うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

自分の器展のお知らせ

新しい生活がはじまる春です。
記念や贈りものや、
身近な器も揃えたくなる季節です。
ぴったりの企画展「自分の器 マイカップ 展」が、
明後日3月2日(金)からはじまります。

12mycup_0459_20120228180936.jpg

12mycup_0464.jpg

12mycup_0461.jpg

世界では珍しく私たちは子供のころから自分の器をもっています。
器を楽しむために大切な習慣です。
飯碗、湯呑み、マグカップ、コップ、ビアマグなど、
自分好みで選び使うマイカップを揃えみました。
ぜひお出かけください。

                甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

注いで良し盛って良し姿良し

注ぐ器展最終日になりました。
ご紹介するのは、三拍子が調った片口です。

11_katakuchi1490.jpg
角掛政志 片口  4,200円
径14cm高さ8cm 八分目で400cc


本来の注ぐ機能がまず調っていないと、
片口とは呼びがたく、
片口型の鉢といってしまう甘庵です。
その意味では、まさに片口です。
短めに設えられた口ですが、
絶妙な角度もあって、抜群の水切れを見せ、
「スパッと」切れます。

11_katakuchi1492.jpg

窯変した黒釉が美しい、
たっぷりした見込みは広がりがあり、
盛りつけやすく、盛り映えします。
しかも、洋でも和でも料理を選びません。

11_katakuchi1491.jpg

しっかり焼ききった焼成は、
せっ器質の素地の効果が発揮されていて、
釉調の肌合いも、無駄のないフォルムも、
美しい姿を見せます。

11_katakuchi1493.jpg

畳付まで施釉された大きめの高台は、
使い勝手の良い納まりとして、
安定感と丈夫さをみせながら、
品格と持っているところは、
あるいは4拍子そろった片口かもしれません。

              甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

吹きガラスの酒器

今年は寒さの厳しい冬でした。
例年なら見頃の梅も未だに堅い蕾が多いようです。
それでも、日がずいぶんと延びてきて、
晴れると日差しは暖かく、
やっと春の兆しが見えて来た気がします。

12_sosogu_0627.jpg
西川孝次
瓢形面取り瓶 4,725円
ヒワ色面取り瓶 5,250円
赤ショットグラス 3,675円
ヒワ色ぐい呑み 3,465円


気温が緩むと、
冷たい飲み物が美味しく感じられ、
器にも春めくものが使いたくなります。

12_sosogu_0511.jpg
荒川尚也
つけ口の片口 7,350円
渓流盃   4,200円
スクリュウショット 4,200円


出番の少なかったガラスも、
使いたくなるのは甘庵です。
そこで今日はガラスの酒器をご紹介します。

12_sosogu_0628.jpg
西川孝次
リキュール瓶 フタ朱 8,400円
台ヒワ色巻きモールリキュールグラス 3,675円


今週末は3月です。
遅れていた梅花も一気に開くことでしょう。
後を追って、桜、桃、辛夷、木蓮、れんぎょ、山吹と、
一気に花開き春満開になる月です。

と、なれば・・・・・そこは花見酒。
騒ぐだけではない、優雅に静かに、
お気に入りの酒器で注ぐ酒を楽しみましょう。

               甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

水滴っていいます

注ぐ器展から、水滴(すいてき)をご紹介します。

12_sosogu_0504.jpg
水滴は硯などに水を注ぐ器です。
必要な分だけ水と注ぐのに使いやすい道具です。


「習字のときに水垂らすのものよ」と、
何に使うのか知っていらっしゃるお客様でも、
名称が出てこない、マイナーになってしまった器です。
ちょっと寂しいかな。

12_sosogu_0624.jpg
野波実 青白磁動物水滴 4,000円
径5.5cmH6cm


絵手紙や、仮名を楽しんでいる方には、
墨や絵の具や筆だけではなく、
硯や筆置きや文鎮や筆架などや、この水滴など、
堅苦しい約束というのではなく、
使って欲しいと願います。

12_sosogu_0625.jpg
城戸夏夫 マット釉水滴 15,000円 共箱入り
径7.5cmH5.1cm


身近で絵を描くことや、
文字を書くことを楽しむときには、
ゆとりとして道具まで楽しむことが、
文化として、あるいは教養として、
広がりをもっていけると・・・・。

12_sosogu_0626.jpg
木戸明彦 備前水滴 7,500円
径8cmH5.7cm


そう思うのは、水滴がほぼ死語になってしまうように、
無理な世の中になってしまっているのかな~?
やっぱり、ちょっと寂しいかな。

             甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

キュートなポット

注ぐ器展から、お洒落でキュートなポットをご紹介します。
稻垣明子さんのグレートーンの小振りなポットです。

12_sosogu_0592.jpg

ティカップ2杯分ほどの300ccの容積です。
スは簡単な作りで、細かい茶葉をそのままより、
ティバックなどで入れるのに、
向いている作りです。

12_sosogu_0593.jpg
稻垣明子 グレートーンポット 9,000円 300cc

ティバックでも、一手間で美味しく紅茶を楽しめます。
茶葉でも同じですが、大事な3点。
1.ポットをカップを温めること。
2.沸かしたての熱湯を濯ぐことです。
3,蒸らす時間をもつこと。

