢れています。
明日7/20(金)~7/31(火)まで[25(水)はお休みです]、
森くみ子さんが一年のお休みを経て、
新しい体制で動きだしました。

当たり前のこと、本来のあり方や方法で、
藍をたて、染める、それだけのことが、
真摯に向かうほど、立ちゆかず、どんなに難しいことかということが、
澄んだ藍色が美しいく素敵だと思った、
実に単純な理由で、個展をお願いして、
15年を越える毎年の個展を催していただき、
甘庵にもわかってきました。

mori010.jpg

それでも、何も語る知識もないぼくなどより、
ずうっと多くの本質を理解なさってくださっていて、
黙って応援してくださった多くのお客さまがいて、
個展を重ね、続けられたのですが、
それでも、世の中の情勢は、森さんのような仕事の仕方を、
そう易々と運営していける方向には進みませんでした。

mori007.jpg

おかげさまでお客様もファンも増えて、
たくさんのお力添えをいただきながらも、
それでも収支が立ちゆかない不思議。
森さんにとって、心の大きな力添えをなくしたこともあり、
心労から一年間のお休みをいただいて、
一作り手として、そして工房としてのシステムから、
アイテムまでの、あらゆる見直しをして、
まだまだ課題が山のようにある現状は変わらないのですが、
再スタートに運びとなりました。
残念ながら、結果として価格設定の大きな見直しも、
含めざるを得ませんでした。

mori006.jpg

それでも、ぼくには、
森さんの藍に対する澄んだ気持ちが反映された、
気持ちの良い藍が届きました。
まずは、蓼藍という植物から、気の遠くなるほどの多くの人の手を経て出来る、
ジャパンブルーとも呼ばれ賞された藍に、
一人でも多くの皆さんの目を通して、心に染めていただけたら、
橋渡しご紹介するぼくにとっては、大変な幸せです。

                    甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。



テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

台風と地震

大きな台風と地震に見舞われてしまわれた方、
ご苦労や心労が重なっておいででしょう。
がんばってください。

長い雨の後の大きな台風が来て、
もっともっと、温暖化防止へ目をむけることが、
ぼくらに出来ることかなと思い、
銀花で橋渡しする器は壊れ物、
包装は過剰にならざるを得ませんが、
なるべくエコで行きたいので、
銀花へ来るときも、エコバックを是非お持ちください。

台風は、避けることは無理でも、
人智で情報を知ったり、前もって出来得るの方法が、
まだまだあると思います。
まだまだ今年のシーズンはこれからです。
経験を無駄にしないようにしたい物です。

大きな地震が起きてしまいましたが、
これはまだ、台風のように事前の情報がほぼない状態ですね。
一人ずつが、普段からの暮らしのなかで、
心がけるようにするしかありません。

とはいえ、日本はあいにくと、
どちらも避けれない国です。
心も知恵も少しでも前向きに生きて行きたいと、
そう思いたいものです。

               甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

力わざ

この重厚なコンポートは、荒川尚也さんの作品ですが、
少し前の作品になります。
arakawa000.jpg

径が33cmで高さが18cmの力作です。
吹いて作る吹きガラスで、竿の先にこの重さを付けて仕事をするのは、
並大抵の仕事ではなく。
力仕事のほかなりません。

arakawa001.jpg


今はほとんど見ることのない色ガラスが、
アワと一緒に巻き込まれた大きな皿状のカップ部分と、
みるだけで重さを感じる、ガラスの塊のステム。

arakawa003.jpg

よく見ると細かくアワの入った数色の色ガラスが、
アワと一緒に大きな渦を作っていて、
土星の輪のようにも感じ、壮大な自然や宇宙をイメージしてしまいます。

arakawa004.jpg

ガラス塊の足は、強い力でびゅ~んってねじられた力強さがみなぎり、
エネルギーがバリバリ迸っています。

arakawa002.jpg

良くも悪くも、荒川さんの若さとパワーが溢れていたときの、
力業(ちからわざ)の作品です。
そこに、端正な気品が漂っているのはさすがです。

                     甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

さら、サラ、皿

荒川尚也さんの器は、宙吹きガラスと表現しているように、
ゲージなど以外は原則として、型に吹き込むことなく、
作り出しています。

初めはゴム風船を膨らますように、
球体がスタートです。
常に回して作りますが、
コップなどは、底の部分をしっかり作ってから、
底に部分にポンテという道具をつけて、
吹き口を切り離して、その切り口を回しながら広げていき、
形を整えます。

