うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

藤田佳三展がYouTubeでもご覧なれます。

お知らせするのが遅れましたが、
藤田佳三さんの今年の作品を、
スライドショーにしてYouTubeにアップしてあります。
HPでご覧になるのとは、ひと味違う楽しみもあります。
ぜひ、覗いてみてください。

               甘庵





ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

藤田佳三さんの赤絵

様々な仕事こなす藤田佳三さんですが、
赤絵は代表な人気の仕事です。
その人気の秘密は大きく3つあげられます。

一つ目は、なんと言っても、絵付けです。
たくさん描いているからこその、
華やかで動きのある筆使いと、
描きすぎないように空間を残す努力です。

11_fujita_4616.jpg
左:赤絵六寸鉢 10,500円 径18cmH7cm
右:赤絵七寸鉢 21,000円 径21cmH7.5cm


二つ目は、上絵の下地になる、
粉引という素地です。
粉引そのものが、優しく温かな魅力と持つ、
仕上がりを生み出すための手法です。
変わることのない磁器などと違う、
使うことで侘びて行く、
柔らかな肌合いが魅力です。

11_fujita_4617.jpg
ゆったりしたフォルムに、気品ある赤絵がマッチして、
華のある晴れの器に仕上がっています。


三つ目は、やきもの作りとしてのバランスのとれた才覚です。
手間の掛かる仕事であっても、
使い勝手のために必要な事は手を抜きません。
ベースの粉引は生掛けにすることで、
陶器の優しい趣を失わない用にしながら、
焼成はだましだまし長く焼いて、焼き切ろうとする姿勢。
価格を抑えているのも腕の内です。
これら、作る事から手渡しまでの、
器を生みだしバランス感覚がとても優れています。

11_fujita_4618.jpg
腰から端が広がる作りが盛り映えする秘密。
見込みで料理を抱え、端縁が額縁になって、
料理をよりいっそう引き立てる仕組みです。


甘庵の思うところで深く分析し言葉にすれば、
こうなるのですが、
理屈より、選ばれる皆様のうちのたくさんのお客様に、
「可愛い~ *」「好き!」と、
言って頂ける器なのです。

              甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

2つの片口鉢

藤田佳三さんの個展も後半になりました。
会期中のブログでご紹介できるのも、
あと三日間となりましたが、
どの器をとってご紹介したくなるものばかりです。
そこで今日は片口鉢を、
安南手と絵粉引の2つをご紹介します。

11_fujita_4607.jpg
安南手片口向付け 4,830円 径14cmH6.7cm

藤田さんの器の高い人気は、
心華やぐ絵付けや、気品ある姿で、
その上、使い勝手がよいのですから、
当然のことと納得がいきます。

11_fujita_4563.jpg
絵粉引片口鉢 4,200円 径14cmH6.7cm

片口鉢は、アシンメトリーを好むと言われる、
私たちの文化に繋がる、
本来は注ぐという目的にある、
どちらかというと道具の片口を、
その口のある、非対称の姿にひかれて、
片口型の鉢として、好まれています。

11_fujita_4608.jpg
端正で凛とした、気品を漂わせる姿です。

皿でも鉢でも丸が多い食卓に、
軽くリズムがつくことも好ましく、
一品を一緒盛りにしても、
向付として格調高く盛りつけても、
懐の広い造形の片口鉢なら、
オールマイティな鉢として活躍します。

11_fujita_4565.jpg
たっぷり掛かった粉引に鉄と銅の可愛い下絵が、
とろんと焼き上がった灰釉で活かされています。


しかも、藤田さんのこの二つの片口鉢は、
200ccほどまでで、ゆっくり注げば、
そこそこの切れで尻漏りすることなく、
本来の姿の片口としても使えました。
まさにこのオールマイティな鉢です。

           甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

エキゾティックな安南手輪花舟形鉢

藤田佳三さんの安南手は、
達者な下絵にたっぷりかかった灰釉を、
ガンガン焼いて、溶けて流れて・・・。
あの安南独特の泣いている表情が出しています。

11_fujita_4603.jpg
安南手輪花舟形鉢 4,725円 W27cmD12cmH6cm

そのために、陶器としては、
とても良く締まった焼き上がりで、
使い勝手が大変よい器に仕上がっています。
染め付けと同じ方法なのに、
どこかエキゾティックな気配が流れる器です。

