うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

重宝する長皿2種

遅めの秋雨がしとしとを降り続けていて、
秋の風情が漂ってきました。
秋となれば、味覚の秋で、
旬の美味しいものが誘惑します。

今年はサンマが不漁で残念ですが、
サンマをはじめとする、塩焼きの魚をもりつけるには、
やっぱり長皿が欲しいところ。
今日は山口利枝さんの長皿を2種類ご紹介します。

10yamaguchi0144.jpg
草文唐草長角皿 4,725円 W32cmD11cmH2.6cm

皿は手仕事だと焼成的に非効率的です。
そのために高めの単価に感じてしまわれる方が多くなります。
長皿は、その形状から出来上がるまでの歩留まりもわるく、
積極的につくる作り手も少なくなります。

10yamaguchi0145.jpg
和の絵柄ですが、山口さんらしくモダンで料理を選びません。

食器を中心の仕事の山口さんは、
定番として作られていて、
今年の個展にも、魅力的な新作を届けてくれました。

10yamaguchi0089.jpg
松葉文長角皿 4,410円 W26.5cm D11.3cm H2.7cm

この長皿、焼き魚以外でも八寸的は使い方をはじめ、
長い姿から、食卓にも、盛りつけにも変化がでるので、
料理がグレードアップして、楽しく使える器です。

10yamaguchi0173.jpg
シンプルで清潔感のある絵柄は、飽きのこない、
丈夫で長くつかえる長皿です。


また、思いのほかに洋皿としても活躍します。
サンドイッチを並べるだけでも楽しくなりますが、
シンプルで個展絵柄なのにどこかモダンで、
多用に使い回せて、重宝する器です。
自由な発想でいろいろ試し手もらいたい器です。

                甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

山口利枝さんの絵柄 <秋 >

荻窪銀花は定休日で今日はお休みですが、
開催中の山口さんの絵柄が素敵なので、
アップで撮影しておいた画像を、
分類して少しずつご紹介してみます。
今日は一回目で秋の絵柄です。

10yamaguchi0220.jpg

染め付けと鉄で描かれたブドウ文です。
のびのびと下蔓と葉の呉須と完熟を思わせる鉄絵の実が、
エネルギッシュな実りの秋の絵柄です。

10yamaguchi0231.jpg

秋と言えば「紅葉」ですね。
形も紅葉様に五方に切り込まれていて、
器のなかで紅葉狩りできそうです。

10yamaguchi0214.jpg

唐草としてきていますが、
葉と実がいかにも秋を思わせます。

10yamaguchi0234.jpg

大きめの鉢の見込み側は、染め付けのブドウ文で、
外側は呉須鉄絵のブドウ文で、二度美味しい秋の実りです。

10yamaguchi0237.jpg

最後は皿の見込み絵の栗です。
二個ならんだ栗の実はふっくらとして、
とてもほっくり甘そうです。

山口さんの器の良さを楽しむ1つですが、
絵付けのある器は、ぐっと寄って眺めていただくと、
また違った世界を楽しめる、
力のある絵付けが施されています。

                 甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

マイカップといえばマグ

秋雨が続く荻窪です。
先週の暑さがウソのような気温で、
肌寒くさえ感じます。
体調管理に気を付けましょうね。

今日は山口利枝さんのマグをご紹介します。
山口さんのマグはファンも多いのですが、
この2点は、どちらも新作です。

10yamaguchi0125.jpg
ぶどう文マグ 3,150円 径8.8cm H7.8cm

こちらは、呉須の青い染め付けで蔓と葉が描かれ、
鉄絵の実が熟しているブドウ文は、
飽きのこない落ち着いた絵柄です。

10yamaguchi0188.jpg
容積は、程よく入れて220ccほどです。

口径が大きく少し低めのプロポーションは、
安定感のあって、スープカップにも良さそうなマグです。
丈夫で持ちやすいハンドルがしかりとしていて、
こういったディテールは人気の裏付けになっています。

