うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

決算市での橋渡し1

決算市初日の昨日は、
長い連休のスタートで、
各地の道路も渋滞していて、
気持ちの良い天気の中、
お出かけになった方も多かったのでしょう。

銀花は過ごしやすい気候もあって、
長閑な一日でした。
そんな中、お出かけいただいたお客様の中で、
印象に残った2組のお客様のお話しをご紹介します。

11_kessan_2809.jpg
定価の40%引きの棚から、
前川俊一 銀彩小鉢 4,500円 径 11.5cmH7cm
竜ふたもの 定価5,000円 径7cmH7.5cm
*グーズネックスタンド 定価36,000円は常設品割引です。


先日、ご用があって荻窪においでの折に、
ふらりとお立ち寄りいただけて、
器をお求め頂いた帰り際に、
荻窪銀花オリジナルのグーズネックランプを、
とても気に入ってくださったので、
「来週には決算市があるので、割引価格でお求めいただけますよ」
と案内チラシを差し上げたら、
「では、ぜひ寄ってみます」と・・・。

荻窪に来る、ご用とタイミングがあったようで、
初日の昨日さっそくおいでただき、
お目当てのグーズネックスタンドを、
お求めいただきました。

11_kessan_2716.jpg
定価の25%引き、丸銀会員は定価の30%引きの棚

もう一組はご夫婦で、
ご近所にお買い物においでになって、
ふらっとお立ち寄りいただき、
初めてのご来店ながら、
銀花の品揃えを気に入っていただけたようで、
「ご縁なので何か一ついただいていきましょう」
と言って頂きながらも、
決してお付き合いのお買い物ではなく、
気に入ったものが複数あって、
ご夫婦でむつまじくご相談しながら、
選らんでいただけました。

共通して、帰り際に嬉しそうになさって、
「良い買いものができました」と、
お声をかけていただけて、
橋渡しとして何よりのご褒美になりました。

お得な価格で提供させていただいていても、
気に入っていただけているのが、
なんといっても、まず基本です。
お持ち帰りいただいて、
ばんばん使って頂ければ、
より元がとれて、
喜びを倍増していただけると、
確信しております。
心地の良い橋渡しがでした。
うつわ屋として何よりなことを、
感謝いたします。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。


テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

棚卸し決算市はじまりました

穏やかな天気に恵まれた、
ゴールデンウイーク初日の今日は、
荻窪銀花”棚卸し決算市”がはじまりました。
大変にお買い得な品物が一杯並んでいます。

11_kessan_2777.jpg

住宅街が基本の荻窪の街は、
長いお休み独特の長閑な気配です。
暑くなく寒くなく心地の良い日ですでの、
遠方にお出かけにならない方は、
ぜひお遊びにお立ち寄りください。

11_kessan_2737.jpg

決算市の一角に少しのスペースですが、
甘庵の雑学と減らず口の元になっている、
やきものや工芸関係の書籍の古本を並べています。

11kessan_2795.jpg

一般書籍ではないので、恐縮ですが、
現代でも資料として十分に活きているものなので、
できるば若い方に手に取っていただけたら、
とても嬉しいのですが・・・。
ネットチェックしたWEB販売されている価格よりは、
かなり安価にしてあります。
これらの売り上げは全て、
東日本大震災の義援金にさせて頂きます。

             甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

人気の作り手作品も割引!

いよいよ明日からゴールデンウイークです。
荻窪銀花では、恒例棚卸し決算市が始まります。
原価割れが当たり前の決算市会場だけではなく、
常設品が並ぶコーナーも、
全品が決算市開催中は割引の対象になります。
当然、人気の作り手作品も、
在庫があるものは、
割引価格でお求めいただけます。

11_kessanichi_2628.jpg

常連さまたちは、
長く続く定番商品から、
お気に入りの器を、
補充されたり買い足しされています。

11_kessanichi_2699.jpg

また、ちょっと大物や単価の高いものを、
この機会に狙い定めてゲットしている方も、
おいでになります。

11_kessanichi_2609.jpg

日頃の感謝を価格でお返しする、
棚卸し決算市の会期中は、
皆さんの気に入りになる器を、
割引でお求めいただくチャンスです。
有効にご利用ください。
開催と同時にアップするHPで、
荻窪銀花の隅々までご覧いただけますので、
遠方のかたも、お問い合せご注文を承ります。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

決算市の準備

在庫の器全品をチェックする、
棚卸しにあわせての、
荻窪銀花春恒例の"棚卸し決算市"です。
倉庫や収納場所の奥の奥まで、
チャックをしながら、
この際なので、思いっきりの値引き・・・、
原価割れ連続になる覚悟で、
決算市会場に並べ始めました。

11_kessan_2710.jpg

作品としての質と内容、
クオリティの高い作品が並びますが、
大きな作品や、元の価格がそれなりなので、
ちょっと恐縮な作品を出展します。

それでも、それらは先の、
完全に原価割れなことは確かで、
気に入ってくださった方にとっては、
素敵な出会いになるはずです。

11_kessan_2715.jpg

今日明日で、飾り付けとHPを、
初日4月29日(金)11:00までには完成させます。
会場でご覧いただくのが一番ですが、
遠方からでも、隅々までご覧いただけるように、
緻密な部分まで、見て頂けるよう、
レイアウトする予定です。
さらに、メール等でお問い合せいただければ、
さらに詳細な画像等の資料をお送りいたしますので、
お気軽野お問い合せください。

また、会期中も5月9日(月)までと、
長くしていて、毎日の模様替えに加えて、
大きな入れ替えも予定していますので、
ご来店いただくタイミングで、
その時それぞれの出会いがあるはずです。
お楽しみになさってください。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

棚卸し決算市のDM

今年は、大変な世の中の状況た続く中、
荻窪銀花は三十一期目の決算を迎えます。
三十年の節目の後、
改めて初心の高ぶりを取り戻す気持ちで、
スタートしたいと思いました。

