うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

渋さの中にある華やかさ

藤田佳三さんは、赤絵や安南手が人気で、
同じ絵付けでも、少し渋いためか、
古いファン方には人気ですが、
目立たない感じになっているのが、
絵粉引の器です。

10fujita0778.jpg

10fujita0777.jpg
絵粉引7寸鉢 17,850円
径21cmH6.5cm


甘庵個人としては、とても好きな器です。
粉引掛けの上に、鉄と銅の下絵が、
品良く、力強く描かれていて、
静かな華やかさを盛っています。

10fujita0779.jpg

茶や黒の線描はベンガラ(酸化鉄)で描かれ、
実や花の赤茶はタンパン(酸化銅)で描かれています。
安南手の絵の具の呉須や、
焼き上がった釉薬の上に描く赤絵のベンガラほどには、
筆が走りにくく、絵柄全体が、
素朴でいて、力で描く部分が感じとれて、
安南手や赤絵とはまた違う趣があります。

10fujita0780.jpg

食材や料理を選ばず盛り映えがして、
丈夫で使い勝手がよく、
使う事で少しずつ侘びて行く要素は、
器好きにはたまりません。

                 甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

S社の「濃いお茶」でなくても・・・

TVコマーシャルを無意識に見ていて、
「ああ~藤田佳三さんの器だ」とか、
「藤田さんの器みたい」と言うことが、
結構あります。

後で伺うと、やはり藤田さんの器で、
ご本人が使われる経緯を知っていることもあれば、
TVを見ていて「あっ」自分の器だと思うこともあるそうです。

10fujita0771.jpg

そんな中で、しっかりお話しがあって採用されているのが、
「粉引汲み出し」です。
サントリーさん「伊右衛門」の濃いお茶のコマーシャルで、
発売当初から使われていて、未だ頻繁に登場します。
WEBサイトで検索したみたら、「伊右衛門」のトップページの、
スライドから登場しています。
http://www.suntory.co.jp/softdrink/iyemon/?fromid=topmain
ムービーでご覧になるなら、「味わう夫婦篇」で。
http://www.suntory.co.jp/softdrink/iyemon/brand/cm/archive_2009.html

お茶を主人公にしたコマーシャルですから、
見た目にも最大限にお茶の味わいと引き出せる、
藤田さんの粉引汲み出しが選ばれたのでしょう。

10fujita0772.jpg
粉引汲み出し 2,100円
径9.6cmH5.6cm


銀花でもよくこの汲み出しを使っていて、
S社のお茶ではないのですが、
お茶をお飲みになったお客さまからも、
掌の良さ、口当たりの良さから、
要望されることが多い器ですが、
人気でいつも在庫がなくて、
申し分けない状況です。

10fujita0773.jpg

今回の個展には、多く届いたのですが、
お待ちかねていたお客様も多かったために、
大分少なくなってきています。
気になる方は、お早めにどうぞ。

              甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

とんな使い方にも対応します

藤田佳三さんの安南手は人気があって、
今回の個展でもずいぶん色々なアイテムが、
とどいたのですが、ずいぶん減ってきています。

10fujita0764.jpg
安南手舟形鉢 4,725円
W27cmD11cmH5.5cm


ご紹介したかったものもあったのですが、
やはり少しでも在庫のあるものをご紹介しないと、
おしかりを受けそうなので、
きょうは、まだ辛うじて残っている、
人気の安南手舟形鉢をご紹介します。

10fujita0763.jpg

何を持って頂いても、
盛り映えしますし、
丸い器がが多い中で、
楕円の形が食卓に変化がつき、
しっかり焼かれているので、
電子レンジでもオーブンでも、
色々な意味で多才な器で、
様々な使い方に対応できるものです。

10fujita0762.jpg

天然の木灰で調整された灰釉が、
高温でとけて、達者な絵柄が滲みだしているところが、
安南のお約束の見所です。
茶人や先人たちが見いだした、
和の美意識のもと、面面と受け継がれた手法ですが、
現代の食卓でも、さらにその実力を発揮できています。

                    甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

やっぱり藤田さんの器には華があります

ご紹介する赤絵の七寸皿を、
少し近くによって、じっくり見ると、
手が掛かっている、
でもスピード感のある筆遣いの、
丁寧な絵柄が楽しめます。

10fujita]0753
赤絵七寸皿 7,875円 径22cmH3.5cm


それを甘庵流に一口にいってしまうと、
「華があります」
華やかですが、ケバイところがなく、
とても上品で雅です。
京都で生まれ育った、
藤田さんの感性が十分に活かされていると思います。