10yamaguchi0146.jpg
市松文マグ 3,360円 径8.8cm H8.8cm

少しのっぽなマグは、市松文というより、
チェッカーという方が似合いそうな、
モダンな気配をもっています。

10yamaguchi0189.jpg
容積は、程よく入れて250ccほどです。

たっぷりと入るマグで、
コーヒーや紅茶意外にも、
ハーブティやココアや、
もしかしてお湯割りなんかにも良いかも。

使い方は自由にしてもらっても、
山口さんのマグは磁器ですから、
匂いや茶渋も付きにくく、洗いやすいので、
バンバンつかっていただけます。

マグは、お好みの飲み物をいつも飲む、
マイカップとして使ってもらえれば、
一番活き活きしてくるはずです。

              甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

新米がより美味しい飯碗

昨日に続き秋の味覚から連想する器をご紹介します。
秋と言えばまず新米。

炊きたての新米は、それだけの美味しさで、
幸せな気持ちになれますね。
そんな新米をより美味しくただける飯碗をご紹介します。

10yamaguchi0205.jpg

山口利枝さんの今年の新作の飯碗です。
大人用の2種と子供用の1種です。
端が少し反って、高台の大きめな飯碗は、
外側に呉須と鉄でコマ文が描かれています。

10yamaguchi0207.jpg
コマ文めし碗 2,310円 径11.8cm H5.6cm

伝統的な絵柄ですが、
モダンでいて骨太で素朴な絵柄です。
高台の大きめな形とも相まって、
小鉢にも使えそうです。

丸い矢羽根文の飯碗も、
伝統的な絵柄ですが、
山口さんの手にかかると、
どこか新鮮で可愛らしさが感じとれます。

10yamaguchi0208.jpg
矢羽根文飯碗 2,625円 径11.8cm H5.5cm

飯碗の見込みを大空に見立てて、
二羽飛ぶ千鳥が、見込みに広がりを生み出しています。
使う楽しみになっています。

鳥文のこども碗は、
外側には、染め付けの鳥と、
上絵で緑と黄色を乗せた花が交互に、
見込みには一羽の鳥が描かれています。

10yamaguchi0206.jpg
鳥文こども碗 2,100円 径10.5cm H5.7cm

自分の器を持つ習慣のある国はとても珍しいことです。
こんな手仕事の飯碗と早くから出会ってもらえれば、
器をとおして和の習慣を体得し、
器をたのしみ、好きになってくれる人が、
一杯増えて、うつわ屋にきていただける方も、
一杯増え・・・・そうは言っていませんね。
残念ながら。

このこども碗、ダイエット碗として、
使ってくださる大人の方が、
多いかもしれません。

              甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

ソバチョコよりどりみどり

今日の荻窪は、雲ひとつ無い秋晴れですが、
長く続かないようです。
一年の内の気持ちの良い時候が、
なんだか少なくなっている気がします。

10yamaguchi0201.jpg
左から、窓に花詰めソバチョコ 2,310円 径8.5cm H6.5cm
鉄唐草文ソバチョコ 2,100円 径8.5cm H6.5cm
白磁イッチンソバチョコ 2,100円 径8cm H6.5cm


秋を感じている今日は、
新ソバの季節がもうそろそろなので、
先んじてソバチョコをご紹介します。

10yamaguchi0202.jpg
絵柄を揃えずに、1つずつ集めて楽しまれるかたも多いです。

今回の山口利枝さんは、
6種類のソバチョコを作ってくれました。
いつもの大きさを5種と、
少し大きめで小鉢に使えるもの1種です。

10yamaguchi0203.jpg
左から、イッチン葉実文ソバチョコ 2,310円 径8cm H6.4cm
花文ソバチョコ 2,100円 径8cm H6.5cm
松葉文ソバチョコ大 3,150円 径10.5cm H6.7cm


個展的な染め付けや鉄絵のタイプもあれば、
どこかモダンでその分使い方も広がりそうなものまで、
どれも個性があって趣が深く、
嬉し悩みの選ぶ楽しさが味わえます。

10yamaguchi0204.jpg
左の松葉文ソバチョコの大きさがわかります。
見込み絵も松です。


どれもスタッキング(重なり具合)もよく、
出番が多く、日常頻繁に使ってもらうために、
収納のしやすさも大切な要素です。
もちろんしっかり焼いて磁器ですので、
丈夫で洗いやさは抜群の、
頼もしい器です。

            甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

目でも美味しい小皿豆皿

山口利枝さんの仕事は、
日常の器として使いやすい磁器で、
しっかりちと作られて、
きっちり焼き上げてあります。
なので、とても丈夫です。

10yamaguchi0199.jpg
小皿豆皿が目にご馳走です。

でも量産の磁器とのちがいは、
随所に手の後が感じられて、
素地もあえて石や鉄分の入ったものを使う事で、
より温かみのある素材感をあたえてくれています。

10yamaguchi0098.jpg
草文輪花小鉢 2,100円
径9cm H3cm


今日ご紹介する小皿や豆皿をみると、
隅々まで気配りされた丁寧な仕事ぶりが、
よくわかります。

10yamaguchi0102.jpg
白磁梅形皿 1,260円
W8cm D6.2cm H1.8cm


小さくて可愛い食卓のおもちゃみたいですが、
色々欲しくなってしまうそれぞれに魅力があります。

10yamaguchi0100.jpg
白磁しのぎ豆角皿 1,050円
□6.5cm H1.5cm


ちまちまと薬味や珍味や箸休めや・・・。
盛りつけを思い描くだけで、
目にも美味しい小皿豆皿たちです。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