11_fujita_4604.jpg
名前の通りに舟形の形も、輪花の縁取りもエキゾチックです。

ご紹介している安南手輪花舟形鉢で、
よく思い出すことがあります。
まだ銀花にお買い物に来て頂いて、
間もない頃の、YOMEさんこと大井純子さんとの会話です。

11_fujita_4605.jpg
深さがあるので、ソースのある料理など、
盛りつけるる楽しみにも広がりがあります。


安南手舟形皿をご覧になっていて、
「舟形の器は、チーズをのせてオーブンにいれたくなるな~」と大井さん。
自然に「はい是非チーズのせてオーブンにいれてください」と甘庵。
「ええ~入れても大丈夫なんですか~」と大井さん。
「はい。1300℃近い温度で焼かれているので、200℃前後のオーブンは、
まったく問題ありませんよ」と甘庵。
その後の大井さんのレシピ本に、
オーブン料理が盛りつけされた、
安南手の舟形皿が載っていました。

11_fujita_4606.jpg
輪花に縁取られた丁寧な仕事は、
気品ある姿に仕上がっています。


熱くなるので、急激に冷やすことはイケマセンが、
それ以外は問題ないと思います。
丈夫で使いやすいようにと、
しっかり焼くのが、やきもの屋さんのお仕事です。
藤田さんはやきもの屋さんとして、
一流のお仕事しています。

                 甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

キュートな赤絵小湯呑み

藤田佳三さんはファンが多くて、
一生懸命に作っていただいていても、
手仕事の量でなるので、
一部の器が羨望の的になってしまい、
その人気が衰えることがありません。

11_fujita_4610.jpg
赤絵小湯呑み 2,625円 径7.8cmH6.6cm
容積は程よくいれて80cc~90cc


たしかに、それには大きな理由があります。
手に入れていただいたお客さまが、
皿でも鉢でも湯呑みでも、
使っていただいたときに、
盛り映えする華やかな絵や端正な作りだけではなく、
使い勝手や口当たりという、
使って頂いてこそ分かる地味な良さが、
心をつかみ、リピーターが増えるばかりなので、
ますます、要望が集中する一部の器が、
手に入りにくくなってしまっています。

11_fujita_4611.jpg
自然は端反りと丁寧な口作りが、
滑らかでスムーズな口当たりを生み出しています。


藤田さん本来の粉引や刷毛目の、
確かな仕事がベースになっていることは、
どの器にも一貫している仕事なので、
使っていただけたときの、
心地良さは間違いありません。

今年の個展作品でまだ赤絵をご紹介していなかったので、
今日は赤絵の小湯呑みをご紹介します。
汲み出しや湯呑みは言葉の通り、
本来は茶器ではなく、白湯や煮出して汲むで出すものを、
飲んでいた、たっぷり目の器です。

11_fujita_4612.jpg
見込みはベースの粉引のままで、
お茶の色合いを楽しませてくれます。


小湯呑みはその小さい版ですが、
大きめの煎茶碗として使える、
こっくり入れたお茶なら、
こちらの方が味わい深くいただけるかもと、
甘庵の好みでは思っております。

口当たりも良く、手持ちも掌も良く、
華やいだ赤絵はおもてなしの器として、
お茶の味わいと一段引き上げ、
楽しんでいただけます。

               甘庵




ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

紅安南はスペシャルメニュー

紅安南は、定番品としてより、個展などのときに、
ちょっと力入れて作られる仕事で、
藤田佳三さんのスペシャルメニューです。

11_fujita_4573.jpg
紅安南高台鉢 28,350円 径21cmH11.5cm

藤田さんの人気を二分する、
赤絵は粉引ベースに上絵で、
安南手は呉須で下絵と、
描くのタイピングは違っても、
いずれも一度ですが、
紅安南は、呉須下絵の安南を焼き上げて、
さらに赤や緑の上絵が施された、
ダブルに絵柄が施されます。

11_fujita_4574.jpg
カップ部分は、コンポートとしては見込みが深めで、
料理を盛りつける鉢としても使いやすいフォルムです。


手間を惜しむ藤田さんではないのですが、
ただただ、手間がかかるということは、
時間が掛かるということで、
普段の制作もいつも目一杯にされていて、
なかなかその隙間がとれずにいます。

個展という時には、
その忙しさの中でも、
自分を奮起させて、もう一手間を掛けて、
毎年を楽しみにしてくださって一年お待ち頂いた、
個展に足を運んでくださるお客さまへ、
作り手としての感謝の気持ちを、
仕事でお返ししているんです。