手探りで始めたころは、
ちょうどデジタル化が進んでいく時でした。
その時にはあえて、何をするにもアナログな手法で、
遊んでいたものです。

そこで、決算市のDMもアナログに、
戻してみることにしました。
いつもは、デジカメで撮影した画像を、
パソコンでレイアウトし、版下を構成して、
プリンターで印刷。

11_kesan_.jpg

とはいえ、木版画ですることは出来ないので、
版下の元を、手書きにすることにしました。
この方法は、DMやDMのロゴなどで、
長く続けていた方法です。

活字のように読みやすく綺麗ではない、
甘庵の下手くそな字でも、
思いや気持ちを一生懸命に込めて、
そして、読んでいただけるお客さまの、
目を止めさせて、少しでも思いが、
届くかもと妄想をしながら、
楽しんで書きました。

目が遠くなっているのを感じながらも、
気持ちは少し若返りしたかも。

決算市では、感謝の気持ちでご奉仕します。
たくさんの方に、買い得なお買い物していただけたらと、
思ってお待ちしております。
 
                甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

荒賀文成さんの個展最終日

荒賀文成さんの個展最終日になりました。
会期前に起きた今回の大震災へ、
作り手として出来ることとして、
たくさんの元気を送りたいという思いの、
荒賀さんのエネルギーが溢れる器が届きました。
会場のスペースに納まらないほどの分量と、
春の芽吹きをおもわせる、
広がりを感じる粉引の器で、
荻窪銀花が埋め尽くされました。

11_araga_2400.jpg


日常を取り戻すことで、
日々の応援をしていこうと、
声を大きくして器の橋渡しをしてきましたが、
毎日、余震が続いたり、
原子力発電所が先のまだ見えない状況に、
まだまだ、そうそう簡単に、
気持ちを切り替えることもできないようです。

11_araga_2425.jpg

力のある、エネルギーに満ちた、
粉引が十分に橋渡し出来なかったのを、
甘庵の力不足もあって、
少し悔やんでしまいます。

それでも、繰り返し発信します。
出来ることとして、
日常を取り戻すことが、
経済を滞らせることなく、
復興のベースになり、
応援になることを、
自分にできることとして、
続けましょう。

11_araga_2464.jpg

引き続き、うつわ屋のできることとして、
使うことで、心豊かになる器を、
少しでも多く橋渡ししていきます。

             甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

器の姿のみどころ

荒賀文成さんの粉引の器展も、
いよいよ終盤です。
今日の荻窪は新緑が目に心地の良い日となりました。
どうぞお立ち寄りください。

さて、今日も荒賀さんの器をご紹介しながら、
うつわ好きのつぶやきです。
ロクロがしっかり挽けている作り手らしい、
荒賀さんのフォルムのみどころは、
”張り”と”絞り”です。

11_araga_2696.jpg
粉引片口 6,300円
径11cmH7.5cm 容積は180ccほどです。


伸びやかで自然な張りは、
華やかさがあり、陽のロクロです。
荒賀さんの張りには、
くったくがなく、優しく、
軽やかな表情がみてとれます。

11_araga_2695.jpg
粉引花入れ扁壺 10.500円
W11cmD10cmH15.5cm


静かで重さのある絞りは、
落ち着きのある、陰のロクロです。
荒賀さんの絞りには、
奢りがなく、穏やかな、
芯の強さを感じさせます。

11_araga_2694.jpg
柿のへた飯碗 わら粉引 2,730円
W14.5cmD13.8cmH6.7cm


ロクロは連続します。
張りと絞りを繋ぐニュートラルな、
線と面があって連続します。
そこに、解放する縁があり、
集結させる削りもあって、
器のフォルムは完結します。

11_araga_2697.jpg
粉引ミニ壺花入 6,300円
径10cmH13.5cm


荒賀さんの器は、
リズミカルなロクロの張りと絞りを、
しっかり楽しませてくれます。

            甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

使って育てる楽しみ  粉引3

陶器は使うことで育つところが楽しみですが、
侘びた表情をたのしめないと、
汚れて来たことになってしまいます。
特に粉引は使い手によって、
変化する表情もいろいろです。
まさに育てると言われるゆえんです。

11_araga_2594.jpg
長石粉引鉢大 16,800円
W27.5cmD26cmH9cm


その点を踏まえて、
作り手は、作り手それぞれの、
目指す仕上がりや、使ってもらった表情があり、
そのために良かれと思う、
作り方や決めごとが生まれてきています。

11_araga_2592.jpg
粉引耳盃 3,150円
左:W16cmD10cmH4.7cm
右:W14cmD8.5cmH5.6cm


だからこそ安易に「こだわり」という言葉で、
くくってしまうことを、ぼくは避けています。
「拘り」の意味には”ものが引っかかること”などから、
”些細なことにとらわれる”や、
”難癖をつける”こともあります。
いずれにしても古い人間の甘庵には、
”否定的”な意味合いを強く感じてしまいます。

11_araga_2590.jpg
粉引鉢大 16,800円
W28.3cmD23cmH20.3cm


荒賀文成さんの粉引をみていても、
雑誌等のコピーやコメントには、
現代の褒め言葉として”こだわって”いると、
表現されているのを見かけます。
これを甘庵流に表現させていただければ、
”こだわり”ではなく、
荒賀さんができる最良のための”必然”で、
選らんでいる方法であり、作り方だと、
言わせたいただきたいと思います。

11_araga_2484.jpg
各種ぐい呑み 2,730円

それが、化粧土の生掛けであり、
石を噛んだ荒めの素地であり、
木灰やわら灰など自然の素材であり、
柔らかくみせながらもしっかり焼ききることなど、
いくつもの細かな、自分の決めごとがあり、
良かれと思うことは、常に試行錯誤し続けています。

