うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

モダンな道具

武井さんの木の器には、どこかモダンで、
異国の匂いが、ぼくには感じ取れます。

takei042.jpg
ケーキ皿 42000円 W44cm D40cm H17cm
クルミとシナ漆仕上げ

ガラスの蓋が着いたケーキ皿は、
焼きたてのパイやシフォンケーキの香りが漂いそうです。
皿と取って部分はクルミでの一木から削りだしています。
高台部分はシナで、木目の方向を変え、
焼きたてのケーキを入れて、熱で反るのを、
押さえる役目をしています。
このあたりは、当たり前ですが、
使うことを大前提にしている証です。


takei029.jpg
チョッピングボード 25200円 W35cm D24.5cm H2.5cm
ケヤキウレタン仕上げ

これは、卓上まな板といったところでしょう。
濃厚な味わいのチーズと堅いパンや、
洋なしをカットする様子が、想像できそうです。


takei030.jpg

このボードの取っ手部分は、壁に掛けやすいようにと、
蝶番のようになっていて、折れ曲がります。

こういった、道具的なモダンな器には、
同い年ながら、異人館のある軽井沢で生まれ育った、
武井さんならではの、匂いを感じてしまう、
当時は草深かった武蔵野で生まれ育ったぼくです。

                甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

木の声

昨日から武井順一さんの個展がはじまりました。
「木との会話が聞こえる器」という、
サブタイトルのように、大小ならんだ木を削り出した作品のどれからも、
木との会話が聞こえてきます。
まぁー聴くには、少し心が静まるまでの、
時間をもって、掌を木肌に静かに添えて・・・。

その模様をお伝えしたかったのに、
休み明けの昨日は、HP内にご紹介した、
巳亦敬一さんの作品へのお問い合せや、
発送になどを、初日の慌ただしさの中でこなすだけで、
一日が終わってしまいました。

当然、木曜のブログでお話しした、
いつも会場内の様子をご紹介しているHPも画像までで、
寸法価格は途中までしかまだ出来ていません。
それは今日中になんとかします。

takei037.jpg

さて、今年の武井さんの個展も温かで楽しい作品ばかりなので、
少しずつご紹介させていただきますね。

takei038.jpg

相変わらず楽しんで作ったからこその匙は、
全て顔つきが違い、それでいて、口あたらが柔らかで、
とても、使いやすいんですよ。

takei039.jpg

これらは小振りなサイズで、
デザートやカップに添えるサイズ。

takei040.jpg

お話しが浮かんで来そうな匙や、
伝統や格式を感じてしまうスタイルの匙など、
本当にわくわくしてきます。
大きな物ではサラダサーバーもありますが、
それはまた後ほどに。

                   甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

飾り付けたら秋

明日からの武井順一さんの個展の飾り付けをしました。
はがきのイメージがあるせいもあるけど、
なんだか、「銀花」が秋の気配に包まれました。

takei999.jpg

それは、木の持つ肌合いからか、
木地を生かした漆仕上げが多いからか、
木との会話して作られてきた作品の声が、
森の中の気配を持っているからかな。

takei028.jpg

それとも、窓や扉をあけていると、
流れてくる風の匂いに、秋の香りが漂っているからだけ?

takei024.jpg

なんだかとってもしっとり飾り付けができました。
その様子は、画像だけアップした会場の様子がみられるHPを、
是非ご覧ください。

サイズや価格の書き込みは、
明日以降、なるべく早めにいたしますので、
今しばらくお待ちください。

                 甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

月と星とネコ

曇りや秋雨の昨日一昨日急に秋が来た感があったのですが、
良く晴れたよう今日は、温度計がドンドンあがっていて再び残暑のようです。
ネコ君たちの最終日なので、
お出かけくださる方には晴れた方が良い・・・と、
考えておこう。

