うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

白磁といっても灰がかりの淡い緑がみどころ

光藤佐展から穴窯で焼かれた、
表情のある器をご紹介します。
白磁といっても降った灰の溜まり部分が、
淡い緑になっている白磁浅鉢と皿です。

15_mitufuji_0262.jpg
白磁浅鉢 5.5寸 5,940円 径16.5cmH4.5cm
白磁浅鉢 4.5寸 4,536円 径13.5cmH3.5cm
白磁皿 3.5寸 2,592円 径10.5cmH2.5cm
白磁皿 3寸 2,376円 径9cmH2.2cm


浅鉢は皿を言っても良い、
目跡がチャーミングな平らな底面の縁が、
すっと立ち上がっている形で、
皿として仕えながらも、
少し汁があっても盛れる、
何かと使い勝手の良い形です。

15_mitufuji_0263.jpg

三寸五分と三寸の皿も似たフォルムで、
同様に使い勝手が広い小皿です。

灰のふる量や炎の流れ方で、
一枚ずつ窯変の表情が異なり個性があり、
顔つきの好みで選ぶのも楽しみです。

15_mitufuji_0264.jpg

高台の削りも磁器としては、
柔らかな削り出しで、
あえて石のある素地が、
少しざくっとした土味を見せて、
高台の景色も味わい深くしています。

          甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

粉引と刷毛目の良いとこ取り

光藤佐展から今日も穴窯で焼かれた、
表情のある器をご紹介します。
粉引のように化粧土が全面に施されていますが、
柔らかい刷毛目を残した総刷毛目片口鉢です。

15_mitufuji_0258.jpg
総刷毛目片口鉢 6寸 6,480円 W20cmD16cmH6.5cm

ふんわかとした粉引の良さと、
刷毛目跡からみえる土味を、
一緒に味わえる良いとこ取りの手法です。

15_mitufuji_0259.jpg

形は素地が柔らかないちに、
ゆったりと歪ませた楕円形で、
口付きとあわせて向きを持たせた姿は、
盛り映えを後押しします。

15_mitufuji_0260.jpg

穴窯のなかでも後ろのほうで、
中性炎から酸化炎の柔らかな窯変で、
灰だまりも黄色みかかり、
釉の下の素地から御本もちらほらと、
穏やかな釉調をみせます。

15_mitufuji_0261.jpg

といっても、素地に含まれる鉄が溶けだし、
石がはぜているように、
芯までしっかりと焼けているのは、
光藤さんの使いやすい器の裏付けになっています。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

冴えた緋色が映える志野茶碗

光藤佐展から今日も穴窯で焼かれた、
表情のある器をご紹介します。
緋色の冴えて映えている志野茶碗です。

15_mitufuji_0252.jpg
志野茶碗 54,000円 径13cmH9.5cm

たっぷり掛かった厚みのある長石釉と、
桃山陶器を思わせる大きくドンとした作りで、
ゆったりした表情ながらもダイナミックな茶碗です。

15_mitufuji_0253.jpg

透明感がありながらも白く重なり、
砂糖菓子や雪を思わせる釉調の下に、
鉄で描かれた文様が伺えます。

15_mitufuji_0254.jpg

釉が薄めなところや素地がみえるとこでは、
炎の中で素地と鉄絵と釉が解け合い絡み合い、
泡雪のような釉調や冴えた緋色を見せていた、
高温の窯の中での変化に思いを巡らすのが、
楽しくなります。

志野といえば桃山のやきものの代表です、
志野茶碗粉引や刷毛目などの李朝陶器をリスペクトしたものとは、
また違ったロクロ挽きのフォルムや高台作りは男性的で、
彫刻のように生み出す創造力のパワーを感じます。
光藤さんの次ぎに見え据えているやきものが、
見え隠れしているように思えます。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

酒が美味しい肴になる酒器

光藤佐展から穴窯で焼かれて、
味に深みが増した酒器をご紹介してみます。

15_mitufuji_0248.jpg

やきもの好きにとっての良い酒器は、
酒器自体が酒の肴になることです。
元々、光藤さんの酒器は味わいのあるものですが、
穴窯で焼かれ、灰がふり、炎に焦がされて、
一層味わい深くなっています。

