うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

藤田佳三作品在庫リスト

昨年暮れに開催した藤田佳三展の巡回展が終わり、
銀花に作品が戻って来ました。
ファンの方からの在庫のお問い合せをいただくので、
在庫リストをHPにアップいたしました。

数量が少ない器もなるべくリストにしましたので、
ご希望される場合は、お早めにご覧になってください。
行き違いで、売約済みになることもあるので、
その点もご了承ください。

作品一つずつの画像を、
ご覧いただけます。
http://www.kan-an.com/shop/shop_13fujita.html


気になる注ぐ器がありましたら、
メールや電話でお気軽にお尋ねください。
疑問の点など、お気軽にお問い合せください。
*2/28木はお休みです。

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

本日は模様替え日

企画展後の定休二日間は模様替えです。
昨日までの自分の器 マイカップ 展」を、
山梨都留市の「もえぎ」さんへ巡回展として持ち込み、
2月27日(水)~3月12日(火)開催します。

13_mycup_0983.jpg
13_mycup_0945.jpg
13_mycup_0891.jpg

銀花では明後日3月1日(金)から「寺山光廣 銅を鎚つ 展」がはじまります。
銅の板を繰り返し鎚って形作る鍋やヤカンなどの鍛造銅器が、
軽井沢の寺山さんから届きます。
熱効率が良く、温かみのある槌目の表情の普段使いの銅器は、
長く使うほど愛着が湧く道具です。

13terayama.jpg
13terayama_04.jpg

また、宮城県加美郡加美町の「藍學舎」さんでは、
来週から「三上洋 灯りの家と器 展」の、
巡回展がはじまります。

13_mikami_0837.jpg
13_mikami_0711.jpg

風がまだ少し冷たいのですが、日差しは春です。
春の気配を感じながら、それぞれの会場へ、
ぜひ、足をお運びください。
 
              甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

自分のカップ

自分の器展最終日になりました。
今日はお茶からビールや焼酎を割って呑むまで、
愛着をもてる自分のカップをご紹介します。

13_mycup_1063.jpg

陶器、磁器、せっ器と、
三点それぞれの個性を持ち、
それぞれに使い勝手の良いカップです。

13_mycup_1065.jpg
容積 :満水で300ccほど
口に金彩のオブジェを持つ、
村木律夫さんの灰釉のカップです。
外側を削り荒らしているので、
釉薬がたっぷり掛かっているのに手になじみ、
凹みに入った灰釉の緑が綺麗です。
金彩が施されているため電子レンジは使えません。

13_mycup_1064.jpg
野波実 青白磁コップ 3,300円
径9cmH10cm 容積 :満水で280ccほど


蹴轆轤のゆったりしたロクロ目を活かした、
野波実さんの白磁マットのコップです。
シンプルで奇をてらわないフォルムのなかに、
芯の強さと気品を持っています。
染みこまない素地なので、
色々な飲み物を多用しても、
気になりません。

13_mycup_1066.jpg
鶴見宗次 手ひねりコップ 2,625円
径9cmH9cm 容積 :満水で300ccほど


最後は、ざっくりした土味と良く焼けた肌合いの、
鶴見宗次さんの手ひねりコップです。
こちらも見かけよりたっぷり入ります。
しっかり芯まで焼けきっているので、
慣らすことなく、お湯など入れても、
初めから土っぽい雑味はありません。

どれもたっぷり入り、飽きがこず、
多用な使い勝手ができる、
身近に置いて自分のコップとして、
使い込んでいただきたい器です。

         甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

ソバチョコ系のフリーカップ2

器を自由に使う楽しみを、
だれでも見いだしやすいのがソバチョコです。
自分の器展から自分に器として使ってほしい、
ソバチョコをご紹介してみます。

13_mycup_0902.jpg
葛西義信 桜文そば猪口 2,520円
径8.5cmH6cm


一見はクラシックな、
桜文染め付けのソバチョコですが、
口が少し広く低めのフォルムと、
丁寧な口作りで、
盛って良し、飲んで良しの、
使う範囲を広い器です。
また、少し厚めの口縁、
無駄のない腰と高台と、
バランスの良いロクロ挽きで、
手持ちが軽くて、丈夫です。