それに今宵の中秋の名月を眺めるにも、
嬉しいことですね。
月といえば、空を見上げるネコ君や、
月や星と戯れているネコ君たちがいます。

catpots756.jpg
星を胸に抱くネコ君が見上げる先には・・・・。

catpots775.jpg
月を枕に一休みのネコ君はどこを掃除してきたのか・・・。

catpots771.jpg
月の腰掛けて星を一杯集めてご満悦のネコ君。

月や星が身近にあって、
眺め、楽しみ、巡る季節を感じ取れるゆとりを、
忘れがちなことを少し反省しよう。

               甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

巳亦敬一さんのガラス入荷

人気の巳亦敬一さんのガラスを、
遠方の方でもお求めになれるようにと、
荻窪銀花HP内でリストをご覧頂いて注文出来るようにいたしました。

mimata844.jpg


今年の個展で直ぐに売り切れていまったものの補充もあります。
人気の定番もあります。
mimata841.jpg

ただ、手仕事のこと、
届いた数量に元から限りがありますので、
HP内の在庫数表示が改正出来ないうちに、
(ぼくの事務能力の問題が大なのですが・・・)
売り切れの時にはご容赦ください。

mimata965.jpg


不透明なのに、ハデな色合いではないのに、
深い彩りを感じる巳亦さん独特のガラスは、
料理やデザートを盛りつけると、
器としてますます生き生きしてきます。

mimata956.jpg

巳亦さんのガラス以外にも、
魅力的な器をご紹介しています。
うつわ好きな方はぜひ、「銀花」のHPの中を覗いてみてください。

           甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

休日のネコ

振替休日というシステムが出来てから、
三連休になることが多くなりましたね。
二週三連休だった方も多いのではないでしょうか。
でも、今日はその最終日ですね。

墓参りへ出かけたり、行楽に出かけたり、
でも、今日あたりはのんびりされているかたも多いでしょうね。
そう、美味しいサンマなど秋の味覚で、
一杯いただいている方も・・・。

catpots767.jpg

そうそう、ネコ君も手酌でやっております。
なかなか、いける口のようですな。
やっぱり、肴な魚かな?

catpots754.jpg

そいえば、作り手の高松さん、
「銀花」に詰めている間で手持ちぶさただと、
魚釣りにこのところ興じております。
DS Lite の中でのお話し・・・・。

          甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

和装なネコ

昨日、ネコの作り手の高松奈緒さんと友人との話から、
へぇ~って思うことを耳に挟んみました。
それは、航空会社の整備場の見学会の話で、
興味をしめした高松さんに、友人が、
「でもヘルメットもこぶるんだよ・・・」
「へぇー、いいな~」と反応。

髪のセットなど気にする女性が、
ヘルメットかぶるのを嫌うとイメージしていたので、
まず、ちょっと意外でした。

話は続いて、
「つなぎの作業服もいいよね・・・」と、
思わずぼくが、
「奈緒さんってコスプレ好み?」
「いえいえ・・・」と否定しながらも、
「いろんな格好するの楽しいじゃないですか・・・」
尽かさずぼくは、「ナース服とか?」
すると衛生士さんらしい友人が、
「うちに白衣は淡い黄色で可愛いよ」
またまたぼくが「最近白衣すくないかも、でもピンク以外もあるんだ~」
奈緒さんが「やっぱ、白でしょ!」って。

cat.jpg
はなし家ネコ
そんな会話から、なるほどと思うことが、
ネコ君たしかに、色々まとったり、
演じていたりしています。

catpots750.jpg
きものネコ
う~ん。そうか・・・・・。
いえいえ。うふふ。

            甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

ネコとさかなと魚と夢

猫と言えば魚。
それは高松さんのネコ君たちも一緒のようです。

魚をかかえて満足そうなネコ君の姿はご紹介しました。
さらに、自分より大きなネコに乗るネコ君たちの様子は、
願望夢見るネコ君のようです。

catpots745.jpg

それぞれに幸せそうな顔してます。

catpots741.jpg

人に置き換えたら・・・。
さて、ぼくは何乗っかったら、
夢見る笑顔になるかな?
数え切れない札束や債券?
黄金色の金塊の山?
光り輝く財宝宝石?
うーん、どうも貧乏すると下世話でいけませんね。

catpots742.jpg

でも、好物だとしても・・・。
いくらチョコが好きでも山ほどあってもね。
手に山盛りぐらいが良い感じかも。
ずーっとご無沙汰の松茸も・・・・。
飽きるほど食べるのはどんなものか・・・。
ここは堅実に米俵の山・・・って、
これでは米が貨幣に変わって支給されていた、
江戸時代の武家のようで、やっぱり現金や金銀財宝と、
変わらなくなってしまう。

さて、あなたにとっては、何に乗っかれば、
夢見る表情になれますか?