10fujita0754.jpg

昨日藤田さんに教わったのですが、
見込み中心部の細部をみてみると、
花の中央に鳥が描かれています。
じっと見ても、曖昧にみていると、
気づかないかもしれない、
花と同化している、小さな鳥は、
ハチドリでしょうか。

わざとわかりにくいように描いているように思えます。
これが、藤田さんらしいお茶目な部分です。

10fujita0755.jpg

皿の縁取りにも、華やかな唐草調の草花文が、
丁寧に描かれていて、
手に取って長く眺めていても、
飽きることなく、気持ちが華やかになっていきます。

こんなに華やかに描かれている赤絵七寸皿ですが、
不思議なくらいに、料理を引き立てて、
盛り映えがするのも、さすがに器作りの上手い、
藤田佳三さんならではです。

                甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

やっと個展会場らしくなりましたが・・・

やっと個展会場らしくなりましたが・・・
皆さんにご心配をお掛けしましたが、
2時少しまえに藤田さんが銀花に到着して、
さっそく、お待ちになっているお客様たちの、
熱い視線のなか、ダッシュで荷ほどきして、
ささっと並べる・・・・そばから、
おかげさまで、出来たてほやほやで、
売れていくものも・・・。
ありがたい事です。
10fujita0697.jpg

10fujita0715.jpg

10fujita0702.jpg

先ほど少しお客様が途絶えたすきに、
ばしばしっと、ざっと撮影しまして、
ばんばんばんと加工して、
画像のみですが、HPにアップいたしました。
ご覧になってみてください。

             甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

おまちどおさま藤田佳三さんの個展です

多くの方が楽しみになさって、
お待ちいただいていたと思います。
藤田佳三さんの個展がいよいよ始まります。

10fujita0594.jpg

10fujita0589.jpg

藤田佳三 華のある普段器 展
11月26日(金)~12月13日(月)
11/23(火).24(水).25(木).12/1(水).8(水)はお休みです
最終日は18時までです

人気の赤絵や安南手や、
使うほどの味わいが出る絵粉引や粉引など、
盛り映えがして使いやすい、
藤田さんの普段器です。
新作や手を加えた器がいっぱい届き、
今年もたっぷり楽しませてくれます。

10fujita0590.jpg

10fujita0596.jpg

初日開店時間はいつものように11時ですが・・・。
1つでも多く持って来てくださろうと、
ギリギリまで窯焚きをして、
当日朝に届くので、
開店時はかなりバタバタしてしまうかもしれませんが、
その時には、どうかご了承ください。

                甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

ひょうきんな表情の皿

ご紹介する武井順一さんの両手付皿は、
両手を感情を表現する満面の笑顔にみえる、
ひょうきんな表情を持つ皿です。

10takei0683.jpg
両手付皿 25,200円
山桜 拭き漆
W35cmD23cmH3cm


この皿の両手も、削りだしていて、
皿からはえているようで、
力強くてしっかりしていて、
とても動きのある表情だから、
そう見えるのかもしれません。

10takei0684.jpg
少し角度を変えてみると、ほら違う笑顔になります。

それに、左右非対称で、
そのために正面の位置を反転させたり、
見る角度が変わることで、
違った笑顔になります。

10takei0685.jpg
一枚目の画像の反対側、こちらも良い笑顔です。

左右のハンドルは、
アニメのキャラに出てきそうな表情を見せて、
手のようにも、髪にもみえます。

10takei0532_20101122100951.jpg
可愛い手のようにも、結んだ髪にもみえます。

器としての両手はバランスがとれていて、
持ちやすく使い勝手が良く、
そこに、プラスαの味わいを、
生み出しているところが、
さすがに武井さんらしい器です。


              甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

武井順一さんの心象風景

ご自身のブログの中でかつて、
武井さんの林の中のイメージを形にしたいという、
以下の記事かありました。

10takei0664.jpg
文箱 84,000円
ホウ 拭き漆
W37cmD26.5cmH11cm


林の中
ある時、林の中をイメージした何かを作りたいと思い、
たくさんスケッチしました。
林のなかの空気を描いてみたいと思ったのです。
林の中に流れるモヤのようなもの、
それが自分を包み込んで・・・