12_sosogu_0594.jpg
稻垣明子 グレートーンポット 9,000円 300cc

これ以外に味の差が出るのは、
茶葉の質と茶葉の量です。
美味しい茶葉・・・というか、
好みでお気に入りの茶葉をつかうこと。
茶葉をけちらないことですが、
ティバックですと分量が決まっているので、
美味しく飲むためには、ティカップあたり1個が必須。
なので、このポットなら2個がよろしいかと。

12_sosogu_0507.jpg

どんな種類でも、美味しいお茶を頂くと、
ノドの乾きを潤すだけではなく、
心まで潤う力があります。
だからこそ、長い歴史のなかで、
愛されてきたのでしょう。

12_sosogu_0506.jpg

そのお茶をより深く味わうために、
お気に入りの器は大切なアイテムになります。
自分好みのポットやカップで、
楽しみましょう。

             甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

手ひねり焼き〆の片口

注ぐ器展から、鶴見宗次さんの片口をご紹介します。
鶴見さんは轆轤(ロクロ)をつかわずに、
珪石などが入ったざっくりした土を、
手ひねりで造形しています。

12_sosogu_0613.jpg

釉薬ではなく、木灰をたっぷりかけて、
限界に近い温度で焼き切り、
還元冷却と言う方法で冷まし、
溶けて土を反応した木灰が、
釉薬のようになったり、焦げてかせたり、
石や鉄が溶けてはじけたりと、
一つずつ違う、力強い窯変を見せています。

12_sosogu_0615.jpg

ざっくりした造形と裏腹なくらいに、
緊張感のある、シャープなフォルムは、
地味な肌合いと色の器でありながら、
様々な食材や料理を包み込み、
驚くほどの盛り映えを見せます。

12_sosogu_0617.jpg
左:鶴見宗次 手ひねり片口白 3,150円
右:鶴見宗次手ひねり片口白 4,200円


料理人たちに愛用者が多いのも、
そのためだと思います。

12_sosogu_0618.jpg
左:鶴見宗次 手ひねり片口 4,200円
右:鶴見宗次 手ひねり片口 5,250円


ご紹介している片口は、
どれもその短めの口からは、
信じがたいほどに切れの良い注ぎ心地です。

12_sosogu_0619.jpg
左:鶴見宗次 手ひねり片口 5,250円
右:鶴見宗次 手ひねり片口 5,250円


酒を手酌でいただくときに、
細く、的確に注げる様は、
酒の楽しみを広げてくれます。

            甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

チョーク描のポット

注ぐ器展から、ポットを2点ご紹介します。
村木律夫さんの作品で、
チョーク状のもので描いた下絵が、
水で溶いた絵の具を筆で描くのとは違った、
独特の表情です。
12_sosogu_0595.jpg

村木さんらしい隅々まで丁寧な仕事と、
ちょっとくだけたタッチの絵柄が、
和の暮らしのなかで使う、
洋食器としてのポットとして、
魅力ある仕上がりになっています。

12_sosogu_0597.jpg
村木律夫 チョーク描ポット 13,650円
容積450cc


どちらも、口蓋の大きなデザインにまとめられていて、
美しい姿でありながら、
気にされる女性が多い、
茶殻の処理や、内側のメンテナンスがしやすいです。

12_sosogu_0596.jpg
村木律夫 チョーク描ポット 12,600円
容積500cc


また、コーヒードリッパーが、
容易く乗るので、コーヒーポットとして、
お使いになる方もいらっしゃいます。

12_sosogu_0609.jpg

蓋の納まり、きちんと穿ったス(お茶を漉す部分)、
スムーズな注ぎ心地と、切れの良さ。
基本として茶葉を漉して、注ぐと言う機能は、
優等生でありながら、
軽快な絵柄、調った姿で、
お茶の時間を楽しむための道具です。

             甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

3月の企画展予定

荻窪銀花では素敵な器をご紹介できる企画展を、
ほぼ2週間ごとに催しています。
3月の二つの企画展をご紹介します。

12mycup.jpg

自分の器 マイカップ 展
3月2日(金)~3月13日(火)
2/29水.3/1木.7水はお休みです
最終日は18時までです
世界では珍しく私たちは子供のころから自分の器をもっています。
器を楽しむために大切な習慣です。
飯碗、湯呑み、マグカップ、コップ、ビアマグなど、
自分好みで選び使うマイカップを揃えみました。