皿は、この作業をもっともっと広げていき、
やきもののロクロで広げて作るのと、
縦のロクロが、横になるだけで、基本は同じです。

arakawa998.jpg

やきものでも、魅力的な皿はなかなか難しものですが、
ガラスは、サラに・・・いえしゃれはなく、
さらに難易度が高いと思います。

arakawa999.jpg

泡皿のシリーズを含めて、荒川さんは個性を失うことなく、
皿を作り上げてくれます。
たっぷりの質感と、流れる動きの泡、使い頃の大きさと重さ。
ファンにとっては嬉しい器の一つです。

                甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

酒のグラス

荒川尚也さん器作りには、食べることが好きなことと、
大変料理のお上手な奥様であることが、
器作りに大いに反映されていますが、
グラスに関しては、自力だと認めたいほどに、
お酒もお好きです。

男の視点からの酒の器が多く、
男性の顧客も多かったのですが、
女性が増えたのか、男性が好きなく感じる近年です。
消費世界はどこも同じかと思いますが、
暮らしのお財布は女性が握っているからか、
このところの男性には器を見る眼が薄れたのかな?
やはりお財布のせいかな?
arakawa997.jpg


古くからのロックタンブラーも少しスマートになり、
繊細なフォルムにマイナーチェンジしてきたのも、
選んでくださる女性の手でも握り安くという配慮や、
お好みに合わせてかもしれません。

arakawa995.jpg

同様に長く作っている馬上盃も、
リキュールや、デザートカップに使いたい魅力があるための、
人気が絶えません。

古くからの酒のグラスは、
男性である荒川さん自身の視点で作り出したのですが、
器の魅力と、お客様のニーズに合わせていきながら、
現代の暮らしのなかで、使いやすく、息の長い人気のある器に、
進化してきています。
そのあたりが、荒川さんの器の人気の秘密であり、
魅力ある使う器作る底力なのでしょう。

                 甘庵



皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。


テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

出会いのグラス

荒川さんに初めてお目にかかったのは、
28年前の冬でした。
その時に、見本を兼ねておみやげに頂いたグラスが、
5モールグラスでした。
その使いやすさと、心地よさから買い足して、
欠かせないコップとして、変わらず使い続けています。

四半世紀の時で、5モールグラスはマイナーチェンジを繰り返し、
初期のグラスに比べて、径が細めになり、
少しスマートに。

arakawa994.jpg

丈は少し低いけど、そのころの5モールグラスの、
ずんぐりしたイメージを引き継いでいるのは、
むしろ、近年出来てきた「5モールフリーカップ 2520円
径8cm 高さ7.5cm」の方です。
口径が5モールグラスより大きいために、
手に持った時の存在感が、もしかして、手の小さな女性には、
大きく感じてしまうかな?

28年前にまだ試作のような5モールグラスを初めて手にしてときに、
グラスとカタカナ表記しているけど、
和の味わいのあるグラスだな~という印象を持った記憶があります。
この「5モールフリーカップ」にも、
同じ印象を感じ、村瀬治兵衛さんの沢栗茶托を、
合わせてレイアウトしています。

麦茶や、冷えた番茶や、水出しの緑茶が似合いそうな、
イメージを、ぼくの中では膨らませています。

                   甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

片口とピチャー

荒川尚也さんの作り出すガラスの器は、
使い勝手や盛り映えがすることで、
リピーターになっていくファンが多いのですが、
この片口とピチャーも、たくさんのファンを作った器です。

arakawa990.jpg

名前の付け方も的を得ていて、
片口はまさに片口でして・・・・。
焼き物の片口のように、酒でも料理でも花でも良く映える、
頻度の高い使い方に加えて、ガラスの透ける涼しげな風情をいかして、
ちょっと氷入れや、麺つゆ、冷えたお茶などと、
涼感を目にご馳走として振る舞うときにも、
大活躍です。

arakawa991.jpg

ピチャーはワインやお酒の気軽なデキャンタとして、
ドレッシングや花入れとしても、
使うのが楽しくなる器です。

どちらも注ぐ器の幅広い使い勝手をもった、
秀作です。

               甘庵



皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

心のゆとりから生まれる

荒川尚也さんは28年前に逢ったときに、
「コップ屋」なんて自分のことを表現していたくらいに、
日々の暮らしで使うコップやグラスへの思い入れが強く、
そのスタンスからガラス屋へ移行していき、
毎年見せてくれる新作に、いつもうなり、
手に入れ使いたくなっていました。