10takei0665.jpg
立体的に続く林は、3Dな彫りです。

形になって「文箱」としてご覧いただけます。

10takei0667.jpg
反対側は遠景になっていきます。

表と側面に続くのは、
林の幹や枝に流れるモヤの構図は、
静寂に包まれた幻想的な林です。

10takei0668.jpg
基本は、しっかり作られた指物の箱です。

深い重なりのフタを開ければ、
しっかり作られた、文箱が表れます。
両紙や文具をしつらえて、
文机の片隅に飾られれば、
それは充実した書斎になることでしょう。

              甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

森からのめぐみ

武井順一さんが作る木の器は、
その大半が、生まれ育った軽井沢を中心にした、
地元の材木を使っています。

10takei0682.jpg
朴葉形皿 52,500円
ケヤキ 拭き漆
W38cmD20.5cmH4.3cm


古い材木屋さんの片隅で出会うこともあれば、
樹皮のついた丸太の時もあり、
民家の梁や柱など古材を頂くこともあるそうです。
それらは全て、信州だったり北関東の森のめぐみです。

10takei0681.jpg
本当の朴葉のようは立体感のある皿を裏に返すと、
確かにケヤキ材だと実感します。


作り出すイメージや生み出すパワーも、
緑多い環境の中での暮らしから、
インスパイヤーされている気がします。

10takei0680.jpg
見る角度ごとに違う表情を楽しめるのは、
自然の造形を写しとれている証しですね。


今日ご紹介する「朴葉皿」も、
幼いころに遊んだ森の中や、
日課のワンちゃんとの散歩の途中で、
心地良さの中で、何気なく目にしていて、
武井さんの心象に刻みこまれていたからこその、
作品だとおもいます。

10takei_0682.jpg
ケヤキの木目も、ディテールの葉脈一本ずつからも、
森のめぐみを感じとれます。


四季折々の森の香りや、
夏の濃い緑からの木漏れ日や、
カサコソいう秋の音などが、
この朴葉形の大皿から伝わってきます。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

身だしなみのアイテム

武井順一さんの個展も終盤になりました。
まだまだご紹介した作品が多く悩むところですが、
今日は手鏡を2点ご紹介します。

10takei0650.jpg
うさぎ文様手鏡 18,900円
 ウールナット 拭き漆
L25cmW11.5cmD1.5cm


鏡の部分は機能として鏡がはめ込められている点では、
特別ではありませんが、
全体としてのフォルムや、柄の部分に、
彫りあげられた装飾は、雅で貴族的で、
心豊かな身だしなみを感じてしまうのは、
手鏡に縁がないからの幻想でしょうか。

10takei0653.jpg
植物文様手鏡 25,200円
ホウ 拭き漆
L32cmW12.5cmD1.5cm


鏡には何か不思議な力がありそうで、
こうした個性あるフレームに納まった鏡は、
変身の魔力を秘めているかもしれませんね。

10takei0662.jpg
並べると採種の色や質感の違いが見えます。

この手鏡2点も、ウールナットとホウという、
それぞれの素材を活かして仕上げられています。

10takei0651.jpg
ウサギの表情までみてとれます。

月の見上げているのか天空に向かって伸び上がるウサギが、
心地の良い握りにもなる柄になっていますが、
裏には壁掛けに出来るな彫り込みもあります。

10takei0654.jpg
1.5cmの厚みに彫りの中に、立体感のある直物の息吹を感じます。

滑らかで緻密な木目を品良くしあげた手鏡は、
萌え出す枝ようにも、実から芽が出たようにも見えます。
こちらも、壁のかぎ釘に、柄の穿った部分を掛けるか、
穿った部分に紐を通して掛けることで、
壁に掛けることもできます。

優雅で楽しい道具でも、
暮らしのなかで使う事を、
しっかり意識したモノ作りが、
武井さんらしさでもあります。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

ふたものの醍醐味は開ける楽しみ

今日は武井順一さんの茶入れ2点をご紹介します。
画像ではわかりにくいかもしれませんが、
円筒ではなく、楕円筒に仕上げられている、
ヤマザクラとヒノキのそれぞれの材種を活かした茶入れです。

10takei0580.jpg
左のヤマザクラはフタの中心から放射状にしのぎ目が彫られています。
右のヒノキはリズミカルな刃後が心地よいテクスチャーになっています。