明るく爽やかな器

山口利枝さんの個展がはじまりました。
個展のサブタイトルの通りに、
銀花の会場が明るく爽やかになりました。

10yamaguchi0066.jpg
花詰め半月皿 3,150円
W18.8cmD15.3cm H2.8cm


今年の新作が豊富で、定番になりつつある人気の器も並び、
ちょっと目移りしてきょろきょろしちゃいます。

10yamaguchi0090.jpg
あじさい7寸皿 5,250円
径22cm H3.3cm



古典的な染め付けや白磁の器は、
使い勝手に優れ、丈夫なの上、
山口さんらしい、
新鮮さを感じさせてくれる絵付けや形の器で、
和の器だけではなく、モダンな洋食器もあって、
楽しい展示になっています。

10yamaguchi0138.jpg
木の葉皿 3,360円
W22.5cm D15cm H3cm
左よりにあるのは仕切りで、ディップ添えたり、
副菜そえたりと、ちょっと楽しく使えそう。



会期中に毎日少しずつご紹介いたしますが、
あれもこれもお知らせしたくなって、
どれをご紹介するか迷う良そうです。

               甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

山口利枝さん個展の荷ほどき

9月も後半なのに、今日は暑い一日でした。
しっかり汗をかきながら、山口利枝さんから届いた、
個展の作品の荷ほどきをしました。

10yamaguchi0049.jpg

しっかり丁寧に包まれた器を、
一つずつ開けていくのは、
それなりに時間がかかる作業ですが、
夢中になって開けていきます。

10yamaguchi0050.jpg

それは山口さんの労作を一番はじめに、
見せてもらえる特権を楽しめるからです。
器好きが高じてのうつわ屋としては、
至極の時でもあります。

10yamaguchi0051.jpg

はい、今日もいっぱい楽ししませていただきました。
これから、レイアウトして、画像撮影し、加工整理して、
初日には少なくても画像はHPにアップする予定です。
今年も素敵な作品一杯です。
お楽しみなさっていてください。

                    甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

使い方も選び方も自由なカップ

三連休最終日ですが、いつまでも暑いですね。
稲垣明子さんの個展も最終日になりました。
お時間のある方ぜひお出かけください。

10inagaki0044.jpg
グレートーンのフリーカップ3種、
左から、小 2,500円、大 2,800円、角 2,800円


今日はグレートーンのフリーカップ3種を、
ご紹介します。

10inagaki0046.jpg
グレートーン フリーカップ大 2,800円 径8.5cmH8cm

形やサイズも違い、絵柄も一つずつなので、
マイカップとして使いやすい器です。
お茶、コーヒー、ビールなど飲み物だけではなく、
スプーンで食べるようなデザートもいけます。

10inagaki0047.jpg
グレートーン フリーカップ角 2,800円 径8cmH8.3cm

先日プレートでご紹介したように、
皿との組み合わせ方で、
使い方の楽しみも広がります。

10inagaki_0048_20100920111245.jpg
グレートーン フリーカップ小 2,500円 径8cmH7cm

腰から口まで、ゆるやかに描かれた曲線は、
とても美しく、さりげないようですが、
計算つくされたデザインです。

10inagaki0045.jpg
皿と組み合わせるとまた違った趣が楽しめます。

側面のラインを止めないように、
高台は碁笥高台になっていて、
しかりした指がかりはあるので、
洗う時などの手がかりは十分です。

デザインと相反すると、
使い勝手を安易に省いてしまうような、
器は、日常の食器としてありえません。
どんなに美しフォルムでも、
使っていない器は生きていません。
器は使ってこそ活き活きするものです。

                甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

不滅の定番三徳マグ

稲垣明子さんのグレートンのマグは、
リピーターが多くいつも品切れになってしまう、
荻窪銀花の不滅の定番商品です。

10inagaki0130.jpg
グレートーン ショートマグ 3,000円 径8.5cm H7.5cm

使っている方がまたお求めになるときに、
「持ちやすくてこれ使うと他のマグのハンドルがしっくり来なくて」
という持ちやすいと仰る方多いです。
少し角張っている平たいハンドルは、
指の腹にのってしっかりと安定させるために、
特に握力の少ない女性には好評です。

10inagaki0005.jpg
グレートーン ロングマグ 3,500円 径8.5cm H9~10cm

「軽くて一杯はいるので使いやすく愛用してます」
薄く仕上がっているので、無駄がないので、
軽く、大きさの割にたっぷり入ります
ショートマグで八分目に入れて200cc、
ロングマグだと八分目にいれて300ccの容積があります。

