うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

中條正康展がはじまります

中條さんファンのかたお待たせいたしました。
隔年の個展が明後日11月1日(金)からはじまります。
初日は中條さんが会場にいらっしゃいます。
11月12日(火)まで開催いたします。

13_cyujo_0201.jpg

13_cyujo_0204.jpg

ぼのぼのとした絵付けが隅々まで描かれた器は、
手にした人の心をあたためます。
可愛い絵柄と色合いなのに、
気品があって飽きのこない、
使うのが楽しい器です。

13_cyujo_0202.jpg

13_cyujo_0203.jpg

現在、荷ほどき真っ最中です。
開ける器のどれもが可愛くて楽しくて、
ついつい手が止まり眺めてしまい、
まだ途中ですが、一休みしながら、
ブログでご紹介させていただきました。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

モダンデザインか彫刻のようなピチャー

鶴見宗次さんの個展も最終日になりました。
気品があるのに、気どらずに色々使えて、
料理がとても映える器なので、
甘庵は強くお薦めしている器ですが、
近年は焼き締めへのご理解が、
すこし減っている気がしてとても残念です。

13_turumi_0193.jpg

だからこそ、ちょっと大きな声で・・・。
いえ、もじなのでその気分で、
今日のピチャーをご紹介します。

13_turumi_0190.jpg

素晴らしく綺麗なフォルムをしています。
焼き物としての土味も良く、
しっかり焼けて、冷却還元の黒が、
しっとり艶やかです。

13_turumi_0200.jpg

造形は、まるで北欧デザイナーの、
モダンなピッチャーを思わせます。
と、同時に彫刻の質感と仕上がりの高さです。

13_turumi_0199.jpg

見ているだけでも飽きないほどの、
美しさをもっていて、
それなのに、持ちやすいハンドル、
注ぐの楽しくなるほどの注ぎやすさと、
スパッと止まる水切れ。
機能も一級品です。

13_turumi_0197.jpg

つまり、とっても格好いいピチャーです。

          甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

小振りでも存在感あります

整った器は画像だと、
小さくても大きく見えることがあります。
今日ご紹介する鶴見宗次さんの、
角小鉢と豆皿もその例になります。

13_turumi_0130.jpg

バランスが整い質感が高いために、
3寸(9cm)ほどの大きさとは思えない、
存在感を持っています。

13_turumi_0131.jpg
はがきの上に二つが乗ってしまうほどの大きさです。

こういう器は使った時に、
「山椒は小粒でぴりりと辛い」器になり、
少量ながらアクセントになる料理などを、
バックアップする盛り映えになります。

13_turumi_0036.jpg
角小鉢 2,625円 □9.5cmH4.5cm

整ったフォルムでした、
気どった気配はないので、
出番の多い大きさですから、
普段の器として使っていただけ、
そうして使うことで、
肌合いや表情はよりしっとりとして、
ますます存在感のある器になります。

13_turumi_0040.jpg
豆皿 1,260円 径9cmH2.5cm

小さくてもよく見れば、
一つずつの顔も持ち、
自己主張もする器です。
器も好みうや相性もあるため、
お気に入りを見つけてしまうと、
愛着も増していく器でもあります。

           甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

盛り映えする片口

久々の秋日和で日差しが心地よい日曜日です。
季節感を楽しめる一日になりそうです。
和食が無形文化遺産への登録が決まりそうです。
嬉しいニュースですね。

世界の色々な料理が入って来ていて、
いろいろ食べたいところが、
食に思い入れの深い日本人なのでしょう。
それでも、普通一日3食の食事のうち、
せめて一食でも和食にして、
文化として見つめることにして欲しいところです。

13_turumi_0062.jpg
片口 白 5,250円 径15cmH8.5cm

ヘルシーな和食として世界的にブームな点など、
認められた背景があるのでしょう。
と同時に、季節感を取り込んだり、
盛りつけの楽しみも是非とも意識して欲しいところです。

13_turumi_0129.jpg

となれば、器もとても大切な部分です。
盛りつけしてはじめて料理として、
出来上がると思います。
器好きなうつわ屋としては、
ぜひともそのあたりにも、
注目が届いて欲しいと願います。