煎茶の保存を優先して、
プラスティックの密閉容器にいれて、
冷蔵庫や冷凍庫へ入れる方もいますが、
保存にはいいかもしれませんが、
嗜好品のお茶をいただくときの、
アイテムとしては、なんだか寂しい限りです。

10takei0648.jpg
上から見ると楕円筒なのがわかります。
見込みも深く、むだなく彫られています。


ゆったりした時間を過ごす時、
心穏やかにお茶を楽しむには、
お気に入りの茶器が大切です。
急須や土瓶や茶碗や湯呑みを、
自分好みにしたなら、
茶入れもぜひ自分好みに。

10takei_0516.jpg
山桜茶入れ 16,800円
ヤマザクラ 拭き漆
W9.8cmD9.2cmH10cm


この茶入れは、煎茶葉以外にも使えそうです。
紅茶や、コーヒーも似合いそうです。
そしてなにより、開ける感触が素敵なんです。

10takei_0649.jpg
山桜茶入れ 15,750円
ヒノキ 拭き漆
W9.8cmD9.2cmH10cm


木の塊を刳りぬいて、フタと身を合わせる、
印籠部分など丁寧に作られたふたものは、
手にして、開けるときに、
作り手のモノを作る姿勢や、
人柄まで分かる気がします。

ふたものを良く作られる武井さんの茶入れは、
使い勝手を考えた力強く使いやすいディテールと、
使う楽しみを大切にしたフォルムを、
兼ね備えていて、日々の茶事を、
心豊かなものにしてくれるアイテムです。

               甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

一度使うとやめられない木の匙

荻窪銀花のお客様の、ある高齢な婦人が、
「年を重ねると軽い器が使いやすくなってきて・・・」と、
手持ちの軽い器を望んでいて、
自分の器を漆の碗や鉢になさっていき、
合わせる匙として漆器に優しい、
武井順一さんの木の匙を選んでくれました。

10takei0619_20101116104243.jpg
さじ大 4,935円
ヤマザクラ・ウールナット 拭き漆
L20cmW4cm


10takei0620_20101116104624.jpg
さじ大 4,935円
ヤマザクラ・ケヤキ 拭き漆
L18~21.5cmW4~4.3cm


大変気に入ってくださった後日談として、
「外出したときに、金属のスプーンでスープを頂くと、
スプーンが熱いのに閉口します」と伺いました。

10takei0643.jpg

口当たりの柔らかさと、温度の変わらない素材の、
木のスプーンを使い出すと、
金属の箸より木の箸が心地よいと、
思う人が多いように、
使い心地に魅了される方が多いです。

10takei0646.jpg

ご紹介している画像の匙は、
平均的なディナースプーンほどの大きさです。
丁寧に仕上げられたすくう部分の大きさや深さ、
柄との角度や納まりなどは、
際だった個性や主張をしていません。
それは、口に運ぶ器(搬器)としての、
機能をまず第一にしているからです。

10takei0644.jpg

その上で、1つずつの木の材種による、
表情や木目の違いをいかして、
柄や、全体の構成をまとめています。
結果として並べてみると、
1つずつの個性ある匙が、
楽しい姿を見せてくれます。

10takei0645.jpg

自分の感性とぴったりな一本と出会っていただけて、
マイスプーンとして一度使うと、
やめる事が出来ないのが木の匙の魅力です。

甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

トリミングされた自然

武井順一さんは、木を彫り削り出して、
匙、器から家具までの作品を生み出していますが、
常に敬意をもった視線で、木を見つめています。

10takei0637.jpg
山葡萄蔓花入れ 52,000円
ヤマブドウ 拭き漆仕上げ 落とし銅
W27cmD11cmH65cm


いつもニュートラルな視点で、
加工する技に頼るような不遜なところがありません。
人柄のまま紳士な姿勢で木と会話しながら、
作り出しているとぼくは感じています。

10takei0638.jpg
立体的な造形は見る角度で違う表情をみせてくれます。

今日ご紹介する花入れは、
ヤマブドウの蔓をそのまま活かして、
エネルギッシュに巻き上げる生命力を、
そのままにトリミングした作品です。

10takei0639.jpg
素地のままの色の薄い壁に引っかける部分は、
同じヤマブドウにねじを埋め込み、
壁にねじ込むことができてフックになります。


ヤマブドウの姿を楽しむだけではなく、
これまた虫食いのケヤキをいかして、
有機的な造形を削り出して、
銅の落としを組み合わせて、
花入れに仕上げて、暮らしのなかで使う事で、
より楽しめる作品にしています。