10inagaki0003.jpg
絵柄はそれぞれで、プロポーションも少しずつ違います。

「お洒落な絵柄で、飽きがこなくて、汚れにくくて、丈夫で・・・」
素地を活かしたデザインは長く愛用いたらける、
機能美を複数もっています。

10inagaki0004.jpg
のっぽですが、安定の良いバランスのフォルムです。

不滅な人気の定番マグでいる秘密は、
三徳・・・いえ、使う事で、
いくつもの得を見つけ出せるマグだからです。

             甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

何でもお任せのボール

稲垣明子さんの面取りは、
生乾きのときに包丁で面をとる、
ザクザクという音が聞こえそうな質感が魅力です。

10inagaki0001.jpg
左:面取りボール 3,000円 径11cm H5.5cm
中:面取りボール 3,000円 径12cm H6.5cm
右:面取りボール 3,800円 径12.5cm H7.5cm


この面取りされた側面の手に馴染む心地良さは抜群です。
自分ように選ぶカップやボウルなら、
この大変を毎日味わえます。

10inagaki0173.jpg
見込み側はロ使いやすいカーブにロクロ挽きされています。

今日はこの面取りボールを3種ご紹介します。
飯碗、小鉢、スープカップ、カフェオレカップ・・・。
いろいろ楽しめそうです。

10inagaki0175.jpg
裏を返しても、それぞれ個性ある表情を楽しめます。

大中小とちょうど入れ子になるほど少しずつ違います。
選ぶ方がご自分の手に合わせて、
掌の良いボールと選らんでいただけます。

10inagaki0172.jpg
大中小と心地の良く入れ子に重なります。

面取りの面も乱取りもあれば、螺旋に削られたものや、
細かいのやざっくりと大きめと、色々です。
釉薬も色々で、色重ねや、流し掛けや、
外側の面取り部分を炭化焼成で焦げているものなど、
一つと同じ物がないのも、
自分の器としてお好みで選べる楽しさがあります。

                  甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

使いごろの器

今日は稲垣さんの新作のプレートをご紹介します。
浅鉢と行った方がわかりやすい形です。


10inagaki0234.jpg
グレートーンプレート 2,600円 径14.5cmH3.5cm

これ日常の食卓で間違いなく使いやすく、
絶対に頻度の高い、使いごろの器です。
和での洋でも、副菜をもりつけるのにも、
取り皿としても使い勝手よいでしょう。

10inagaki0232.jpg
もちろんこれも絵柄は一つずつでどれも素敵で、
選ぶの楽しいけどけっこう迷いますよ~。


多少汁があったもOKで、見込みは平らなので、
食材の納まりも良くて、しかも、重なりが良いので、
家族数の器が簡単に場所を取らずに収納できます。

10inagaki0233.jpg
しっかり重なり、安定もよくて収納抜群です。

これ一つあることで、
食卓のかなりの部分をカバーできるので、
来客の多い方、まだ食器を揃え切っていない方には、
ぜひぜひお薦め出来る使いごろの器です。

                甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

欲張りな器

急に涼しくなった荻窪村です。
明け方に涼しくなるので、
寝冷えしやすい気候とTVいってました。
こうして秋風を感じると、ビールから急にお酒が恋しくなります。

10inagaki0231.jpg
大小さまざま、釉も色々、形もそれぞれで、
自分を主張する片口が並びます。


今日ご紹介するのは、稲垣明子さんの面取りの片口です。
片口は非対称形の形から惹かれてしまう器好きの方多いはず。
しかも色々使える。
早速、お酒を七分目入れて、お気に入りの杯に注げば、
秋の夜長を、静かに楽しめます。

10inagaki0228.jpg
左奥:面取り片口大 5,000円 W17.5cm D14.5cm H9cm
右奥:面取り片口中 3,500円 W13.5cm D7.5cm H7cm
左手前:面取り片口中 3,800円 W16cm D14cm H7cm
右手前:面取り片口大 4,000円 W13.5cm D12cm H6cm


ちょっと前なら、麺汁いれていたのに煮物がもられたり、
ドレッシング濯いでいたのに、鍋の割り下って、
それはまだ早いかな。

10inagaki0230.jpg
面取られた側面の釉掛けや焦げなど、
それぞれ異なる表情が魅力的です。


片口も稲垣さんが作ると、完全一品で、
造形、面取り、様々な釉掛け、炭化などの焼方と、
色も形もそれぞれで、盛りつけイメージや使い方で、
お好みしだいに選べます。

逆に、捨てがたく選びきれず、
色や形の違うのを揃えたくなってしまうほどです。
手に入れて使い方の工夫を楽しめる器です。

                甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

2010年山口利枝さんの個展開催間近

2010年山口利枝さんの個展開催間近
ラッキーなことに今年も山口利枝さんの個展を開催できます。

10yamaguchi0020.jpg

10yamaguchi0019.jpg

10yamaguchi0016.jpg

山口利枝 明るく爽やかな器 展 
9月24日(金)~10月11日(月)
9/21火~23木.29水.10/6水はお休みです
最終日は18時までです *10/2土は山口さんが在銀花
懐かしい趣の和の伝統の中に若々しいモダンが見え隠れする、
日常の料理が盛り映えする爽やかな器です。
染め付けや白磁や鉄絵などの、
使いやすくて飽きのこない丈夫な器はお求めやすい価格も大きな魅力です。

