うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

盛って食べ注いで飲んで

多用な器として代表的なソバ猪口を、
秋の器展から大小3種ご紹介します。

13_autumn_0054.jpg
井上奏 安南手そば猪口 2,800円
径9.5cm6.5Hcm


井上奏さんの安南ソバ猪口は、
たっぷりと大きめで、
小鉢としても大活躍します。
安南のお約束通りに、
多めに施した釉薬の下に、
ゆったり描かれた絵付けが、
ガンガン焼いて滲んだところが、
まだ若い作り手なのに、
趣あるとことは、師匠光藤佐さん譲りです。

13_autumn_0055.jpg
小野寺友子 白磁カップ 2,100円
径8.5cmH6.5cm


小野寺友子さんの白磁カップは、
多用な器のソバ猪口を、
モダンにデザインされています。
少し濁りのある素地は、
飲み物からデザートまでイメージが広がる、
ソバ猪口形の器です。

13_autumn_0056.jpg
鶴見宗次 手ひねり猪口 2,100円
径8.8cmH7cm


鶴見宗次さんのソバ猪口は、
手ひねりのテクスチャーが、
大きく見える存在感を持たせ、
料理が映えます。
釉がかからず、ざっくりして土味からは、
想像出来ないしっとりした口あたりです。
それは、素地に木灰を施し、
限界まで焼かれて、
ガラス質かしている器だからです。

素麺や冷や麦など冷たい麺が美味しい夏に、
出番の多くなるソバ猪口という印象がありますが、
盛って食べ注いで飲んで、
四季を通しで使い勝手が良い器ですから、
すこし「しっとりとこっくりと」した、
ソバ猪口を3種ご紹介しました。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

肴が美味ければ盃も重なる

四季のある日本だからなのでしょうが、
季節が移る頃には、
旬の食べ物のイメージが次々と広がります。
となれば、酒も呑みたくなるものです。

今日は酒注ぎと盃を、
ご紹介してみます。

13_autumn_1003.jpg
小野寺友子 銀彩注器 7,350円
W12.5cmD10.5cmH10.5cm
光藤佐 焼き〆ぐい呑み 各4,000円
左:径6.7cmH6.5cm
右:径8cmH5cm


一つ目の組み合わせは、
光藤佐さんの穴窯焼き締めのぐい呑みと、
小野寺友子さんの銀彩鎬酒注ぎです。

13_autumn_1004.jpg

渋いけど、艶やかな個性と持つ、
組み合わせです。

13_autumn_1001.jpg
鶴見宗次 手ひねり注器白 7,875円
W16cmD8cmH8cm
西川孝次 金型吹き込み盃 7,350円
径5.5cmH6.7cm
鶴見宗次 手ひねりぐい呑み 2,625円
径8cmH4cm


もう一組は、
西川孝次さんの金型吹き込み盃と、
鶴見宗次さんの手ひねりぐい呑みと、
同じ鶴見さんの手ひねり注器白です。

13_autumn_1002.jpg

西川さんのガラスには冷たさがなく、
切り抜きのある銅の帯に吹き込まれた、
たくさんのアワで白くなった素地は、
とても美味しそうです。
手ひねりで冷却還元で焼成されたぐい呑みは、
小さくても鶴見さんらしく存在感があります。

ご紹介した酒注ぎも、盃も、
どれも、器そのものが肴になる、
酒がより楽しく、ひと味アップする、
酒器ばかりです。

              甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

スタートは秋刀魚

秋の味覚の一つに秋刀魚があります。
庶民の味も近年はなかなかの価格になってきました。
これも温暖化なのか、海流や水温の変化も原因の一つかと。

それでも、塩焼きの秋刀魚と新米のコラボは、
秋の味覚として味わいたいところです。
となれば、この長い魚を盛る皿が必要。

13_autumn_0102.jpg
小野寺友子銀彩舟形皿 7,770円
W33cmD12cmH3cm


小野寺友子さんもそう思って、
自分で使いたいところから、
秋刀魚皿として舟形皿を作ってようです。
ただ、それ以外にも四季を通して使いたいように、
少し深めにし、デザインも一工夫されています。