10takei0640.jpg
ケヤキの花入れの端部はきゅっと曲がった形で、
蔓の隙間に入り混ませているだけなので、
花をいけるのに安定していますが、取り外せます。


こうすることで、トリミングされた自然と、
武井さんの木の仕事のコラボレーションになっています。
作り手で有りながら、ディレクターの力も発揮した、
武井作品です。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

バケットも良いけどオードブルだって

武井順一さんが昨日今日と、
軽井沢からバスで通ってくれています。
世の中便利になったものです。

生まれも育ちも軽井沢の武井さんから、
軽井沢の今昔話しを伺っていて、
いつも思うのは、モダンな文化が根付いているところです。
それは、武井さんの作り出す作品にも、
しっかり反映し浸透していると、
納得することが多いです。

10takei0632.jpg
パン皿 15,750円
ホウ・マユミ 拭き漆
W48cmD16cmH5cm(h1.5cm=皿厚)


今日ご紹介するパン皿。
同世代のぼくは東京生まれすが、
子供のころは、甘い生地のパンが主流で、
フランスパンなどは特別なもので、
普段口にするのは中学、高校のころになってでした。

10takei0633.jpg
皿の外周の楕円と削り込みの楕円のズレが良い感じです。

このパン皿の形は、
明らかに、パンは長い、堅い、パリとした、
しょっぱい系の・・・バケットみたいな、
イメージが基本にあると思います。

10takei0634.jpg
裏面の線彫りは、反り留めを兼ねていますが、
手がかりにも、滑り止めにもなっています。


パン皿ですが、普通の食器として、
長い形をいかして、八寸皿みたいに前菜や、
肴を3点盛りや、長い姿の食材を盛りつけててもと、
工夫するのが楽しそうです。

10takei0635.jpg
輪と受け材は、縦横の方向に強いから輪に削りだせるマユミ材です。
本体はホウ材です。


ディテールを見てもお洒落な皿で、
マユミ材で作られた輪にも感心させられます。
日常で使えば必ず楽しくなる、
持っていることが幸せになる器です。

             甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

手から生まれた楕円形

先日、武井順一さんの器には、
丸よりも楕円が多いお話しをしました。
鉢などはロクロで引き出すことで、
綺麗な円形が削りさせます。
手で彫っても、丸くできない訳ではありあませんが、
手だからこそ生み出せるフォルムとして、
意図的に少し歪ませたり、楕円にしているそうです。

10takei0628.jpg

今日は、武井さんの楕円の作品として、
楕円皿を2点ご紹介してみます。

10takei0626.jpg

10takei0627.jpg
クリ楕円皿 25,200円
クリ 拭き漆
W41cmD18cmH3cm


栗らしいやんちゃな木目で、
入り組んだ地形の等高線のように、
複雑で神秘的な木目を見せてくれています。

10takei0629.jpg

10takei0630.jpg
ケヤキ楕円皿 31,500円
ケヤキ 拭き漆
W36cmD16.5cmH3.3cm


こちらのケヤキは、
伸びやかでいて、重厚なケヤキらしい木目が、
楕円の皿をよりゆったりした表情にしています。

楕円皿は、乾いたお菓子などから、
煮汁やソースかかる料理まで、
自由にお使いいただけて、
丸い皿とは違う、盛りつけの演出が、
楽しい形の皿です。

10takei0631.jpg

拭き漆仕上げですので、
柔らかいスポンジと中性洗剤で、
普通に洗ってください。
しいて手入れとすれば、
洗った後、早目に柔らかいタオルなどで、
良く水分を拭き取ってください。

工夫なさって、いろいろな用途に使ってください。
使う事で、器の器も艶やかになり、
暮らしの中に馴染んでいって、
活き活きしてくるはずです。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