10yamaguchi0025.jpg

10yamaguchi0015.jpg

ぜひご来店ください。
もちろんHPの「催し物会場と作品」でも、
開催後になるべく早くご覧いただけるように、
書き換えますので、遠方の方はそちらもお楽しみになさってください。

                        甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

芯までじっくり焼いています

やきものは言葉の通りに、
焼くことで全てがなりが成り立っています。
とくに、日常の食器は、芯までじっくり焼き切ることで、
汚れず丈夫なやきものが出来ると同時に、
素地の土と、釉薬が絡みあって、
やきものとして魅力的な表情が完成すると、
甘庵は思っています。

10inagaki0197.jpg
右結晶釉ワイングラス 3,800円
径10cmH13.8cm


好みはともかくとしても、
生焼けの器はイケマセン。
扱いかたでは、カビたり汚れになったりします。
陶器は、使う事で表情が変わるものです(侘び寂び)。
でも、それなりの思いやりがあれば、
急激な汚れにはなりません。

10inagaki0200.jpg
やきものには少ない形ですが稲垣さんの遊びゴコロです。
焼くときに歪んだり倒れたりしやすいからです。


稲垣明子さんの結晶釉は、
素地がしっかり締まる温度まで焼いても、
溶けにくい釉薬にすることで、
マットなお菓子のアイシングみたいな質感になっています。

10inagaki0201.jpg
釉が溶け下絵の赤い線文と混ざりながら、
流れだしその後一部に結晶もできています。


ところが、結晶釉と言う名の通り、
もう一息、ギリギリ限界まで焼いていくと、
また違った表情が生まれてきます。

10inagaki0210.jpg
結晶釉筒型碗C-6-1 4,000円
径10cmH7cm


釉薬が流れだし、下絵の色が溶け出し、
釉薬の中の金属を核に結晶ができたりという、
いわゆる窯変ができあがります。

10inagaki0199.jpg
焼き切ってこそ変化する窯変を予測して、
計画的に下絵に施された色(酸化金属)が、
イッチンや彫りによる造形で、
溶けあい流れる道を造っています。


サイズや焼き上がりに安定性を必要とする食器では、
あまりなさらないのですが、
碗や盃など、一点の嗜好品的な器で、
稲垣さんの作る楽しみとしていつもトライして、
美しい窯変を見せてくれます。

10inagaki0215.jpg
見込みも下絵の線文が重なりあいとけだして、
混ざり合い、地層のようなオーロラのような、
神秘的な景色をみせています。


結晶釉に器は形や絵柄が一つずつが多いのですが、
碗や盃の嗜好品の器は、完全に一品つくりで、
出来上がりも一つずつですが、
出会いも一つずつです。
一期一会の器です。

                 甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

角の立たない四角いお皿

稲垣明子さんの食器は、
シャープなフォルムが特徴ですが、
角が立っていません。

10inagaki0217.jpg
丸皿の多い食卓に角皿が一枚あると、
変化を生みリズミカルになります。


お洒落でモダンだけど、使う事のための食器としての、
ディテールはしっかりとしていて、
とても実用中心にデザインされています。

10inagaki0218.jpg
グレートーン タタラ四角皿大 5,000円
W21cm D21cm H2.5cm


密度の高さから、硬度はある磁器ですが、
手に重く感じない程度に薄く無駄を省きながら、
日常に使うことを念頭において、
強度を考え作られた器です。

10inagaki0219.jpg
グレートーン タタラ四角皿小 2,800円
W15cm D21cm H2cm 


角皿は丸い皿よりも、
角がある分、ヒットする可能性がでてきます。
そのあたりも十分に考慮してのディテールがあって、
シャープなのに、角が立っていない角皿が生まれます。

10inagaki0216.jpg
手仕事の優しさと、洗練されたデザインを、
合わせもっている器です。


また、器の第一条件として盛り映えし、
料理をより引き立たせるため、
絵柄は、飽きのこなくてシックだけど、
個性的で、稲垣さんと一目で分かって、
同じ絵柄がない、一つずつの器です。

              甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

やきものの面取りも料理と同じ要領です

稲垣明子さんの主な土の仕事には、
先日ご紹介して練り込みと、
今日ご紹介する面取りがあります。

10inagaki0105.jpg
面取りカップ大 3,000円 径11cmH7.5cm

面取りは、お料理の野菜などの面取りと、
基本的には同じです。
面取りすることを念頭において、
ロクロで気持ち厚めに器を挽きだして、
手に持てて削れる頃合いを見計らい、
いわば包丁にあたるもので、
ザクザクと面をとります。