11_araga_2588.jpg
粉引鉢ゴマ手 4,830円
W21.5cmD19.5cmH7.5cm


それも、粉引が使い手の手にわたり、
それぞれの使い方で使われることで、
じっくりと良い表情に育っていくことを、
想定した仕事をしているからです。

粉引の最後の仕上がりは、
使い手に委ねられているのです。

              甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

荒賀文成さんの尻

今日は荒賀文成さんの器の裏返して、
尻を参考にしてお話しします。
やきもの好きにとって、
器を裏返して見たくなるのは、
見所が多いからです。

11_araga_2585.jpg
粉引汲み出し ゴマ手 1,680円
W11.5cmD10cmH6.8cm


高台は、器の善し悪しを決める大切な場所です。
ロクロの技が冴えていても、
高台削りがまずいと、
品をかいたり、力がなかったり、
器のフォルムをまとめ上げるのが、
高台削りと言っても過言ではありません。

11_araga_2583.jpg
長石釉底平鉢 2,730円
W15.5cmD15cmH4.5cm


この高台の原始的なスタイルが、
ロクロで挽きだしたあとに、
糸で切り離しただけのもので、
これが糸尻と言われ、
器の底の部分のことを言い、
高台の別名だったりします。

11_araga_2584.jpg
粉引ツバ皿 5寸 2,100円
径16cmH4cm


このシンプルな高台でありながら、
気位と品性をもとめられるのが、
茶道の茶入れです。

11_araga_2586.jpg
長石粉引柿のへた飯碗 2,730円
W14.5cmD13.8cmH6.7cm


その後、高台は釉掛けの時に持ち手としてや、
焼成中の歪みを押さえる役目をなし、
器の造形にとっても大切な部位となり、
様々な形状や特徴を持つ高台が、
発展していきました。

11_araga_2587.jpg
粉引片口 6,300円
容積は180~200ccほどです


器を返して、尻、高台を鑑賞するのは、
作り手の技量や品性を見極めるのに、
大切な方法です。
器好きの入り口です。
お試しあれ。

              甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

荒賀文成さんの肩腰

物の形を、人の体の部位になぞらえられるは、
多くのものでもみられることですが、
器に関しては、特にわかりやすく、
言い得て妙なくらいに擬人化出来る物まであります。
今日もそんな体になぞらえる、
荒賀文成さんの器の肩と腰のお話しです。

11_araga_2567.jpg
粉引ミニ壺花入 6,300円
左:径10cmH13.5cm
右:径11cmH11.5cm


荒賀さんには、粉引を生み出した李朝の血が、
少し流れているようです。
といっても、李王朝と言うわけではないのですがね。
でも、血をたどると、
名をなした絵描きさんがいたりという、
血筋だそうです。

11_araga_2563.jpg
粉引土瓶 12,600円 容積480cc
真鍮のハンドルも荒賀さん制作です。


本人はやきものを仕事とした後になった、
少しそのことを意識しだしたと言っていましたが、
ぼくから見た、荒賀さんの器の姿形には、
「血は争えない」というイメージが浮かぶ、
無理して作り出したのではない、
フォルムに思えます。
とくに、フォルム全体の骨格といっていい、
肩腰の線には、そう思わせるものが、
確かに存在します。

11_araga_2564.jpg
粉引徳利 6,300円
左:径9cmH15cm
右:径9.5cmH16.5cm


伸びやかな張り出しの肩と、
自然なしまりの有る腰。
この姿が無理なく生まれるには、
ロクロをしっかり習得した、
荒賀さんの手が有るからこそです。
無意識の中から挽きだされてこそ、
流れているDNAの力が表出していると、
甘庵は、思っています。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

使って育てる楽しみ  粉引2

甘庵、今日は久々に、
大人げない物言いになりそうです。
読者には大人の方が多いので、
その寛容さに甘えて書かせて頂きます。

粉引は使う事で育ちます。
侘びていく事を楽しむ手法です。
使い出す前の柔らかな質感の白が、
変わらずにいて欲しいと、
イメージなさっている方には、
困った事なのでしょう。

11_araga_2557.jpg

芳しくない方法として、
撥水処理を施してしまうことが、
過去にはあったようです。
この方法は進められた方法ではないのは、
明らかなので、目留めの方法が、
当たり前のように伝わり、
書籍やショップによっては推奨されるのを、
目にするようになりました。

11_araga_2558.jpg

それはそれで、それが必要な粉引なら、
由としましょう。
米のとぎ汁、米、小麦粉などのデンプン質をいれて、
煮ることで、目留めして使わないとならない粉引であれば、
そうせざるを得ないでしょうから。

それでも、この2点はお知らせしておきます。
1.煮ることで(冷まし方に関わらず)、
焼きものが丈夫になることは、
決してありません。
(強火でゴトゴトにて欠損する可能性には注意してください)
2.目留めが必要ない良く焼きしまっている"やきもの"なら、
目留めのした効果も全くでません。
目留め必要な”やきもの”であれば、
作り手かショップが煮てからだすべきなのではないでしょうか。
そうすることで、使える”やきもの”になるのですから。
煮て完成なので、”にもの”かもしれませんね。

11_araga_2562.jpg

でも、あえて荻窪銀花では、煮るではなく、
ちょっと面倒かもしれませんが、
使う度に、水や湯にくぐらせて、
本来の粉引の美しさを育て楽しむことを、
使えていきたたいと思っています。

陶器の柔らかさは表情であって、
過保護ではなく、思いやりがあれば、
通常の食器として弱いものではありません。
また、吸水性のない素地の磁器や、
ほぼ吸水性のない素地にせっ器にはない、
陶器独特の育ちからや貫入を楽しめます。

もしも使い手として、
その点が納得できないのなら、
同じ化粧掛けでも堅い化粧掛けや、
白い釉の焼きものを選らんでいただきたいと思います。
橋渡しする側をそういう”やきもの”を奨めるべきです。

11_araga_2559.jpg

また、作り手たちにも、
いっそうの努力と見識も深めて欲しいと思います。
陶器のもつ柔らかい質感をだしながらも、
しっかり焼くところが、
プロとしての腕に見せ所なのですから。

もちろん、開催中の荒賀文成さんの粉引は、
育てて楽しめる粉引として、
橋渡しさせていただいています。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