そうして、がんがん新しい作品をつくり、
試作して、試行錯誤が落ち着き、
自分を省みる心の中にゆとりが荒川さんの中に生まれたからでしょう。
毎日の暮らしの中で、なくても良いと言われても仕方ないけど、
あったら、なんだか嬉しくなる物を、
生み出してきました。

その最たるものが、香水瓶です。
それも進化してきています。

arakawa930.jpg

ガラスの固まりに少しの空洞と小さな口。
栓であり香水を付けるピンが、
差してあるだけのシンプルな構造ですが、
20年前に初めて見たときに、
使う予定がないのに買ってしまいました。

今その時より進化した香水瓶もまた魅力的で、
これを受け入れる暮らしのゆとりもないくせして、
心揺らぐぼくです。
そこが荒川さんの魅力なのです。

                  甘庵



皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

水を入れるだけで・・・

荒川尚也さんが、素地について、
「美味しそうな水のようでありたい」と言っていました。
それを聞いているからかもしれませんが、
ぼくには、澄んだ美味しそうな素地に感じます。

美味しい水を手本にした素地は、
水との相性がよく、水を入れるだけで、
ぱっと表情がかわります。

arakawa949.jpg

光を集め、歪めるために、
景色を映し出したり、キラキラと煌めいたり、
綺麗ですよ。

arakawa951.jpg

動かない画像でも、
少しわかったいただけるかな?
瑞々しく、柔らかく、液体を感じられたり、
氷の固まりのようにも見えたり。
イメージを少し広げるだけで、
嬉しくなってきます。

                甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

閉じこめた泡 と 湧き出た泡

荒川尚也さんのガラスは泡を効果的に使うことで、
定評があります。
澄んだオリジナルの素地に、光を受けて煌めく泡は、
ガラスが溶けた液体だったことを、
語って見せてくれます。

荒川さんが初めの器の入れた泡は、
閉じこめた泡でした。

arakawa961.jpg

大きなノコギリの刃の上に、粘りのあるガラスを押さえつけて、
点々と凹まし、その上の溶けたガラスを被せると、
空気の泡が閉じこめられます。
それが、このディップのシリーズです。

arakawa965.jpg


もう一つの泡は荒川さんのガラスの顔になっている、
発泡させた泡です。
代々の化学者の血を引く荒川さんらしい、
計算して作り出した泡で、自由に描くように発泡させる技は、
見事なものです。

arakawa946.jpg

小振りな花器「たまご」は、流水の玉のようです。

arakawa966.jpg

この四方盃の高台部分のように、固まりの中の泡は、
眺める楽しみがオマケに付いてきます。

鬱陶しい梅雨空のして、手にして、使う時に、
視点が変わるごとに、泡の煌めきが変化するさまは、
目に涼しく、心和ませてくれます。

              甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

工夫は目 道具は手

荒川尚也さんの仕事にぼくが惹かれるのは、
たとえば、コップを一つ手に入れると、
好きな飲み物を楽しく味わえて、
美味しさがランクアップするからです。

これは明白な理屈です。
クオリティが高く魅力的なグラスだからです。
よくお話ししている、工夫を重ねて自分で調合した澄んだ素材。
溶けていたガラスをイメージできる表情を消さない仕事。
そして、細やかな心根から生まれるディテール。

arakawa954.jpg

人気の渓流グラスの縁をよく見ると、
丸く吹いてから、丸いポチポチが残るペンチのようなもので、
何カ所か縁を挟んで少し歪め、ポチポチの跡が、
迸る水しぶきや、飛び散る水滴のように映ります。
きっとこのために道具を作りだしたのでしょう。
この方法をハンドモールと呼んでいます。

arakawa955.jpg

新作のハンドモール片口も、縁が挟んで跡を付けていますが、
「なみなみ」っていう、新手のハサミ跡が見えます。
また、摘み出して口ではなく、
くちばしのように、ぺたっと付けた注ぎ口の本体に重なった部分が、
光を集め歪めて綺麗です。