10inagaki0104.jpg
面取りカップ中 2,800円 径9.5cmH7.5cm

このザクザクという、
スピード感を感じられるには、
思い切りが必要です。
無謀ではなく、計算と経験です。
穴が空かないけどびくびくした面取りは、
スピード感がなく魅力に欠けます。
厚めにならないようにしながらも、
スムーズに面取られると、
リズミカルでダイナミックな、
彫刻的な表情が生まれます。

10inagaki0106.jpg
面取りカップ小 2,500円 径9cmH7cm

ご紹介しているカップは、
手の大きさや入れるものでサイズや、
使い方や好みで色や土味を選ぶのと同時に、
面取りが生み出す手に馴染む掌も、
一つずつで相性があるので、
セレクトのポイントです。

10inagaki0103.jpg
面取りカップ大 3,000円 径11cmH7.5cm

モダンでシンプルなフォルムですが、
使いやすい器なので、
マイカップとしてお茶やお酒から、
小付けとして料理やデザートまで自由な発想で、
いろいろ試してもらいたい器です。

              甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

組み合わせを楽しめる器

稲垣明子さんの器は、
器の組み合わせが自由に出来て、
組み合わせ方で違った気配になるのを、
楽しむ事ができます。

10inagaki0220.jpg
グレートーンプレート 2,000円 径13cm

その時に基本になるのがプレートです。
今日ご紹介するプレートは系が13cmほどの小皿です。

10inagaki0221.jpg
グレートーンフリーカップ角 2,800円 径8cmH8.3cmを、
組み合わせたみました。


この絵替わりの皿をカップと合わせると、
カップを引き立たせ気品を感じさせたり、
いつも以上のご馳走の予感をさせたりします。

10inagaki0222.jpg
同じプレートに、グレートーンフリーカップ大 2,800円 径8.5cmH8cmを
組み合わせてみました。


プレートと同じ絵柄の違うカップでも、
表情が変わり、それぞれに魅力的で、
甲乙付けがたく、組み合わせ方も、
結局は人それぞれの好みになるでしょう。

10inagaki0225.jpg
荒川尚也さんの四方杯 4,095円 径7.5cm 高さ9cmと
堀内繁樹さんの真鍮小さじ平 1,680円 L12.5cmのコラボです。


同じグレートーンの器ばかりか、
ガラスなどの異素材とのコラボも、
新鮮な盛りつけのイメージが浮かび、
きっと食卓に新しい広がりを生み出します。

10inagaki0226.jpg
巳亦敬一さんの新スキボール丸変形 3,360円
径8.5cm高さ6cmと
堀内繁樹さんの真鍮小さじ丸 1,680円 L12.5cmのコラボです。


同じガラスでも作り手による素材感の違いや、
フォルムの個性から、これもまた、
組み合わせに無限の可能性を楽しめますね。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

心和むふんわかフリーカップ

最近のタイトルはちょっとくどいですよね。
ご勘弁ください。
でも、タイトルで簡潔な説明をしちゃうくらいでないと、
くどいほどになってしまう甘庵のブログは、
なかなか読んでいただきにくいかと思うので、
タイトルと、画像をみていただくだけで・・・、
そう、あとランキングをクリックしていただければ、
もうありがたいことです。

10inagaki0205.jpg
左から、結晶釉フリーカップ 2,800円 径8.5cmH7cm
結晶釉カップ 3,000円 径7.5cmH6cm
結晶釉フリーカップ 2,800円 径8.5cmH7.5cm


でも、一部のやきものフリークな貴方のために、
いつものように、器好き甘庵のくどい熱い記事も、
しっかり書かせていただきます。

10inagaki0206.jpg
結晶釉カップ 3,000円 径7.5cmH6cm
一番小さいのに高いけど・・・・魅力的です。


さて、今日ご紹介する稲垣明子さんの器は、
先日お砂糖でくるんだようなと説明した、
結晶釉のフリーカップです。
ふつうの湯呑みぐらいの大きさの大小三点です。

10inagaki0207.jpg
結晶釉フリーカップ 2,800円 径8.5cmH7.5cm
中では大きめで華やかな色合いです。


ロクロ挽きは数作りではなく、
一点ずつ、ぐい呑みのように挽きだしているので、
フォルムも大きさも一つずつです。

10inagaki0208.jpg
結晶釉フリーカップ 2,800円 径8.5cmH7cm
繊細な文様で、稲垣さんの不思議な世界感があります。


下絵のようにして、仕込んだ文様のうえに、
薄く挽かれた素地よりも厚く施された、
マットな結晶釉が、しっかり焼かれることで、
溶けて下絵が滲みだしたり、
流れだしたり、キラキラする窯変になったり、
一つずつの景色は結晶釉の醍醐味です。

