うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

冷たいものよりお茶

八月も今日で終わりですね。
八月後半、ちょうど荻窪銀花の夏休みあたりから、
とっても涼しい毎日。
しかもこのところの数日は、毎日豪雨や雷の連続。
それまで、麦茶などの冷たいものを、
口にしていましたが、元々暖かい飲料を好むぼくは、
すっかりコーヒーとお茶に逆戻り。

そんなイメージもあって今日は、
会期中の村木さんの作品のなかから、
湯呑み茶碗の一部をご紹介します。

muraki543.jpg
左:チョーク描丸湯呑み 3000円
φ7.7cmH8cm
右:チョーク描マット釉湯呑み 4000円
φ7.7cmH8cm

村木さんお得意のチョーク描の湯呑みです。
少しまっとな釉調とあって、
柔らかで長閑な気配は、
のんびりお茶の時間を演出してくれそうです。

muraki542.jpg
左:白釉面取り湯呑み 7000円
φ7.5cmH8cm
右:白地黒魚文湯呑み 4000円
φ7.7cmH7.7cm

左は緩やかに面取りされて、
気品が漂う湯呑みで、画像では伝わりにくいでしょうが、
手にすると、価格をなっと魚文シリーズです。
ちょっとユーモラスな魚が、
碗の中を優雅に泳いでおります。


muraki541.jpg
鉄刷毛目カップ 3500円
φ8cmH9cm
鉄刷毛目湯呑み 3500円
φ7.6cmH8cm

コップも、湯呑みも同じように作られていて、
ざっくりした質感を出すように調整した素地の表面を、
削り出すことで、滑りにくい外側に、
勢いのある鉄絵が力強い表情に仕上がっています。

世界の中では珍しい自分の器を持つぼくたちにとって、
湯呑みはその一つですよね。
自分の手を好みに合った湯呑みを欲しいものです。
今回も村木さんは、色々な種類を作ってくれました。
きっと気になる湯呑みに出会えますよ。

              甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ


ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

凛としてます

村木律夫さんの個展が昨日から始まりました。
相変わらず、実直なつくりと、しっかり焼かれた器です。
びっちり並ぶと、日常の器なのに、凛としています。

muraki557.jpg

俗っぽい売り込みの表情がなく、
盛りつけをしたときに活きてくる仕事なので、
静かな気配につつまれています。
これが、村木さんの器独特の雰囲気です。

muraki592.jpg

ビールの縛りかすの灰など、
様々な灰で作られたシンプルな灰釉は、
きっちりを焼き切られていて、
素地と反応し、しっとりとした表情を持ち、
長く使ったときに、汚れず丈夫で、
飽きのこない器に仕上がっています。

muraki568.jpg

手にして、見て頂く時に、
器のもつリズムに共振してくるまで
すこし、ゆっくりした気持ちと、時間をください。
そうすると、村木さんの器から伝わる響きの心地よさが、
きっとおわかりいただけると思います。

*村木さんの個展の様子がご覧になれる、
HP「催し物会場と作品」の画像はアップしました。
寸法と価格も、順次アップします。

                甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ


ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

村木律夫さんは

夏休み明けの企画は、
浜松で作陶している、村木律夫さんの個展です。
村木さんについては、前回の個展の時にも、
ブログでその人柄についてお話ししまたが、
やはり今回もお話しさせてください。

muraki496.jpg

変わることのない作陶への真摯な姿勢には、頭が下がります。
ともかく真面目で実直な村木さんの人柄そのものが、
器の隅々まで染みこんでいます。
どの器の表情も、きちんとかちっとしています。
それなのに控えめで、盛りつけたときに映える、
しっとりとした器に仕上がっています。

muraki499.jpg

そのために、理解されにくいときもままあるように感じます。
手仕事と感じない方。
個性を読み取れない方。
地味に感じる方。

muraki498.jpg

でも、一つずつ手にとって、じっくり見てもらえば、
きっとその良さが見えてきます。
ほんとうは、使っていただくのが一番なんですけど・・・・。
使っていただければ、その良さがじわじわと伝わってくるはずです。
その点は、甘庵が保証いたします。