11_fujita_4575.jpg
異国情緒溢れる絵付けですが、どこか懐かしく感じる、
藤田さんのいう「渋可愛い」器です。


この紅安南は、古来から東西の交易文化の、
交流が盛んだったベトナムだからこその、
生まれたやきもののようです。
東洋的であり中東的な不思議な香りを放っている、
その意味でも、スペシャルなやきもののようです。

               甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

通好みの絵刷毛目鉢

今日は藤田佳三さんの個展の前半折り返しです。
少し人気が片寄ってしまうのですが、
会場には、安南手や赤絵の器も在庫があります。
また、個展の時にだけ作る、
魅力的な器も並んでいます。

11_fujita_4566.jpg
勢いある刷毛目と力のある鉄絵が生きている、
端正な姿の刷毛目鉢です。


今日現在で在庫のあるものからご紹介します。
少し通好みで、一見は渋いのですが、
使っていただくとわかっていただけるのですが、
これが料理が何でも映えるんです。

11_fujita_4568.jpg
絵刷毛目4.5寸鉢 2,835円 径13.5cmH4cm

また、使い勝手も良く、
使うほどの少しずつ侘びて趣が増し、
飽きのこない、時を経て愛着が湧いてくる器です。

少し鉄分のある素地に、
化粧土を刷毛で引き、
鉄で力のある下絵を施してあります。

勢いのある刷毛目を生み出しすために、
藤田さんは、器に合わせて、
刷毛を自分で作っています。

11_fujita_4567.jpg
絵刷毛目5.5寸鉢 3,990円 径16.5cmH4.5cm


ちなみにその刷毛は、
餅米の穂を叩いて柔らかくこなし、
器に応じた太さや長さで束ねるそうです。

このような作るための道具や、
さまざまな下準備なども、
材料店で求めるのではなく、
自分の感性に合わせて作っています。

11_fujita_4569.jpg
重ねての納まりもよく、収納性が高いのも、
日常の器には大切なポイントです。


こんなところに表れる、
藤田さんのモノ作りの姿勢こそが、
焼き上がった器が使った時の心地良くて、
使うほどに愛着が湧いて、
多くのファンの皆様に、
長く可愛がっていただける器が、
出来上がるのだと甘庵は思っております。

            甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

小振りながら秀作

藤田佳三さんの荻窪銀花での個展では器が中心ですが、
それは、荻窪銀花がうつわ屋だからです。

15年以上前になる出会いのころから、
日常の器をご紹介してきました。
当時は粉引や刷毛目など、
侘びた仕事が中心で、
達者な仕事の範囲も広く、
大きな花器や茶器なども、
充実していました。

11_fujita_4570.jpg
安南手花入れ 15,750円 径8.5cmH16cm

伝統的な和の手法で、
「華のある普段器」をテーマに個展をお願いして、
食卓が華やいで、使い勝手の良い器は、
自然とファンが増え、リピーターになっていただけて、
それ以来年々、藤田ファンは増えております。

11_fujita_4571.jpg
端正な姿には気品が感じられ、
大きさ以上の存在感があります。


一方、力を増し磨かれていったために、
世の中の厳しい状況から、
数少なくなっていくデパートなどの、
工芸美術のコーナーでの個展の依頼も増えています。

そちらでは、茶器や花器などの、
器というより作品が中心になり、
別の意味での藤田さんの力量が証明されています。

11_fujita_4572.jpg
灰釉のなだれや、泣いている呉須絵は、
ギリギリまで焼き切っての表情です。


今年の荻窪銀花の個展にも、
器以外の作品も少量ですが並びます。
ご紹介している、小振りながらも、
美しい気品ある姿の花器が届いています。
藤田佳三さんの秀作と言って良い、
安南手花入れです。

              甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

絵粉引のチャームポイント

藤田佳三さんの個展三日目ですが、
おかげさまでいつも通りの人気もの!!
ファンの方々の支えで、
大分少なくなって来ています。
ありがたいことです。

11_fujita_4560.jpg
絵粉引4.5寸鉢 3,150円 W14cmH4.5cm

幅広い藤田さんの仕事のなかでは、
赤絵や安南手の認知度は大変高かまり、
とても嬉しい限りです。
その割には、荻窪銀花の古~いお客さま方には、
人気でも、まだまだ若いお客さまには、
渋く見えるか、手にとっていただくことが、
少なくて残念です。