出番の多いマイカップとして、
お気に入りの飲みもので楽しんでいただけると、
器の楽しみが、より倍増することでしょう。

               甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

素肌美人な器

稲垣明子さんのグレートーンのシリーズは磁器ですが、
素地に質感や色合いが、
和の磁器の、染め付けや白磁や青白磁とは違い、
洋の磁器の数ある食器類にも、
見かけない素肌です。

10inagaki0193.jpg

大きなくくりでは、白ですが、
少し生成りというか、
淡く淡くグレーかかっていて、
この土独特の柔らかさがあります。

10inagaki0188.jpg
グレートーン 無地コーヒーC&S 4,600円

それでこの素地のシリーズを、
稲垣さんは「グレートーン」と、
呼んでいるのでしょう。

10inagaki0191.jpg
手がかりの良いハンドルとカップに際あたりは、
稲垣さんの素地の質感を感じ取りやすい部分です。


この素地の質感があっての、
シャープなフォルムであり、
象嵌の絵柄なのですが、
歯がゆいことに、直に手をふれ、
見ていただかないと、
ブログやHPでは、余りに微妙なニュアンスで、
お伝えすることが出来ていないと思われて、
毎回の個展で残念に思っています。

10inagaki0189.jpg
グレートーン 線文コーヒーC&Sスクエアー 5,000円

ファンの方は、
「真っ白で無いところがいいのよね」
「普通の磁器とは違った肌合いが素敵」
「和の土ぽい器のなかで、浮かない、負けない、質感をもつコーヒーカップ」
など、気に入ってくださっている、
基本にこの素地の質感があります。

10inagaki0190.jpg
グレートーン コーヒーC&S 4,600円

WEBの世界がかなりリアルになっても、
見る方が今まで見たことやデータにないことを、
お伝えするには、もっともっと、
発信側の努力が必要だと、実感しています。
            
             甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

お砂糖でくるまれたようなマグ

稲垣明子さんの磁器の仕事は、
グレートーンと読んでいる線文象嵌の器と、
柔らなマットな質感の結晶釉の器の二種類です。

10ingaki0179.jpg
ブルーグレー

今日は、結晶釉が施されたマグをご紹介します。
これデジカメでの撮影泣かせなんです。
ピントが合いにくい。
デジカメ君のマイコンにも判読しにくい、
焦点があっていてもあっていないような、
ソフトフォーカスな質感なんです。

10ingaki0180.jpg

マニュアルでピントあっているはずでも、
やっぱりふわ~っとしてます。
ちょっとあれに似てます!
お砂糖と卵白を溶かしてお菓子とかを、
コーティングする・・・・アイシングだ!

10inagaki0186.jpg

ドーナツとかに掛かってて、
どん~んと甘いのがやめられない・・・。
ちょっと違うけど銀座曙の杏の砂糖掛けしたのも、
甘くて酸っぱくて・・・。
おほん。話しを戻しまして。

10ingaki0182.jpg

稲垣さんの結晶釉は、
実は二つの表情を作り出せますが、
多くの器は、ご紹介しているマグのマットな質感です。
この下絵(今回のは銅系の淡い赤、ピンク)が、
白いマットな釉薬の膜に覆われて、
よりふんわりと柔らかな質感に見えます。

10inagaki0185.jpg

このマグでゆっくりティブレークすれば、
とがっていた神経もやんわりふんわりと、
穏やかになれるかもしれませんね。

               甘庵

ランキング下がり気味です。
もっと、たくさんの人に器の楽しさを伝えたいと思っています。
ぜひ、応援クリックをよろしくお願いいたします。。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

入れ子になる鉢

稲垣明子さんの器は、
スタイリッシュでフォルムが綺麗ですが、
デザイン優先にありがちな見かけ倒しではなく、
使ってもらうと、使い勝手が良くできています。

10inagaki0081.jpg
グレー平ボール小 2,800円
径10.5cm H5.5cm


とはいえ、万能過ぎる器はそれもまた面白みに欠けます。
稲垣さんの器はデザインを活かして、
器として機能的でありながら、
盛り映えして、収納性の高い器を、
心がけているのが良く分かります。

10inagaki0082.jpg
グレー平ボール中 3,800円
径12.5cm H6cm


今日ご紹介する平ボールのシリーズは、
人気が高く、長く作り続けている器です。
見込みが平らで、プレート的に盛りつけができ、
同時に汁ものもゆったり受け取れます

10inagaki0170.jpg
一番下:グレー平ボール大 3,800円
径14cm H6.5cm


重ねるつもりなら、5客までは自然に重なります。
一客ずつ使いたい時には、基本の大中小の2種を重ねると、
しっかり入れ子になります。
収納性だけではなく、収納時の美しさも大切ですね。
器好きには、ちょっと惹かれれしまう点です。