13_mycup_0896.jpg
村木律夫 掛け分けチョーク描小鉢 4,000円
径9cmH8cm


こちらは、大振りなソバチョコサイズで、
小鉢仕立てになっています。
小鉢として間違いない使い勝手なうえに、
焙じ茶、カフェオレ、スープと、
たっぷり飲みたい時にぴったりなサイズです。
鍋の取り鉢、具を食べながらの麺類など、
これ一つで、かなりのメニューをこなす、
身近で実用実戦的な器です。

13_mycup_0898.jpg
小野寺友子 マット白磁カップ 2,100円
径8cmH7.8cm


もう一つはソバチョコの背を伸ばして、
スリムなフォルムにしたコップです。
白磁の素地に線彫りして筋目地紋が入る、
伝統的な素材と手法なのに、
どこかモダンなコップです。
飲み物が一番ですが、
デザートカップにも使いたい器です。

側面から見ると逆台形型の、
直線で構成された形と、
碁笥高台が中心の最小限の高台という、
ソバチョコ系の器ですが、
作り手それぞれの個性で、
それぞれ魅力ある器に仕上がっています。

           甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

粉引を使う楽しみ

開催中の自分の器展から、
藤田佳三さんの粉引の汲み出しと、
光藤佐さんの粉引マルチカップをご紹介します。

13_mycup_1060.jpg

藤田佳三さんの粉引汲み出しは、
自分の器展の端にひっそりと展示しておいたのですが、
銀花でもお茶をお出しするときに使っていることもあり、
長いファンの多い湯呑みです。

13_mycup_1061.jpg
藤田佳三 粉引汲み出し 2,100円
径10.5cmH6cm


余談ですが、数年間にわたりサントリーさんが、
伊右衛門のCMでも使っていたしたのですが、
今年も「抹茶入り伊右衛門」でまた登場し、
しかもかなりのアップです。

光藤佐さんのマルチカップも、
マイナーチェンジをしながらも、
息の長い・・・多分20年は続いている、
実に多用な、使い勝手の良い器です。

13_mycup_1062.jpg
光藤佐 粉引マルチカップ 2,100円
径10cmH7.5cm


飲み物だけではなく、
デザートカップや小鉢としても、
使い方の工夫が楽しい器です。

どちらも粉引ならではの、
長く使うことで、少しずつ侘びていく楽しみがあり、
飽きのこない、銀花の定番的な存在です。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