15_mitufuji_0249.jpg
左:安南酒呑 4,320円 径6cmH7cm
右:白磁面取坏 6,480円 径9cmH4.2cm


かつては大酒呑みだった記憶からか、
少し大きめのぐい呑みですが、
ゆったり注いで、静々と味わいのが、
似合いそうです。

15_mitufuji_0250.jpg
左:黄瀬戸酒呑 7,560円 径8.8cmH5.5cm
右:白磁耳杯 10,800円 径7cmH6.3cm


粉引、白磁、黄瀬戸、安南と、
それぞれ違う焼きの酒器の土味や釉調が、
珍味取り合わせのように、
ロクロ挽きの勢い、炎の流れなどを思い、
肴にするのはやきもの好きの特権?
いや妄想でしょうか。

15_mitufuji_0251.jpg
粉引徳利 12,960円 径9.5cmH15.5cm

ぐい呑みの形や焼きで、
酒の味が変わって感じられるを、
呑みくらべるのは楽しみです。

さらっと来るもの、どばっと来るもの、
口あたりや流れ込み方の違いか、
切れが良く辛めに感じるものや、
ぽってりと甘く感じるものなど、
同じ酒がぐい呑みで違った味を感じます。
やきもの好きにはそんなこんなで、
酒が進む肴になるようです。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

穴窯で焼かれた三島皿も表情に深みがあります

光藤佐展から穴窯としては新たな、
三島手の六寸皿をご紹介してみます。

15_mitufuji_0246.jpg
三島皿 6寸 6,048円 径17.5cmH4cm

灰が掛かり溶けて緑がかった自然釉が見えたり、
ほんのりと赤味が差した御本が見えたりと、
窯変も薪窯ならでは深みがあります。

15_mitufuji_0243.jpg

三島神社の暦を思わせるところから、
三島手と呼ばれたと言われています。
素地が柔らかいときに刻印や彫りを入れ、
素地の凹凸に白い化粧土を施して、
文様をみせています。

15_mitufuji_0247.jpg

粉引や刷毛目より手を加える手法ですが、
精緻というより適度に稚拙さが残っている方が、
土味が見えて面白みがあります。

光藤さんの三島は、
そのあたりの兼ね合いも、
程よいところはさすがです。

この皿も料理を盛りつけてこそ、
活き活きするのが見て取れます。

           甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

ゆったりした作りの中にある品格

光藤佐展から灰がかかり窯変を見せている、
白磁高台皿をご紹介してみます。

15_mitufuji_0239.jpg
白磁高台皿 14,040円 径16cmH10cm

一点の汚れも、歪みもない、
完成度の高さを目指して作られた白磁とは、
まったくことなる白磁です。
どこか李朝白磁を思わせます。

15_mitufuji_0241.jpg

穴窯で焼かれ薪の灰がふり、
ゆるやかな歪みがあり、
高台には緋色が見えています。

15_mitufuji_0040.jpg

鋭さよりも柔らかな印象をうけます。
繊細よりも大渡かな表情をもっています。
それでも、姿からは凛としたものが感じられ、
品格を備えています。

四季折々の晴れの場のもてなしの席での、
盛りつけやしつらえのときに、
しっかりと力を発揮するでしょう。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

藤田佳三さんの在庫リストをアップしました

荻窪銀花のHPに藤田佳三さんの、
在庫リストをアップしました。

15_fuijta_0001.jpg
15_fuijta_0061.jpg
15_fuijta_0123.jpg
15_fuijta_0188.jpg


オーダーフォームで遠方の方からのご注文も承ります。
赤絵、染付(安南)、紅安南、色絵などの、
皿、鉢、カップなどのリストをご覧いただけます。
ただし、在庫の少ないもののありますので、
売り切れの時にはご容赦ください。

2015年藤田佳三作品在庫リスト:http://www.kan-an.com/shop/shop_15fujita.html
               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

刷毛目の魅力は動き

光藤佐展からリズミカルな動きが魅力的な、
刷毛目五寸鉢をご紹介してみます。

15_mitufuji_0237.jpg

穴窯で焼かれた刷毛目も灰がふったり、
窯変をみせていて一見は表情は渋いんですが、
元々刷毛目は派手で男性的な表情をもつやきものです。

15_mitufuji_0219.jpg
刷毛目鉢 5寸 4,968円 径15cmH4cm

刷毛目と言われるくらいに、
見所は、化粧土を刷毛で引いたあとが、
ダイナミックな動き見せるところです。

細かな静かな刷毛目でも、
荒めでスピード感のある刷毛目でも、
それぞれ個性であっての魅力ですが、
そこに動きをパワーを感じとれない刷毛目は、
イケマセン。

15_mitufuji_0221.jpg

光藤さんの刷毛目は野趣で荒れ目の刷毛目で、
速い動きと切れを感じ取れますが、
決して品を損なうものではなく、
凛とした品格を持っています。

他のどの光藤さんの器とも共通で、
刷毛目も料理を盛りつけると、
料理と一体となり、
美味しそうに華やぎます。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