よく考えてみると、ぼくにとってのそれは、
具象的にならないことかもしれません。

              甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

壁掛けネコ

今日も高松奈緒さんのネコのお話しです。
様々な形態のネコ君たちを作ってきて、
置く場所がなくてという声に、
壁掛けネコ君が出現しました。
そこは陶芸家、もしかして、掛け花入れからの発想かな?

catpots811.jpg
旅人ネコ 壁掛け 5000円 H13.5cm

旅人でご紹介して旅人バージョン以外にも、
長閑な顔したプレーンなタイプが大小2点。

catpots812.jpg
かべネコ  4000円 H14.5cm

姿勢をただして・・・るようにも、
なんだか遊泳中のようにも、見える。

catpots813.jpg
かべネコ  3500円 H11cm

このタイプは、壁にピンや釘を刺して、
そこに絵のように掛けるだけ。
スペースがない、玄関やコーナーでも、
ちょって気楽に、ネコ君を楽しめます。
価格もリーズナブルで、気楽・・・です。
詳しくはhttp://www.kan-an.com/exhibition.shop.html

                甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

読書するネコ

オフの日のぼくの楽しみに、本を読むことがあります。
普段の日でも、ほぼ毎日寝る前に活字を見ることが、
習慣というか・・・「睡眠導入剤」的効果もあり、
いえ、何にもしなくても寝れるんですけどね。

catpots746.jpg

オフの日の読書は明るい時に読めるのが、
まず目に楽です。
そして、時間に関わりなく・・・。

昨日の夕方もそんな時間を少し過ごせました。
読む物は相変わらず、気楽な小説です。

catpots770.jpg

高松さんの作り出したネコ君にも、
本を読んでいたり、小脇にかかえていたり・・・。
小道具として本が登場します。
さて、彼らはどんな本を読んでいるのかな?
なんだか、ぼくよりインテリジェンスに富んだ内容の本を、
読んでいるイメージがしてならない。
文学青年や、哲学してる、そんな顔つきしてませんか?

             甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

はっきりしない空模様

オフの今日は、荻窪界隈は今ひとつの天気でした。
一日中雲に覆われていて、時折薄日が差せば、
湿度があるため気温以上に蒸し暑く、
秋はまだ遠しという感じです。

そういいながらも、
休み明けにお送りする「武井順一」さんの個展のDMには秋が一杯です。

07takei.jpg

この画像は、軽井沢で仕事している武井さんに、
撮影してもらいました。
ぼくが「ご当地DM」といっているタイプです。
さすが軽井沢ですね。
9月に入ってそうそうの撮影でしたが、
たっぷりと秋の気配を届けてくれます。

と、いってもタイミングも良かったようです。
武井さんのところでは停電もして大変だった、
台風9号の通った後で、集めた葉っぱや木の実だそうです。
嵐が置きみやげ・・・いわば一足はやい「吹き寄せ」ですね。

武井さんは木の塊を手に入れたから、
木取りして、大きな鉢から、ティスプーンまで、
彫って彫って彫りまくった作品をみせてくれます。
そこからは、木と会話してきた結果だとおもっています。
そんな器や匙からは、武井さんの木との楽しい会話が、
ぼくらにも聞こえてきますよ。
とってもほんわかと、温かな気持ちになること、
甘庵が請け合いましょう。

                  甘庵

武井順一 木との会話が聞こえる器 展
9月28日(金)~10月9日(火) 荻窪「銀花」で開催します
9/26水.27木.10/3水はお休みです
武井さんの仕事は木との会話が聞こえます。
材料を手に入れた時から始まり、木の塊をなでなでしながら「何にしてあげようか?」
なんて、つぶやいていそうです。製材、乾燥、木取り、削り。
それはゆったりとした時の流れでもあり、木との格闘でもあります。