マグカップいろいろ

昔なら自分の湯呑みというところが、
今は自分のマグカップのほうが、
なじみが良いようです。

13_mycup_0915.jpg
葛西義信 マグカップ ブドウ 3,780円
径8cmH7.5cm


コーヒーや紅茶だけではなく、
お茶やスープ、ハーブティなど、
使い方も自由なスタンスのようです。

13_mycup_0913.jpg
井上奏 掛け分けマグ 2,300円
径8.3cmH8cm


土味や色や大きさや形もいろいろで、
自分の好みで選んで、
ガンガン使う、楽しみな器です。

13_mycup_0910.jpg
山口りえ 白磁しのぎ呉須縞マグ 3,150円
径8cmH10.5cm


しっかりと焼かれていたマグカップなら、
電子レンジも食洗機も問題なく、
気軽に使ってください。

13_mycup_0920.jpg
野波実 白磁デザートカップ 2,500円
径12cmH5.8cm


もしも、いつもおろし立てのように、
シミ一つないのをお好みなら、
磁器のマグカップを選んでください。
漂白材を気兼ねなく使えます。

13_mycup_0982.jpg
藤田佳三 安南手マグカップ 3,990円
径8.2cmH9.5cm


逆に、使い込んで貫入などの、
侘びていく表情を仕立てて、
楽しまれる方なら、
陶器のマグカップを選んでください。

13_mycup_0945.jpg
新妻陽子 水玉マグカップ 3,500円
径9cmH8.3cm


その中間ぐらいかな~。
あまり変わることなく、
でも土味のある表情が望ましいと、
そんな方なら、せっ器のマグカップを、
使って欲しいです。

それぞれの良さと特徴を、
納得していれば、
自分のマグカップへの思いも深まり、
美味しいお茶の時間を過ごせ、
長く愛用できます。

              甘庵
ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

自分好みの湯呑みを選ぶ2

自分の器展からご紹介するのは、
やきもの好きへお薦めの湯呑み3点です。

鎬にたっぷりの灰釉が施されたもの、
面取りを活かした粉引と、
椿文の上絵のあるものという、
3点の湯呑みです。

13_mycup_0983.jpg
村木律夫 灰釉面取湯呑み 5,000円 径7.7cmH9cm
藤田佳三 粉引面取り湯呑み大 5,040円 径7.3cmH10cm
中條正康 椿文湯呑み大 4,800円 径7.7cmH8.7cm


村木さんの鎬灰釉湯呑みは、
磁器土も入る堅めの素地に施された、
たっぷりの釉薬から浮き出る、
力強い鎬の稜線が凛として、
気品のあるフォルムを、
際だたせています。

13_mycup_0984.jpg

藤田佳三さんの面取粉引は、
陶器ならではの貫入や、
ときに雨漏り手のような変化を、
使い込むことで仕立てていく絵柄として、
侘びを楽しむ湯呑みです。

13_mycup_0985.jpg

中條正康さんの椿文湯呑みは、
絵柄が可愛いようですが、
どうして大人にこ使ってもらいたい、
気品ある絵付けで、
柔らかさを残す素地に、
使うほどに美しく入る、
小貫入を楽しめます。

三点それぞれに、
使い込んでときにこそ味わえる、
個性と力を秘めている、
秀逸な湯呑みです。

        甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

自分好みの飯碗2

自分の器展からタイプの違う飯碗を、
3点ご紹介します。

13_mycup_0886.jpg
村木律夫
灰釉飯碗 2,500円 径11.5cmH5.5cm


まずは村木律夫さんの灰釉飯碗です。
せっ器質と言ってよい調整下素地で、
村木さんらしく、無駄のないロクロ挽きと、
良く焼けた仕上がりは、
軽い手持ちと使い勝手が抜群です。
粗くカンナがけした表面は、
安心できる掌も重要な要素です。
同じタイプで一回り大きい飯碗もあります。

13_mycup_0934.jpg
新妻陽子
縞飯碗特大 3,800円 径13cmH7.2cm

こちらは新妻陽子さんの鎬飯碗大です。
同じタイプで小もあります。
きちんとした、しっかりした作りですが、
粉引化粧が鎬文を優しく包んでいて、
優しさの中に芯が通った作りです。
真面目で実直な新妻さんそのももです。

13_mycup_0891.jpg
井上奏
安南手飯碗 2,800円 径12cm6Hcm


最後は、若手・・・20代で、
銀花では現在最年少の作り手、
井上奏さんの安南手飯碗です。
不思議と一番クラシックな感じで、
見込みの広く、ゆったりした端ぞりの、
力のこもったフォルムの飯碗です。

三者三様の姿形の飯碗です。
毎日使う身近な器を、
自分の好みで選べる楽しみは、
世界では珍しい器の習慣です。

          甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

藤田佳三作品補充しました

今日は定休日ですが、
開催中の「自分の器展」に、
藤田佳三さんの湯呑みやコップやマグなど、
少しずつですが補充いたしました。
13_mycup_0972.jpg
13_mycup_0974.jpg
13_mycup_0978.jpg
13_mycup_0976.jpg
13_mycup_0980.jpg