13_autumn_0103.jpg

ご紹介しているのは銀彩舟形皿で、
使っていくことで変化に趣があります。
陶器の釉薬が侘びて行くとも違う、
表裏に施された銀彩が酸化していく様は、
まさにいぶし銀の変化を楽しめます。

*電子レンジの使用はできません。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

黒くない黒釉鉢

光藤佐さんの黒釉鉢は、
何を盛っても映えることで、
人気が高い器です。

13_autumn_0109.jpg
ブ光藤佐 黒釉八角鉢 6.5寸 6,500円
対角19.5cm高さ7.2cm


その盛り映えの秘密の一つに、
黒釉といっていますが、
実は「黒ではない」言った方が、
正確かもしれない点です。

13_autumn_0108.jpg

鉄の発色の黒なので、
炎の加減で、赤や黄色を含んだ、
濃い色が重なった色です。

13_autumn_0051.jpg
光藤佐 黒釉六寸兜鉢 6,500円
径18cmH5.5cm


よく見かける量産の器にある黒は、
ただ黒く奥行きがないのですが、
光藤さんの作り出す黒は、
色合いに揺らぎがあるくらいで、
一つずつの違いや個性が生まれてしまうのですが、
とても、有機的な黒釉で、
不思議なほどに、
料理や素材を包み込み、
ぱっと華やがせます。

13_autumn_0236.jpg

何をもっても裏切らないし、
思った以上に美味しそうになるので、
ついつい盛りつけの際に、
手がでてしまうわけです。

間違いのなくお薦めできる鉢と、
言い切れます。

          甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

たっぷり飲む

台風の影響もあって、
気温が低くても湿度が多くて、
今ひとつ心地よくない天気の荻窪です。

朝晩はヒンヤリしだすと、
冷蔵庫の麦茶の減り方が遅くなり、
食後は、暖かいお茶が飲みたくなって来ました。

13b_autumn_0011.jpg

たっぷりの焙じ茶が、
美味しい季節です。
そこで、色合いも釉調も秋色の、
村木律夫さんと久保田信一さんの、
こんな組み合わせでご紹介します。

13_autumn_0093.jpg
ブ村木律夫
チョーク描ポット 13,000円 700cc
久保田信一 灰釉鉄絵 蕎麦猪口 2,000円
径8cmH6cm


村木さんのチョーク描のポットは、
温かみのある形と使い勝手の良さ、
しっかり焼けていながらも、
こっくりとした土味が魅力です。

13_autumn_0094.jpg
村木律夫 チョーク描ポット 13,000円 700cc
久保田信一 長石釉 縞柄蕎麦猪口 2,400円
径9cmH6.5cm


久保田さんの猪口のしっとりとした仕上がりも、
やはり、しっかり焼けているからです。
結果として、汚れや匂いが移りにくく、
フリーカップでも小鉢にも使いたい、
出番の多い器です。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

荻窪銀花のネットショップ

夏休み以降に、整理していた、
HP内の「逸品をお届けいたします」が何とか整いました。
荻窪銀花で吟味しセレクトした器とお求めいただけます。

13_mimata_0134.jpg
13_mimata_0130.jpg
13_mimata_0143.jpg
13_onodera_0165.jpg
13_turumi_0468.jpg

巳亦敬一さんの補充品も少しですが届いたので、
ご紹介しています。
カップやソバ猪口など、
もう少しご紹介したい器があるのですが、
順次増やし、書き換えていきます。

ぜひご覧になってください。

           甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

自分の皿

毎日の食に重きを置いて、
しっかりといただくには、
素材や料理と同じように器も大切です。
和の食習慣では、
器の選択がとても大切にされてきました。

13_autumn_0049.jpg
光藤佐 黒釉8寸皿 8,600円
径24cmH4.3cm


うつわ屋としては、
色々な選択が可能な今の暮らしの中だかこそ、
毎日使う自分の器は、
しっかり選んでいただきたいと願い、
橋渡しをし、お手伝いできればと思っています。