細かなディテールを肴にして、琥珀の酒を楽しむと、
色々な思いが巡らされます。
荒川さんの、物を作り出す「目」が工夫を生み、
荒川さんの、熱いガラスに触れる「手」が道具を生むだと、
そう、一人納得して、得した気分の甘庵です。

                 甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

心地の良い揺らぎ

荒川さんの作り出すガラスには、
心地よく感じられる揺らぎがあります。

arakawa956.jpg

澄んだ素地を、よく見てみると、
作り出されるときのガラスは、高温で溶けた液体です。
ステンレスのパイプに巻き取って、
息で膨らませて形作って行きます。

arakawa953.jpg

ぐんぐんっと、膨らんで行くときの、
伸びていった線や、柔らかくて、横に歪んだり、
溶けたガラスに一部を浸けて被せるようにした、
着せるという方法がみえたり、
急に冷やしてびりびり割れたりヒビがはいったり、
ぐっと押さえて跡を付けたり、
ひっぱたり、伸ばしたり・・・。

arakawa957.jpg


ガラスが液体で、とろりっていたいたり、
それがだんだんネバネバしてきて固まってしまう。

ガラスの動きや時間の流れを見せてくれている、
楽しませてくれる、心地の良い揺らぎです。


               甘庵



皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。


テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

王冠と名付けられた花器

今日は七夕ですね。
荒川さんの澄んだ素地に流れる泡は、
まるで銀河のようにもみえますね。
と、ブログネタにしようと・・・・・。

arakawa905.jpg

この花器の画像を撮って、
お話ししようと思いましたが、
さて、そういえば・・・去年も・・・。
やはりしていました。
「七夕 ☆〃」2006年7月7日
うーん、思い出しただけよいですが、
同じ話を何度もしてしまいそうなのは、
歳のせいでしょうか?

この花器「クラウン」というシリーズ。
ぐ~んとアップしてみると、
なるほど・・・・。
王冠です。

arakawa945.jpg

アイスクラックといわれる方法で、
口を急冷してひび割れたところを焼いて丸め、
壊れたり、刺さったりしないようにします。
細かなひびや、凸凹が、キラキラして凄く綺麗です。
上から少し下には、氷に入るヒビのような、
クラックが光の加減で煌めきます。
アイスクラックです。
日本語にすれば、氷裂(ひょうれつ・ひわれ)ですが、
普通にはあまり使わないようで、
小さな辞書にもでていませんが、
陶磁器、特に古伊万里では、定番の文様になっています。

荻窪の空にデートは出来そうもない、
蒸し暑い七夕の今日は、涼しげなこのガラスで、
せめて、涼感を受け取ってください。

                  甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

涼感溢れるガラス

荒川尚也さんの宙吹きガラス展が始まりました~!!
今日の荻窪は、暑い!!
日差しが強くなってきて、夏です。
こうなると、ますます荒川さんの涼感溢れるガラスを、
使いたくなります。

澄んだ素地、煌めく泡は、
迸る冷たい水や、渓流の流れを連想させて、  
とても、目に涼しいガラスです。

そして、ガラス自体が潤いを与えてくれて、
料理も、飲み物も、美味しそうです。

arakawa877.jpg

手頃な片口に冷酒を入れてそのまま冷蔵庫で冷やしておいて、
手酌でいただくのは・・・・ごっくん。

arakawa879.jpg

大きな氷を一ついれ、琥珀のスコッチをそそげば、
芳醇な香り立つグラスに、心も解けていきます。

arakawa881.jpg
口溶けのいいシャーベット、ムース、ババロア、ゼリー・・・。
一口のデザートを盛りつけても良い盃。

どの器にも、使う楽しみが、
必ず付いてくること、甘庵が請け合います。

               甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

うっとりしながら飾り付け

昨日は片づけと飾り付けと梱包と発送を、
たくさんしました~。
片づけた山口利枝さんを、山梨県都留市「もえぎ」さんに、
飾り付けてきました。
yamaguchi858.jpg