明日から会期後半になります。
ご来店いただきご覧ください、
また、HPにも書き換えてありますので、
ぜひご覧になってみてください。

          甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

ソバチョコ系のフリーカップ 1

お茶、コーヒー、紅茶なんでも飲める、
フリーカップを上手に使われる方が、
多くなりましたが、
そんな方には自分の器も、
フリーカップ形が良いかもしれませんね。

そこで、開催中の「自分の器展」から、
ソバチョコ系フリーカップの、
個性ある3種をご紹介してみます。

13_mycup_0897.jpg
山口りえ 麦わら文そば猪口
2,310円 径8.3cmH6.5cm 満水で200ccほど


まずは基本のソバチョコとして、
山口利枝さんの麦わら文そばチョコです。
伝統的な絵付けですが、
山口さんらしい味付けで、
モダンで新鮮に見えます。

13_mycup_0901.jpg
村木律夫 灰釉コップ
2,800円 径9cmH6cm 満水で300ccほど


村木律夫さんのコップは、
側面を飛びカンナ調に削られ、
凹凸に絡んだ灰釉が、
柔らかくマット緑に仕上がっています。
見かけより容積が大きく、
口を広く、低く丸くした腰が、
幅広い使い方のイメージできる、
間違いないフリーカップです。

13_mycup_0905.jpg
井上奏 安南手そば猪口
2,800円 径9.5cm6.5Hcm 満水で250ccほど


最後は、若い井上奏さんの安南手の、
大振りなソバチョコです。
師匠の光藤佐さん譲りの、
無駄がなく手持ちが軽く、
芯までしっかり焼ききった仕上がりは、
何にでも使うフリーカップとして、
大切な基本性能です。

会場には、まだ他にも魅力的な、
フリーカップが並んでいます。
HPも是非ご覧ください。

          甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

自分好みの湯呑みを選ぶ 1

自分だけの湯呑みを持つことは、
楽しい和の習慣です。
開催中の自分の器から、
鉄絵や染め付けで絵付けされた、
湯呑み3種をご紹介いたします。

13_mycup_0866.jpg

13_mycup_0867.jpg
村木律夫
魚文湯呑み 3,000円 径7.5cmH7.5cm

加藤財
緋だすき急須 10,500円
容積300cc


村木律夫さんの魚文湯呑みは、
弁柄と呼ばれる酸化鉄の絵の具で、
大まかな魚のシルエットを気泡を描き、
先の尖ったヘラなどで掻き取り、
ウロコやエラを際だたせて、
立体感と動きのある絵付けにしています。

13_mycup_0872.jpg

13_mycup_0873.jpg
井上奏
絵粉引湯呑み 1,600円 径8cm7.5Hcm
加藤財
緋だすき急須 10,500円 容積300cc


今回銀花初登場と言って良い、
井上奏さんの湯呑みも同じ鉄絵で、
筆の走りと鉄の滲みを活かした、
トラッドな手法です。
黒と茶から黄色までの、
グラデーションを楽しめます。

13_mycup_0868.jpg

13_mycup_0869.jpg
山口りえ
ふき文湯呑み 2,940円 径7cmH8.4cm


もう一種の染め付け湯呑みは、
山口利枝さんの石蕗文湯呑みです。
力のある呉須の線描と、
ダミといわれる薄めた呉須で塗りつぶしで、
墨絵に近い青色の濃淡で、
多彩な絵柄に仕上がっています。
腰に巡らせれた石蕗の葉と花が、
素地の白を活かしながら一巡する、
表情の変化を楽しめます。