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

今回のお気に入りは旅人

作り手高松奈緒さん自身の今回のお気に入りは、旅人シリーズ。
つばの広い帽子をかぶり、大きなマントをまとって、
頑丈そうなトランクを一つで、
旅するネコ君の勇姿。
ロマンです。

ハモニカを持つネコ君や

catpots758.jpg


切り株で一休みするネコ君や、

catpots757.jpg


ゆっくりしたペースで歩むネコ君。

catpots811.jpg


寅さんのようでもあり、
吟遊詩人のようでもあり、
遙か地平線の彼方を見つめ、
まだ見果てぬ旅路を歩み続ける。
孤高のネコ君がそこにいます。

って、イメージを膨らませすぎかな?

          甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

お供も良い味だしてます

高松奈緒さんのネコ君たちには、
よく見るとグッズやお供がいるものが結構多いんですが、
これらがなかなか凝っていたり、役者だったりして、
良い味だしています。

catpots748.jpg

今日はお供の方をちょっと見てみましょう。

catpots818.jpg

これはサーカスネコのお供の「ネズミ」。
お供っていうより、本来敵対関係。
漫画だと知恵のある「ネズミ」ちゃんが主人公が多いですが、
ここでは、ネコ君が主役。
それで、影にひっそりいるのですが、
しっかり立場をわきまえた表情が・・・いい。

catpots740.jpg

魚をかかえるネコ君が座る切りかぶには、
飛べなそうにふくよかな小鳥が・・・・。
なんだか、長閑な気配をにじませている。

catpots817.jpg

どのネコ君たちには、じっと見てると、
そんな凝った・・・いえ、作り手の高松さん自身が、
楽しみながら作ったのが伝わってきます。

              甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

イメージ広げて遊ぶ

高松奈緒さんの作るネコたちは、
ネコの姿をしていますが、
オヤジとしてのぼくには、共感というか、
親しみを感じざるを得ない。
イメージ広げて遊ぶ

catpots755.jpg

昼休みのの昼寝の風景のようだったり、

catpots815.jpg

生涯教育かカルチャーセンターの絵画教室のようであったり、

表情や形態ににじみ出る生活感に、妙にはまります。
可愛らしさに加えて、ちょっとふてぶてしさが、
上手く解け合って、良い感じなっているのは、
ネコという素材がまた、ぴったりの選択なのでしょう。

立体になっているのも、
正面だけでなく、横から後からと、
眺める角度で変わって見られて、
妄想趣味のぼくなどには、イメージを広げて遊べば、
楽しみが、広がっていきます。

やきものという、ずしっとくるボリュームと重量感や、
硬質感のあるマットな肌合いのといった素材感で、
遊びの要素ある姿や、テーマを取り上げていても、
あまり軽々しさを感じさせない、
大人のユーモアが伝わってきます。

              甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

作り手の世代

前回の藤田さんは一回り下でした。
今回の高松さんや岡崎さんや水島さんは望月さんたちは、
二回り下の感じです。

catpots788.jpg

育った世代が違っても、工芸、とくに器などは、
そう違いが出てくるものではなかったと思っていましたが、
このあたりで、そろそろ違いが見えかくれしてきたかもしれません。

器へ対しての、姿勢やスタンスは、
作り手だけでなく、使い手側も、
変わってきているのでしょう。

catpots793.jpg

それでも、うつわ屋は思います。
いまどきの話ではなく、時代錯誤のような昔話と意識しながら、
おいでになる、若いママのお客様や、
若い紳士とお話しさせていただいていると、
たまたま知る機会がなかっただけで、
ぼくの骨董話を、とてもすんなり理解してくださって、
スムーズに伝わることがあると、
「あれ、オヤジたちの知恵も満更でもないかも」などと、
思うことも。

catpots802.jpg

反面、若い作り手たちの、
今の暮らしからでないと出来てこない器というのも、
新鮮で勢いのある器で、とても嬉しくなります。

ぼくには、変化も伝統も興味深いことです。
時代の一部しか覗けないながらも感じとれることも、
少し巾を持ってみれることで見えてくることも、
好きな器のことだと、飽きることなく眺め続けていられます。

              甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

猫と器

猫と器といっても、落語の「猫の茶碗」みたいな、
猫ちゃんの器ではなく、猫をテーマにした造形と人間さまの器の、
企画展が始まりました。

catpots729.jpg

昨年も開催した「猫色満面」の高松奈緒さんの猫と、
お友だち3人のそれぞれ個性ある器の企画展です。
今日はまず、猫君のことをお話ししますね。
高松さんのオヤジっぽい猫の表情には、思わず口元が緩みます。

catpots753.jpg

表情や姿が、語る語る。
アイドルではなくて~、性格俳優とか、
喜劇っぽい気配まで。
いいんだな~。
catpots744.jpg


化粧土を上手く使っていて、
焼き物である硬質感がありながらも、
どこか、温もりを感じられるのが、
魅力の裏付けになっているのだと思います。

              甘庵



皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

藤田佳三巡回展は「もえぎ」さんへ

昨日まで荻窪銀花で開催していた藤田佳三さんの作品展は、
山梨都留市の「もえぎ」さんで巡回展を催すために、
定休日の今日移動し、飾り付けしてきました。

fujitamoegi02.jpg

荻窪銀花での売れ行きがよかったために、
「もえぎ」さんでの開催に用意していた作品が、
藤田さんから着くのをの期待していました。

fujitamoegi04.jpg


おかげさまで、ぎりぎりに到着して新着荷で、
飾り付けが整いました。

fujitamoegi05.jpg

同じアイテムでも、筆が違うので、
ニュアンスが違うのは、やはり手仕事だからこそであり、
面白さだなと、感じとれました。

fujitamoegi03.jpg

銀花では見られなかった物もいくつか届きました。

fujitamoegi01.jpg

気になっていた方で、都留市に近い方は、
是非覗いてみてください。

              甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

藤田佳三個展でご縁いただいた皆様へ

初日から盛況だった藤田さんの個展も、
今日が最終日です。
おかげさまで、売れ行きもよく、
カップ類以外の残りが少ない状況です。

fujita616.jpg

不思議なもので、ちょっと前に間に合わなかった、
ソバチョコや、マグがまだ少し残っていて、
皿や鉢類の、食器に人気があったのは、
うつわ屋にとっては、大変嬉しい傾向です。

fujita617.jpg

マグやチョコが、コーヒーやお茶などを中心の使い方なのに比べて、
皿や鉢は、明らかに、そこにお料理がのり、
そのお料理は、手にしてくださった方がつくり、盛りつけ、
食べるくつろぎの空間が、見えるからです。

使っていただければ、手仕事の器の良さを、
必ず実感していただけで、
また、次の器を手にいれたいと、きっと願ってくださるだろうと・・・。

fujita645.jpg

「使ってよかったから」と言って、また来てくださるお客様の言葉は、
橋渡しのうつわ屋にとっては、何よりの勲章なのです。
藤田さんの個展に来店いただき、
器をてにしてくださったお客様。
せっかくおいで頂いたの、
ねらっていた器が既に売れてしまっていたお客様。
遠方からお問い合せや、ご注文をいただき、ご縁をいただいた皆様。
ありがとうございました。
来年の個展でお目にかかれることを、
甘庵は、楽しみにしながら、願っております。

              甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

チョコと品格

ソバチョコは、多目的な使い方ができるということで、
人気のある器です。
でも、器って本当は、約束なんかなくて、
オナーの勝ちで、手にした方が、
何に使っていただいてもかまわないものです。

ただ、使いづらかったり、
何かに使うことで、香りが残ったり移ってしまったり、
次ぎに使いづらくなる使い方は、
さけるべきでしょう。

fujita727.jpg

それと、見立てて使うなら、
品や格の見極め方が大切なのではないかと、
ぼくは思っています。

桃山時代に朝鮮半島の庶民が飯碗につかっていた器を、
茶碗に見立てたときにも、
なんでも良かったわけではないと思います。
たくさんのなかから選別されていった器が、
愛でられて、残っていったと思います。
その選別には、品格が一つの要素だったと、
ぼくは考えています。

fujita728.jpg

ソバチョコは、
持ってよし、手に持ってよし、口を付けてよし、
そのためにに、多目的ですが、
品と格を持っていてこそ、
その範囲も広がり、お客さんを持てなす器にも、
なりうると思います。