その基準として、
自分が一つは欲しいものを、
自分が使いたいものを、
いつも妄想しながら荷ほどきし、
展示しています。

13_autumn_0111.jpg
光藤佐 刷毛目鉢8寸皿 6,300円
径24cmH4.3cm


たとえば、マイカップのように、
自分の八寸皿は是非一枚持つべきです。
家族数同じでもいいのですが、
自分の好みで一枚持つことは、
結構楽しいものです。

とくに、日常のメニューには有効です。
カレー、パスタ、ハンバーグなど、
俗に言うお子様メニュー的から、
ワンプレートのしつらえ、
お造りの盛り皿、中華の炒め物と、
盛り映えして、丈夫で、気軽に使え、品格もある。

13_autumn_0115.jpg
藤田佳三 刷毛目8寸皿 6,300円
径24cmH4.3cm


普段の食卓にのぼり、
箸で食べる食事には、
お気に入りの八寸皿は無敵の器です。

            甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

ことことと煮炊き

残暑があっても朝晩の涼しさから、
夏の間は気の重かった火を使うことが、
急に楽になってきました。
口も目もじっくりと火を通した、
味の染みこんが物が欲しくなってきました。
となれば、これ。

13_autumn_0202.jpg

今日は開催中の「秋色の器展}から、
光藤佐さんの行平鍋とミルクパンを、
ご紹介してみます。

13_autumn_0203.jpg
光藤佐 行平小 14,000円
フタ上までの高さ13.5cm本体の高さ8.8cm
内側の注ぎ口部分までいれて500cc


現代では行平鍋はアルミや銅といった、
金属の打ち出し鍋ですが、
『厚手の陶製の鍋で、土鍋の一種・・・。
在原行平(ありわらのゆきひら)が、
須磨(すま)で海女(あま)に塩を焼かせたという故事があり、
塩を焼くのに用いた器にちなんだものといわれている。』
と、辞書にあるように、
本来はこの土鍋はオリジナルの系統かも。

13_autumn_0204.jpg
光藤佐行平大 16,000円
外径17.5cm内径14cm
フタ上までの高さ15.5cm本体の高さ10.5cm
内側の注ぎ口部分までいれて1,000cc


それはともかくとして、
光藤さんスタイルのコロンとした腰回り、
ちょん切れたような可愛い口、
そしてしっぽの様な取っ手。

13_autumn_0205.jpg
光藤佐 鉄絵ミルクパン 10,000円
外径13cm高さ8cm
内側の注ぎ口部分までいれて600cc
共蓋はありませんが、市販の木ブタなどを使い実戦力のある土鍋です。


大小の行平鍋にも、
ミルクパンにも共通した、
何ともユーモラスで愛おしい姿です。

実際に、火の通りが緩やかで、
ごく弱い火力で、
何かことことと煮込んで見たくなる、
そんな3つの鍋です。

          甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

こっくり粉引

昨日に続き開催中の「秋色の器展}から、
小野寺友子さん粉引をご紹介します。

13_autumn_0073.jpg
小野寺友子 粉引浅鉢大 6,090円
径26.6cmH5cm


素地の上、釉薬の下に白い化粧土を、
施した様子から粉引と言われた、
シンプルな仕事ですが、
作り手により表情は千差万別。

13_autumn_0075.jpg

小野寺さんの粉引はこっくりと、
ほっくりとしています。
化粧土を浸してかけるのではなく、
刷毛で施すので、
刷毛目粉引と言った方がいいのですが、
それほど刷毛目を残すわけではなく、
均一ではなく刷毛目にむらがあるところを、
狙っての手法の選択なのでしょう。