渋いけど盛り映えする粉引

今日から光藤佐 盛り映えする器 展がはじまりました。
今年も穴窯から生まれた器を中心にご覧いただきます。
そのために、渋い。

15_mitufuji_0235.jpg

どれも薪を焚いてその灰が釉薬に絡んだ、
一つずつの窯変を見せる表情は渋いです。
でも、これが料理を盛ると一変します。
艶やかで華やかな一皿一鉢になります。

15_mitufuji_0124.jpg
粉引皿 7寸 7,560円 径20.5cmH6cm

ご紹介している粉引皿七寸も、
一枚ずつそれぞれに魅力的な顔を見せて、
どれも心挽かれる釉調になっています。

15_mitufuji_0123.jpg

灰のかかりが強く緑になっているもの、
土から出た赤味の御本が見えるもの、
素地のなかの鉄が溶け、石がハゼたもの。

15_mitufuji_0125.jpg

どれにも芯から焼けている強さを、
土の持つ温かさが受け取れる、
やきもの好きにはたまらない、
薪窯ならではの器に仕上がっています。

           甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

光藤佐さんの個展がはじまります

1月23日(金)から光藤佐 盛り映えする器 展がはじまります。
今年も穴窯から生まれたクオリティの高い器がとどきます。

15_mitufuji_197.jpg

サヤにいれての焼成ではなくそのままの窯詰めなので、
薪だ焚くときの木灰がかかることや、
焦げなどの窯変ができることを楽しんだ、
渋い表情の仕事です。

15_mitufuji_190.jpg

あえてたとえば白磁なども、
釉薬の上に灰がかかって自然釉がかさなり、
一つずつ表情が違います。
この渋い粉引が盛りつけたときに、
ぱっと華やぎ料理が盛り映えします。

15_mitufuji_202.jpg

白磁以外にも、李朝のやきものを思わせる、
粉引、刷毛目、三島などや、
穴窯の炎の力強さをうけた志野や引きだし黒など、
奥深い表情をお楽しみいただけます。
ぜひ手にとってご覧下さい。

光藤佐 盛り映えのする器 展
1月23日(金)〜2月7日(土)

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

絵替わりの楽しさは裏まで続きます

寿ぎのうつわ展から中條正康さんの、
人気定番「絵替半月皿」をご紹介します。

14_hare_0065.jpg
中條正康 絵替半月皿 4,320円
W13cmD11cmH2.5cm


半月という和皿ならではのデザインの、
趣のある形がすでに楽しませてくれます。

14_hare_0066.jpg

その皿一杯に描かれた楽しい絵は、
一枚ずつの絵替わりで、
中條さん独特のメルヘンな世界は、
皿を返すと裏まで続いています。

14a_hare_0067.jpg

はじめは挿した色絵の落としがないように、
確認のために点や線の簡単なものだったのが、
中條さんの遊び心からどんどん書き加えられるようになり、
今のような表の続きが見られるようになったそうです。

オーナーが皿を洗うときに楽しむ特権だけにしておくのが、
もったいなく、また見せびらかしたくなる、
この皿の魅力になっています。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

可愛いだけではありません使える猪口です

寿ぎのうつわ展から藤田佳三さんの、
赤絵猪口をご紹介します。

15_kotohogi_1040.jpg
藤田佳三 赤絵猪口 2,940円
径7.8cmH6cm


そば猪口の大きさとしては江戸好みで小振りでが、
可愛い赤絵草花唐草文が描かれて、
猪口型なので盛って由、飲んで由の、
多様な使い方が楽しめます。

15_kotohogi_0036.jpg

ちょっと珍味など盛りつけるのに、
華やかな絵柄が盛り立ててくれます。
手持ちが良く、優しい口あたりなので、
お茶の小湯呑みとして、
酒をたっぷり呑むのにも使いたくなります。