11_fujita_4561.jpg
脇には力強い筆あとの鉄絵があります。

京都で仕事をなさっていることもあり、
絵粉引や刷毛目などの器は、
プロの料理人にご贔屓にされて、
盛り映えする器の力は、
裏付けされています。

11_fujita_4562.jpg
見込みには、鉄の蔓と銅の実が施されています。

見込みに必要最小限に描かれた、
鉄と銅の下絵の、
茶黒の線描と赤緑のアクセントは、
こっくりとした粉引の肌に良く映り、
チャームポイントになっています。
使うほどの愛着の涌く器です。

特に料理好きには、
絶対につかって頂きたいと思う、
甘庵のお薦めする器です。

           甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

画像だけですが藤田さんのHPアップしました

遠方からの顧客の皆様、藤田さんのファンの方々、
HPアップが遅れてお待たせしておりますが、
先ほど、画像だけですがアップできました。

これから順次価格を入れて行く予定です。
お急ぎの方は、メールか電話で、
価格等をお問い合せください。

11s_fujita_4469.jpg

11s_fujita_4468.jpg

11s_fujita_4473.jpg

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

今日から藤田佳三さんの個展

午前9時現在藤田佳三さんは、
個展の荷物を満載して、
銀花に到着と予定していましたが、
東名高速をばく進中・・・ではなく、
東名集中工事最終日で富士川手前あたりで、
渋滞中していて、やきもきして連絡をくれました。

まぁ~この感じですと、
開店時間の11時頃か少し過ぎての、
到着になるかもしれません。
大丈夫です。
無事に着いてくだされば、
二人でばばっと荷ほどきすれば、
器がどれも良いのですから、
並べるだけで、昼前には個展として、
ご覧いただけます。

と、たくさんの楽しみにしてくださっている、
ファンの皆さま、お客に、事前に状況報告です。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

2011年 藤田佳三展はじまります

多くの藤田佳三さんファンの皆様、
おまちどおさまです。
2011年の個展が、いよいよ10月21日(金)からはじまります。
今年もたくさんの素敵な器を持って、
藤田さん自身で、京都から荻窪まで、
走り抜いて届けてくれれることでしょう。
人気の赤絵や安南、粉引や絵粉引など、
バリーションもアイテムも新旧ふくめて、
豊かな会場になるはずです。
11_fujita_3843.jpg

11_fujita_3842.jpg

11_fujita_3844.jpg

11_fujita_3840.jpg


ただ、例年とても熱心なファンの方々は、
早々にご来店いただけるので、
お早めにお出かけいただける方が、
確実に作品の種類を多くご覧いただけます。
ご来店をお待ちしております。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

楕円皿の魅力

武井順一さんの器は、
皿も鉢も丸ではなく、
楕円皿や楕円鉢がほとんどです。

11_takei_4460.jpg
桜長皿 25,200円 桜 漆仕上げ
W50.5cmD20cmH2.8cm
サラダサーバー 組12,600円
山桜 漆仕上げ L=30cm


それは、木地轆轤や機械加工では作りにくい、
手作業で削り出すからこそ、
無理なく加工できる姿だからです。

事実食卓にも、身の回りでも、
楕円の皿や鉢は少なく、
しつらえに変化ができます。
しかも日常の使い勝手もよく、
盛りつけの楽しさがあり、
一つあると何かと重宝される器です。

11_takei_4461.jpg
皿の見込みは刃後を楽しむさざ波のような仕上げ彫りが綺麗です。
サラダサーバーは柄の部分には遊び心の関節があります。


木の肌を活かすために、
木目が見れて、使い勝手も良い、
摺り漆を施してあるので、
普通の食器と同じ感覚で使っていただけます。
洗うのも他の食器と同じです。
柔らかいスポンジなどに、
中性洗剤で洗ってください。

木に塗装なので堅いもので洗うのは避けてください。
金属タワシや片面が堅くなっているスポンジも、
気を付けてください。
キズがつくか、漆の塗膜が早く摺り減ります。

目安として、手の甲の部分を擦って、
痛いものでは洗わないようにしましょう。

11_takei_4462.jpg
裏面腰まである、リズミカルで力強い削りあとを、
楽しめるのは、洗うオーナーの特権です。


後は陶器などと同じで、
使うほどに、馴染み、
木目が際だったり、
肌が渋くなってきたりと、
使っていく楽しみを味わえます。
それでも、何年も使いこめば表面が、
摺り減ることがあります。
その時には、お預かりして、
表面を調整してから、
もう一度漆をかけると、
綺麗になってまた長く使えます。