12kubota_0576.jpg

久保田信一 普段使いの器展
3月16日(金)~27日(火)
3/14水.15木.21水はお休みです
最終日は18時までです
「作るのが楽しいのですが、料理を盛って使うのがもっと楽しいんです」
という久保田さんの作る器には、
何気ない中に、強く芯の通った仕事が見えます。
鉢、皿、碗などの普段使いが楽し器をご覧ください。

甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

黒い片口鉢

注ぐ器展から光藤佐さんと小野寺友子さんの、
片口鉢をご紹介します。
どちらも黒釉で、鉄を多く含んだ釉薬です。

12_sosogu_0591.jpg
光藤佐 鉄釉片口 5,250円
径16.5cmH6.5cm


ほぼ同じような大きさと容積でも、
形だけではなく、釉薬もそれぞれに、
とても個性がでている逸品です。

12_sosogu_0590.jpg
小野寺友子 鉄釉片口鉢 4,830円
径17cmH7cm


共通していえることは、
盛り映えが抜群なことで、
甲乙付けがたいところです。

12_sosogu_0589.jpg
基本は伝統的はふっくらゆったりしたフォルムの鉢です。
返した丸渕の下に穿った口に付け口があります。


選択判断は使う方のお好みになると思いますが、
逆に、こういう気合いに、
素直に選ばれる反対側をお選びいただくのも、
食わず嫌い克服のチャンスになるかもしれません。

12_sosogu_0543.jpg
人気の八角鉢と同じ釉薬が盛り映えさせる、
美しい禾目の懐の広い見込みになっています。


それほどに、盛ったとき華やぎ、
普段の惣菜から、よそ行きのご馳走まで、
親しみやすく包みこんだり、
凛と気品溢れる表情をもっていたりと、
使い勝手の良い片口鉢とお薦めできます。

12_sosogu_0588.jpg
鳶口といわれる、轆轤成形後に指でつまみだす口です。
さりげないベタ底の姿はモダンでいて、気品があります。


片口鉢なので、
盛りやすい形状の浅めですが、
注いでみると、スパッと切れます。
思った以上の注ぎ心地です。
注ぐ片口が上手なお二人らしい、
自然な口作りなのでしょう。

12_sosogu_0542.jpg
釉薬が結晶している質感を活かした平らな見込み底の処理は、
小野寺さんのセンスの良さがにじみでている納まりです。


口切れが良いのですから、
汁やソースの多い料理などにも、
違った盛り付けや使い方が、
楽しめる可能性を持っています。

            甘庵




ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

吹きガラスのピチャー

開催中の注ぐ器から今日は、
吹きガラスのピッチャーを3点ご紹介します。

12_sosogu_0583.jpg

西川孝次さんのスキと青いピッチャーを、
荒川尚也さんの大きなピッチャーです。
作り手それぞれの個性が良く出ていて、
それぞれの魅力を見いだせます。

12_sosogu_0586.jpg
西川孝次 スキモールピチャー 7,875円
W15cmD11cmH12.5cm 容積450cc


西川さんのモール(ヒダの意味)が施された、
スキ(透明という意味)ガラスが、
ガラスの屈折を楽しめます。
モールは液体が入ってところが、
消えて見えるところが、使う時の楽しみです。

12_sosogu_0585.jpg
西川孝次 青ピッチャー 11,550円
W16.5cmD12.3cmH14cm 容積600cc


基本が青いガラスですが、
緑が混ざり込ませることで、
まるで自然界の景色にみられるような、
グラデーションや色の溶けあう様を、
光の加減で楽しめます。

12_sosogu_0584.jpg
荒川尚也 アワ水差し 15,750円
W20.5cmD12cmH22.5cm 容積1,400cc


荒川さんのこのピッチャーからは、
金属型で成形する部分の、
ウロコ文のように細かく均等に煌めく部分と、
取っ手や口や縁などの、
付けたり、伸ばしたり、丸めたりという、
滑らかな表情を読み取れます。
もちろん、発泡させていれた、
アワの文様も施されています。

それぞれの工夫や個性が見て取れますが、
ガラスという素材独特の、
光を透かし、反射する性質を、
使う場面で違って表情をみせてくれる、
共通の楽しみがあります。

             甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

加藤財さんの急須とポット

開催中の注ぐ器から今日は、
加藤財さんの急須とポットをご紹介します。

12_sosogu_0554.jpg

球体の急須やポットがおなじみですが、
これらもの定番で長く作られている、
お薦めのタイプです。

12_sosogu_0553.jpg
加藤財
後ろ手急須白 9,450円 200cc
後ろ手急須茶 9,450円 220cc


急須は瓶子型と呼んでいるタイプで、
初めて加藤さんが作ったポットの形で、
オリジナルの姿です。
優雅で柔らかな美しいフォルムの急須です。

12_sosogu_0555.jpg
加藤財
ポット白 10,500円 400cc
ポット茶 10,500円 420cc


ポットの方は、砲弾型と呼んでいるタイプで、
昔の喫茶店でコーヒーをおとす時に、
使っていたケトルに似た姿です。
細く静かに注ぐ事が出来る形で、
とても注ぎやすいポットです。