ということで今日ご紹介するのは、
鶴見宗次さんの個展から、
手ひねり片口白です。

13_turumi_0128.jpg

もちろん鶴見さんが作るので、
口は形だけでなく水切れ抜群ですが、
この鉢は、盛り映えすることを、
意識して作られています。

13_turumi_0025.jpg

鉢形の片口で、
口も見込みの広く、
化粧することで木灰の発色も、
溶けて流れる綺麗な緑がたのしめます。

13_turumi_0127.jpg

料理を選ぶことなく優しく包み、
手を掛けた料理の最後の仕上げに、
より美味しそうに華やかに映えさせます。

              甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

湯呑み3種

冷たい雨が降り続けていますが、
荻窪は午後になれば上がりそうです。
開催中の鶴見宗次さんの器を見に来てください。

13_turumi_0123.jpg

その鶴見さんの個展から、
今日は3種類届いている、
湯呑みをご紹介します。

13_turumi_0124.jpg

ころんとした丸い湯呑み。
猪口形の器にも使いたい湯呑み。
細めで長い「切立」と言われる形の湯呑み。
この3種類です。

13_turumi_0063.jpg
湯呑み 丸 2,100円 径8.5cmH6.3cm

湯呑みですが、
ソバ猪口形以外の形も、
丸にちょっと料理を盛ったり、
切立に野菜スティックを添えたり、
使いたくなります。

13_turumi_0065.jpg
湯呑み 猪口形 2,100円 径8cmH5.3cm

また、どの湯呑みも、
お酒や濁り酒とかも、
似合いそうです。

13_turumi_0067.jpg
湯呑み 切立 2,100円 径7cmH8.5cm

湯呑みという名前には、
あまりこだわることなく、
自由な使い方が楽しい器です。

         甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

碗と丼の家族

また週末に台風がやってきます。
大きな被害がないことを願うばかりです。

13_turumi_0120.jpg

鶴見宗次さんの手から生まれた、
基本の形の椀を3種と丼2種をご紹介してみます。
並べて見ると絵本ならば、
碗の三兄弟と丼の夫婦の家族です。

13_turumi_0121.jpg

鶴見さんの手で生み出す基本の造形の、
丸くて温かな土肌が、
掌の中に心地よく収まります。

13_turumi_0122.jpg
小椀 2,100円 径10cmH5.5cm

碗も丼も、焼き締めなのに、
手にしたときにごつごつ感はなく優しく、
口あたりが丸く滑らかで、
土臭さが全くありません。

13_turumi_0052.jpg
飯碗 小 2,940円 径11.5cmH6cm

13_turumi_0051.jpg
飯碗 大 3,150円 径12cmH7cm

土の限界まで焼き切って、
芯まで良く焼けていること、
全体に掛けてある木灰が、
素地と解け合ってガラス化して、
艶こそないのですが、
釉薬と同じ作用をもたらしています。

13_turumi_0050.jpg
どんぶり 小 4,200円 径14cmH7.7cm

13_turumi_0049.jpg
どんぶり 大 5,250円 径16.5cmH8.3cm

匂いや汚れが染みにくく、
硬質で使い勝手がよい、
盛って映え、注いで飲みやすい、
毎日の碗と丼です。
日常の中で使いたい焼き締めの器です。

           甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

ころんとした片口

今日は鶴見宗次さんの個展から、
鶴見さんらしいころんと、
丸みが可愛い片口を大小をご紹介します。

13_turumi_0089.jpg

ロクロを使わずに手から生み出された、
掌のぴったり納まる丸さが、
手に馴染む片口です。

13_turumi_0090.jpg

丸い本体から少し摘んで出した口が、
生き物の姿を連想する可愛らしさで、
一つ一つの表情が与えられ、
それぞれの個性が生まれています。

13_turumi_0069.jpg
片口 丸小 3,150円
径9.5cmH8cm
八分目で200cc


短い口ですが、
これが実に水切れがよく、
盃に少しずつ注ぐことを、
自由な加減で楽しめます。

13_turumi_0068.jpg
片口 丸大 5,250円
W15.5cmD12cmH8.5cm
八分目で400cc


鶴見さんの器に共通している、
見かけより容積がある点は、
この大小の片口にも言えます。
八分目に入れて小で200ccほど、
大で400ccほど入ります。

静々とお酒を注ぐことをイメージして、
作られた片口だと思いますが、
匂いも移りにくく、愛らしい形なので、
ドレッシング、ソース、割り下、出汁など、
自由に使って食卓で活かして欲しい片口です。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