木の樹齢と同じ年月を、
使ってあげることで、
その間に森は再生するサイクルに、
日本の匠たちは身を置いていたと思います。

長く使っていただける、
木の器を目差して、
魅力のある楕円皿が生まれました。

          甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

優しいあかり

部屋も木肌も優しく照らすこのスタンドは、
武井順一さんとパートナーの山田智子さんの、
コラボ作品です。

11_takei_4455.jpg
波紋スタンド 52,500円 カツラ 漆仕上げ
綿織布シェード 径42.5cmH53cm


武井さんの彫るスタンドのベースと、
山田さんの織られた布が、
織りなすあかりは穏やかで温もりに溢れています。

11_takei_4459.jpg
本体だけではなく、シャフトやプルスイッチのツマミまで、
削り出した木のパーツで構成されています。


出来ていく様子を伺っていると、
打ち合わせを重ねてつめていったというのではなく、
まるで自然に出来ていったような、
そんな感じを受けました。

11_takei_4458.jpg
手織り布のシェードと木肌のコラボで、
お部屋に柔らかな光を広げます。


スタンドが照らしたあかりの中には、
同じ方向を見つめているお二人が、
作り出している空間そのもののような、
時が流れています。

             甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

ファンになるきっかけの匙

武井順一さんの木の仕事は、
小さなものから大きなものまで、
使ってもらいたいと思って、
作られているものが中心です。

11_takei_4446.jpg
スプーン各種 3,150円 L14.5~16cm
ティスプーンやデザートスプーンとして使えます。


それもあって匙を、
気軽に一本使いはじめていただいてから、
すっかり武井順一さんファンになって頂く方が、
とても多いんです。

11_takei_4447.jpg
スプーン各種 4,935円 L=19.5~21.5cm

匙は、手にして、口に運んでと、
まさに身をもって体験する器です。

11_takei_4448.jpg
上のスプーンの柄のディテールです。
カレーやシチューなどによいサイズです。


使うことで、木の仕事から伝わる温かみや、
柔らかく穏やかな質感と、
使う楽しみが見えて来る、
遊び心の彫りと、
武井さんの仕事の魅力に惹かれていく方が、
多いのは、自然なことなのでしょう。

11_takei_4449.jpg
匙 エンジェル 4,935円 L=25cm

サイズもティスプーンやディナースプーンの、
日常的なものから、
サラダや煮物を取り分ける、
サーバースプーンまで色々あります。

11_takei_4450.jpg
ジャムスプーンの柄はエンジェルです。

茶葉やコーヒー豆の計量匙や、
ジャムスプーンなど、
手元にあるとチャーミングな、
食卓演出グッズになるものまで、
それぞれの顔を見せてくれます。

           甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

モデルチェンジした楕円皿

木を刳りぬいた輪がついていることで、
その特徴的な姿もあって人気の楕円皿は、
パン皿という名前で作られていましたが、
今年マイナーチェンジしました。

11_takei_4443.jpg
輪付楕円皿 18,900円 シオジ・マユミ 漆仕上げ
W43.5cmD16.5cmH5cmh1.8cm


全体のプロポーションは変わりなく、
遊びの輪も健在ですが、
皿の見込み部分の刳り型が、
斜めに10℃振れて二回り小さな楕円に、
スッキリと刳られています。

11_takei_4444.jpg
名前の輪と受け木は、マユミ材から削りだしています。
真弓と表記され、粘りがあり強いために、
弓の材として珍重されたそうです。
この粘りと強さを活かした遊びの輪です。


前のパン皿という名前だと、
パン皿以外に使うことを、
躊躇されてしまう方もあったようで、
この遊びの輪の付いた皿は、
前菜、菓子器、ランチプレート・・・。
ほんとうはドンドン使ってこそ、
真価を発揮する皿です。

11_takei_4445.jpg
本体は、緻密な質感のマユミの輪と対称的な、
はっきりした木目の男性的なシオジです。


それもあり名前も「輪付楕円皿」と、
姿のままですが改名です。
しっかり染みこますように塗った、
漆が摺り減るほど使って頂きたい楕円皿です。
もちろん、摺り減ったときには、
お預かりしてメンテナンスさせていただけば、
リフレッシュして元のようになります。

            甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

今年の吹き寄せ

紅葉がはじまりだしたニュースが、
聞こえ始めましたが、荻窪界隈では、
まだまだその気配もありません。
それでも武井順一さんの個展会場には、
早々と今年の吹き寄せが出現。

11_takei_4438.jpg


ファンの方にはおわかりでしょう。
葉型皿は今年も数種届いていて、
それらまさに吹き寄せの様です。

11_takei_4440.jpg
楓葉形皿 4,200円 ケヤキ 漆仕上げ
W18.5cmD16.5cmH2cm


11_takei_4442.jpg
栗葉型皿 7,350円 ケヤキ 漆仕上げ
W22.5cmD7.5cmH2cm


楓、楢、柏、栗と、
紅葉や黄葉して、
落葉していく秋の景色を、
思い浮かべさせてくれます。

11_takei_4439.jpg
ナラ葉形皿6,300円 ケヤキ 漆仕上げ
W24.5cmD13cmH1.5cm


11_takei_4441.jpg
柏葉型皿 6,300円 ケヤキ 漆仕上げ
W22.5cmD14cmH2cm


虫食いの侘びだ表情を見せるのも、
武井さんの自然への敬意ある観察から、
一つずつ、一葉ずつの姿に彫られています。
といいながらも、具象なだけではなく、
器、皿として、使いやすく、
盛り映えするからこそ、
ファンの多い皿として、
毎年楽しませてくれています。

          甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

作り手の優しさが滲んでいる犬

武井順一さんは、器だけではなく、
家具や木彫もなさいますが、
どれには、作り手武井順一の人柄が滲んでいます。


11_takei_4437.jpg
犬 31,500円 ヒノキ 漆仕上げ
W27cmD7cmH10.5cm


今回届いている「犬」という木彫は、
表情仕草から、ヒノキと言う木材を、
削り出したことを忘れさせる、
柔らかさと、静かな動きが見えてきます。

11_takei_4435.jpg

この犬のモデルとは別に、
武井さんの飼っているワンちゃんの散歩は、
毎早朝の日課になっているそうです。
なんでもない日常散歩から、
日々暮らす小諸の自然を感じとることは、
作り手武井さんの大切なエネルギーに、
なっていると思います。

11_takei_4436.jpg

作り手とモデルの優しい会話を感じる、
身近な自然や動植物へをゆっくり見つめている、
武井さんの生き方にも通じる、
生き物への敬愛を感じとれる、
そんな作品です。

             甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

木塊から削り出した鉢

ご紹介する山桜器は、
抱えるほどの山桜の木塊から、
削り出した重量感ある鉢です。

11_takei_4428.jpg
山桜器 31,500円 山桜 漆仕上げ
W30cmD24cmH9.5cm


存在感や質感から想像するよりは、
軽く扱いやすいのは、
しっかり穿った見込みの広さと、
外側の削りも刃後の残しながらも、
厚みの無駄なくそがれたフォルムに、
仕上がっているからです。

11_takei_4429.jpg
手で削り出しているからこその楕円の鉢で、
木を特徴を活かして生まれたオンリーワンも魅力です。


美しいフォルムや存在感から、
オブジャや彫刻として飾れるのですが、
中身を盛り、手に持って、サーブして、
洗って、拭き上げてと、
およそ使っていただければ体験する、
触れる機会はオーナー特権。
それを行使しないのは、
宝の持ち腐れというものです。

11_takei_4430.jpg
盛りつける見込みの優しく滑らかな仕上がりと、
刃後の残した力強い側面の対比が器を引き立てます。


「山桜器」は名前のとおりに器です。
木という素材は、元々ぼくらの文化の基本の一つです。
木塊から削り出されたこの鉢も、
器として使ってこそ多くの幸せを、
体感できる木の器です。

             甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

限定お得サイズのスープカップ・スプーン

武井順一さんの作り出す木の器は、
その多くが身近で使うもので、
中でも、手に入れた方から、
評判の良いのがスープカップ・スプーンです。

11_takei_4431.jpg
右:スープカップ・スプーン 15,750円 山桜 漆仕上げ
W17cmD12.5cmH6.3cm 容積300cc スプーンL17cm
左:スープカップ・スプーン大 17,850円山桜 漆仕上げ
W17cmD12.5cmH7cm 容積400cc スプーンL17cm