自分好みの湯呑みで、
頂く一服のお茶は、
心も潤してくれます。

        甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

しのぎマグ3種

今日は開催中の自分の器展から、
鎬(しのぎ)のマグカップをご紹介します。

13_mycup_0971.jpg

鎬というのは、
ロクロ挽きしてまだ柔らかさの残るうちに、
作り手それぞれの道具で連続して溝を彫ることを言います。

語源としての鎬は、溝の部分ではなく、
溝と溝の間の高い部分を言い、
刀剣の鎬から来ている形状の言葉です。

甘庵にとってはヤキモノの鎬も、
本来の意味の鎬を大切にしてみています。
つまり、溝ではなく溝を彫ることで生まれた、
鎬の出来を大切にしています。

ご紹介しているマグ3種もその意味で、
作り手山口利枝さんと新妻陽子さんの、
それぞれの個性が出ています。

13_mycup_0908_20130217122314.jpg
山口りえ
白磁しのぎマグ 3,150円 径10cmH7.5cm


山口さんは磁器に少し青みがかる釉から、
溝が生み出す陰影で、
鎬が明るく白く強調されて、
爽やか印象のマグカップに仕立てています。

13_mycup_0943.jpg
新妻陽子
縞マグカップ 3,500円 径9cmH8cm


新妻さんのマグはどちらも粉引で、
鎬部分の化粧土を薄くして、
白い化粧土から黒く素地を見せて、
力強い鎬の強調しています。

13_mycup_0944.jpg
新妻陽子
縞マグカップ(細)3,500円 径9cmH8.3cm


細い鎬マグは、三島手の手法で、
化粧土を擦り、少し静な鎬に仕立てています。

同じ手法でも、土や作り手によって、
同じではないところが、
やきものの楽しいところなんです。

            甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

自分好みの飯碗 1

多くの人が自分専用の器として、
初めて手にするのが飯碗です。
ミッキーやキティちゃんなど、
絵柄やキャラから自分の好みが始まります。

13_mycup_0960.jpg
藤田佳三
左:赤絵飯碗大 3,780円 径12cmH6.5cm
右:赤絵飯碗中 3,675円 径11.5cmH6.5cm


そんな自分の器を持つ習慣は、
器の好みを発展させ、
器に愛着を持つことを覚えます。

13_mycup_0962.jpg

また、ほとんどの国でマナー違反になる、
器(飯碗や椀)を手に持ち口をつける習慣も、
掌や口あたりの感触を、
自然と育て敏感にしていきます。

13_mycup_0963.jpg
藤田佳三
左:紅安南飯碗 3,885円 径11.5cmH6.3cm
右:紅安南飯碗小 3,570円 径11cmH5.5cm


ご紹介している藤田佳三さんの飯碗も、
大きさや形や種類や絵柄と、
少しずつ違うところから、
自分の飯碗を選びだす楽しみがあります。

13_mycup_0965.jpg

藤田さんの飯椀はどれも陶器なので、
使っていくことで侘びていきます。
少しずつ育てていくのを、
楽しむ方にお薦めです。

13_mycup_0970.jpg
藤田佳三
安南手飯碗小 3,360円 径11cmH5.2cm


いつまでも変わらない表情を、
好まれる方には磁器の飯碗を、
お薦めいたします。

13_mycup_0969.jpg

これもまた、やきものの種類の好みで、
それを選べるところも、
和の器の楽しさです。

            甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

自分の器展はじまりました。

私たちは子供のころから自分の器をもっていますが、
これって実は、世界では珍しい習慣です。

13_mycup_0951.jpg

このぼくたちには何気ない習慣の、
飯碗や湯呑みなど自分の器を持つことが、
器を楽しむ暮らしのとって大切な基礎になっています。

13_mycup_0940.jpg

銀花でいつもおなじみの作り手や、
今回デビューの新人の作り手まで、
それぞれの個性も楽しめます。

13_mycup_0953.jpg

飯碗、湯呑み、マグカップ、コップ、ビアマグなど、
自分好みで選び使うマイカップを揃えみました。

                 甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

模様替え日

企画展後の定休二日間は模様替えです。
昨日までの「三上洋 灯りの家と器 展」を、
山梨都留市の「もえぎ」さんへ巡回展として持ち込み、
2月13日(水)〜26日(火)開催します。