13_autumn_0070.jpg
小野寺友子 粉引ボール大 6,090円
径25cmH9.3cm


それもあって小野寺流の、
モダンな粉引に仕上がっています。

フォルムも同様に、
鉢ですがボウルと言った方が、
しっくりくる姿です。

13_autumn_0072.jpg

今の私たちの食卓は、
箸では食べていますが、
食材や料理は相当にグローバルです。
そんな食卓で自然な使い勝手なのが、
小野寺さんの器だと思っています。

          甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

しっとり粉引

秋めいて来ると、
冷たい料理が多かった食卓に、
温かな料理や炊き込んだ料理が、
自然と多くなります。

13_autumn_0041.jpg
光藤佐 粉引寸5.5寸兜平鉢 4,000円
径16.5cmH4cm


器も合わせるように、
こっくりとした色合いや表情のものを、
選んびたくなります。

13_autumn_0040.jpg
光藤佐 粉引6.5寸兜平鉢 6.300円
径19.5cmH4cm


そんな気持ちにぴったりは、
灰釉がたっぷり掛かって、
しっとりした光藤佐さんの粉引を、
ご紹介します。

13_autumn_0039.jpg
光藤佐 粉引7.5寸兜皿 7,400円
径23cmH4cm


見た目は粉引らしい、
温かみのある柔らかな表情ですが、
光藤さんの粉引は日常食器として、
フルタイムで使えるようにと作られているので、
それはもう、気遣いなく、
何に、どのように使ってもOK。

13_autumn_0042.jpg
光藤佐 粉引兜5寸兜鉢 3,000円
径15cmH4.5cm


灰釉を少し厚めにかけて、
ともかく芯まで良く焼いています。
そのために、粉引として侘びるには、
少し時間がかかります。

でも、毎日ばんばん使っていただき、
人によって異なるにしても、
数年後に「あれいい感じに侘びてる」と、
そうなる日常の粉引です。

            甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

秋色の器

昨夜は綺麗な満月がみられました。
夜風にも心地よい秋を感じ、
秋虫の音も聞こえていました。
涼しいと食のイメージも変わります。
味覚の秋といわれる楽しみな季節到来です。
となれば、器も秋の彩りが欲しくなります。

今日からの企画展、
秋色の器 こっくりとしっとりと 展は、
そんな食欲にも似た、
秋の食卓をより美味しくする器を、
集めてみました。

13_autumn_0014.jpg
13_autumn_0033.jpg
13_autumn_0058.jpg
13a_autumn_0007.jpg
13a_autumn_0012.jpg

是非ご覧になってください。

          甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

アナログなネット販売

荻窪銀花はネット販売を運営しています。
個展などの企画展や選りすぐった逸品を、
なるべくわかりやすくご紹介しています。

13_fujita_0391.jpg
藤田佳三作品リスト

ただ、買い物籠などは付いてしません。
在庫数のカウントも、
手作業で書き換えています。
荻窪銀花の橋渡しへの思いから、
こんなアナログな方法をとっています。

13_kato_2201.jpg
加藤財 急須とポット

メール等でご注文を承って、
直ぐにお送りしないこともあります。

12_arakawa_0449.jpg
荒川尚也 宙吹きガラス

荻窪銀花は開店いらい33年の間、
基本的には直に手に取っていただき、
納得していただいて橋渡しさせていただくようにと、
心がけてまいりました。

13_tunokake_0455.jpg
片口・片口鉢

遠方からネットでのご注文いただくお客さまでも、
店頭販売と同じように納得していただいてから、
橋渡しさせていただきたいと思っているからです。

13_muraki_0414.jpg
鉢・小鉢

まずはおとり置きをしておいてから、
お客さまに応じて、
ご注文の器の大きな画像をお送りしたり、
サイズや特徴をお伝えしたり、
時には、使い方のアドバイスをさせていただいたり、
ご質問などにも出来る限りお答えしています。

買い物籠や自動のカウントも付けないのは、
橋渡しを甘庵自身が体で確認しておきたいからです。
全てを覚えているわけではないのですが、
器の在庫を状況を、
常に自分の感覚で把握しておくためです。

そのために、書き換え忘れるという、
アナログゆえの・・・、
いえ、粗忽者甘庵だからですね。
それでも、手仕事でつくられた器だからこそ、
橋渡しも、手作業ですることで、
ぬくもりをもってあたりたいと、
荻窪銀花では考えています。

               甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

膨らんでいく丸み

予想外な雨や風で被害をもたらした台風がさって、
今朝は秋の気配を感じる、
清々しい空が広がっています。
田崎宏さんの個展も最終日になりました。

今日は丸い、あくまでも丸い花器を2点を、
ご紹介します。

13_tazaki_0351.jpg

ロクロで挽きだす時に、
中から膨らます作業で形作ります。
専用の鏝などを使う作業で、
こうしたものは総称して袋物といわれ、
ロクロ挽きの中でも難しく、技量が問われます。