四角と丸の七寸皿

開催中の鶴見宗次さんの個展から、
四角と丸の二つの七寸皿をご紹介します。

13_turumi_0079.jpg
七寸皿 6,825円
径21cmH3.5cm


冷却還元で黒く焼き締まった素地は、
想像以上に優しく料理を受け止めて、
華やかに盛り映えして、
美味しさをより引き立てます。

13_turumi_0078.jpg
四方皿 7,350円
□21.5cmH5cm


釉薬は施されていませんが、
土の限界までの高温で焼かれていて、
たっぷり掛けた木灰が、
すっかり溶けて素地に吸われ、
全体がガラス化しています。

13_turumi_0081.jpg

そのため、堅く丈夫で、
匂いや色が染みこみにくく、
扱いも楽な日常の器になっています。

13_turumi_0080.jpg

長い定番になっている丸皿と、
近年の人気アイテム四方皿は、
和の器としてだけではなく、
毎日の食卓にのぼる料理が似合います。

たくさん使いこんでいただき、
ガンガン洗っていくことで、
焼き締めのざっくりして肌も、
少しずつですが、
滑らかになっていきます。
色こそ変わらないのですが、
しっとりして表情になっていきます。
使いこむ楽しさは手仕事の器です。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

白い焼き締め

鶴見宗次さんの手ひねり焼き締めの器は、
冷却還元を施して素地を黒く仕上げ、
釉薬の黒色とは異なる、
マットな黒さが特徴になっています。
その中にあって、白い焼き締めを選べるのは、
個展ならではの楽しみです。

13_turumi_0024.jpg
丸鉢 白 9,450円
径22.5cmH7.5cm


素地に白化粧して木灰を施した白と、
白い素地そのままに木灰を施した、
2種類の丸鉢をご紹介してみます。

13_turumi_0077.jpg
丸鉢 灰 9,450円
径22cmH7.5cm


それぞれに木灰が溶けきって、
ガラス化して見込みに流れ込み、
オリーブグリーンの溜まりができています。

13_turumi_0023.jpg

1300℃を越えるところまで、
焼かれて木灰が溶けて、
流れた表情は焼き締めならではの、
炎の醍醐味を感じ取ることが出来ます。

13_turumi_0082.jpg

溶けた木灰がガラス化して、
高台裏に回り込み固まると、
棚板からとれなくなってしまうので、
常滑海岸で集めた貝を、
トチン替わりにするため、
貝の目跡がみえる「貝高台」を、
洗うたびに楽しめるのは、
やきもの好きの心をくすぐります。

鶴見さんの器に共通する特徴の、
「盛り映えする」ことも間違いなく、
広い見込みと縁がすっと立ち上がったフォルムが、
使い勝手のよいバランスに仕上がった鉢です。

              甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

鶴見宗次さんのポット

今回の個展で甘庵にとって一番の驚きは、
ご紹介する新作のポットです。

13_turumi_0088.jpg

鶴見さんの片口やピチャーや酒器などの、
注器の水切れが抜群で、
ハズレがほぼないと言って良い仕上がりでした。

13_turumi_0064.jpg
ポット 小 9,450円
W18cmD11cmH9.5cm
容積400cc


水切れは理屈で解明出来るのですが、
実際に粘土で作り高温で焼き上がるまでの、
縮み、歪みなどを計算していても、
なかなか思うようにならないもので、
作り手の感性が大きく左右している気がします。

13_turumi_0066.jpg
ポット 大 10,500円
W19cmD11.5cmH10.5cm
容積500〜600cc


その点でも注ぐ物が上手い鶴見さんには、
かなり前から鶴見さんの急須やポットを、
見せて欲しいとお願いしていましたが、
急須の大産地で、名人が多い常滑にいるために、
避けられてしまいました。

13_turumi_0087.jpg

あきらめていてところに、
届いたポットは、
良い意味での青天の霹靂でした。
しかも、ス(漉す部分)が実に丁寧な作り。
鶴見さんの造形全体に共通する、
おおどかな、緩やかな表情からは、
正直なところ、こんな細やかな仕上がりは、
想像していませんでした。
鶴見さんごめんなさい。