荒賀文成さんの手

今日のテーマは手。
荒賀文成さんのハンドではなく、
ハンドル、取っ手のお話しです。

11_araga_2540.jpg
粉引マグ 3,150円 径8.5cmH8cm

荒賀さんの器のほとんどが、
滑らかなロクロから生み出されています。
その柔らかなフォルムとマッチする、
優しい表情をもつ荒賀さんの取っ手です。

11_araga_2538.jpg
左:白粉引ピッチャー小 ゴマ手 4,830円
W13.5cmD8.5cmH12.5cm
右:粉引ピッチャー大 7,350円
W14.5cmD10.5cmH16.5cm


柔らかな粘土を引っ張ると、
延びていく動きがそのまま見える、
伸びやかで軟らかなハンドルは、
手と通したときにも、
優しく納まります。

11_araga_2542.jpg
粉引ポット 10,500円 容積約650cc

ハンドル付け根近くの曲面上部には、
封蝋した紋章のような、
スタンピングされた、
ポイントがあるとこは、
荒賀紋章付といった風情です。
この紋章、握ったときの親指の置き場所に、
妙に心地よかったりします。

            甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

粉引の表情

今日は荒賀文成さんの鼻とかを、
想像していた方いらしたら、
期待を裏切ってしまいますが、
手足や肩腰などのテーマは考えてしますので、
お楽しみにしてください。

11_araga_2551.jpg
粉引馬リム小皿 1,260円 径13cmH3cm
一番オーソドックスなたっぷりと掛かった化粧土と、
艶やかな釉の柔らかな表情の粉引です。


今日は粉引の表情のお話し。
続きでお話しとすれば、
顔色についてです。

11_araga_2553.jpg
わら灰粉引半月碗 2,100円 W16cmD14cmcmH7cm
わら灰で少しまっとな質感の釉の粉引です。


荒賀さんの今回の個展のサブタイトルに、
”粉引の器”としたのは、
色々な顔色を持つ粉引を、
ご覧いただけるからです。

11_araga_2552.jpg
白粉引汲み出しゴマ手さんかく1,680円
W9.8cmD8.5cmH6.5cm
ざっくりして土に白いマット釉を掛け、
御本が艶やかな表情を見せています。


土の違い、釉薬の違いなどから、
いろいろな表情を見せてくれます。
代表的な粉引を並べて、
ご紹介していますが、
これは、使い出す前の粉引です。

11_araga_2555.jpg
白粉引馬たらい5寸鉢 3,150円
W17.5cmD16.5cmH6.8cm
汲み出しと同じ白いマット釉ですが、
土を焼きが違い、白いマットな肌を持つ鉢です。


ご承知のように、
粉引は使う事で、侘びたりしっとりしたりと、
表情を変えていくところを、
楽しめるとことから、
長く愛されて来ました。

11_araga_2554.jpg
長石粉引めしわん 2,100円 径12cmH7cm
今進化中の長石釉です。表情は一番ざっくりしていますが、
一番変化しにくい、頑固な粉引です。


これらの荒賀さんの粉引を、
育てて、完成させていくのは、
手にして、可愛がって頂く方の手に、
委ねられています。

           甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

荒賀文成さんの目

”耳と口とくればあとは目”と、
コメントをいただいたので、
予定していた記事を先に延ばして、
これをネタに使わせていただきます。
今日は荒賀さんの目のお話しです。

やきもので"目"といえば、
重ね焼きのときの”目あと”をいいます。

11_araga_2544.jpg
粉引大皿 わら灰釉 27,300円
W38cmD35cmH8cm


”目あと"とは、
官窯や上手の窯ではない、
民窯や日常のやきものを焼くときに、
量をとるための能率から、
重ね焼きしていた時代に、
重ねた焼モノが釉薬や溶けた灰で、
くっつかないようにするために、
丸めた粘土や砂の粒を、
数カ所おいて重ねて焼いた時の、
”あと”をいいます。

11_araga_2550.jpg
粉引リム皿 5寸 2,100円
径16cmH4cm
見込みたけではなく、重ねた高台にも目あとが見えます。


また、海岸近くの常滑などでは、
貝をおいて焼く方法がありました。
これを"貝目”や"貝高台"と呼びました。

11_araga_2547.jpg
左上下:白粉引陶板 貝目 5寸 3,780円
角17cmH1.5cm
右上下:白粉引陶板 ゴマ手貝目 7寸 4,830円
角19.5cmH1.7cm


低温焼成の備前などでは、
藁やモミガラを敷いて、
そこに出た”緋だすき”や”緋色”を、
窯変として楽しみました。

11_araga_2549.jpg
粉引花入れ 大 16,800円
W11cmD10cmH19cm
寝せた焼く時の貝目が景色となっています。


”目あと”も”貝目”も”緋だすき”も、
侘び寂びの美意識から見所として、
楽しまれ、伝承されていったのは、
茶人たち数寄者たちの、
"目"が見いだしたからです。

             甘庵 



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

荒賀文成さんの口

昨日に続いて、荒賀文成さんの口といっても、
器の口作りに付いてのお話しです。

口作りは、作り手それぞれの個性が、
表れやすく、形だけではなく、
人柄や、仕事の確かさも、
わかりやすいパーツでもあります。
荒賀さんの口は、真面目で優しい、
性格がよく出ている、
穏やかな口作りです。

11_araga_2532.jpg
粉引片口 6,300円
手酌で飲むのに頃合いの大きさで、
容積は180~200ccほどです。


片口をお好きな方多いと思います。
和食器の中には、片口のように、
左右非対称な形の器が多く、
アシンメトリーを好む和の美意識が、
無意識ながら多くの人々に、
取り入れられています。