13_mikami_0521.jpg

銀花では明後日から「自分の器 マイカップ 展」がはじまります。
飯碗、湯呑み、マグカップ、コップ、ビアマグなど、
自分好みで選び使うマイカップを揃えみました。


13_mycup_0669.jpg


また、宮城県加美郡加美町の「藍學舎」さんでは、
来週から「光藤佐 盛り映えのする器 展」の、
巡回展がはじまります。

13_nitsufuji_0671.jpg

せめぎ合うように寒い日と温かい日が交互に来ます。
少しずつ春の兆しが感じられてきています。
陽気の良いに日に是非お立ち寄りください。
 
              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

潮騒が聞こえそうな・・・

三上洋さんの個展最終日になりました。
今日ご紹介する作品からは、
潮騒の音が聞こえて来そうです。

13_mikami_0838.jpg
灯りの家
灯台 6,300円 W10.5cmD11.5cmH13cm


一つ目は灯りの家シリーズから灯台です。
前近代的な作りの灯台からは、
海を身近に感じて営む人々の歴史が、
思い浮かびます。

13_mikami_0753.jpg

大海を航行する船のためというより、
家路につく舟を迎える、
温かな灯りを感じます。

13_mikami_0725.jpg
花器 18,900円 W15cmD12cmH22.5cm

もう一点は花器です。
これには大海の物語が浮かびます。

13_mikami_0787.jpg
水を張った面を大海に見立てた花器です。

綴れ折れの階段を登りつけて、
塔のある門をくぐると、
向こうに船を浮かべた大海が・・・。


三上さんの作品には、
絵本や童話に心寄せられる、
大人を楽しませてくれる、
シックなメルヘンの世界へ、
誘ってくれ魅力があります。

         甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

二組のおひな様

荻窪では連休は穏やかな天気が続きました。
今日も春の温かな日差しを感じます。
シンプルな連想する甘庵なんで、
三上洋さんの個展からおひな様をご紹介します。

13_mikami_0849.jpg
おひな様 33,600円
男雛:W11.3cmD7.5cmH20.5cm
女雛:W8cmD9cmH16.5cm


一組目のおひな様は、
今回の個展にぎりぎり間に合った、
しっかり作りこんだ作品です。

13_mikami_0850.jpg

ふっくらした表情が、
雅で、ちょっとレトロで、
どこかモダンな気配もある、
三上さんらしい仕事です。

13_mikami_0851.jpg
稚児ひな 1,575円
男雛の平均高さ7cm
女雛の平均高さ6cm
小皿 角 840円 平均のW11.5cmD9cmH1cm
小皿 丸 630円 平均のW10.5cmD9.5cmH1cm


一方のおひな様は、
手のひらに乗るほどの、
小さなおひな様です。
今回の器作品の豆皿を、
ステージに仕立ててみました。
組み合わせも楽しいです。

13_mikami_0852.jpg

小さいけど、丁寧に一つずつ作られていて、
表情も一つずつでそれそれが、
「ぼくがぼくが〜」「私よ私〜」と、
元気に自己主張している気がしています。

どちらのおひな様の、
土味を活かした、
秩父の春を感じさせてくれます。

           甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

使える彫刻

三上洋さんの個展から、
フタモノをご紹介します。

13_mikami_0720.jpg
13_mikami_0721.jpg
13_mikami_0792.jpg
フタモノ 少女 8,400円 径10.5cmH12.5cm

灯りの家と人形と器の要素を活かし、
融合させたフタモノです。

13_mikami_0718.jpg
13_mikami_0719.jpg
フタモノ 
左:テント 小 巻き貝 6,300円 径11cmH11cm
右:テント 小 象 6,300円 径11cmH10.5cm