さっそく、水で試したところ、
どっと注ぐ感じではありませんが、
静かに丁寧にお茶を注ぐ感じは、
実に繊細な注ぎ心地で、
もちろん、スパッとした水切れでした。

作りに無駄な厚みがないので、
見かけよりたっぷり入るところも、
使い手にとっては嬉しいポットです。

               甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

鶴見宗次展をYouTubeにアップしました

鶴見宗次展の作品画像をスライドショーにして、
YouTubeにアップしました。



HPとはまた違った、
鶴見さんの器の表情が見えたり、
少しだけイメージも変わります。
ぜひご覧になってみてください。
 
           甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

配慮された納まりの角鉢

今日は鶴見宗次さんの個展から、
角鉢をご紹介します。

13_turumi_0083.jpg

ロクロを使わずに形を作り出す鶴見さんですが、
器は、基本的には丸い形が中心でした。
角鉢や角皿は、この数年で充実し、
完成度の高くなったアイテムです。

13_turumi_0059.jpg
角鉢 小 黒 5,250円
□14cmH6cm


丸い形のものより、
より手も掛かるようですが、
ロクロや型鋳込みにはない、
鶴見さんらしさが一層濃く、
見て取れる仕上がりです。

13_turumi_0086.jpg
角鉢 中 黒 8,400円
□19cmH6.5cm


見込みと立ち上がりの際の納まり。
高台、腰、側面と続くライン。
見込み側も外側も、四角の隅の納まり。
ここの細やかで丁寧な処理は、
長くロクロを使わない器作りのノウハウが、
積み込まれています。

13_turumi_0085.jpg
角鉢 大 黒 15,750円
□22.5cmH9cm


それは実際に使い勝手に、
大きく反映しています。
角のない穏やかな隅は、
洗うときに実感できます。
少し舐めてある端の処理は、
重ねて収納するときに配慮しています。

釉薬を施さない焼き締めは、
男だてのざっくりして表面から、
使い勝手や盛り映えを懸念したり、
避けられる方がいるようですが、
これこそが、日本の食卓、
和の器としてしか使われない、
ある意味もっとも日本的は器です。

それはつまり伝統的に、
和の食材、料理が映えるからこそです。
鶴見さんの焼き締めは、
モダンでもあるので、
日常の食材、料理がとても映えます。
器が好きな方、興味ありながら、
まだ焼き締めになじみがない方には、
ぜひともトライして欲しい器です。

            甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

手あとの美しい花器

鶴見宗次さんの個展がはじまりました。
初日の今日10月18日(金)は、
鶴見さんが会場にいてくれます。
是非お出かけください。
13_turumi_0021.jpg
花器 黒 31,500円
W17cmD16cmH27cm


DMが花器であったように、
今回は存在感のある花器が多く届いています。
姿形や肌合いは一つずつですが、
一群の作品としてとらえると、
より迫力が高まります。

13_turumi_0022.jpg


どれもが、膨らみの箇所と、
削がれた箇所で構成されています。
多くのやきものがロクロで挽き延ばし、
ナイフやヘラで削りとって造形するところを、
手ひねりで形作るために手あとが残り、
ロクロにはない不連続な面が続きます。

13_turumi_0017.jpg
花器 白 31,500円
W19cmD13cmH25cm


また、釉薬ではない、
素地に馴染み吸い込まれる、
木灰を施して焼き締めているため、
自然は岩肌や石のような、
質感を見せています。

13_turumi_0018.jpg

花を生けると、
自然の中に咲く花のように、
花器が受け止めます。

13_turumi_0019.jpg
花器 黒 31,500円
W17.5cmD9cmH26cm


制作過程では正面も裏もなく、
全ての面に意味を持たせてある、
そんな感じを受ける花器です。

13_turumi_0020.jpg

花を生けていなくても、
グルグル回して、
手あとの美しい表情が変わるのを、
一人楽しんでいる甘庵です。

         甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

鶴見宗次 美しい手あと展

鶴見宗次さんの個展がはじまります。
鶴見さんの器は、
ロクロで挽きだすのではなく、
手ひねりで一つずつ作り出しています。
彫刻の造形に似た手あとの美しさが溢れています。