11_araga_2534.jpg
白粉引プチ片口 1,890円
クリーマーやドレッシング入れなどに良い大きさです。


特に片口は、本来の注ぐ器だけではなく、
口が付いた姿に惹かれて、
注ぐためより、デザインとして小鉢や鉢にも、
多く見かけ、楽しまれています。

なぜか、口があることで、
姿や表情を可愛く感じたり、
親しみをもってしまうようです。

11_araga_2536.jpg
長石粉引片口 ゴマ手 1,890円
W14cmD11cmH6.5cm
小鉢や湯冷ましと色々使えそうな大きさです。


また、口の付いた片口が、
食卓に並んぶと、
円形を初めとした均一の形にない、
リズムや、アクセントをもたらして、
盛りつけする器を大切にする、
和の食文化らしい特徴のようです。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

荒賀文成さんの耳

人相のお話しではなく、
粉引の器展を開催中の、
作り手荒賀文成さんの器に付く、
耳のお話しです。

11_araga_2528.jpg
左:粉引コンポート 3,150円
奥:粉引ワインカップ 3,780円
手前:粉引耳盃 3,150円
右:粉引耳付カフェオレボウル 3,150円


これ、有っても無くても良いといってしまえば、
カップにハンドルのように、
目的や仕事をするわけではないのですが、
器としての顔や、アクセントや、主張に近く、
また、造形としての個性やデザインから、
荒賀さんならではの存在感になっています。

11_araga_2530.jpg

もしかしたら、ぶつけやすく、
ヒットしやすい形態ではあるのですが、
だからこそ、ちょっと非日常の存在感が生まれ、
使う時も、洗う時にも、
意識せざるを得ない・・・・。
こうなると、器でありながら、
使う事で意識できる
オブジェであり彫刻かもしれません。

11_araga_2531.jpg

伸びやかで、羽が生えたような耳には、
ロクロ挽きの器の表情以上に、
作っている荒賀さんの、
楽しそうな気配が満ちています。

ぼくには、自由で軽やかな造形から、
澄んだ音色が聞こえてきます。
これって、荒賀さんの鼻歌?
耳から!?


            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

自分の器展巡回のお知らせ

"自分の器 マイカップ展"を、
山梨県都留市の”もえぎ"さんへ、
飾りつけて来ました。
連休明けまで催していますので、
お近くの方は是非お立ち寄りください。
都留ICから10分ほどです。

saruhasi_2524.jpg

定休日で、荻窪銀花の模様替えはないので、
帰り道は、高速道路を使わずに、
あちらこちらで桜が満開の道を、
のんびり帰ってきました。

saruhasi_2519.jpg

花粉の怖さを省みず、
マスクにサングラスで、
窓を全開にして、
春の風を一杯受けての旧道は、
街並も渓谷も楽しめました。

saruhasi_2525.jpg

荻窪銀花に今着いて、
前回の企画展の荷を下ろしたところです。
午後からはのんびり過ごせます。
まずは遅めのランチをいただきます。

            甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

使って育てる楽しみ  粉引1

荒賀文成さんの個展のサブタイトルを、
”粉引の器”としたのは、
並ぶ作品の中心が粉引で、
その粉引が魅力あるからですが、
同時に、育っていく粉引の良さを、
改めてお伝えしてみたくて、
”粉引”を掲げてみました。

11_araga_2511.jpg
粉引汲み出し 1,680円 W11cmD9.5cmH6.5cm
粉引土瓶 12,600円 容積420cc


粉引に馴染みがない方や、
あまりよろしくない粉引に出会ったしまって、
粉引に良い印象をもっていない方に、
粉引好きのうつわ屋甘庵としては、
使うことで育って行く粉引の楽しさを、
声を大にしてお伝えしたいと思います。

11_araga_2513.jpg
粉引汲み出し さんかく 1,680円 W9.3cmD8.3cmH6.3cm
粉引宝瓶 8,400円 容積180cc


そこで今日は、汲み出しやカップをご紹介します。
お茶やコーヒーなどの飲み物や、
ビールや焼酎を割って飲むなどの酒類と、
日常にバンバンつかっていただくと、
自然にゆっくりと表情が、
しっとりしたり、侘びていったりと、
良い感じに育っていきます。

11_araga_2516.jpg
粉引フリーカップ 2,100円 W9.8cmD9cmH8.5cm
白粉引ポット 10,500円 容積700cc


また、自分が馴染ませていく、育てていく、
陶器の器を楽しむ醍醐味も、
わかりやすく、経験出来るはずです。
愛着が湧き、物を大切にする、
基本も身につくので、
お母さんが見本になり、
子供への情操教育にもなり、
大風呂敷ひろげた言い方すれば、
和の美意識の開眼であり、
日本文化の基本精神一つとして、
身につけて損はないことだと思います。

             甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

ロクロ挽きの美しさ

鉛筆と紙でも、
筆に墨と和紙でも、
横に一本引く、”一”と言う字を書くと、
3人いれば、3様に、
30人のクラスなら、
クラス全員がそれぞれ違うものです。

11_araga_2501.jpg
白粉引壺 37,800円
径24cmH27cm


ロクロを挽きも同じで、
ロクロ目、張り、延び、広がり、
反り、押さえと、手あとには、
しっかりと挽き手の個性があらわれます。

もちろんテクニックは、
必要なのですが、
ぼくはこの個性が大切だと思っています。

11_araga_2506.jpg
粉引大皿 わら灰釉 27,300円
W38cmD35cmH8cm


同じ”一”の字でも、
心地の良いもの、力強いもの、
爽やかなもの、繊細なもの、
スピードがあるもの、シャープなもの、
おだやかなもの、おっとりしたものと、
それぞれの個性が大切です。

11_araga_2507.jpg
粉引片口水盤 27,300円
W31cmD27cmH14cm


書道として、書として、
これらを磨き上げることは出来ても、
感性を取り替えることは、
なかなか難しいものです。

11_araga_2510.jpg
粉引茶入れ 7,350円
径10cmH13cm


ロクロ挽きの美しさも同じです。
荒賀文成さんは、ロクロ挽きを楽しみ、
大切にしています。
ロクロ目をなるべく消さないように、
削りは最小限にするよう心がけています。