両手で持ってちょうど良い大きさの鉢

今日ご紹介する山桜両手付器は、
今年の武井順一さんの個展の中では、
一番か2番目の大きさの鉢です。

10takei0579.jpg
山桜両手付器 50,400円
ヤマザクラ 拭き漆
W36cmH25.5cmH11.5cm


抱えるほどの大きくはないのですが、
両手でもっても、しっかりした重量感がある、
たっぷりしたボリュームの器です。

10takei0624.jpg
見込みは照明が映りこむほど艶やかな仕上がりです。

両手でもっても、
外側や取っ手の刃の後をなでても、
丁寧に仕上げられた見込みに触れても、
ヤマザクラの持つ緻密な素地や、
重量感と堅さを感じると同時に、
木材ならではの温かみや柔らかさも感じとれます。

10takei0621.jpg
凛とした美しいフォルムですが、優しい穏やかな表情も兼ね備えます。

堅い木と切れる刀とのと会話といっていい、
刃後が生み出す、緩やかでいてシャープな、
フォルムは美しくリズミカルです。

10takei0622.jpg
手がかりも良い、使い勝手の良いハンドルです。

木の塊から削り出した手は、
先日ご紹介したスープカップのハンドルとも共通する、
武井さんも特徴が良く出ている部分で、
この器の見所でもあります。

果物を盛っても、花を活けても、
サラダボールにしたり、
鍋の材料を盛る器としてつかったら、
本領を発揮することでしょう。
でも、普段は目に届くところの置いて、
このゆったりした存在感を、
触れることで楽しみたい器です。

              甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

宝物になる自分だけの匙

武井順一さんは、持ち上がらないような、
大きな木の塊から、格闘するように削り出す、
まさに力強い大作や、椅子など、
大きなものも、だた力で削り出した仕事ではなく、
緊張感のある一発仕事は、
常に木と会話をしながらも、
納まりの隅々まで、刃あと1つまで、
心がこもっている、温かさがあります。

それはきっと、小さな作品も良く作り、
細やかな視点で力を注ぎ、
木のささやきを聞き逃さない鍛錬を、
重ねているからだと思います。

10takei0617.jpg
中さじ 3,150円 ヤマザクラ 拭き漆
左から3本:L16.5cm
右から2本:L18cm


逆に、今日ご紹介する匙などは、
サイズは小さくても、
大きな仕事をする時に得た、
力強さを感じとることができます。

木を読み、木を見て、木の語りを聴き、
常に木と会話をしながら、一刀一刀を彫り、
木の器を生み出しているからです。

10takei0618.jpg
中さじ 3,150円 ヤマザクラ 拭き漆
左から1本目:L18cm
左から2本目:L15cm
右から3本:L16.5cm


同じ形の匙も作りますが、
出会うたびの木の木目や質感で、
それぞれ1つずつの魅力を見せてくれます。

よく生まれたお子さんのプレゼントに匙と贈りますが、
武井さんのこのサイズの匙がお薦めです。
自分で持って食べる時の、
木の持つ持ちやすさ、
プラスティックでも金属でもない、
木の持つ優しく温かい質感、
たとえば、かじってしまっても、
無害な安心感など、木の匙はベストです。

              甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

気がつけば年月が・・・プロフィール改正

ブログの右側バーにある、
うつわ屋甘庵のプロフィールを、
一カ所改正しました。

いえ、甘庵の中身が変わってのではなく、
世の中に対応できたり、変わる事もできずに、
時間だけが経ってしまっているためです。

10ginka0616.jpg

ブログを書きだして、
気づけば5年半になろうとしています。
なので、プロフィールにある、
「気づけば四半世紀が過ぎ」が、
「気が付けば三十年が過ぎ」と、
なっていたので改正しました。

さすがの脳天気でも弱気になるこの頃の世の中では、
「時間だけが過ぎていく」と、
憂いるともあったりしますが、
器好きのお客様がきていただけたり、
気持ちの嬉しい作り手と話すと、
それも瞬間となってしまい、
学習することなく、また時間だけが、
過ぎていきそうです。

プロフィールを書き換えたのですから、
うつわ屋として、器好きの心意気だけは持ち続けて、
橋渡しに努めて行くことにします。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

手で彫るからこそ生み出せる形

武井順一さんの器には、
楕円の形が多く見られます。
そこには、武井さんの手で彫るからこその、
手だからできる、手仕事らしい、
手のパワーを活かした仕事を、
意識し、目指しているのだと思います。

今日ご紹介するヤマザクラを刳りぬいた、
舟形器は、力強く優雅なフォルムの、
武井さんらしい器です。
10takei0514_20101109103539.jpg
舟形器 58,800円 ヤマザクラ 拭き漆
W41.5cmD18cmH14cm
]