全体の造形はテントやお家の仕立てになっていて、
屋根部分がフタとして開き、
棟飾りとして可愛い小さな彫刻が乗っていて、
小物を収納出来るフタモノです。

13_mikami_0788.jpg
13_mikami_0789.jpg
巻き貝と像さんのツマミです。

それぞれに個性があり、
物語りが思い描かれる気配をもったフタモノで、
玄関先に置いて判子など、
手元に置いてアクセサリーなどを、
使う工夫と楽しさがあります。

             甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

少女と猫

今回の三上洋さんの個展から、
灯りの家+人形という大作をご紹介いたします。

13_mikami_0819.jpg

灯りの家の前の広場で、
子猫に少女が語りかけている、
物語が浮かんでくる作品です。

13_mikami_0837.jpg

背景の家並みが楕円の広場に、
遠近感と広がりを見せ、
昼の広場と明かりを灯すと夜と、
時間の演出も出来ます。

13_mikami_0820.jpg

灯りの家、楕円の広場と、
少女、子猫という4点の組み合わせです。
セッティングで表情の変わる楽しみは、
オーナーの特権です。

          甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

三猫三様

今回の三上洋さんの個展では、
灯りの家、器をテーマにしていますが、
もう一つの仕事として、
ヤキモノの人形も並んでいます。

その中から、姿や形や釉調などがそれぞれの、
3匹の猫ちゃんをご紹介します。

13_mikami_0815.jpg
猫 8,400円 W9cmD11cmH10.5cm

この猫さまだけは無釉で、
焼きしめた土味を毛並みに活かした、
ちょっと太めの姿が憎めない奴です。

13_mikami_0711.jpg
猫 緑釉 31,500円 W18cmD20cmH21.5cm

深い緑の釉に包まれた猫君は、
凛とした姿で招いている、
クールなところがいいですね〜。

13_mikami_0784.jpg
猫 白釉 31,500円 W22cmD18.5cmH21cm

一方のこの猫ちゃんは、
少しシナを作った、
あだっぽさと可愛さの混ざったというか・・・。
そう、気持ちブリッ子な猫ちゃんです。

三者三様・・・ではなく、
三猫三様な表情が楽しめます。
   
           甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

たっぷりサイズの葉形皿

三上洋さんの今回の個展には、
地元秩父の土を活かした素地の器が、
ご覧いただいています。

13_mikami_0835.jpg

器作りが楽しくなってきていると言う、
三上さんの素直な気持ちが伝わる、
葉形の皿をご紹介します。

13_mikami_0833.jpg
葉形皿 3,150円 W33cmD17.5cmH3cm

横が33cmのたっぷりしたサイズで、
何よりリーズナブルな価格と、
日常の食卓に出番の多いプレートとして、
盛り映えして使い勝手の良さそうな、
葉形皿に仕上がりました。

13_mikami_0831.jpg
葉形皿 3,150円 W33cmD17.5cmH3cm

釉がけを変えた2タイプで、
秩父の土味を引き出した土見せと、
良く焼けて釉と土が絡んでしるタイプです。

13_mikami_0832.jpg

からっと良く焼けているので、
汚れを気にせずに、
様々な料理を盛りつけて、
ガンガン使っていただくと、
育っていくのが楽しみな皿です。

          甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

物語が広がる灯り

三上洋さんの「灯りの家」にファンが多いのは、
ほんのり灯るあかりから、
物語が浮かんできて、
広がっていく楽しみを、
見いだせるからだと思います。

普通の照明器具のように、
明るさを提供するのではないのですが、
灯していると心に明るさが差し込みます。

13_mikami_0826.jpg
灯りの家 山の上の教会 18,900円
W14cmD16cmH18.5cm


ご紹介している「岡の上の教会」は、
人気のあるモチーフで、
何度となく作っています。
作る度に表情は違うのですが、
毎回の趣に心惹かれる方のところへ、
嫁いで行くそうです。

13_mikami_0827.jpg

岡の周りを回る長い階段の先に、
たどり着く小さな教会に灯る、
柔らかく温かなあかりが、
心和ませてくれる、
物語が広がっていく灯りです。

           甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

豊かな表情の少女像

三上洋さんの個展から今日ご紹介するのは、
何かを祈るようにしている少女像です。

13_mikami_0717.jpg
少女 42,000円 W14cmD15cmH22cm

台まで含めて22cmほどの大きさです。
じっと何事かを願うように手を重ねていても、
そこにドラマが存在するような、
静かな中に動きのあるフォルムと、
緊張感さえ伝わる気品を見せています。