そう見て見ると、どの器にも、
ロクロを挽きだしたそのままの、
伸びやかなで瑞々しい美しさがあります。
それは、手に取ったときの、
掌の良さにも感じとれます。

           甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

基本サイズの粉引皿 4種

穏やかな春の日差しと満開の桜の荻窪です。
震災から一月になろうとしています。
一人でも多くの人が、静かな日曜日を、
過ごして暮れていると願います。

11araga_2495.jpg

11araga_2500.jpg
左奥:粉引ツバ皿 5寸 2,100円
左手前:粉引リム皿 5寸 2,100円
右奥:長石粉引馬たらい鉢 ゴマ手5寸皿 2,730円
右手前:長石粉引リム皿 5寸 2,100円


今日は荒賀文成さんの個展から、
頻度の高い皿として、
粉引5寸皿4種をご紹介します。
11araga_2498.jpg
粉引ツバ皿 5寸 2,100円 径16cmH4cm
わら灰釉の柔らかな粉引皿で、
使ったときにもっとも粉引らしい変化を楽しめます。


5寸は、およそ15cmです。
取り皿や一品を盛りつけたりと、
食卓では何かと使い勝手の良い、
基本サイズの皿です。

11araga_2496.jpg
粉引リム皿 5寸 2,100円 径16cmH4cm
こちらも、わら灰釉の粉引皿で、
端の姿が少し違います。


ご紹介する4種の五寸皿は、
ロクロで1つずつ挽きだされた、
和皿としてのフォルムで、
底面がゆるやかな曲面になっています。
汁やソースが溜まり込み、
中高に美しく盛りつけしやすく、
箸の文化では食べやすい、
形状の五寸皿です。

11araga_2499.jpg
長石粉引馬たらい鉢・皿 ゴマ手5寸 2,730円 径16cmH4cm
馬盥碗のフォルムを浅めの鉢に仕立て、
た使い勝手の良い器です。


それでも、端の処理や、立ち上がり方、
釉調や素地の違いで、
個性をそれぞれに主張しています。

11araga_2497.jpg
長石粉引リム皿 5寸 2,100円 径16cmH4cm
粉引リム皿と形が同じですが、
釉調が違うことで、個性がそれぞれになります。


使って行くことでの育ち方も、
それぞれですが、
いずれ皿も、使うほどに、
しっとりと馴染んでいきます。
また、和食にこだわることなく、
料理を映えさせて、
美味しさを後押しするところは、
どの皿も甲乙付けがたく、
使う方のお好みになり、
選ぶのに迷うところも、
器を楽しむ、はじまりです。

           甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

ゆったりとたわむ器

荒賀文成さんの器は、
その多くが粉引といわれる、
素地をロクロ挽きなどで成形して、
乾いたところで、白い化粧土を、
水にといた化粧泥にくぐらせて、
白化粧した、ほんわかした白い陶器です。

11_araga_2203.jpg
白粉引耳付鉢 3,150円

白いやきものでも、白磁などとは違う、
柔らかな質感の白が好まれ、
朝鮮半島から伝わり、
日本で愛され引き継がれてきています。

11_araga_2202.jpg
ブ長石釉粉引柿のへた碗 2,730円

この柔らな質感をより引き立てる、
ゆったりしたたわみが、
荒賀さんの器の多くにみられます。

11_araga_2200.jpg
粉引6寸リム皿 3,150円

とても自然にひずんだような、
やさしいフォルムですが、
荒賀さんの手による、
感性で手を加える表現です。

11_araga_2323.jpg
左:粉引5寸鉢 2,100円
右:井戸手5寸鉢 2,730円


ぼくが荒賀さんを由とするところは、
歪ませた結果が、意図的であっても、
そこではじめて、荒賀さんの器としての
息吹くと、感じとれるからです。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

荒賀文成さんの粉引

今日から、荒賀文成さんの個展がはじまります。
昨夜大きな揺れがありましたが、
負けずに頑張っておられる方もいるのですから、
ぼくに出来ることとして、
使うと心地の良い器を、
橋渡ししていきます。

11_araga_2419.jpg
左:粉引馬リム小皿 1,260円 径13cmH3cm
右:磁器リム小皿 1,260円 径13cmH3cm


今回の荒賀さんの個展は、
粉引の器展としたとおり、
ほとんどが粉引の器です。

11_araga_2451.jpg
粉引急須 9,450円 容積360cc

土や釉や化粧土などの組み合わせで、
同じ粉引でも、実に多彩な色合いが見えます。
また、粉引ですから使う事で、
育った色合いが重なっていき、
百器百様に変化して、
1つずつの器に仕上がりところが、
粉引の醍醐味です。

11_araga_2435.jpg
左:粉引鉢 3,780円 W19cmD16H7cm
中:粉引碗大 3,780円 W16cmD15H8cm
右:粉引碗大 3,780円 W16cmD15H8.8cm


今日4月8日(金)から4月10日(日)まで、
荒賀さんが銀花に詰めてくれます。
作り手の人柄ともかさなる、
温かみのある粉引を手にとってみてください。

                 甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

粉引の器が満開

荻窪界隈も、桜が満開になってきました。
いつもと変わることなく、
春のおとづれを感じさせてくれる、
あでやかな花に元気をもらえます。

11_araga2373.jpg

荻窪銀花は、粉引で満開です。
明日からはじまる”荒賀文成 穏やかな粉引 展”の、
荷ほどきをしました。
凄い分量の多彩な粉引の器が届きました。

11_araga2374.jpg

久々に作り手から、若さにあふれる、
モノ作りのエネルギーを感じました。
荒賀さんの作るのが楽しくてしかたない、
気持ちがどの粉引にも溢れていて、
少し整理してレイアウトしたほうが、
見栄えは良いのは分かっていても、
このパワーをそのままお伝えしたくて、
全点を押し込めるように展示しました。

11_araga2380.jpg

重ねたままの展示、この量感。
真っ白、淡い赤み、淡い黄色・・・多彩な粉引。
作り手荒賀さんのモノ作りのパワーが生み出した、
この絶対量からは、元気をもらえます。
ぜひお出かけください。