13a_turumi_0008.jpg

木灰をたっぷりかけて冷却還元で焼くことで、
自然釉が掛かった焼き締めの表情を見せ、
盛り映えする器に仕上げています。

13a_turumi_0006.jpg

今年は、お得意の花器が豊富です。
一つずつが個性のある逸品ばかりです。
これはなかなか見応えがあります。

13a_turumi_0004.jpg

急須やポット、小振りの片口など、
魅力のある新作も豊富です。
ぜひ、会場で手にとってご覧ください。

            甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

文箱に込められている思い

武井順一さん文箱には、
木々の様子が彫られたものが、
多くあります。
今回の荻窪銀花の個展い届いているものも、
そんな一連の作品です。

13_takei_0165.jpg
文箱「芽吹き」 84,000円 朴 拭き漆
W35cmD26cmH11.5cm


芽吹く木々の、勢いある生命力が、
蓋の上面いっぱいに彫られています。
伸びやかな芽吹きの力強さが、
伝わってくる作品です。

13_takei_0166.jpg

今までに拝見したもので、
林の様子が描かれたものなど、
木々の持つ活き活きしたエネルギーを、
感じとれるものが印象的です。

13_takei_0027.jpg

そこには、武井さんが仕事として、
真摯に木々と向かいあって来た故の、
木々への敬愛の一端が、
滲み出している気がします。

13_takei_0164.jpg

芽吹き、成長し、木材となり、
削り、彫り、作品や器になる。
その後にも芽吹き繰り返されてきた、
木々の輪廻から受ける恩恵への、
感謝も込められている気がしています。

少し話がそれるのですが、
武井さんは小諸に移られてから、
土に触れる機会を持たれて、
庭先の畑で野菜を育てられています。
種や、苗木から収穫までのサイクルから、
得た思いや教訓は、武井さんのもの作りの姿勢に、
深みを増したように思えます。
大地の恵みへ感謝からなのでしょう。

話がずれたついでに、
大地の恵みのお裾分けの秋の収穫をいただきました。
武井さんと大地に、ぼくもご馳走さまと感謝。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

木の靴べら

今日は武井順一さんの個展から、
踵に柔らかな靴べらをご紹介します。

靴べらと台部分はナラで、
靴べらを受ける円筒部分はヒノキで、
3つのパーツで構成されています。

13_takei_0154.jpg
靴べら・靴べら立て 12,600円
ナラ・ヒノキ ウレタン仕上げ
径12.5cmH47cm/


主役の靴べらは、
堅く粘りがあるナラから削りだされた、
モダンなフォルムで、
滑らかな曲線は心地のよいグリップ感を、
与えてくれています。

13_takei_0155.jpg

受けの円柱はヒノキ材を丁寧に刳り、
一カ所スリットがあります。
乾燥による割れ防止もあるのですが、
靴べらの納まり場所になり安定します。

13_takei_0156.jpg

ベースのナラ材は、
材として密度の高い、
重い部分を選んでいて、
背の高い靴べらを無造作に立てても、
揺らいだり倒れることがないという、
配慮がある組み立てになっています。

玄関先での使っても一日一回の道具ですが、
使い勝手の良さが、
出かけるときの気持ちを、
上昇気分にさせてくれる、
素敵なフォルムがアクセサリーにもなる、
玄関のアイテムです。

            甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

心地のよい歪み

武井順一さんの個展から、
取っ手の付いた鉢をご紹介します。

13_takei_0153.jpg
山桜取手付器 25,200円 山桜 拭き漆
W24cmD16cmH7cm


椀と言うには大きいサイズで、
サラダボールとしては小振りな、
両手の中に抱えると、
なんだか幸せな気持ちになる、
肌合いと重さの器です。

13_takei_0152.jpg

標準的ではないのは、
サイズだけではなく、
ハンドルが付いていて、
上から見ると丸ではなく、
手彫りだからこそできる、
緩やかな歪みを見せる、
柔らかな稜線を持つ有機的な姿です。

13_takei_0084.jpg

見込みも、外側も、
刃のあとを積極的に残した表情は、
木の温もりをそのままに、
強く伝えてくれる仕上がりです。

使い方を工夫するのが、
楽しみなになる逸品です。

           甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

懐かしいブックエンド

武井順一さんの個展から、
今日はブックエンド(本立て)をご紹介してみます。
私には、なぜか懐かしい道具に感じました。
スチールやアルミなど無機質で機能的であればと、
使っていた道具になっていました。

13_takei_0157.jpg
ブックエンド 31,500円 ヒノキ・桜 拭き漆
L:W13.7cmD13.2cmH23.5cm
R:W13.7cmD13.2cmH21cm