冷めにくく、口当たりの良さや、
使い勝手の良さから、使用頻度高くて、
ファンが増え、バックオーダーも多く、
毎回の個展でも売り切れてしまう。
人気の器です。

11_takei_4432.jpg
口径は同じで高さが0.7cm高いだけで、
見た目と、容積が100ccちがいます。


いつもより厚みのある材が手にはいり、
その厚みを活かしたスケールアップの、
スープカップ・スプーンが今回限定で届いています。

定番も限定品も作り方は同じで、
密度が高い材質の山桜を使い、
価格も使いやすさなので、
内側は轆轤で削り出し、
なるべく安価にする努力をしています。

11_takei_4433.jpg
上からだと見込みの深さだけで、
丁寧な仕上がりは共通です。


外側は、塊から削りだしているので、
ハンドルも付けているのではなく、
本体と一体です。

刃後が残った丸く穏やかなフォルムと、
手にしたときの心地良さが、
多くの方の笑顔をひきだしています。

            甘庵  


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

遊びのあるふたもの

武井さんの仕事の基本は、
木の塊から削り、刳って、
形を作り出しています。

ふたものも、板を組む箱のようではなく、
塊から削りだし、
刳って形を作り出しています。

11_takei_4424.jpg
箱(家) 21,000円 ヒノキ 漆仕上げ
W9.5cmD8.5cmH12cm


ご紹介の箱(家)は、
ヒノキの塊から削りだした、
丘の上に立つ一軒のちいさな家。
麓からゆっくり螺旋に回り、
風になびく草群れの中、
家にまでつづく階段。

11_takei_4425.jpg

ふたものですが、
彫刻といっても良い仕事です。

漆仕上げからの時間がまだ浅いので、
全体的には黒く見えますが、
後半年、一年と時をへると、
漆が透けて来て、明るい色合いになって、
ヒノキの木目もみえたきるはずです。

11_takei_4426.jpg

使うことで、こすれ、拭かれ、手に馴染むと、
表面が少しずつ艶やかにもなることでしょう。
身の回りにおいて、使いながら、
楽しめるふたものです。

             甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

武井順一展を YouTubeへアップしたお知らせ

武井順一さんの個展会場の画像をスライドショウにして、
YouTube にアップしましたので、
以下のアドレスでご覧いただけます。
HPとはまたひと味違う感じで楽しみいただけます。

2011年 武井順一 木との会話が聞こえる器 展



http://www.youtube.com/watch?v=cD64yLJY9cI
お楽しみください。

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

二つの栗葉形皿

武井順一さんの葉型皿は、
リアルな彫りで楽しく、
お菓子デザートから料理まで、
幅広く盛りつけられて、
使い勝手もよいので、
とても人気があります。

11_takei_4422.jpg
栗葉型皿 7,350円 ケヤキ 漆仕上げ
W22.5cmD7.5cmH2cm


葉の種類も増えていって、
ナラ、楓、柏、栗とありましたが、
今回は、少し違う表情でバージョンアップ!

葉脈まで彫り混んでいたところを、
今回とどいた新栗葉型皿は、
デフォルメにデザインして、
滑らかでより使い勝手のよいものに、
仕立ていらしゃいました。

11_takei_4421.jpg
栗葉型皿 8,400円 ケヤキ 漆仕上げ
W22cmD7.5cmH2cm


滑らかに仕上げられて、
ケヤキ材の木目の美しさがより引き立ち、
また葉の動きが見えてくるような、
美しいフォルムがきわだつっています。

11_takei_4423.jpg

栗葉型皿は、長皿のバランスですが、
とても盛りつけしやすく、盛り映えがして、
使うのが楽しみになる皿に仕上がってします。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

武井順一さんの個展

今日から武井順一さんの個展がはじまりました。
初日で何かとバタバタしていて、
ブログ書き込みがすっかりおそくなりましたが、
HPも出来上がりました。

11_takei_4401.jpg

今年も楽しい、手あとの残る、
木の仕事がたくさん届きました。
同じような器でも、
木目が違ったり、一つずつ削り出しているので、
微妙にフォルムが違ったり、
手の持ってとき、重さや掌が、
ひとつずつが、ぞれぞれに主張します。