                 甘庵

荒賀文成 穏やかな粉引 展
4月8日(金)~25日(火)
4/6水.7木.13水.20水はお休みです
最終日は18時までです
荒賀さんの粉引の器を手にすると、
ゆったりした時が流れている気持ちになります。
それぞれの素地や化粧土や釉薬で、
柔らかくほっこりした肌合いからざっくりした質感のまで、
真っ白から赤や黄色味のある色合いまでの粉引が並びます。



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

大きさも好みで選ぶマグ

うつわ屋をはじめたころの、
マグの容積のイメージでは、
一合(180cc)からワンカップ(200cc)が、
中心でしたが、
大きなものを要望する方が多く、
(女性が中心です)
昔で言えばビアマグほどの大きさのマグまで、
みかけるほどです。

11_mycup_2356.jpg
左:武田千秋 手ひねりマグ大 4,200円
径9.5cmH8.7cm容積380cc
右:村木律夫 掛けわけマグ 3,500円
径7.8cmH10cm容積380cc


冷めない程度の大きさが良いと、
思うあたりは甘庵も古い人間ということです。
まぁ~使い方は自由なので、
必要に応じた大きさを選べれば、
お気に入りのマグに出会えることになります。

11_mycup_2357.jpg
高松奈緒
左:灰釉小マグ 1,890円 径8cmH8cm容積180cc
右:粉引小マグ 1,890円 径7cmH8.5cm容積170cc


幸い作り手も、
マグへのスケール感がそれぞれで、
できあがれば、姿形と同じで、
大きさもいろいろあって、
並べるだけでも楽しくなってきます。

11_mycup_2358.jpg
村木律夫
左:白釉マグ丸腰 4,000円 径8cmH9.4cm容積300cc
右:白釉マグ角腰 4,000円 径8cmH9.4cm容積300cc


その使いかたですが、
マグはマイカップの代表になっているようで、
先日もお話ししましたが、
古い人間の甘庵には目から鱗の様子です。

11_mycup_2360.jpg
鶴見宗次
左:手ひねりマグ 3,150円 径8.5cmH8.9cm容積200cc
右:手ひねりマグ 3,150円 径7.3cmH8.6cm容積190cc


職場の自分の器はマグが多く、
マグだからとコーヒーや紅茶ではなく、
普通にお茶も飲んでいるそうです。
これこそマイカップであり、
見立ての精神もった自分の器と、
言うことで由としましょう。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

自分の湯呑みは選び放題 その2

自分の湯呑みを陶器やせっ器から選ぶと、
使う事で少しずつ表情が侘びていきます。
自分だけの器で、手に馴染んで行く様は、
物を大切にする事にも通じていて、
少なからず日本文化の一面に、
なっていると思います。

11_mycup_2350.jpg
中條正康
湯呑み大 各4,800円 径8cmH8.5cm
湯呑み中 各4,000円 径7.5cmH8cm


作り手それぞれの個性と表情をもつ、
そんな陶器やせっ器の湯呑みの、
今日はご紹介してみます。

11_mycup_2294.jpg
左:天野雅夫 灰釉湯呑み 2,500円 径8cmH8.7cm
右:稻垣明子 練り込み湯呑み 2,800円 径8.2cmH8.6cm


昔は、陶器やせっ器は、土ものとも呼ばれました。
これは、磁器が陶石などの、
石を粉にして作った素地なので石物と呼ばれ、
掘り出した粘土を調整した素地から作られるためです。

11_mycup_2305.jpg
新妻陽子
掻き落としカップ 各2,100円 径8cm H8cm


そのため、土の違いはそのまま、
器の表情になり、
良し悪しでもありながら、
個性でもあり、
土や素地を活かすことが、
作り手の力量であり、表現でもあります。

11_mycup_2295.jpg
稻垣明子
面取りカップ 2,500円 径9cm H7cm


出来上がったそれぞれのやきものを、
選ぶのは使い手の判断であり、
その一番の基本は自分好みになります。
その意味では、自分の器の自分の湯呑みは、
まさに好みで選ぶことが多く、
使いこんだお気に入りの器からは、
使い手との会話が聞こえて来そうです。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

大振りな飯碗

健康のためにご飯は一膳としていたり、
碗にぎっしり盛るのが苦手だったり、
ともかく多き器のほうが掌がよかったり、
理由はともかくとして、
大振りな飯碗を好まれる方がいらっしゃいます。

11_mycup_2268.jpg
安南手小丼 4,515円
径13cmH8cm 絵柄違い
心豊かな丼飯を堪能できます。


というぼくも、少し大振りな飯碗に、
ゆったり盛る方が好きなタイプです。

11_mycup_2250.jpg
村木律夫 魚文飯碗大 4,500円
径15cmH5.5cm
お茶漬けは最高です。高台大きいので鉢にもつかえます。


今日は”自分の器展”から、
大振りは飯碗・・・というか、
碗や小丼というものも一緒に、
ご紹介してみます。

11_mycup_2354.jpg
灰釉碗 6,000円
径14cmH6.5cm
抹茶碗ですが、美しい釉調やフォルムは、
飯碗として毎日使う美味しい贅沢です。


ゆったりした碗は、
筍ご飯や、豆ご飯や、炊き込みご飯などの、
具の入ったご飯や、
お粥や、雑炊や、お茶漬けといった、
飯が主役のときには、活躍します。

11_mycup_2355.jpg
光藤佐 伊羅保碗 4,500円
径15cmH6.2cm
ザラザラした肌合いの釉調からそう呼ばれたという、
伊羅保茶碗ですが、使いこむほどの
しっとり滑らかな良い表情になります。


それ以外にも、
庶民のぼく好みとしては、
卵かけご飯や納豆かけたり、
ちょっとイクラや、明太子のせたり・・・。
こういうかけたり、のせて食べるときには、
すこしゆったりした碗の方が、
美味しく、より醍醐味が味わえる気がすると、
賛同してくれる、
米食男子もいてくれると思います。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

お気に入りの湯呑みの効能は?