それは私自身の本との距離感が、
遠のいていることにも、
関係しているかもしれません。

身近に本を置くことも、
その空間も少なくなり、
文字もパソコンやスマホから、
目に入ることの方が、
多くなっているかもしれません。

13_takei_0158.jpg

届いている本立てに、
レイアウトのために、
古い銀花を数冊立てて見ました。
杉浦康平氏の美しい装丁が改めて目に入ります。
ブックエンドは本を愛する気持ちに、
沿った道具なんだと、
この年になり感じとれました。

装丁までが本の内容に、
リンクしていることは感じていました。
読み流せば良いと思う小説を、
図書館で借りていると、
新しく借りてきた本を数行読んで、
「ああ〜読んだことある・・」
同じ本を借りてしまうことがありました。

13_takei_0159.jpg

小さな文庫本でも手元にあったり、
ホコリだけでも本棚にあるものは、
そういうことがなかった。

ましてや、装丁が記憶に残る、
美しい本を、意図せずして、
繰り返し読み出すことなどあり得ません。

懐かしい道具「ブックエンド」は、
スペースの整理だけではなく、
心のありようにも大切な、
豊かさをもって整理をする、
道具なのかもしれません。

         甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

遊びのある仕事

武井順一さんの木の仕事は、
日常に使う器や道具でありながらも、
美しさや楽しさをもっている木彫です。

今日ご紹介する「パン立て」にも、
遊び心がいっぱい詰まっています。

13_takei_0145.jpg
パン立て 21,000円 カツラ・シナ 拭き漆/ウレタン
W24cmD14.5cmH14cm


カリッと焼いたトーストが、
しっとりしてしまうと悲しいものです。
冷えたお皿にのせると、
結露してしまい、しっとりしてしまいます。
焼きたてのカリッと感を、
維持するためにあるのが「パン立て」です。

13_takei_0143.jpg

多くは針金で出来たものですが、
武井さんがつくると・・・ちょっと遊んで、
受ける部分が並んだパンの輪切りです。

13_takei_0144.jpg

いかにもパンらしい色合は、
シナの木の素材を活かしています。
下の台は汚れにくくシックに、
漆仕上げてあります。

パンをパンで支えて立てる遊び心が、
朝のトーストを味わいに、
楽しみが加えられます。

            甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

見る人のイメージで広がる木彫

武井順一さんは普段使いの匙や器や家具から、
木彫まで仕事の巾は広いのですが、
共通して感じ取れる点に、
使う人、手にした人が、作品のイメージを、
膨らませていくゆとりを持っていることだと、
甘庵は思っています。

13_takei_0037.jpg
母と子 84,000円 ヒノキ オイル仕上げ
母と子:W17.5cmD10.5cmH16cm
台:W30.5cmD23cmH7.5cm


匙や器には、手慣れて馴染んでいく、
先を読んだ仕事で、
彫り後を残した、一歩出前で押さえています。

13_takei_0131.jpg
武井順一さん撮影

木彫も、一歩手前で押さえていて、
特に表情はほとんど施されていません。
それなのに、表情が見えます。

13_takei_0072.jpg
エンゼル 21,000円
ホウ ウレタン仕上げ
W4.5cmD7.5cmH26.5cm


というより、甘庵には見えるのですが、
それは、他の方とは違うのでしょう。
見る人それぞれのイメージが、
広がるゆとりを持たせるように、
彫っています。

13_takei_0136.jpg
武井順一さん撮影

そのせいでしょう。
見るときどきで、違った印象や、
表情がみえます。
匙のや器のように使う目的を持たないけど、
見る人、手にした人が、
心で使うのでしょう。
それが木彫の面白みなのでしょう。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

ベストセラーのスープカップ

武井順一さんの仕事のなかで、
毎日使う器として一番人気で、
ファンに愛用されているのが、
今日ご紹介するスープカップ&スプーンです。

13takei_0020.jpg

もともと木の器を好み、
日常で木の椀を使ってきている、
和の器文化ですから、
料理によって椀ではそぐわないけど、
木の器でいただきたいと、
思っている方も少なくないはずです。