藤田さんの器には、華があるだけではなく、
品と格も備わっていると思います。
だからこそ、普段使いながらも、
心が和み、どこか貴族的に気分にさえしてくれます。
ソバチョコも例外ではありません。

           甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

生の粉引

前に藤田さんから、ブログネタで粉引の話をする時にと、
頂いた資料画像を、今回の個展でと思いながら、
減っていく状況への言い訳のような内容のブログになってしまって、
今頃の出番になりました。

粉引というのは、成形した素地に、化粧土をかけて、
その上に釉薬を施す手法です。
これは、白い肌を求めて朝鮮半島で作られはじめたのですが、
使っていくことで、化粧土に変化が出てくるところを、
汚れと感じた半島では廃れていき、
そこに、侘び寂という美しさを感じ取る日本では、
茶陶を中心に、愛され、綿々と引き継がれてきました。

fujita904.jpg
化粧掛けしたマグを干しているところ
藤田さんの器のほとんどが、粉引を基本でつくられていて、
化粧土を、生がけとよばれる、
成形後に乾燥したときに、どっぷり浸けて施す方法です。
じつはこれ、「かちかち山の泥船」と一緒で、
タイミングが悪いと、素地に水分が入り過ぎて、
形が崩れたり、壊れてしまいます。

fujita908.jpg

画像左の片口の口は、割れてしまっています。
その当たりの歩留まり(ぶどまり=完成率)の悪さも、
半島では、作られなくなっていったのでしょう。

器が完成するまでには、
その後の素焼き、施釉(釉薬をかけること)、本焼き・・・と、
技術や経験でクリアーしていかないとならないことのは山積みですが、
その結果出来上がる器だからこそ、手仕事の良さにあふれていて、
手にしたぼくらを楽しませてくれる器になります。

大変だから良い物とか貴重とかではなく、
一生懸命に作った手の仕事だからこそ、
毎日使うと、ほっとし、心和む器なのだと思っています。

                 甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

注ぐ器

ぼくは注ぐ器が好きで、企画とするにも、仕入れるときに、
ついつい気を取られがちですね。
手元にも、片口や急須やポットが必要以上に増えていきます。

片口にしろ急須にしろ、
ロクロの上手さと、造形の巧みさで、
使いやすさを適える技術が不可欠です。

平たく言えば、まず切れが悪いと、
ストレス感じます。
手にしたときに、しっくりこないと、
どうも損をした気分になります。
ぼくはね。

fujita702.jpg
赤絵片口 8400円 径12.8cm 高さ8cm
ご紹介した片口は、小鉢としての片口ではなく、
二合五勺(360cc)ほど入り、
酒を飲みかわすには、程よい大きさ。
粉引の素地に、赤絵の彩色は、
出しゃばることなく酒宴に華を添えて、
取り合わせのぐい呑みとともに、
肴になる器です。

fujita703.jpg
安南急須 13650円 径8.5cm 高さ7cm 
安南の急須は、京都人の藤田さん的にいえば、
「良く泣いていて」灰釉に絡んで渋く滲んだ呉須が、
和のアイテムとしての存在感を持ちます。
もちろん切れ味は良く。掌もしっくりします。
程よく入れて、200ccほどですので、
標準の湯呑みに2杯とれる感じです。
お気に入りの茶葉で、ゆっくりお茶を楽しめば、
きっと自分の時間を取り戻せそうです。

藤田さんの急須や片口は、
藤田カラーしっかりあって、
安南でも赤絵でも、取っ手や口に引っ張られることなどを、
計算ずくで出来上がっていて、
使い心地もよく、なにより、華があります。