加藤さんの急須もポットも、
一つずつを手にとってみると、
隅々まで丁寧な作りや納まり、
同じ物がないのにどれも加藤さんとわかる、
独特の凛とした姿は、
お茶をいれることを大切にしながら、
楽しむために最強の急須とポットです。

            甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

藤田佳三さんの片口2種

開催中の注ぐ器から今日は、
藤田佳三さんの片口を二つご紹介します。
どちらも安南手ですが、
それぞれ使い方が違っています。

12_sosogu_0547.jpg
藤田佳三 安南手片口 9,450円
W18cmD13.5cmH8.5cm


こちらは、酒器としてつくられた片口です。
杯に静々と満たしていく、
細く注げる具合が誠によろしい、
注ぐことを楽しんで、
酒がより美味しく頂く片口です。

12_sosogu_0550.jpg
酒器とあわせれば、しつらえが肴なります。
藤田佳三 灰釉ぐい呑み 5,250円 刷毛目ぐい呑み 5,250円


凛としたフォルムの基本になる口も、
片口本来の機能の注ぐことを、
重点に作られたものです。

12_sosogu_0551.jpg

もちろん、気品ある器の姿に、
きちんと盛りつければ、
華やかに盛り映えします。

12_sosogu_0523.jpg
藤田佳三 安南手片口小鉢 3,150円
径12.5cmH5.2cm


一方のこちらは片口小鉢で、
作った口を付ける付け口ではなく、
本体からつまみ出した、
トビ口といわれる口の片口です。

12_sosogu_0552.jpg
小鉢として使うため口があっても、
見事な重なるスタッキング性能です。


すり鉢などにも良くあるように、
他に移すときなどに、
役立つ口です。

12_sosogu_0549.jpg

口があることで方向性がでて、
盛り映えを楽しめるだけではなく、
ソースや汁、ちょっとドレッシングなどを、
注ぐときなどにも便利です。

片口は、注ぐことが基本にあるものも、
姿からデザインとして作られたものでも、
注ぐ機能をもっていることで、
使い勝手も盛り付けにも、
広がりのある魅力的な器です。

          甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

注ぐ器の楽しみ

暮らしが多様化して、
お茶やお酒や調味料などの種類も増えています。
基本的に器好きな私たちには、
自然に注ぐ液体に合わせて、
注ぐ器も多様化してきているようです。

12sosogu_0193.jpg

昔なら、片口や徳利、急須や土瓶などでしたが、
ピチャーやポットクリーマーなどが自然に仲間入りして、
それぞれの良さを取り入れたりと、
器も変かし、進化してきているようです。

12sosogu_0191.jpg

食事の中やお茶を入れたり、
お酒を飲むときなど、
注ぐという動作そのものが、
美味しさをますためだったり、
くつろぎだったり、楽しみだったりと、
注ぐ器の役目は大切なんです。

12sosogu_0185.jpg

より美味しく魅せたり、
気持ち良く注げたり、
幾度も注ぐのが嬉しかったりと、
注ぐ場面で楽しみを広げる器です。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

注ぐ器展がはじまります

明日からの新し企画展は、
片口や急須など、注ぐ器を、
集めてご覧いただきます。

12sosogu_0182.jpg

12sosogu_0187.jpg

口のある注ぐ器のアシンメトリーな形に心惹かれてしまうのは、
私たち中にある和の美意識からのようです。
また、切れ味のいい注器でお茶やお酒など、
飲み物や液体を注ぐことを楽しめる、アクティブな器です。

12sosogu_0184.jpg

12sosogu_0190.jpg

注ぐ器 展 片口、急須、ポット、ピチャー  
2月17日(金)~28日(火)
2/15水.16木.22水はお休みです
最終日は18時までです

是非お出かけください。

                 甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

時がゆったり流れるあかり

あかり展も最終日になりました。
今日は少しクラシックな香りのする、
武井順一さんのスタンドをご紹介します。

12_lamp_0482.jpg
波紋スタンド 52,500円
カツラ 漆仕上げ E26電球 最大60W(電球形蛍光灯対応)
綿織布シェード 径42.5cmH53cm


カツラ材の塊に彫られた波文は、
ゆったりした時間の流れを連想します。

漆で仕上げられたカツラ材の優しい木目と、
手織りの布で仕立てられたシェードが、
醸し出す柔らかなあかりは、
くつろぎの空間をより緩やに演出してくれます。

12_lamp_0402.jpg

カツラ材の台は、
時間とともにより落ち着いた表情に、
育つ楽しみをもっています。

12_lamp_0481.jpg
撮影時には電球形蛍光灯13W(60W相当)が点灯しています。
*メーカーによっては、10W程度で60W相当の明るさになってきています。