               甘庵

村木律夫 何気なく美しい器 展
8月29日(金)~9月9日(火)
9/3(水)はお休みです
実直で何気ない姿の器から使うほどに滲み出る魅力は、
村木さんに逢うとすぐに納得がいきます。
細やかな始末やディテールは、
穏やかな微笑みの中に見え隠れする仕事への
厳し姿勢から生まれます。


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ


ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

夏休み中

hoteiaoi00.jpg
一昨日から8/28木まで、荻窪銀花は夏休みをいただいてます。
とはいえ、終了した企画の片付けや、
休み明けのDM発送などでをだらだらしていて、
既に、あっという間に二日間が過ぎてしまいました。


残りの休みも、大きな移動などの予定はいれていません。
普段出来なかった、身の回りのメンテナンスを、
自分ですることにして、ホームセンター通いから始めています。

本当は、HPの手直しも予定していましたが、
そのために手に入れたソフトを使いこなすことができずに、
取説ならず、WEBで読み込む解説サイトや、
DVDの映像を見ながらも、年寄りには耳慣れない、
新しいカタカナ語彙に苦戦しています。

今年の夏のレジャーは、安近短とかいわれているようですが、
ぼくにも、重なるところも多い夏休みになりそうです。

                 甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ


ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

名脇役たち

匙も箸も器とともに使われ、
食べたり飲んだりするとき、
直に口につける、搬器(運ぶうつわ)時だけなく、
器に添えることだけで楽しくなる存在だったりします。

sajihashi504.jpg

名脇役といっていい器です。
だからこそ、ちょっと個性的で、
味わいのある匙や箸だと嬉しいですね。

sajihashi505.jpg

小さな匙や箸で、組み合わせで表情が全く変わります。
自然と取り合わせも楽しくなり、
気に入りの匙や箸で、器選びに広がりもできます。

sajihashi506.jpg

荻窪銀花での、匙と箸展は今日までです。
明日8/20水から8/28木は夏休みをいただきます。
匙と箸展は、今週末からは、山梨都留市の「もえぎ」さんで、
(都留ICから車で10分)
ご覧いただけます。
お近くの方も、富士五湖方面や甲信地区などへ、
リゾートにお出かけの帰りなどにお立ち寄りください。

                甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ


ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

削り出した箸

武井順一さんの仕事に共通しているのは、
木を削り出す楽しさが滲み出していることです。
この箸も例外ではありません。

sajihashi446.jpg
武井順一 タモ箸 長 2620円
長さ24cm


小刀を手に入れた少年が、
適当な木っ端を、何を作ると言うことなく、
ただ削るのが楽しいという図を、
イメージできる男性諸君にはいることでしょう。
もちろん、ぼく自身がイメージどころか、
いまだにやりかねないところがあります。

sajihashi447.jpg
武井順一 タモ箸 短 2620円
長さ21.5cm


武井さんの仕事には、
そんな気配をいつも感じるのですが、
定番の箸はまさに、そのものです。
箸は、遊びや冒険的なデザインの余地は少ないのですが、
武井さんらしさをきちんと表現されています。

sajihashi468.jpg

つかみやすいように、丁寧にまとめた箸先と、
持つ部分は刃の後を程よく残して、
滑らず握りやすく仕上げてあります。
いずれも、使いやすさを念頭に置いた仕事です。

堅く粘りと艶のある素材感を出した箸先と、
津から強い杢目を活かした持つ分と、
タモ材特性もしっかり活かしてもいます。

              甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ


ご協力ありがとうございます。



テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

匙と箸展ですが・・・

毎年夏には、匙と箸展を催しています。
匙と箸とは銘打っていますが、
それ以外のカトラリーに属する物も、
少し並んでいます。
今日はそんな中から、二種類のバターナイフをご紹介します。

sajihashi428.jpg

真鍮バターナイフ 原口潔 2625円
長さ13~17cm

たたいてたたいて作り出された、
真鍮のクラシックなフォルムのバターナイフは、
懐かしくレトロな気配に満ちています。

大きさがそれぞれで、
使う方の好みで選らんでいたけます。
どれも手になじんで、トースト好きなぼくは、
ちょっと心動かされています。

sajihashi448.jpg

伊藤玲 木手彫りバターナイフ 
上の6本:1500円 長さ14.5cm
下の2本:漆一回1500円 長さ16cm
滑りにくくです

こちらは既に定番になっている、
伊藤さんらしさが溢れた、
手彫りのバターナイフです。

冷蔵庫に入れておいても、
あまり堅くならないマーガリン派には、
使い安いと思います。
また、ジャムやペーストにも使い安いですしょう。

木に漆という、手にしたときに、
ベストマッチの素材感と丈夫さも、
ポイント高いバターナイフです。

そうそう、このナイフを、
「こういうのが欲しかったの!!」と、
買ってくれたお客様が、
「餃子の具を包むときには、スプーンじゃだめなの・・」
という話を伺い、大いに納得したのを、
毎年思い出します。

               甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ


ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

やきものの匙

今回の匙と箸展へは、
伊藤月江さんがやきものの匙を出してくださっています。

丈夫な磁器で作ってくれていますが、
木や金属ほどの堅牢さは、素材ゆえ無理です。
それでも、木にも、金属にもない、
やきもの独特の好ましい素材感があります。

清潔感のある艶やかで滑らかな口にした質感、
錆びない、減らない、熱にも酸にもアルカリにも強く、
洗ったり管理の扱いがともかく楽ちん。

sajihashi366.jpg
陶スプーン
945円 ~1365円 L8.2~10.5cm D3.5~4.5cm H1.7~3cm

伊藤月江さんのやきものの匙は、
どれも可愛らしい姿で、
ほんわかするぬくもりに溢れています。
一つあるだけで食卓を楽しくしてくれます。

sajihashi363.jpg
茶さじ アカシア灰 各735円
W6cm D4.3cm H1.5cm

豆皿にもいってお求めになるお客さまがいました。

sajihashi364.jpg
茶さじ フクロウ 各1050円
W6cm D4.3cm H1.5cm

茶さじは、匙と名が付いていますが、
茶葉をいためでしまうので、すくってはいけません。
載せるようにして、茶葉の料の計りとして使う感覚で、
ティタイムを楽しみましょう。


sajihashi368.jpg
陶スプーン
1260~1365円 L10.7~12.3cm D4~4.8cm H1.4~2.5cm

ジャムやドレッシングやソースに添えたり、
箸置きを兼ねても楽しめそうです。
食卓を楽しくするアクセサリーになりますね。
 
              甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ


ご協力ありがとうございます。


テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

さり気ない箸

荻窪銀花定番になっている、
江口忠博さんの二種類の箸をご紹介します。

sajihashi377.jpg
江口忠博 蒔地塗り箸朱 各2000円
長さ23cm


sajihashi378.jpg
江口忠博 蒔地塗り箸黒各2000円
長さ23cm


まずは、オーソドックスな塗り箸です。
箸先(食い先)から、持つ部分(持ち代)、頭(天)の部分まで、
蒔地の上に丁寧に塗り上げた箸で、朱と黒の二色あります。

sajihashi444.jpg
江口忠博 黒石目摺漆箸 2500円
長さ23cm


sajihashi445.jpg
江口忠博 朱石目摺漆箸 2500円
長さ23cm

こちらは、長く使うとどうしても、
すり減ってしまう箸先を、より丈夫にするために、
箸先を石目で仕上げてあるタイプで、
朱と黒の二色があります。

sajihashi466.jpg

sajihashi467.jpg

どちらもヒバ材をつかっているので、軽くて粘りのあります。
さり気ないけど、丈夫で飽きのこない箸です。

                 甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ


ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

伝統から培った技

今日ご紹介する匙は、
京の伝統を背景に培った「打ち出し」の技で、
匙から薬罐まで作っている堀内繁樹さんの、真鍮匙です。
持ち前の粘り強さと真面目性格が、
小さな匙にも、さらりと出ています。

sajihashi478.jpg
堀内繁樹 しんちゅう匙 1600円
長さ12.5cm 幅2.5cm


すくう部分は滑らかで丁寧な仕事で、
柄の部分は、リズミカルで力強い槌目が魅力です。

sajihashi484.jpg
柄の槌目や打つこと出来る歪みを活かして、
一本ずつ違う表情が愉しいです。


メッキや塗装をしていない真鍮の匙は、
素材の質感や侘びていく肌合いを楽しんで頂く仕上げです。
通常の使い方では、
洗うときに、中性洗剤を使い、
スポンジやナイロンたわしで洗ってください。

sajihashi477.jpg
堀内繁樹 しんちゅう角匙 1600円
長さ13cm 幅2.1cm


気になったときには、
金属磨きなどで磨けばピカピカになりますが、
適度に表面が酸化して、皮膜となっていた方が、
金属イオンの匂いや味が出にくくて、
使い安いと思います。

sajihashi485.jpg
すくう部分が角張っているので、
平らな皿などからすくいやすく、ヘラのようにも使えて、
デザートやジャムスプーンにと、人気があります。