両手で抱えるのに程よい大きさの鉢は、
ヤマザクラの堅い材質感が力強く伝わり、
切れる刀の刃後が掌に心地よく、
ゆったりした楕円の造形は、
自然がうみだしたかのように思えるほどに、
生命力と存在感を感じとれます。

10takei0515.jpg
ヤマザクラの木目が美しく艶やかな見込み。

刃後がパワフルな印象の外側とは対称的に、
見込みは丁寧に仕上げれてて、
穏やかな木目の美しい滑らかな表情は、
緻密で堅いヤマザクラ材の持つもう一面の、
持つ優しい柔らかさを引きだしています。

10takei0614.jpg
関節のあるサラダサーバーは次の機会にご紹介します。

存在感のある美しい姿は、
調度品として飾れば、
空間を楽しませてくれるアイテムなるでしょう。
でも、器好きの甘庵としては、
この器に似合う、武井さんのサラダサーバーを添えて、
たっぷりサラダを食べる幸せを、
想像しては、パブロフの犬を実践しています。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

二度美味しい 箱だけど彫刻

武井順一さんは箱やふたものがお好きなのか、
毎回の個展には大小の箱やふたものが並んで、
「見て・触れて・開けて」を、楽しませてくれます。

10takei0605.jpg
女性箱 23,100円 ヒノキ・カツラ 拭き漆
W11cmD7.2cmH25cm(楕円箱W9.6cmD7.2cmH8.5cm)


今日は今回の個展から、
箱に装飾の女性像が乗っているのか、
女性像の台を箱にしているのか・・・。
機能として箱は見事に作られている上に、
女性像も小振りですが、
優雅で伸びやかな動きのある木彫に仕上がっています。
どこかのキャラメルのコピーではありませんが、
「一粒で二度美味しい」感の箱です。

10takei0606.jpg
見る角度で違う表情が楽しめて、
やはり木彫としての存在感を感じます。


女性像は、ヒノキ材で作られ、
箱部分はカツラ材から彫り出されています。
一木から作る事の多い武井さんですが、
2つの要素と機能を持つこの箱には、
材質それぞれの良さを活かして、
材種を選定しています。

10takei0607.jpg
無駄なく彫られた楕円箱の見込みは、
W7.5cmD5cmH5.7cmで、
フタの彫り分を合わせて内部の高さは6cmほどです。


画像が少し黒いのは、拭き漆の仕上がりから、
まだ時間が浅いからです。
この後、半年一年と急に漆が透けていき、
全体に明るくなり、木目も見えてきて、
それぞれの木肌や色合いを見せてくれます。
心豊かになって、使う事が楽しめる箱です。
           
                 甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

スープの温かさがご馳走

武井順一さんらしい器をご紹介します。
人気のスープカップ・スプーンです。

10takei0549_20101107115829.jpg
スープボウル・スプーン 山桜 拭き漆 15,750円
W35cmD15cmH6.8cm スプーン:L12cm


緻密で堅いヤマザクラを丁寧に刳りぬいて、
作り出された、滑らかな見込み、
持ちやすく安定するハンドルも、
付けたのではなく、本体と一緒に、
1つの木の塊から削り出されています。
セットのスプーンも使いやすく、
収納しやすいサイズに工夫されています。

10takei0553.jpg

スープが冷めないのは木の器の最大の利点です。
スープ以外にも、鍋物の取り鉢にしたり、
雑炊やおじやを食べるときにも、
いつまでも冷めないので、
上あごのヤケドに注意しないといけません。
温かさがご馳走になるこれからの季節に、
お薦め出来る、人気の器です。

*ご紹介しておきながら、
今回届いたものが完売になってしまいましたが、
お時間をいただければ、注文を承れます。

                   甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

遊びゴコロのハンガー

武井順一さんの個展二日目の今日も、
お出かけ日和の心地よい秋晴れです。
ぜひ散策ついでのお立ち寄りください。
楽しい作品がいっぱいですよ~。

10takei0521.jpg
ハンガー 25,200円 ホウ 拭き漆
W46cmH27cm


武井さんの作り出す器や道具は、
しっかり使い勝手が良く実用的でありながら、
使う事でほっとする「温もり」をくれます。

10takei0602.jpg
くったくない笑顔がいいんです!