アケビや根曲がり竹などの籠を、名古屋市東区「canna家具店」さんへ、
送りました。
kago714.jpg

合わせて週末には巳亦敬一さんのガラスも送ります。

mimata478.jpg


それぞれのお近くの方は、是非手にとって、
手仕事の良さを感じとってみてください。

arakawa880.jpg


arakawa884.jpg


arakawa878.jpg

銀花では、荒川さんの涼しげな吹きガラスが並び、
う~ん、心地よく、爽やかで、気品があって、綺麗です。
是非お出かけくださいね。

                     甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。


テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

27回目の個展

7月6日(金)から吹きガラスの荒川尚也さんの個展が始まります。
指折り数えて見なくても、間違いなく今年は27回目の個展になります。
毎年、夏に個展を開催してくれて来た荒川尚也さんの仕事ぶりには、
橋渡しとしてだけでなく、一個人のファンとしても、頭が下がる思いです。

07arakawa.jpg


使い手として嬉しいのは、クオリティは確実に高まって行き、
反面、物価のスライド分以上の価格変動もなく、
四半世紀前と同じグラスが、今の妥当な価格で補充できます。

それでいて、毎年新しい香りや、勢いを、ぼくらに見せてくれるのも、
長く続けられ、長く支えていただけるための、大切な要素に他なりません。

過去のブログでも、荒川さんの人となりや、仕事への姿勢を、
熱く語っている甘庵です。
それは、27年間使い続けている彼のグラスから、
いつも気づかせてくれる、器の楽しさが、
そうさせているのだと思います。

                   甘庵

荒川尚也 宙吹きガラス 展 7月6日(金)~17日(火)
7/4水.5木.11水はお休みです
澄んだ素地にデザインされた泡は、美しく煌めいて清涼感に溢れています。
気品ある質感のガラスは、晴れの器としても日常の器としても、
飽きがこず、使いやすく、長くファンに愛し続けられています



皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

開けても良い玉手箱

山口利枝さんの企画展も荻窪「銀花」では今日までとなりました。
明日は、山梨県都留市の「もえぎ」さんへ移動して、
続けてご覧いただけますので、
お近くの方は是非お出かけになって、
手にとって山口さんの器の魅力を感じでください。

今日は山口さんの楽しい遊びをご覧ください。
入れ子にもなるこれらの小箱は、
出したり開けたり重ねたりと、
変わるどの姿にも心惹かれてしまい、
並べ替えたりして楽しんでいた甘庵です。

yamagichi821.jpg


yamagichi822.jpg
鉄小箱 入れ子3個組 大 □8 H5.5

yamagichi824.jpg


yamagichi825.jpg
呉須小箱 入れ子2個組 大 □8.5 H4.5

大きな箱でも、箸休めを入れるのがせいぜいの大きさ、
世知がない暮らしの中では、最優先でもなく、
いわば、有っても無くてもいい物ですが、
有ると不思議に楽しくなって、
和み具合や心の使い勝手はすこぶる良くて、
手にしたら、無くてはならない物になる。
この箱には、心のゆとりを入れておくのかもしれませんね。
甘庵には、この箱たちからそんな様子が伺えます。

                 甘庵



皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

形と素地を楽しむ

山口さんの白磁は、表情に暖かみがあり、
手の中に納めたときに、しっとりをした質感があります。
それは、完全に精製していない磁器の素地で、
少し不純物が入っているからです。
そのために、懐かしいくて、冷たさがない素地に仕上がります。

この素地だからのこそ、
シンプルにデザインされた形の器が生きてきます。

yamaguchi853.jpg


yamaguchi860.jpg
白磁桃形皿 2310円 W12 D12 H5.5 
桃をデザインしてこの皿の可愛らしさも、
大人しく品を兼ね備えているからで、
この素地に寄るところが多いと思います。

yamaguchi854.jpg


yamaguchi863.jpg
白磁木の葉皿2520円 W22 D12.3 H2.5
一本の葉脈が、この皿を趣と動きの有るデザインにしています。
そして、盛りつけた時の背景になる白い素地の、
柔らかな色合いが、器としての品格を裏付けています。

このように型を使ったシンプルな仕事だからこそ、
作り出された時の手あとや、素地の肌合いが大きな様子になります。
心地の良い手あとを生み出すことも技ですが、
自分の仕事のあった素地を選びだすことも、
作り手にとっては、大切な技です。

                   甘庵



皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

次のページ

FC2Ad