また、侘びていった落ち着いた色合いが、
和の器にはことさら相性がよく、
良い取り合わせになります。

         甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ


ご協力ありがとうございます。


テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

勢いのある彫り

ザクザクっと彫って、
バシバシって塗った感じの、
小気味の良い伊藤玲さんの匙です。

sajihashi489.jpg

思い切りの良い、勢いのある彫りから生み出される匙は、
木の力強い質感を引き出した表情を持っています。

sajihashi471.jpg

アイヌの伝統的な彫りを勉強したという伊藤さんの匙は、
装飾の中にも風土や伝統が息づいているのを、
骨太く頼もしいパワーを感じ取れます。

sajihashi488.jpg

それに加えて、温かみも兼ね備えています。
この匙が並んでところが、
「7人の小人」のように見えた甘庵でした。

sajihashi487.jpg

まだ、塗ったばかりの漆が濃く発色していますが、
これから半年ぐらいは、漆が透けて来て明るくなり、
荒削りに感じるかもしれない表情も、
使い込めば手ずれて、手に馴染んで行くことでしょう。

             甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ


ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

真鍮を見つめ続けた仕事

常滑で仕事をしている原口潔さんは、
真鍮で彫刻を作っています。
同時に、身の回りで使える物として、
真鍮を使って匙を作っています。

sajihashi435.jpg
真鍮鍛造サーバー 原口潔 4200円
長さ18cm


シンプルデザインの使かうための匙を、
丁寧な真鍮鍛造の仕事で作り出しています。
そのため画像などで一見するとわかりにくいかもしれませんが、
テクスチャーや素材感、量感や肌合いなどが、
手にしたときに、とても心地よい存在感が伝わります。

sajihashi461.jpg

今日ご紹介する取り分けるのに良い匙は、
真鍮の素材感を愛して、
仕事の素材の中心として対峙してきた原口さんらしさが、
心地の良い姿になっています。

sajihashi458.jpg

太めの真鍮の棒を、たたいてたたいて、
のばし、だまし、たたいてたたいて、
作り出す、鍛造といわれる仕事から生み出されています。
仕上げは、磨き上げずに古色を帯びた仕立て方になっています。
和の器にも、洋の器にも、さまざま料理を、
愉しくサーブする匙だと思います。

                 甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ


ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

小さな彫刻

匙と箸展には欠かさない作り手の武井順一さんは、
軽井沢で生まれ育った、どこか異国の気配を持った仕事を見せてくれます。
木の塊から削り出すことで、匙から家具までを生み出しています。

sajihashi422.jpg

小さな匙にも、武井さんらしさが溢れています。
丁寧な仕事は、基本のフォルムを崩さず、
口当たり、手におさめた持ち心地が良く仕上がっています。
使いやすさに加えて、遊びや、楽しみを見いだすことができるのは、
武井さん自身が彫ることを楽しんでいるに違いないと、
そう思わせる、美しさに満ちています。

sajihashi464.jpg

一部をご覧いただいていますが、
どの匙をアップにしても、
微笑んでしまう、見事な彫りが浮かびます。

sajihashi465.jpg

あってもなくても、いいのですが、
あるとなんだか、心が豊かに、
ちょっと貴族の気持ちになれます。
匙なのですが、小さな彫刻です。
   
            甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ


ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

銅の匙

今回の匙と箸展は、3人の金属の作り手が出展してくれました。
伊藤博さんは銅の匙を並べてくれました。

sajihashi456.jpg
銅スプーン 2200円
L13.5~17.5cm D3.5~3.7cm H2cm

たたいて延ばし、曲げ、つないだりと、
鎚目のあとから、リズミカルな音が聞こえてきそうです。

sajihashi455.jpg
銅漆仕上げスプーン 2200円
L16cm D3cm H1.2m

朱色の先の部分は、漆で仕上げてあります。
金属なのに、ちょっとほんわかした柔らかく感じるスプーンです。

手から生み出された気持ちの良い仕事は、
素材が生かされていて、使い勝手や思いやりが、
きちんと込められています。
伊藤さんの匙も、手にすると、
そんな暖かみが、じんわりと伝わってきます。
うれしいですね。