シェードの布は長い時間の中で、
汚れや変色があると思いますが、
新しく織り上げた布で、
仕立て直すことが出来ます。
カーテンなどを同じイメージで、
お部屋のリフレッシュになることでしょう。

あかりは暮らしのなかで、
大切なアイテムだと思っています。
省エネを心がけながらも、
明るいだけではなく、
灯すことで、お部屋が安らぎ、豊かなになる、
そんな力をもっているあかりを、
これからもご紹介していきます。

           甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

食卓を美味しく演出する”あかり”

あかり展がはじまった当初から、
ペンダントは(つり下げ式の照明器具)、
ご覧頂いてきました。

12_lamp_0419.jpg
ペンダント 40,000円
吹きガラスシェード:巳亦敬一
銅打ち出しフランジ金物:堀内繁樹
E26電球 最大60W(電球形蛍光灯対応)
径24cm 高さ17cmコード長さ1m


ねじ式でシェードを簡単に取り外しができ、
外したシェードは洗う事で簡単に綺麗になって、
吹きガラスのシェードを引き立てる、
シンプルで飽きのこないデザインと考えて、
現在の荻窪銀花オリジナルペンダントの形状に、
落ち着いて、長く橋渡ししてきました。

11_lamp_1646_20120213103752.jpg
電球色の電球形蛍光灯10W(60W相当)や21W(100W相当)を、
お使いいただくことで、白熱灯をほぼ変わるこのことのないあかりを、
省エネでえられます。


食卓や居間のコーナーなどに、
つり下げることで、
照明器具の下向きの光に照らされて、
料理を美味しく、調度を華やかに、
自然に演出するあかりです。

12_lamp_0404.jpg
ペンダント 30,600円
吹きガラスシェード:荒川尚也
銅打ち出しフランジ金物:堀内繁樹
E17口金 最大25Wまで
径10cm 高さ14cm コード長さ1m


吹きガラスのシェードの多くは、
巳亦敬一さんや荒川尚也に作ってもらっています。
金物は銅打ち出しで堀内繁樹さんに、
一つずつ作ってもらっています。

12_lamp_0475.jpg
上のペンダント小にLED電球4.3W(25W相当)口金 E17を付けてみました。
電球色なので思った以上に自然で、下向きの光が手中するので、
設置場所によってはこちらの方が良い場合もあると思います。


それそれの手仕事のコラボレーションで、
同じ物がないのですが、
どの組み合わせをしても、
質の高い存在感と、使い勝手のよい、
照明器具になってくれます。

            甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

荻窪銀花オリジナル照明器具

あかり展ではおなじみになっている、
下向きのグーズネックスタンドは、
荻窪銀花のオリジナル照明器具の、
基本中の基本になっています。

12_lamp_0397.jpg

無塗装の真鍮ベースと支柱と、
銅板から一つずつ打ち出した金物と、
宙吹きガラスのシェードは、
同じもの一つもないという、
自分だけのスタンドを欲しい方には、
好評です・・が、
カタログに載ってないと不安な方には、
なかなかご理解いただけないかもしれません。

12_lamp_0396_20120212114734.jpg
グーズネックスタンド 36,000円
吹きガラスシェード:巳亦敬一  径14.5cmH11.5cm
銅打ち出しフランジ金物:堀内繁樹
支柱真鍮パイプ、ベースは真鍮ヘラ絞り
E17電球 最大40W
H41cm ベース径18cm


ベースになる真鍮や銅は、
無塗装なので、から拭きを重ねていくと、
少しずつ侘びていって、
金属の表面が酸化して皮膜を作り、
それを味わいと理解していた、
和の文化にも通じます。
和の伝統的な金属は、
初めから表面を均一に酸化させる、
錆び付けという仕上げが当たり前でした。

12_lamp_0395.jpg
グーズネックスタンド 36,000円
吹きガラスシェード:巳亦敬一 径13.5cmH11cm
銅打ち出しフランジ金物:堀内繁樹
支柱真鍮パイプ、ベースは真鍮ヘラ絞り
E17電球 最大40W
H41cm ベース径18cm


わかりやすく言えば、
アンティークのような表情です。
この仕上げは手間になるので、
価格に響くため、このシリーズでは、
大手電機メーカーの同形スタンドと、
同じような価格に抑えるために省きました。

12_lamp_0394.jpg
グーズネックスタンド 36,000円
吹きガラスシェード:巳亦敬一 径19cmH10.5cm
銅打ち出しフランジ金物:堀内繁樹
支柱真鍮パイプ、ベースは真鍮ヘラ絞り
E17電球 最大40W
H41cm ベース径18cm