13_takei_0088.jpg
スープカップ・スプーン 15,750円 山桜 拭き漆
カップ:W17cmD12.5cmH6.5cm スプーン:L=17cm



今回は、レギュラーサイズに加えて、
小と大も届いて3サイズが、
ご覧いただけます。

13_takei_0087.jpg
スープカップ・スプーン小 13,650円 山桜 拭き漆
カップ:W15cmD11cmH5.5cm スプーン:L=15cm


木目や木肌はそれぞれですが、
ほぼ同じ感じに作っているので、
必要数のご注文を承れる器です。

13_takei_0089.jpg
スープカップ・スプーン大 17,850円 山桜 拭き漆
カップ:W17cmD12.5cmH7cm スプーン:L=17cm


スープが冷めず、
口あたりの良いスプーンの、
使いやすさから、
使っていただいている方が、
買い足ししたり、
出産のお祝いや贈り物として、
ご利用くださる方も多い、
ベストセラーのスープカップです。

           甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

手放せなくなる木の匙

身近で使うためのスプーンに、
楽しく木彫が施されているのが、
武井順一さんの仕事です。

13_takei_0138.jpg
スプーン各種 4,935円 拭き漆
左から長さ17cm.17.5cm19.5cm.21cm.24cm


眺めているだけでも、
嬉しくなってきます。
このスプーンで料理を取り分けたり、
ジャムをすくう日々こそ、
食べることへの敬意を込める、
心の豊かな暮らし方かもしれません。

13_takei_0139.jpg
左から3本は山桜、右のジャムスプーンはケヤキです。

長さ17cmから24cmほどのスプーンは、
手にすると木の持つ柔らかな感触が心地よく、
どれもしっくりとなじみます。

13_takei_0140.jpg
スプーン各種 5,250円 拭き漆
左から長さが17.5cm.18.5cm.20cm.18cm


口に運ぶと、金属のスプーンとは、
全くこ異なる質感で角が立たずに、
食べ物が優しく口に広がります。

13_takei_0142.jpg
左から天使、天使、少女、象さん

長く使って漆が摺り減れば、
塗り直しのメンテナンスで、
元のようになり、より愛着が湧き、
長くお使いいただけます。
一度使い出すと手放せなくなるのが、
武井さんの木の匙です。

          甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

使える楕円皿

開催中の武井順一さんの個展から、
シンプルで何気ないけど、
飽きがこなくて色々使える、
栗漆仕上げの楕円皿を2種ご紹介してみます。

13_takei_0076.jpg
楕円皿 12,600円 栗 拭き漆
W37cmD18cmH2cm


漆仕上げと聞いて、
使いづらいと思う方もおいでかもしれませんが、
それは全くの誤解です。

13_takei_0077.jpg

武井さんの仕事は、
木の塊から削りだして、
木目を活かして作られているので、
拭き漆といわれる、
顔料などいれていない、
透明な漆をすり込みます。
皮膜層は薄く、
木地に浸透して地固めをしている感じです。

13_takei_0079.jpg
栗楕円皿 10,500円 栗 拭き漆
W29.5cmD16.5cmH2.2cm


彫った刃の後を、
楽しむデザインですので、
平らでつるんとしておらず、
日々使うことでの傷も目立ちにくく、
神経質な気遣いなく使えます。

もちろん、洗えます。
普通の食器と一緒の方法ですが、
削れるような堅いものではなく、
スポンジと中性洗剤で洗い、
良く濯いでください。

13_takei_0080.jpg

毎日ガンガン使い続けると、
早い方は3〜5年ぐらいで、
端のこすれやすい部分が、
摺り減ってくることがありますが、
その時には、おかずかりして、
簡単に塗り直しができます。