                  甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ


ご協力ありがとうございます。


テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

匙と箸展

昨日は立秋で、暦には秋の文字がみえても、
今日の荻窪はこの夏最高の暑さで、
35℃以上にあがって、猛暑日となったようです。
いや~初日の朝は片付けから始まったのですが、
いやに暑いとおもいました。
sajihashi388.jpg

そしてこの暑さの中、はじまったのが「匙と箸展」です。
開店そうそう、暑さを押して楽しみしていただいているお客様が、
どっと、ご来店いただき、恐縮したいました。
きっと、午後は暑くなるからと、早めにお出かけいただいたのかもしれませんね。

sajihashi391.jpg

その「匙と箸展」は、今年も楽しく面白い作品が溢れています。
午後はがんばってHP作成で、まだ画像だけですが、
会場と作品が見れるページをアップしました。
寸法や価格は順次記入していきます。

sajihashi422.jpg

sajihashi426.jpg

特に匙は、人気の木を彫りうるし仕上げしたものや、
真鍮や銅を打ち出したもの、焼き物など、
表情や質感も様々なうえに、
8cmほどの小さな匙から、
30cmもある大匙まであり、
使い方のイメージを広げるのも楽しみです。
価格は、600円ぐらいから5300円ぐらいまでです。

sajihashi365.jpg

sajihashi370.jpg

sajihashi442.jpg

箸は、毎日使う自分の箸として、
使いやすく飽きのこないものをそろえています。

sajihashi445.jpg

小さい作品ですから、細かな表情や質感を見るにも、
持ち心地や肌合いを感じるには、
本当は、手に取るのが一番です。
お近くの方はぜひ触れに来てみてください。

               甘庵


匙と箸 普段の脇役が主役 展
8月8日(金)~8月19日(火)
13(水)はお休みです
ティスプーン、スープスプーン、取り匙、茶さじ、お玉、
サラダサーバーなどの大小の匙や、
飽きのこない、手になじむ箸など、普段は食卓の脇役の、
匙と箸が主役になり、花道ならぬ会場に並びます。


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ


ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

今日のお薦め品 7

感謝祭最終日の今日の荻窪は、
不安定は天気で、早めに雨が上がった、
蒸し暑いとおもったら、
空模様が一気に怪しくなり、
雨音が部屋の中まで聞こえるような、
大粒の雨がふりだしました。
雷鳴も響いています。

これで少し涼しくなって、
雨も上がってお客さまが一杯・・・。
そうはいかないのが空模様。

muraki344.jpg
さて、今日もお薦め品をご紹介します。
村木律夫さんの黒釉銀彩鉢です。

muraki346.jpg
村木律夫 黒釉銀彩中鉢 定価5000円 径16.5cm 高さ7.5cm
高台が大きめで安定していますが、
丼といってもいいと思います。

muraki345.jpg
銀彩がほどこされているので、
ちょっとよそ行きの器になり、
華やかな盛りつけを演出してくれます。
品の黒釉は、普段使いでも飽きずに使えます。
ラーメンやうどんなどの麺類でも、
うな丼、親子丼でも映りがいいですよ。

「大奉仕品」の棚にだしますので、
割り引き率は、定価の25%引き!!
丸銀会員は定価の30%引きです!!
お問い合わせはメール ginka@kan-an.com か、
お電話 03-3393-5091 でお気軽にどうぞ。
   
              甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ


ご協力ありがとうございます。


今日のお薦め品 6

今日も朝からしっかり照りつけていますね。
暑くなりそうです。
しっかり食べてしっかり水分補給して過ごしましょうね。

kagob351.jpg

さて、今日のお薦めは籠です。
籠展として巡回中で銀花にはほとんどなかったのですが、
予定より早めに戻ってきました。
感謝祭はそれぞれのファンのために、
お得なお買い物していただく会期です。

kagob352.jpg

「籠はないのですか」というお声も数人の方から伺ったいたので、
次の巡回先へ仕立て直す前に、
少し間があるので、籠ファンのために感謝祭中に一部ですが、
常設の棚に並べました。
スペースの関係で多くだせないのですが、
数点並んでいます。