13_tazaki_0305.jpg
ふっくら壺 28,350円 径16.5cmH16.2cm

また、作り手の個性が出やすいと、
ぼくは思っています。
作り手のイメージする造形美を、
そのまま内包した形。
そんな風に思えてなりません。

13_tazaki_0306.jpg
蕪壺 21,000円 径12.8cmH14cm

田崎さんの2点の壺も、
田崎さん好みの丸みが、
そのままそこに見て取れる気がします。
中からぐんぐん膨らんでいった丸み。
それがこの2点の壺の魅力です。

            甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

美味しく飲めるから名前なんて

久々に台風上陸し、
夜半から荻窪も嵐です。
でも、通常通りに開店いたします。

今日も開催中の田崎宏さんの個展から、
美味しく飲み物をいただける器を、
3点ご紹介いたします。

13_tazaki_0335.jpg
コップ 3,150円 径7.5cmH8cm

コップは普通なら湯呑み、
グラスは煎茶碗、
フリーカップも湯呑みでしょう。

13_tazaki_0337.jpg
グラス 3,150円 径8cmH7.5cm

田崎さんがそう名付けていらっしゃるのは、
きっと、名前にこだわらずに、
自由にいろいろ飲んでいただきたいからでしょう。

13_tazaki_0347.jpg
フリーカップ 3,150円 径6.2cmH10cm

確かに、コップはソーサーと合わせて、
コーヒーや紅茶も似合います。
グラスは、冷酒をいただきたい姿。
フリーカップはビールや焼酎割も・・・。

滑らかな飲み口、
きめ細かい釉調、
掌の良さとくれば、
飲み物を決めこまず、
色々使いたくなるはず、
そう願ってのネーミングなのでしょう。

         甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

命の息吹を感じる鉢

連休ですが台風の接近で大雨の荻窪です。
各地で大雨が降っていますが、
被害がでないように願うばかりです。

13_tazaki_0277.jpg
鎬手丸鉢 63,000円径18.5cmH10.5cm

開催中の田崎宏さんの個展から、
今日は田崎さんの作風満載の鉢を、
2点ご紹介します。

13_tazaki_0284.jpg
鎬手丸鉢 42,000円径17.5cmH10cm

2点とも峰を作り出すようにして、
鎬文を削り出した鉢ですが、
静かに張り出していく鎬文と、
流動的で躍動する鎬文という、
静と動の対応するイメージです。

13_tazaki_0278.jpg

この鉢は蕾や花弁を連想させます。
ゆっくりと開花させている、
自然の力を宿しているようです。

13_tazaki_0283.jpg

アシンメトリーな鎬文が施された、
こちらの鉢はからは、
水や雲の流れのような、
目に見えるスピード感に、
溢れています。

どちらの鉢からも、
命の息吹が注がれている、
力強い生命力を感じられます。

         甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

お薦めの小皿

田崎宏さんの個展から、
何気ないけど良くできている、
お薦めの小皿をご紹介します。

13_tazaki_0531.jpg
左:四寸皿 1,785円 径13.7cmH2.7cm
右:三寸皿 1,050円 径11cmH2cm