10inagaki0171.jpg

線ぼり象嵌の線文が基本の絵柄も、
原則絵替わりで作られてきて、
必要な客数を選ぶ時に楽しみで、
買い足すときには、また新しい絵柄に会えます。

                 甘庵

ランキング下がり気味です。
もっと、たくさんの人に器の楽しさを伝えたいと思っています。
ぜひ、応援クリックをよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

マーブルクッキーみたいに作ります

稲垣明子さんの仕事は、
まとまりすぎているところがあるせいか、
ディテールを見ないと、手仕事らしさを、
見過ごしている方も見かけて、
甘庵はついつい余計な説明をしてしまいます。
この○○暑いのに、熱いオヤジの説明は、
ご迷惑かとおもうのですが・・・・。
少しずつ細かな作れた方や見所を、
お話ししてみます。

10inagaki0164.jpg
左:練り込みボウル N-2  3,800円
径9.5cm H9cm
右:練り込みマグカップ N-6  3,800円
径8.2cm H8.2cm 


今日は練り込みの器のお話し。
「練り込み」というのは、
素地に金属などを混ぜ込んで色違いの素地をつくり、
二色以上の色違いの素地を練り上げたり、
組み込んでいき、素地に色による文様を作る、
伝統的な手法です。

10inagaki0166.jpg
釉薬の施されていない高台内にも、
練り込み素地が見えています。


稲垣さんの練り込みはそう複雑な文様を狙ってはいません。
ロクロの上に何色かの素地を荒く混ぜて乗せて、
そのままロクロで器と引き上げることで、
素地にナチュラルな文様を作っています。
そこに、結晶釉などの釉薬を施すことで、
表情がきつくなりがちな練り込みを、
より自然な表情にしています。

10inagaki0167.jpg
練り込み盃 左から、
3,000円 径6.7cm H4.3cm
2,000円 径7cm H5.5cm
2,000円 径7cm H3.5cm


稲垣さんの練り込みの器としての魅力は、
その素地と溶けあう流れるようなフォルムです。
腰から端と伸びやかに流れ、
稲垣さんらしいシャープな口作りに至ります。

10inagaki0169.jpg
見込み内は、外とはまた違う景色になることもあります。

窯変とは違いますが、
ロクロの上でなり混まれて出来る文様は、
どれも違いをみせ、同じ物はなく、
一つずつ出来上がることを、
由として作りあげていく器です。
選び、使って頂く方との、
良い出会いがあって、はじめて器が完成します。
今回も良い橋渡しをしたいと思っています。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

価格も腕の内

甘庵はよく、器の作り手の見所の一つとして、
「価格も腕の内」とお話ししているのですが、
稲垣さんがわかりやすい良い例になる器を、
今回も出品してくださっているのでご紹介してみます。

10inagaki0086.jpg
グレータタラ長皿小 3,800円 W31.5cm D14cm H2.3cm

新作です。
長皿小とありますが、大きいです。
今年の不漁で小振りのサンマでは、
2匹ぐらいは乗せないと・・・。
と、言うくらいに大きいです。

10inagaki0158.jpg

この大きさで3,800円です。
しかも駆け出しの作り手ではありません。
仕事の内容も、一枚ずつ柄違うにしてあり、
描かれた線文は、筆書きではなく、
まず、細くとがったもので線彫り、
そこに絵の具を入れ込む、
象嵌といわれる方法です。

10inagaki0087.jpg

グレーのすこし入った白い素地に、
細くサッパリとした線文でも、
強く立体的に浮かび上がります。
10inagaki0088.jpg

手書きには決してでない線文であり、
ましてや、量産のプリントとろは、
存在感や質感の点で、まったく別の存在です。

10inagaki0089.jpg

和の皿であり、洋のプレートである、
不思議な気配も、盛りつける料理が幅広く、
磁器で丈夫で、使い勝手の良い器なのは、
長く使ってくださる多くのファンが裏付けています。

                 甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

稲垣明子さんの個展がはじまりました

今年は記録的な猛暑が続き、
残暑が、ことのほか厳しい毎日ですが、
皆さんおかわりありませんか。

10inagaki_0065.jpg

甘庵は久々に夏風邪にかかったのか、珍しく発熱。
いつものように店を休んでの模様替えも、
荷ほどきがやっとで、ひたすら睡眠。よく寝ました。
おかげさまで今日からは通常業務で、頑張ります。
・・・・が、休み中の予定がこなされていないので、
HPの会場と作品が見えるページが、
ちょっと遅れるかもしれません、ご容赦ください。
追記:18:00PM HPの会場と作品がみられるページが、アップできました。

10inagaki_0066.jpg

さて、今日からの稲垣さん。
作品はしっかりレイアウトされて、
今回も素敵な作品と出会っていただけます。

10inagaki_0068.jpg

今回は、基本のグレーントーンが主力で、
凄く魅力的な新作が多くあります。
それは明日からのブログで少しずつご紹介させていただきます。
お楽しみなさってください。

                 甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

FC2Ad