お尋ねいただければ、
その他の在庫も、ご覧いただけます。
お問い合わせはメール ginka@kan-an.com か、
お電話 03-3393-5091 でお気軽にどうぞ。

                甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ


ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

今日のお薦め品 5

感謝祭は、荻窪銀花の顧客さまたちへの、
日頃の感謝を価格てお返しするお祭りです。
そのお客さまそれぞれには、
お気に入りの作り手がいらしゃるわけですから、
作り手のそれぞれのファンのためにと、
それぞれの作り手ごとに、お買い得品を並べようと、
心づもりで並べています。

nonami340.jpg
野波実 マット白磁大鉢  20000円 径25cmH9.5cm
今日ご紹介する野波実さんの、
あたたかで誠実な人柄をそのまま映した器は、
個展を開催するごとに、ファンが増えて来ています。

nonami341.jpg
蹴ロクロ独特の長閑でのびやかなロクロ目が、
器を使うたびに、心穏やかにしてくれます。

ところが、個展の会期が終えてまもなく、
現在も巡回展中で、荻窪銀花には在庫がすくなく、
思い切って個人的に気に入っている大きな鉢を並べました。

nonami343.jpg

さりげない高台も、
蹴ロクロらしい歪みにあわせて、
仕上がっている様は、侘び茶の片鱗とモダンの融合を、
感じさせてくれます。

大きいので、価格も上がるので、
さらに思い切って「大奉仕品」の棚にだしました。
割り引き率は、定価の25%引き!!
丸銀会員は定価の30%引きです!!
お問い合わせはメール ginka@kan-an.com か、
お電話 03-3393-5091 でお気軽にどうぞ。

               甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ


ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

今日のお薦め品 4

真夏日が続きますね。
7月全部が30℃以上の真夏日真夏日だったところが、
京都など全国で8カ所もあったそうです。
東京の7月も23日はだったから、
やっぱり暑い!!
やっぱり暑いとビールや冷酒がより美味しいですね。

そこで、今日のブログのお薦め品は、
冷酒注器と350mlちょうど入るグラスをご紹介いたします。

sasaki334.jpg

sasaki335.jpg

sasaki336.jpg
佐々木玲子 青巻き冷酒注器 定価8400円
W16cm D8.4cm H10cm 容積270cc

一人で静かに楽しむには程よい一合五勺。
鳥を思わせるフォルムに、
涼しげな青いガラスを細く巻き付けてあり、
手がかりもよく、持ちやすく出来ています。

sasaki337.jpg

sasaki338.jpg
佐々木玲子 ルリ流線ビールコップ 定価5250円
径7.3cm H14cm 容積360cc

流水を思わせる伸びやかな群青の螺旋に、
350ml缶を注ぎ切れば、のどごしも一段とよく、
もう一缶開けたくなる衝動が・・・。
ここは一杯を美味しく呑んで我慢ガマン。

どちらも「大奉仕品」の棚にだしますので、
割り引き率は、定価の25%引き!!
丸銀会員は定価の30%引きです!!
お問い合わせはメール ginka@kan-an.com か、
お電話 03-3393-5091 でお気軽にどうぞ。
   
              甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ


ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

感謝祭HP書き換えました

感謝祭折り返したところで、
商品の動きや入れ替えで内容が変わったため、
お買い得品の並ぶギャラリー側をご覧になれるページを、
書き換えましでアップしたので、ぜひごらんください。
http://www.kan-an.com/kansya.shop.html

kansya305.jpg

動きに、追いつかなかった価格や寸法の表示も、
今回全て記入しました。
価格を見ていただくと、いかにお得かがお分かりいただけると思います。
会期は8/5火までですから、まだまだ内容が動き次第、
差し替えてアップする予定です。

kansya308.jpg

手仕事の器ですから、ほとんどが単品だったり、数量は少数ですので、
売り切れのときには、ごめんなさい。
お問い合わせはメール ginka@kan-an.com か、
お電話 03-3393-5091 でお気軽にどうぞ。
   
              甘庵


皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ


ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

FC2Ad