心和む家族との団らんに、
大切な人とのひとときに、
気のおけない仲間との時間に、
それぞれの自分のお気に入りの湯呑みで、
お茶すれば、これはもう~、
とっても心地の良い時空になります。

11_mycup_2335.jpg
藤田佳三
安南手マルチカップ小 2,730円 径8.7cmH7.5cm
安南手マルチカップ 3,150円 径9.5cmH9cm
安南手急須 13,650円 容積430cc


そして、器好きにとっては、
それぞれの湯呑みや、茶器が、
目にはお茶菓子・・・とまではいかなくても、
均一の湯呑みやありきたりの茶器では、
集会場での寄り合い・・・、
会議室でのミーティングみたいでイケマセン。

11_mycup_2339.jpg
村木律夫
左:チョークゆのみ 4,500円 径7cmH8.5cm
手前:チョークゆのみ 3,500円 径7.5cmH7.5cm
右:チョークゆのみ 3,500円 径6.6cmH8.5cm
白磁ポット 9,000円 容積360cc


お茶は、のどの渇きだけではなく、
心も潤すものです。
会話がはずみ、心が解ける、
そんな時間を空間を、
仕掛けてくれるアイテムになります。

11_mycup_2337.jpg
左:小野寺友子 白磁カップ 2,100円 径8.2cmH6.8cm
奥:村木律夫 灰釉線文湯呑み 2,800円 径7.5cmH8cm
手前:村木律夫 チョーク描銀彩湯呑み 5,000円 径7.3cmH7cm 
右:村木律夫 白磁急須 10,500円 容積270cc


そう思って茶を煎れ人がいて、
お茶を楽しむ姿勢があることが、
まずは大切なのですが、
その手助けになり、
より充実したティタイムにしてくれる、
お気に入りの湯呑みの効能は、
思った以上に効果ありますよ。

          甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

自分の湯呑みは選び放題 その1

自分の湯呑みは選び放題 その1
「自分の器」の企画展で、
多彩にそろったのは「湯呑み」でした。

作り手それぞれの個性や手法で、
それぞれの思い描く湯呑みがいろいろなのは、
作り手も同様に、ぼくらだれもが自然にもっている、
「自分の器」への物差しが、
しっかりしているからこそだと、
改めて思いました。

そこでぼくの能書きより、
まずはそれら湯呑みを見て頂くことにします。


11_mycup_2293.jpg
左:村木律夫 鉄絵湯のみ3,500円 径8.5cm H7.5cm
右:光藤佐 鉄絵ゆのみ 3,000円 径8.5cm H7.5cm


寸法表示だとそれぞれの最大部分で計るの一緒になりますが、
ほぼ円筒型でモダンに仕上げて村木さんと、
腰にかけてすぼまっている光藤さんでは、
見え方も容積も違います。

どちらも鉄絵の湯呑みですが、
村木さんの鉄絵は、線描ではなく、
大まかな全体をベタで塗ったあとに、
線ぼりすることで下地の化粧土の白線で、
鳥を描きだしています。
光藤さんは唐津の土味を活かした、
ロクロ目をそのままにして、
走る絵筆の鉄絵を描いています。

11_mycup_2296.jpg
福水敦子 ゴロンカップ 2,500円 平均径9cm H7.5cm

福水さんのゴロンカップは手ひねりです。
深みのある表情は、ろくろと違う魅力です。
陶器なので手持ちが軽く、優しい仕上げ口当たりも滑らかです。
器にあわせて描かれた呉須下絵の可憐な草文は、
作り手の人柄が重なります。

11_mycup_2297.jpg
村木律夫
左:焼〆銀彩湯呑み 7,000円 径8cm H8.7cm 
右:チョーク描銀彩湯呑み 5,000円 径7.8cm H7.8cm


どちらも、村木さん得意のチョーク描の湯呑みですが、
焼〆の湯呑みは焼〆の肌の大部分に銀彩を施した、
ちょっと贅沢な湯呑みです。
もう一方は、点文状のチョーク描の上に銀彩上絵を置いた、
これも、手間のかかった湯呑みです。
どちらも銀彩ですが、華やかさや奢りのない、
気品ある渋ハデな湯呑みです。

11_mycup_2306.jpg
新妻陽子
掻き落としカップ 各2,100円 径8cm H8cm


新妻さんが、湯呑みではなくあえてコップとしたのは、
湯呑みという名前にしばられずに、
「自分の器」として、いろいろ使って欲しいと、
願ったいるからだと思います。
その分、粉引ベースでありながらも、
堅めに焼かれて、違う飲み物に使っても、
匂いがうつりにくい、使い勝手の配慮ある、
仕上がりになっています。

ご紹介したどれをとっても、
作り手それぞれの思い描く、
いっぱい使ってもらって、
可愛がってもらえる「自分の器」が、
形になって湯呑みばかりです。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

厳しさの中での新年度

大震災が三週間が過ぎ、
今日4月1日からは新年度です。
被災された方々や、
原発の影響を受けている方々を思うと、
どうしても沈み込みかちになったり、
不安を感じてしまうこともあると思いますが、
被災しなかったぼくらに、これから出来ることは、
沈みこむだけではなく、暮らしは出来るだけ日常にもどし、
無駄を省きながらも、世の中が停滞しないように、
経済が滞ることは、決して復興の役にはたちません。

うつわ屋として出来ることは、
30年間続けてきた今まで通りに、
使う事で、心豊かになる暮らしの器を、
橋渡ししていくことだと思っています。

被災地の方たちは、既に限界に頑張っていらっしゃいます。
「がんばれ」「がんばろう」は、ぼくたちが心がけるべきことです。

荻窪銀花は、震災から3月中は省電のために、
明るい時間に営業時間をずらしていましたが、
本日4月1日より、通常時間にもどします。
日も延び、少しずつ暖かくなってきていますが、
照明やエアコンは、続けて省電に努めながら営業いたします。

平日は午前11時から午後7時まで、
日曜は正午から午後6時の営業時間でお待ちしております。

                     甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

FC2Ad