プレーンな白磁の四寸皿と三寸皿です。
取り皿や手塩皿として、
それぞれに頃合いの寸法と形です。

13_tazaki_0532.jpg

和皿でありながらも、
洋皿としても十二分に使え、
料理を選びません。

13_tazaki_0333.jpg
マグカップC 3,675円径9.2cmH8.3cm
四寸皿 1,785円 径13.7cmH2.7cm


また、受け皿、ソーサーとしても、
合わせる器をより引き立たせ、
脇役の実力を発揮します。

13_tazaki_0339.jpg
そば猪口 2,625円 径8.2cmH7cm
三寸皿 1,050円 径11cmH2cm


日常の器として、
丈夫で使いやすく、
収納性の高く重ねられます。

さりげないけど、
気品があって飽きのこない、
お薦めの小皿です。

            甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

伝統の中の今

開催中の田崎宏さんの個展から、
何気ないけど色々使える朝顔鉢を、
ご紹介してみます。

13_tazaki_0358.jpg
朝顔鉢 3,150円 径14cmH7.5cm

朝顔鉢の由来を紐解こう思ったら、
これ案外わからなくなりました。

朝顔の形から呼ばれたとすれば、
古くは和古書の「銘器秘話」に「、
朝顔手」という言葉が出ているようですが、
それは、もう少し深めで端反りのフォルムです。

13_tazaki_0314.jpg

その後、朝顔の栽培がブームになった江戸時代には、
高価ながらやきもの植木鉢が作られていたようです。
植木鉢としての朝顔鉢の始まりです。

13_tazaki_0315.jpg

でもまあ〜、難しく考えずに、
朝顔を連想させる鉢ということで・・。
田崎さんのアワ顔鉢は、
直線的で洋食器のイメージにも重なります。
その意味でも、使い方の広がりがあって、
スープや惣菜からデザートまで、
伝統の器でいて、
今、楽しめる鉢です。

            甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

注ぎたくなる片口

開催中の田崎宏さんの個展から、
コロンとした形と、キュンとした口が、
可愛い形の片口をご紹介します。

13_tazaki_0298.jpg
酒注(鶏)3,675円 径9cmH9cm
ぐい呑み 4,200円
手前左:径7cmH4.9cm
手前右:径5.7cmH5cm


形の魅力と肌合いから、
酒を注ぎたくなる片口です。
オープニングパーティで、
日本酒を楽しむ田崎さんの姿を拝見して、
納得がいきました。

13_tazaki_0297.jpg
奥左:酒注 小 3,675円 径10cmH8.2cm
奥右:酒注  4,725円 径1 1.6cmH9cm
ぐい呑み 4,200円
手前左:径6.3cmH4.5cm
手前中:径6.5cmH3.6cm
手前右:径5.7cmH4.4cm


日本酒を酌み交わし、
友と、親しく心を通わせていく、
そんな宴で使いたくなる片口です。

するすると静かに注ぎ、
盃を満たしていく時が、
心も酌み交わせることでしょう。

道具でありながらも、
暮らしのなかで豊かさをくれるのが、
手仕事の器だからこその、
オマケだと甘庵は思っています。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