11_takei_4386.jpg


木目を活かして、木地に染みこませるように、
摺り漆を三度以上塗っているので、
木の質感や肌合いを感じながらも、
気軽につかえる器ばかりです。

           甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

見ても使って多彩な盃

澄んだ素地の中の煌めくアワが美しいのが、
荒川尚也さんのガラス器の特徴になっています。
この四方盃はこの特徴を見ることが出来ます。

11_arakawa_4336.jpg
四方盃 4,095円 径7.5cmH8.5cm

さらに、作るときの特徴も楽しめます。
吹きガラスの伸びやかなフォルムの面と、
ステム部分を基準の寸法にする型の面が、
両方見られます。

11_arakawa_4337.jpg
カップからステムまで入り混んだアワが綺麗です。

息を吹き込んで膨らますカップ部分は、
素地にアワを巻き込みながら丸く延びています。
四方盃の名になっている四角いガラス塊のステムは、
金属の枠の中に吹き込んで作ります。
金属と溶けたガラスが直接触れたときの、
鱗状の後が残り、塊のガラスが集めた光を、
キラキラと輝かせます。

11_arakawa_4338.jpg
光を受けてガラス塊のステムが煌めきます。

適当な塊感の重みが心地よく、
ぐい呑みよりは容積も多いので、
使い方も色々楽しめます。

酒類だけではなく、
プチデザート、スウィーツや、
前菜や肴などが似合いそうです。
お手持ちのプレートや茶托などと、
合わせるしつらえで、
もてなしの演出も広がります。

フォルムや特徴を見ても、
使い方や楽しみ方も多彩な四方盃です。

            甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

注ぐのが楽しくなるピチャー

それなりに酒をたしなまれる荒川尚也さんなので、
酒器が上手いのですが、
酒器であり日常の器にも使いたくなる器に、
仕立てるところがさらに上手いです。

11_arakawa_4308.jpg
ピッチャー小 4,515円
W11.5cmD6.5cmH14cm 八分目で容積250cc
ピッチャー中 5,985円
W13.5cmD8cmH15.5cm 八分目で容積400cc


一つずつ大きさの違うピチャーは、
筒状の器の端をつまんで口を作っただけの、
シンプルなデザインですが、
たからこそ、バランス一つで、
良し悪しが決まってしまいます。

それなのに、お求めになる方が、
それぞれの良さがあって、
迷われるほどに、ハズレがありません。

11_arakawa_4309.jpg
縞模様のアワが綺麗です。

このピチャーは、冷酒、ワインと酒類だけではなく、
麺汁、ドレッシング、わりしたなど、
注ぐものならなんでも行けちゃいます。
それの、綺麗なアワとフォルムの良さから、
一輪差しにも使い勝手が良く、
かなりマルチに使える優れものです。

11_arakawa_4310.jpg
水が入ると煌めきが見えてきます。

スキガラスは液体を入れるたけで、
光の受け止め方を変えて、
違った表情を見せます。
画像のように、
水を入れただけでも違いが分かりますが、
液体に色があればそれもまた楽しめます。

使い勝手も良く、匂いも移らず洗いやすいので、
いろいろな飲み物や汁やソースを入れて、
注ぐのを楽しみたくなるピチャーです。

             甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

光にかざしたくなる皿

荒川尚也さんの個展も終盤になりました。
ご紹介したいものがまだあるのですが、
中から絞り込んで、今日は板皿をご紹介します。

11_arakawa_4302.jpg
左:キャスト 角皿小 スキ 3,570円 □10.5cmH1.3cm
右:キャスト 角皿小 スモーク 3,570円 □10.5cmH1.3cm


吹きガラス以外の作品を、
少しずつ心がけている中でも、
既に定番かしていて、
買い足していただくファンがいる、
キャスト角皿です。
スキとスモークの2タイプあります。
11_arakawa_4305.jpg

ほとんど平らな面と、
すこしだけ凹になっている面の、
どちらも使えます。

11_arakawa_4304.jpg
スキは砂糖の塊のように、
スモークはスレート瓦のようにみえたり、
それぞれ石のように見えたり・・・、
触れて確かめたい衝動にかられる質感です。


それでも、日常的な皿というより、
器自体がご馳走にして、
盛りつけやレイアウトを積極的に楽しむ皿です。

11_arakawa_4313.jpg

手にして光にかざしていると、
菓子皿、酒の肴の皿や、
季節の飾り付けなどは、
イメージが広がります。


食べたあとには手に持ってもらい、
ガラスの質感や、
光をとすと色合いが変わることなど、
味わってもらいたい皿です。

         甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

FC2Ad