でも、今日ご紹介の「童子ハンガー」は、
う~ん。
使うという点では、きちんとして洋服には、
問題ありな・・・・でも、
遊び心がいっぱいで、
ハンガーを見せたいというか、
壁飾りとして掛けておきたい。
つまり、ハンガーの形をしている、
木彫なんです。

10takei0603.jpg
足も指先までのびのび彫られています。

この無駄のような遊びゴコロが、
なんだか武井さんの中の童心を感じさせます。

10takei0604.jpg
フックも木で彫られていて、ちゃんと回ります。

心地良さそげに、横になる童子の姿は、
雲の上に横になっているように、
見えてしかたない甘庵です。

             甘庵




ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

落葉の皿

武井順一さんが生えている木々も好きで、
日々の暮らしのなかでも、
優しい眼差し手観察をしてると想像させるのが、
木々の葉を彫り出した、葉型皿です。

10takei0519.jpg
楢葉型皿 6,300円 ケヤキ 拭き漆
W25cmD12.5cmH2cm


今年は、楓、楢、栗、柏と、
秋の雑木林の落葉を思わせるような、
葉形皿が並んでいます。

10takei0513.jpg
楓葉形皿 6,300円 ケヤキ 漆仕上げ
W18cmD16cmH2cm


どれも、特徴を良くとらえた造形と、
落葉のもつ軽やかな質感まで、
伝わって来る軽快な手際で削りだされています。

10takei0538.jpg
柏葉型皿 6,300円 ケヤキ 拭き漆
W22cmD14cmH2cm


取り皿菓や子皿に良い大きさの、
楓葉皿、楢葉皿、柏葉皿、栗葉皿は、
ケヤキ材の木目活かして彫られ、
削りだして作られています。

10takei0539.jpg
栗葉型皿 7,350円 ケヤキ 拭き漆
W25.5cmD7cmH2cm


ケヤキは、落葉の広葉樹で、堅木ともいわれる、
丈夫な木で、木との相性のよい漆で仕上げているので、
日常使いに使い勝手よく、
木目といかしているので、
盛りつける菓子や料理も引き立てます。

            甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

武井順一 木との会話が聞こえる 展のお知らせ

武井順一さん個展が11月5日(金)からはじまります。
木を手仕事で削りだした作品には、
木の温もりと武井さんの人柄で、
穏やかで心地の良い質感が溢れています。

今年も新作を含めて、楽しい作品が届きます。
材種ごとの違う素材感、刃後のテクスチャーなど、
手に触れて頂くことで、より良さが伝わると思います。
ぜひご来店をお待ちしております。

10takei0513.jpg

10takei0514.jpg

10takei0532.jpg

10takei0549.jpg


              甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

飯碗のように選ぶ自分の椀

温かいものがご馳走になってくる季節は、
漆器の出番が多くなってくる甘庵です。
中身が木の漆器は、熱伝導率が低くて、
料理が冷めず、器も熱くならないので、
持つ手にも優しい器です。

10autumn0267.jpg

10autumn0268.jpg
太田修嗣 根来合鹿椀 みずき 18,900円
径13~12cm 高さ7.1cm


他の材質の器にはない、手持ちの軽さや、
柔らかな素材だからこその口当たりも自然で、
漆器で食べていると、とても穏やかな心持ちになります。

10autumn0269.jpg
上の根来椀をいくつか並べて上からみると、
歪みもそれぞれなのがわかります。


ご紹介している太田修嗣さんの椀は、
横木のロクロ引きで、木の歪みを活かした形が多く、
やきものの歪みの表情にもにて、
1つずつの飯碗を選ぶように、
自分に好みの姿や掌から選ぶ方が多い椀です。

10autumn0270.jpg

10autumn0271.jpg
太田修嗣 洗朱根来大椀 27,300円
径15.2~14.3cm 高さ8.6cm


ぼくも長く愛用させていただいていますが、
丈夫で安心して日常使いをしていると、
口当たりや掌が体に馴染んでいき、
愛着が増して行くばかりです。

制作に時間がかかるので、
どうしても他の器に比べて高く感じられる方も多いでしょうが、
長く使う事で、元がとれましす、
心の見返りは価格以上のものがあるのが、
良質な漆器だと強くお伝えしたい点です。
              
                甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

FC2Ad