田崎宏白磁をYouTubeにアップしました

開催中の田崎宏白磁展会場と作品のスライドショーを、
YouTubeアップしました。



HPでご覧いただくと同じ画像でも、
表情や質感に違った発見があります。
ぜひ、ご覧になってみてください。

               甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

間違いのない鉢

荻窪銀花で開催中の田崎宏さんの個展から、
日常の器としてお薦めの鉢をご紹介します。

13_tazaki_0356.jpg

間違いなく使い勝手がよく、
間違いなく盛り映えし、
間違いなく収納性が高く、
間違いなく丈夫な、
間違いなくプレーンなフォルムの、
3サイズの鉢です。

13_tazaki_0357.jpg

この鉢は見過ごしがちかもしれません。
それは、整った姿をしていても、
美しい釉調でも、
それ以上に控えめに仕上がっているからでしょう。

13_tazaki_0309.jpg
六寸羽反鉢 5,250円
径20.8cmH6.5cm


それは、器としてもっとも大切な、
盛りつけた時に、料理を映えさせ、
一番輝くためです。

13_tazaki_0311.jpg
五寸羽反鉢 3,675円
径17.5cmH5.5cm


間違いない器は、
おおかた地味な傾向なのですが、
この鉢もそんな間違いない鉢の代表です。

13_tazaki_0313.jpg
四寸羽反鉢 2,625円
径13.7cmH4.7cm


会津武士を彷彿させる、
作り手田崎さんらしい器なのかもしれません。

            甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

三つの白いマグ

荻窪銀花で開催中の田崎宏さんの個展から、
今日は3つのマグカップをご紹介します。

13_tazaki_0325.jpg

同じ白磁のマグカップでも、
フォルムや鎬の削り出し方で、
それぞれの個性を引き出しています。

13_tazaki_0326.jpg
マグカップA 3,675円
径9.3cmH8cm



一つ目のマグカップは、
腰からゆったり端反りの口まで、
自然な広がりの形と、
腰部分に大きめの鎬を施された、
直線的でシャープにまとまっています。

13_tazaki_0327.jpg
マグカップB 3,675円
径7.7cmH8.8cm


二つめは腰に膨らみがあり、
口もとの下で少しくびれる姿と、
鎬も螺旋状に削られていて、
全体に緩やかな曲面をおびた、
柔らかな印象を持つマグです。

13_tazaki_0328.jpg
マグカップC 3,675円
径9.2cmH8.3cm


三つ目のマグカップは、
細かな鎬が施されていて、
釉だまりから、
わずかに青みを帯びて見え、
静かで繊細な印象を持たせる、
穏やかな表情のマグカップです。

毎日使う器だからこそ、
自分の好みで選びたいものです。
田崎さんらしさ活かされながらも、
それぞれに個性あるマグカップも、
候補にいれてみてください。

          甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コーヒーポットとドリッパーセット

田崎宏さんの個展から、
「あさつげどり」という気持ちのこもった、
ネーミングがされた、
コーヒーポットとドリッパーのセットを、
ご紹介してみます。

13_tazaki_0334.jpg
あさつげどり(セット) 17,850円
ポット 径12cmH16.5cm 700cc
ドリッパー 径11.5cmH8.5cmh10.5cm


清潔感ある白磁のポットは、
ス(茶こし)はなくピチャー形状です。
注ぐときのための蓋の摘みを、
トサカにしたたててあり、
ゆったりしたポットのフォルムと、
クチバシに見える注ぎ口という仕掛け。

13_tazaki_0330.jpg

市販のペーパーフィルターに合わせたサイズの、
同じ白磁でつくられたドリッパーと、
置きやすき安定感のある受け皿がつきます。

13_tazaki_0340.jpg
あさつげどり チャボ(セット) 14,700円
ポット 径10cmH13cm 300cc
ドリッパー 径9cmH6.3cm


コーヒー好きには、
香り高い朝のコーヒーの、
心地よい目覚めが、
豊かな気持ちの一日の始まりになります。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

花開かんとする壺

田崎宏さんの個展から、
一番の大作をご紹介します。


13_tazaki_0352.jpg
流線壺 262,500円
径21.5cmH28.5cm


腰から端までを、
一気に駆け上がる伸びやかな、
4本の線文が浮き上がる壺は、
今開かんとする蕾のような、
萌え出すエネルギーが感じとれます。

13_tazaki_0354.jpg
見込みを覗くと伸びやかなフォルムが、
ロクロで挽きだされたのがよくわかります。


少しだけ青みのある白磁が、
シンプルながらも有機的な、
息づかいがあるのは、
ロクロ成形の後に、
削り出して造形を生み出していく、
より田崎さんの手あとの残る作業が、
作り手の息吹を移しとっているのでしょう。

13_tazaki_0353.jpg
面をかえてみることで、姿が変わる発見があります。

小さな器からこの大作まで、
どれにも感じられる、
田崎さんらしさは、
伸びやかなふくらみと、
スピード感のある鋭さです。

それでいて、
ドンと構えた静けさを携えているのは、
会津をいう風土で育った田崎さんの、
感性に他ならないのではと、
甘庵は受け取っています。

            甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

ふくらみと鋭さ

今日から会津の田崎宏さんの個展がはじまりました。
素地を活かしたシンプルな白磁のお仕事です。

13_tazaki_0291.jpg
五寸輪花鉢 3,675円
径17cmH6cm


今回の個展には、
花器や香炉の作品として存在感のあるものから、
鉢、皿、マグ、ぐい呑みなど、
日常で使い勝手のいい器までが並び、
白磁の清潔感が広がっています。
13_tazaki_0292.jpg