手に入れたオーナーが、
日々の暮らしのなかで、
使って頂くうちに、
少しずつ侘びでいき、
育てていただくことを狙っています。

いつもキラリとしておきたい方は、
金属磨きで時折磨いていただくことで、
真鍮色と輝きが楽しめます。

12_lamp_0393.jpg

いずれの場合も、
シェードは簡単に外れるディテールになっているので、
こちらは、時々食器のように洗っていただき、
綺麗にしていただくことで、
光効率が良く、省エネにもなります。

銀花のコンセプトである、
長く使っていただくことで、
愛着の湧いてくるという、
一途な思いは、器と共通しています。

             甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

情緒のある常夜灯

コンセントへ差し込むだけで、
簡単に設置できるタイプの常夜灯は、
なかなか便利ですが、
安直なデザインや素材感で、
場所によっては付けがたいものが多いと、
思っている方にお薦めできるのが、
三上洋さんのやきもの家のシリーズです。

12_lamp_0386.jpg
三上 洋 常夜灯 各種 6,300円
なつめ球5Wが入っています。陶器製


ちょっとメルヘンで夢のある、
小さなお家形しています。
ほの暗い階段や廊下に、
楽しい光の広がりを照らしだします。

12_lamp_0387.jpg
三上 洋 常夜灯 各種 6,300円
なつめ球5Wが入っています。陶器製


今回はこのシリーズに、
シンプルでベーシックな、
円柱形と、立方体の2タイプが、
出来てきました。

12_lamp_0445.jpg
三上 洋 常夜灯 各4,200円
なつめ球10Wが入っています。
アロマオイルを垂らす窪みあります。
なつめ電球 最大10W 陶器製


秩父の土をベースにして、
土肌を楽しむ焼き〆タイプです。
モダンなお部屋にも合うと思います。

12_lamp_0385.jpg
三上 洋 常夜灯 6,825円
なつめ球10Wが入っています。
アロマオイルを垂らす窪みあります。
なつめ電球 最大10W 陶器製


この少し大きなお家や焼き〆のタイプは、
10Wなつめ球をいれて、
上の窪みにアロマオイルを落として、
お好きな香りを楽しむこともできます。

             甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

ガラスを魅せるためのディテール

荒川尚也さんの仕事には、
ついつい納得させられてしまいます。
荒川さんの工房”晴耕社”のオリジナルとして、
鉄と組み合わせたの作品が生まれ基本は、
自分たちで作る窯のための、
鉄に近づいたからです。

12_lamp_0427.jpg
荒川尚也 マジャパイトランプ四角大 199,500円
シェード径35cmH14.5cm 台□18cm全H60cm
E17電球 最大25W


ガラスにとっては、その鉄との組み合わせが、
とても相性のよい表現になるため、
作品制作にとって大きな収穫でもありました。
中でも、とりわけ照明器具は群を抜いています。

12_lamp_0456.jpg

澄んだ吹きガラスのシェードと、
存在感のある鉄のスタンドのと、
コラボレーションは見事な仕上がりです。

12_lamp_0455.jpg
真鍮のプルスイッチにも彫り仕上げが施されています。

12_lamp_0454.jpg
支柱の上部や、台座との合わせ目には真鍮プレートが、
台座や支柱をまとめるのには真鍮リベットが、
それぞれ、小気味よいアクセントになっています。



時間をかけて腐食させることで文様を描き、
その質感を最も活かために錆び付け仕上げとし、
真鍮のリベットやブルスイッチのツマミが、
良いアクセントとなる、
隅々までに行き渡ったディテールは、
吹きガラスを綺麗に見せるために演出された、
納得させられる仕事です。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

LEDと蛍光灯と電球の比較のつづき

一昨日の続いて、荻窪銀花オリジナルスタンドで、
現在選択できる三つの電球について、
同じスタンドで点灯し比較してみます。
また、現時点での価格や寿命も、
比べてみました。

12_lamp_0444.jpg
それぞれの電球のパーケージです。
左:電球形蛍光灯8W(40W相当)
中:ミニクリプトン球38W
左:LED電球4.3W( 25W相当)


同じメーカーの3種のタイプで比較してみました。
この三つの電球を今日は、シェードが上向きの、
アッパースタンドで比較してみます。

12_lamp_0439.jpg
ミニクリプトン球38Wで点灯

下向きのシェードのグーズネックスタンドと同じように、
電球による光束の出方がそのまま見て取れます。
今までの電球のミニクリプトン球は、
全体的に光るために、シェード全体に光ります。