                 甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

粉引がスタートだから

藤田さんの器は、そのほとんどが粉引がベースになっています。
なので、陶器は何でもそうですが、
少しだけ、優しさをください。

fujia697.jpg
粉引のマルチカップです これに上絵と施すと・・・。

fujita698.jpg
赤絵のマルチカップです 粉引に上絵を施してもう一度焼きます。

陶器を手に入れてから、使うときの簡単な注意をお知らせしておきます。
(長い読者の方は、何度も聞かされていて、
またか~と思うかもしれませんが、復習と思ってくださいね)

fujita699.jpg
粉引のマグカップです 

fujita700.jpg
ベースは粉引と同じですが、呉須と鉄で下絵を描き灰釉を施ししっかり焼きます。

fujita701.jpg
粉引のマグに上絵をほどこして、赤絵マグカップにしあがります。

はじめ洗剤を使わずに、水か湯で流すように良く洗ってください。
展示会でも店でも、いろんな人がさわってるし、
「銀花」ならホコリもたまってるし・・・。
その後で、一時間ぐらい、ゆとりがあったら、一晩水に浸けてください。
1250℃にもなる窯の中で、カラカラの状態なので、
そのまま使うと、汚れや匂いが一気に入ってしまいます。

その後も、使うたびに、料理にあわせて、
お湯や水でしめらせてから使って頂くと、
急激に汚れることなく、少しずつ、良い感じ侘びて行きます。
そこが陶器を楽しむ醍醐味です。
詳しくは、HP「うつわへの思いやり」
を、是非一読ください。

              甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。


テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

使ってくれてる~!!

藤田さんの器を買って行ってくださって皆さんは、
色々な料理を盛りつけて楽しんでいただいていると、
想像はしていても、「使ってよかった」の一言は、
うつわ屋にとってはなによりのご褒美。
fujita696.jpg

YOMEさんは、ブログで毎日のように、
「銀花」で出会った器とつかってくれていて、
晴れの場の姿を見るのは、橋渡し役ながら、
いつのほれぼれしています。

今回の藤田さんの個展に早々と来てくださった、
しのっちさんや、ともさかりえさんも、
ブログで紹介してくれていて、
それはもう、嬉しくて。
やっぱり器は使われている姿をみると、
「可愛がってもらっていてよかったな~」って、
器に声を掛けたくなります。

fujita662.jpg

きっと、今回もたくさんの出会いがあって、
それぞれの方がお家で、毎日楽しんでいただいていると、
想像して嬉しく思っています。
皆さんにも見て頂けたらと思いますので、
ブログなどで取り上げてくださったら、是非ご一報ください。
または、盛りつけされたりしている、
使われている画像をginka@kan-an.comまで、
どんどん、メールでお送りください。

楽しみしております。
           甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

藤田さん人気の火付け役

いつも目を通してくださっている読者の方には、
おなじみのYOMEさんこと大井順子さんは、
器大好き人間という共通項で、
とても親しくさせていだだいていて、
銀花で出会った器を、ご自身のブログや、
ブログから生まれ、宝島社から出版されて、
大好評の「YOMEカフェレシピ」と、
続いての第2弾「YOMEの楽チン☆レシピ」のなかで、
一杯使ってくださっています。

その中で、器への問い合わせがダントツに多いのが、
藤田さんの器だそうです。
信じられないくらいの数のお返事メールをしていてくださっていたのを、
つい最近、YOMEさんから伺い、感激するやら恐縮するやら・・・、
ひたすら感謝するばかりでした。

その地道ないわば広報活動・・・いえ、
手仕事の器に魅力を、素敵なレシピで宣教活動してくださっていたみたいなものです。

fujita657.jpg

器はやはり盛っていきいきするものですし、
盛りつけた時に一番美しくないといけません。
もちろん、盛りつけが抜群に上手で、
撮影も上手なのですが、器への愛情・・YOMEさんの人柄が、
にじみ出ているからだと、そう思っています。

fujita638.jpg

そんなYOMEさんの器への気持ちやとらえ方が、
ブログや本を通して広がっていき、
手仕事の器が、少しでも多くの方に、
可愛がっていただけて、
うつわ屋として橋渡しのお手伝いが出来るのは、
本当に嬉しい限りです。

改めて大井順子さんと、大井さんが広げてくれたご縁で、
出会えた皆様へ感謝を伝えたいと思います。
これからますます、良い器をご紹介橋渡しすることで、
お答えしていくようにしたいと思っています。