落としても、そうそうのことでは、
本体が傷つくことはありません。
思っている以上に気軽に使えます。

乾いたものから、普通の料理まで、
冷たくても熱くても、
使い出すと、焼き物とは違った、
楽しみを発見できます。

          甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

器だけど彫刻

武井順一さんの彫りのお仕事は、
一見は木彫作品なのに、
実は身の回りで使う楽しみをもっているという、
作品が多くあります。

今日は今回の個展からそんな作品を、
4点ご紹介してみます。

13_takei_0033.jpg
刳り箱「ウサギ」 73,500円 ヒノキ 拭き漆
W19.5cmD14.3cmH28cm


まずは一番大きな作品から、
風になびく草原に気配を伺うウサギです。
ウサギも草原部分も、ヒノキ材です。

13_takei_0034.jpg

草原部分が刳り箱になっていて、
宝物箱になりそうです。

13_takei_0066.jpg
刳り箱 15,750円 ヒノキ 拭き漆
W8.3cmD7.6cmH10.3cm


次は両手の中にコロンと収まる大きさの刳り箱です。
岡の上に続く階段の先に1軒の小さな家があります。
何か物語りを思い浮かんでしまうような箱です。

13_takei_0071.jpg
刳り箱「男」 42,000円 シナ 拭き漆
W10.5cmD13cmH13cm


こちらは、ちょっとブルーになって、
思い悩んでいるのでしょうか、
うずくまる男性の姿・・・の刳り箱です。

13_takei_0126.jpg
刳り箱「少女」 46,200円 ヒノキ 拭き漆
W9.7cmD10.5cmH23.5cm


最後も刳り箱で、
花束を抱える少女の姿が、
一木のヒノキから彫られています。

どれをとっても、
木彫品としての存在感と広がりを、
十分に持ちながら、
飾りものだけではなく、
身近な存在であって欲しいという、
武井さんらしい仕事です。

            甘庵

追記:武井さんのブログはなかなか面白いですよ。
昨日今日明日と会場にいらしていて、
一生懸命に書いておられました。

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

武井順一展がはじまりました

武井順一さんの木の仕事は、
素材に選ばれた木の塊から、
一つ一つ削りだされています。

13_takei_0047.jpg

匙や箸といった小さなものから、
器、彫刻、家具、
調度品と多岐にわたります。
そのどれもが木との会話から生まれます。

13_takei_0070.jpg

それぞれの木のもつ個性を活かし、
木目が温かな表情に仕上げられ、
手にし、使うたびに心和む作品です。

13_takei_0092.jpg

ぜひ、会場で手に触れてみてください。
武井さんと木との会話が聞こえてきます。

              甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

荻窪銀花催し物予 秋

今年も猛暑でしたが、
辛い残暑をそう感じることなく、
秋の気配が深まってきています。

荻窪銀花の秋の催し物も、
使いやすくて、使うことが楽しい、
手仕事の器が充実しています。
秋日和にぜひ足を運んでください。

13_takei.jpg

武井順一 木との会話が聞こえる器 展
10月4日(金)〜15日(火)
10/2水.3木.9水はお休みです
最終日は18時までです
武井さんの仕事は、
器、彫刻、家具、調度品と多岐にわたります。
そのどれもが木との会話から生まれます。
木の塊から素材が選ばれ、
木のもつ温かな表情に仕上げられ、
手にし使うたびに心和む作品です。

13_turumi_01.jpg

鶴見宗次 美しい手あと展
10月18日(金)〜29日(火)
10/16水.17木.23水はお休みです
最終日は18時までです
ロクロで挽きだすのではなく、
手ひねりで一つずつ作り出した器は、
彫刻の造形に似た手あとの美しさが溢れています。
木灰をたっぷりかけて冷却還元で焼成し、
自然釉の掛かった焼き締めの表情は、
盛り映えする器に仕上がっています。

13_cyujo.jpg

中條正康 心あたたまる器 展
11月1日(金)〜12日(火)
10/30水.31木.11/6水はお休みです
最終日は18時までです
ぼのぼのとした絵付けが隅々まで描かれた器は、
手にした人の心をあたためます。
可愛い絵柄と色合いなのに、
気品があって飽きのこない、
使うのが楽しい器です。

             甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

秋の野草

一昨日、八ヶ岳の麓に住む作り手から、
野草をいただきました。
秋の器展の花器に投げ入れてみました。
甘庵が生けたのですから、
生け花としては論外なのですが、
秋の風情が愛おしく、
花器のご紹介と一緒にご覧ください。

13_autumn_1005.jpg

花器は藤田佳三さんの俵壺花器です。
本体はロクロで挽いて口を閉じ、
中空の俵形を横にして、
口を高台と付け整え、
本体部分には刷毛目粉引を施してあります。


13_autumn_0024.jpg
藤田佳三 俵壺花器 19,950円
W19cmD12cmH15cm


李朝陶器のリスペクトです。
ゆったりとして、大渡かなフォルムと、
柔らかな土味が、
こっくりとしっとりとした気配を醸し抱いています。

13_autumn_0025.jpg

俵形の本体部分はアシンメトリーで、
ムラのある刷毛目粉引もあって、
しつらえる角度を変えると、
表情の変化を楽しめます。

生け花の心得がなくても、
花を生けることを楽しみたくなる、
優しい花器です。

           甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

FC2Ad