12_lamp_0440.jpg
電球形蛍光灯8W(40W相当)で点灯

電球形蛍光灯は、電球の上半分が光るため、
シェードも上側に光が集まります。
ただ光る部分の口径が一番大きいので、
後の、LED電球より大きく広がります。

12_lamp_0441.jpg
LED電球4.3W( 25W相当)で点灯

LED電球は、光る部分が小さめなので、
さらに上の部分に光束が集まり、
シェードの上半分がひかります。

光の方法は、電球形蛍光灯やLED電球が出来て、
間もない間にずいぶんコンパクトになり、
演色性や光束も改良されてきているので、
さらに、多用なニーズに答えてくれる、
新しい電球ができると期待していところです。

12_lamp_0442.jpg
左:電球形蛍光灯8W(40W相当)
中:ミニクリプトン球38W
左:LED電球4.3W( 25W相当)


最後に電球の寿命に付いてもふれておきます。
エコ意識によって急速に、
進歩しただけに、
クリプトンガスを入れることで、
普通電球よりは寿命が延びたミニクリプトン球でも、
それぞれを比べると遙かに長い寿命を持ちます。


ミニクリプトン球38Wは、2000時間。
電球形蛍光灯8W(40W相当)は、8000時間。
LED電球4.3W( 25W相当)は、40000時間。
と、定格時間が表記されています。
それぞれの電球を手にいれた時点の価格は、
約270円、約850円、約1550円となります。
この価格を使える時間で割って、
電球自体の時間当たりの価格にしてみると、
0.135円、0,106円、0.038円と、
新しい技術に比例してお得となります。
もちろんこの間の電気代もお得となるわけです。

となれば、後は演色性や輝度や、大きさでの、
選択幅が広がるようになることを、
より期待してしまいます。

                甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

加藤財さんの急須・ポットをHPにアップしました

加藤財さんの急須とポットのリストを、
HPにアップしました。
http://www.kan-an.com/shop/shop_kato_index.html
全て一つずつなので、各三方向からの画像で、
ご検討いただいけます。
12_qb_0243.jpg

12_qw_0292.jpg

見かけより入るものも多いので、
径や高さという大きさではわかりにくいので、
それぞれの容積で提示してあります。

12_ph_0332.jpg

12_pc_0323.jpg

HP表示の書き換えが間に合わずに、
時間差で、売り切れの時にはごめんなさい。
できればメールや電話で在庫をご確認の上、
在庫があるときには、まずお取り置きしてからお返事いたします。

              甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

LEDと蛍光灯と電球の比較

荻窪銀花では、例年あかり展と開催して、
暮らしのなかで灯すことで、
楽しくなるあかりをご紹介してきました。
近年問題と感じていることに、
光源である電球の選択があります。

今日から、銀花定番のあかりの電球について、
現在手軽に手に入るE17金口の3種の電球、
ミニクリプトン球、電球形蛍光灯、LEDランプで、
実験してみたいとおもいます。

12_lamp_0442.jpg
左:電球形蛍光灯8W(40W相当)
中:ミニクリプトン球38W
左:LED電球4.3W( 25W相当)


今日はシェードが下向きのグーズネック形で、
比べてみました。
本当は会場でご覧いただくが一番ですが、
画像でもなるべく分かりやすいように、
してみました。

12_lamp_0436.jpg
今まで通りのミニクリプトン球では、
全体にあかりが広がっています。


白熱電球と呼ばれるタングステンランプは、
人の目に、温かなあかりを与えてくれる、
すぐれた演色性のあるランプですが、
温暖化などで省エネが重視される時勢から、
各国で生産中止の方法になっています。
日本でも大手の電機メーカーが生産を中止してきています。

12_lamp_0437.jpg
電球形蛍光灯は電球はすこし大きいのですが、
光る部分が先端よりなので、
シェードの先半分が後ろ半分より明るくなります。


それに変わるものとして、
電球形の蛍光灯や、LEDランプが、
かなりのスピードで改良されてきています。

12_lamp_0438.jpg
LED電球はさらに先端に明るさが集中します。
輝きが蛍光灯よりある感じがします。

まず、色については、
各メーカーが電球色発売していて、
その点は、好ましい点です。
形状も、かなり小さくなってきていて、
今まで白熱電球でつかっていた照明器具で、
そのまま取り替えることが出来る大きさになってきています。

後は、輝きの点ですが、
特に、クリア球で煌めきを楽しんでいた、
照明器具への対応はもう少し時間が必要のようです。

つづく

                    甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

"ぼんぼり"のようなスタンド

今日ご紹介する荒川尚也さんの、
”アッパースタンド”は、和風なしつらえにも
使っていただきたいスタンドです。

12_lamp_0424.jpg
荒川尚也 マジャパイトランプアッパー 126,000円
シェード径13.5cmH18cm 台径18cm全H82cm
E17電球 標準最大25W