田崎さんの器に共通した表情は、
ふっくらとした柔らかなロクロ挽きと、
鋭く切れのある削りが共存してます。

13_tazaki_0293.jpg
四寸輪花鉢 2,625円
径13.5cmH4.5cm


ご紹介している輪花鉢も、
伝統的な輪花より花弁の数との形状を省き、
一方向に削ぐことで、
モダンなデザインの器に仕上げています。

13_tazaki_0294.jpg

底面が大きく、
素直に立ち上がる縁をもつ、
平鉢として使いやすい形状で、
使って楽しい器としてのお約束を、
欠くことなく仕上っています。

             甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

田崎宏白磁展がはじまります

今年の夏は猛暑でしたが、
そればかりか、竜巻が発生したり、
秋雨前線で大雨が心配だったり、
天気が穏やかでないのが心配ですね。

暦は9月になりました。
9月6日(金)から銀花では初めての個展、
会津の田崎宏さんの白磁展がはじまります。
気持ちを変えて模様替えしました。

13a_tazaki_0267.jpg

13_tazaki_0288.jpg

13_tazaki_0303.jpg

清潔感のある、
実直な表情を見せる白磁の器が並びました。
是非ご覧になってください。

           甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

連なる草花文の花入れ

今日逸品展からご紹介するのは、
藤田佳三さんの色絵の花器です。

13_ippin_0256.jpg
藤田佳三 色絵四足花入れ 21,000円
W8cmD5.5cmH19cm


粉引ベースの柔らな白に、
藤田さんらしい、温かみのある絵柄が、
呉須の下絵、赤絵と緑の上絵で、
描きだされています。

13_ippin_0257.jpg

粉引の白い素地を空間として活かし、
表裏を2面の側面に描かれた草花文は、
緩やかに連なりを見せて、
花の庭を切り取った様な、
空間を見せてくれています。

13_ippin_0258.jpg

もう一つの特徴として、
これまた藤田さんらしい、
とても可愛らしい四つの足が、
この花器をより魅力的にしています。

          甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

繋がっていって欲しい仕事

今日逸品展からご紹介するのは、
山葡萄の手提げ籠です。

13_ippin_0254.jpg
山葡萄手提げ籠 乱れ編み 7,3500円
W32cmD14cmH37cm(本体h26cm)


近年になって、
その魅力を認められながらも、
日本の山で育った蔓で、
手慣れた仕事で編み上げた、
籠が少なくなりつつあるようです。

山を管理し恵みを授かり、
伝統の技を引き継いでいくことが、
厳しくなって久しいようです。

13_ippin_0255.jpg

残念ながら国外で出来たものや、
素材を使うことで、
価格が抑えられるため、
それらを手にする方も多く見かけます。

それはそれで良いのでしょう。
ただ、和の工芸の厳しい現状として、
繋がっていって欲しい仕事を、
応援するには、内容を理解していただき、
手仕事を見極める力も、
繋がっていって欲しいと願うばかりです。

              甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

個性的なガラス鉢

今日も朝から暑い荻窪です。
逸品展からご紹介する器も、
少しでも涼しげな方が・・・と、
今日もガラスになってしまいました。

13_ippin_0246.jpg

昨日の荒川さんの澄んだ素地を活かしたガラスとは、
またひと味違うガラスの魅力を見せてくれる、
3つの鉢です。

13_ippin_0247.jpg
西川孝次 青浅鉢 17,850
径22cm7.5cm


西川孝次さんの全体にアワを巻き込んで、
重なる色の織りなす複雑な彩りを持つ、
エキゾチックな気配もある鉢です。
日常で使いやすい形は、
盛りつけやすく、使い勝手が良い鉢です。

13_ippin_0248.jpg
巳亦敬一 ボール(石玉線)アワ入 大 18,900円
径19.5cmH7cm


巳亦敬一さんの鉢は、
不透明な色ガラスと巧みな技で、
楽しいガラス器を見せてくれます。
中心に向かって緩やかにねじれる、
ベージュと点線状のアワが、
動きのある文様を見せています。

13_ippin_0251.jpg
巳亦敬一 台付皿(モスG)石玉線 28,350円
径22cmH6cm


もう一つの巳亦さんの鉢も、
ねじれる動きを見せていますが、
こちらは落ち着いた緑と白が重なり、
大理石や瑪瑙のような、
重厚な彩りをみせています。

秋風を感じ初めても、
まだまだ暑いこの時期にも、
活躍する3つのガラス鉢です。

           甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

FC2Ad