13_mikami_0794.jpg

やきものなのに柔らかな肌合いを持ち、
細部にまで丁寧な仕事と、
見る角度で違う表情を見せる作り込みが、
この少女像の価値を高めています。

13_mikami_0813.jpg

台の箱は、本当に箱仕立てになっていて、
思いのある大切なモノを、
入れておきたくなる仕掛けです。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

美味しそうな皿

三上洋さんの個展から、
今日は地元秩父の土を活かした素地の、
からっと良く焼けていて、
美味しそうな皿をご紹介します。

13_mikami_0807.jpg
7寸角皿 2,675円 □21cmH2cm

粘土を板状にしたものを、
形作っていく手法の、
タタラ作りで作られています。

13_mikami_0808.jpg
一枚ずつ表情の違いが楽しい皿です。

おおよそのサイズ以外にはこだわらずに、
一つ一つで完結する、
一枚作るごとの姿を大切にして、
一枚ごとに描くように施釉した、
作り方から生まれた、
手書きの絵の様な皿です。

13_mikami_0809.jpg

秩父の土を活かしながらも、
市販の胎土よりも低い限界点ぎりぎりに、
だましだましの焼成は、
芯までしっかり焼けた、
健全感をもてる焼き上がりです。

13_mikami_0810.jpg
小皿 角 840円 W11.5cmD9cmH1cm

釉調や土肌を見ていると、
美しいとか存在感とかより先に、
美味しそうと言うイメージが浮かんでくる、
甘庵好みの食器に仕上がっています。

13_mikami_0811.jpg

三上さんとしては、
まだまだ研究余地を残しているため、
サイズの割には、お得感いっぱいの皿です。

           甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

灯りの家

三上洋さんの銀花では初めての個展が、
昨日から開催中です。
今回は、今まで続けてきた、
三上さんの仕事として好評な、
灯りの家と人形に加えて器をご覧いただいています。

13_mikami_0797.jpg
灯りの家 茅葺き民家 大 42,000円
W19cmD16(階段分まで20)cmH24cm


今日は三上さんの代表的は仕事になっている、
灯りの家をご紹介してみます。

13_mikami_0798.jpg
建物見学のように見る角度で違う表情が楽しめます。

照明器具ではなく灯りが灯った、
建物をモチーフにした、
小さな彫刻と思ってください。

13_mikami_0800.jpg
灯りの家 回廊のある教会 大 42,000円
W20cmD18cmH23cm


ただ、考えたり、感じ取るエネルギーを使うのではなく、
そこにあるだけで、ほのぼのと心和む、
そんな優しいヤキモノの家です。

13_mikami_0799.jpg
回廊を塔が、厳かな気配を醸しだしています。

欧米でのスケッチや旅行にイメージから、
膨らませた楽しい家や教会などで、
大きさや、建物の種類は色々です。

13_mikami_0801.jpg
灯りの家 螺旋階段の家 小 10,500円
径10cmH17cm


どれにも、100V5Wのナツメ球が、
点灯出来るようになっています。
簡単に取りはずしでき、
電球の交換も容易な器具が付属しています。

13_mikami_0802.jpg
窓や入り口からもれる灯りから、
温かな物語を想像させます。


玄関先やホールでウエルカムオブジェとして、
リビングや茶の間で温かな表情を見せ、
個室で心安らぐアイテムをして、
楽しんでいただけます。

               甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

三上洋展がはじまりました

今日から三上洋さんの個展がはじまりました。

13_mikami_0540.jpg

彫刻や絵画を手がけたいた三上さんの作り出す、
ちょっとメルヘンなヤキモノで作られた灯りの家や人形と、
地元秩父の土を活かした器の個展です。

13_mikami_0521.jpg

常夜灯程度の小さな灯りが入る、
灯りの家シリーズは照明器具というより、
なんだかほのぼの和んできてしまう、
心を明るくしてくれる灯りです。

13_mikami_0538.jpg

器は、生まれ育った秩父の土を、
活かした素地でモダンに作り込んでいます。
しっかり焼ききってもらっていますので、
汚れずに使いやすいからっとした素地と、
彫刻的な表情をお楽しみください。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

FC2Ad