晴耕社の基準の鉄のスタンドは、
重いしっかりとしてベースに長めの支柱が立ち、
その上に上向きのシェードがつきます。

全高が82cmあり、
座る空間の床に置くと、
程よい高さになります。
いわば現代の雪洞(ぼんぼり)です。

12_lamp_0425.jpg

澄んだガラスに仕込まれた泡とクラックが、
灯した時に、壁に美しい陰影を、
描き出します。

明るさだけを求めるのではない、
空間の光と影を演出してくれる、
趣の深いスタンドです。

12_lamp_0375.jpg

心尽くされたディテールで、
エッチング文様を施され錆び付けされた鉄肌と、
真鍮をアクセントに使った台と、
荒川さん独特の澄んだガラスのシェードが、
絶妙のバランスで組み合わせられた、
クオリティの高いスタンドです。

          甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

今年の家のあかり

三上洋さんの家のあかりは、
今年もメルヘンで楽しい世界を、
取りそろえて見せてくれています。
中から、一番の力作をご紹介します。

12lamp_0133_20120205114437.jpg
三上 洋 遠く彼方の我が家 52,500円
W19cmD20cmH24cm
なつめ電球 5W点灯(最大10W) 木箱入り


"遠く彼方の我が家"と、作品名からも、
三上さんの思いが伝わってくるように、
とこか懐かしいような、
子供の頃の絵本や、物語の挿絵で親しんだような、
そんな温かみのある佇まいの家です。

12_lamp_0380.jpg
部屋を明るくして、上と同じ5W点灯しています。

常夜灯にしたり、
人を迎える玄関や、
出窓などの窓辺におくことで、
機能や明るさだけではない、
心を照らしてくれるあかりです。

12_lamp_0132.jpg
この画像は電池で点灯するLEDランプを入れています。
電源がないところでもたのしめます。


三上さんの家のあかりが一つ一つが、
手をかけてやきもので作っているのは、
安直な型作りや、プラスチックとは、
全く違う、手仕事の気品と、
重厚さを持った、
長く愛着をもっていただけるあかりを、
提供したいと願うからです。

家のあかりを見せて頂いていて、
年を重ねるごとに、
手慣れる部分がありながら、
新たな思いから密度の濃くなる部分が見え、
夢のある気持ちを大切にする、
三上さんの気持ちがよく伝わってきます。
大人でも楽しめるメルヘンな世界です。

        甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

美し彩りのシェード

あかりが灯る銀花にいると、
気持ちだけはほんわかしてきます。
ご紹介する二台のスタンドは、
シェードが上向きのアッパースタンドです。

12_lamp_0390.jpg
アッパースタンド 35,000円
左:吹きガラスシェード:巳亦敬一 径12.5cmH11.5cm
右:吹きガラスシェード:巳亦敬一 径11.5cmH12cm
銅打ち出しフランジ金物:堀内繁樹
支柱真鍮パイプ、ベースは真鍮ヘラ絞り
E17電球 最大40W
高さ62.5cm ベース径18cm


まるで花の蕾のような姿で、
灯していると温かな赤系のあかりになり、
消灯しているときでも、
巳亦敬一さんの吹きガラスシェードは、
美しい彩りを見せてくれます。

12_lamp_0421.jpg

照明器具ですから、
昼間の消灯している時間に、
眺めているときにも、
魅力的なことが大切です。

12_lamp_0422.jpg

このシェードなら、消しても点けても、
それぞれに色合いを楽しめるシェードです。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

あかりが灯りました

今日からあかり展がはじまりました。
荻窪銀花がほんわかとしてあかりに包まれています。
節分の今日ですが、まだまだ寒い一日です。
そんな寒い季節だからこそ、
温かな色合いのあかりが灯ると、
心までほんわりしてきます。

12a_lamp_0359.jpg

節電意識で、光源も変わりつつあります。
それでも、フィラメントのあかりには、
惹きつけられる色合いがあります。

12a_lamp_0358.jpg
上の画像は撮影ように、天井の照明を点灯しましたが、
実際にはこんな感じです。


電球色の蛍光灯や、
LEDなども少し取り入れたりしていますが、
まだ課題は多くのこされています。

12a_lamp_0360.jpg

会期中は、お部屋の照明についてのご相談や、
計画などのお手伝いもいたします。
お気軽にご相談ください。

               甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

あかり展がはじまります

2月3日(金)からあかり展がはじまります。
まだまだ寒さが厳しい毎日ですが、
灯すといつもの部屋がほんわかとして、
心まで温かくなるあかりをご紹介します。

12lamp_0120.jpg

12lamp_0125.jpg

12lamp_0113.jpg

12lamp_0133.jpg

荒川尚也さんや巳亦敬一さんの吹きガラスのシェードと、
鉄や真鍮の、金属の台や金物で構成された、
スタンドやペンダントなど、
どれも一つずつの照明器具が並びます。
また、やきもので出来た家型の常夜灯など、
楽しみのあかりも並びます。

荻窪銀花がほんわかしたあかりに包まれます。
ぜひ、お出かけください。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

FC2Ad