ありがとうございます

                甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

品切れでご迷惑おかけしています

藤田佳三さんの個展会場と作品をご紹介している、
HPの寸法と価格を今日こそは記載する予定が、
またまた、できずにご迷惑をおかけしています。

朝から溜まっているお問い合せメールへの返事をこなしましたが、
まず「申し訳ありません」からはじまるのは、
そのほとんどが、売れてしまったいるためです。

fujita620.jpg

そういつもあるようなことではなく、
とてもありがたいことなのですが、
この辺が作り手一人で、手で作っている仕事ゆえの、
弱点でもあり、手を抜かない仕事だからこそ、
出来上がる数の限度があるのですね。

fujita648.jpg

お時間をいただける方には、
出来るかぎり注文も承っておりますが、
それも限界になりつつあります。

fujita634.jpg

ご理解頂けるように、
そのあたりをお伝えするのも、
橋渡しのうつわ屋の役割でもありますね。
心していきます。

             甘庵



皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

藤田さんのファンは多彩

いつも思うのですが、
藤田さんファンは多彩で、
しかも美しい方が大変多いんです。

さらに、昨日はYOMEさんが、
お友だちふたりをつれてきてくれたのです。
一方は、何度かお目にかかっている、
ぼくのようなオヤジの目からは、てんてんのママをしているなんて、
びっくりするくらいに可愛らしい「しのっち」さん。
そしてもう一方が、YOMEさんのブログでお友だちだったのは、
知っていたのですが、「ともさかりえ」ちゃん・・・いえ、さんでした。
お恥ずかしながらファンでして、
ちょっと舞い上がりながらも、失礼にあたらないように、
顔色をかえることなく、静かに対応はしながらも、
ドキドキしておりました~。

お帰りになってから、親しいお客様がおいでになるたび、
お買い物していただいた様子など、
興奮したままお話しするミーハーオヤジのありさまでした。

しかも、ともさかりえさんのご自分のブログで、
荻窪「銀花」でのお買い物してくださったことを、
書いてくださっています。うふふ。うれしいな~。


そうそう、こうした多彩なファンを引き寄せてくれるのは、
藤田さんのうつわたちです。
fujita663.jpg

普段に使えて、華やかな盛り映えのする赤絵の器や、

fujita620.jpg

滲んだ呉須の青い絵付けが、渋いけどなんだか懐かし安南手や、

fujita636.jpg

鉄や銅で描いた省いた絵付けが、飽きのこない絵粉引など器が、
使うことで買い足したい、他のアイテムも使ってみたいと、
何度も足を運んでくださるのは、
藤田さんとお客様の橋渡しのさせていただくうつわ屋としては、
ほんとうに、嬉しい限りです。

                     甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

藤田談義その・・・347話ぐらい?

昨日のブログはネタが一杯あったのに、
朝の開店準備から、オープニングパーティ終わって日付が変わるまで、
なんだか時間がとれずに書き損なってしまいました。

そのくせ、面白かったたくさんの藤田談義が、
一晩寝てすっかりどこかに・・・・。
うーん、この物忘れのスピードのは、こまったものです。
よく脳年齢判断などで、「昨日の夕飯は何をたべました?」
これがスムーズに応えられないぼくなので・・・。
まぁーメニューといえないものを食べているせいでもあるのですけどね。
ははは。

fujita645.jpg

昨日のパーティの後半は、
二人で杯を重ねて、真面目な陶芸談義から、
下世話な内容まで、実に幅広く語りあい、
相変わらずの話の面白い藤田さんでした。

fujita632.jpg

そんな、面白みのある、藤田さんの人間性が、
作り出す器にもしっかり反映していると、思っています。
メリハリがあり、華があり、
それでいて、使う人への思いやりが深く、
使いやすく盛り映えがします。

fujita633.jpg

おかげさまで、年々ファンやリピーターが増えて、
今回は特に、一部の器に人気が集中して、
既に完売の器があり、申し訳ありません。
お時間をいただければ、注文制作を承けたまっています。

                  甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

FC2Ad