15_kotohogi_1041.jpg

見込み側の縁下や見込みにも絵付けがあって、
使う楽しさを演出するところも藤田さんらしい仕事です。

藤田さんの赤絵は粉引ベースなので、
使っていくことで貫入が入り肌合いも落ち着いてきて、
少しずつ侘びていく陶器ならでは育てる、
醍醐味も味わえます。

色々使えて、長く楽しめる、
可愛いだけではない使える猪口です。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

長く使うほど愛着の湧く飯碗

寿ぎのうつわ展から中條正康さんの、
大小二つの飯碗をご紹介します。

14_hare_0037.jpg
中條正康 赤巻金銀彩飯碗大 4,860円
径11.5cmH6.4cm


他の国には少ない自分の器を持つ習慣が、
和の器文化にはあり、その代表が飯碗です。

陶器磁器せっ器と素地や釉薬など多種多様で、
選ぶ方の器の好みの個性が表れます。

14_hare_0038.jpg

中條さんらしい上絵の飯碗を選らんでも、
絵柄違いで選択技があります。

14_hare_0033.jpg
中條正康 飯碗小 3,780円
径11cmH5.3cm


中條さんの素地は陶器の柔らかな表情をいかしいて、
手にした時に軽さを同時に質感として感じ取れます。
その雅さは使い心地をやめられないファンが多いようです。

14_hare_0034.jpg

ただし、扱い方も貴族的な感性をお願いします。
上絵(特に金彩)なので電子レンジは故障原因に、
食洗機は研磨材の洗剤を使うことで、
長い間に上絵が薄れる可能性があります。
時間や手間を惜しまない心をお持ちください。

その分、ゆったりした使い心地と、
使うほどの貫入などの侘びて行く表情を楽しめて、
自分だけの飯碗としての愛着が増していきます。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

可愛い赤絵のコーヒーカップソーサー

寿ぎのうつわ展から藤田佳三さんの、
赤絵コーヒーカップソーサーをご紹介します。

14_hare_0160.jpg
藤田佳三 赤絵コ—ヒーC&S 6,480円
カップ:径9cmH6.7cm
ソーサー:径15cmH2.5cm


可愛い草花文が軽やかに描かれた、
コーヒータイムが華やぐカップです。

近年はマグを使う方が多く、
カップソーサーを作り手からも、
届く数量が減っています。
そんな中でも藤田さんは良く作ってくれます。

15_kotohogi_1033.jpg

ソーサーと組まれたバランスや、
冷めない内に飲みきれる容積など、
見直したい良さがあると思いました。
今回も2タイプのカップソーサーが届きました。
その一つが、この赤絵のカップソーサーです。

15_kotohogi_1034.jpg

素地も絵付けも和の手法ですが、
洋食器としての使われ方をふまえていて、
同じ赤絵の器でありながら、
エキゾチックな雰囲気を生み出しています。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

春の訪れを感じる器

寿ぎのうつわ展から中條正康さんの、
椿小向付をご紹介します。

14_hare_0039.jpg
中條正康 椿小向付 7,020円
径8.5cmH6.5cm


大胆な構図の白椿は、
白い花弁は白化粧の柔らかな肌を活かし、
緑と黄色の二色の色絵で、
春の訪れを感じる絵柄に仕立てています。

省かれたデザインでいながらも、
季節感や素材感などのイメージを伝え、
器としても使いやすく、料理映えします。

14_hare_0040.jpg

伝統的な和の器ですが、
モダンでポップな器でもあります。
使い方も自由な発想で楽しみたくなります。

華やかでいながら気品をもち、
長く使い込んでく楽しみのある、
飽きのこな器です。

         甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

雅な趣がある赤絵舟形楕円皿

寿ぎのうつわ展から藤田佳三さんの、
赤絵舟形楕円皿をご紹介します。

14_hare_0115.jpg
藤田佳三 赤絵舟形楕円皿 5,940円
W29.5cmD14.5cmH5cm


藤田さん主な仕事はロクロで作られたものです。
その特徴は、柔らかなフォルムやディテールで、
目にも手にしたときにもほんわかさせてくれる、
角のない仕事を感じます。

14_hare_0113.jpg

それは、ご紹介している楕円皿のように、
簡単な型を使って一つずつ手で仕上げていくときに、
さらに顕著にみてとれます。

14_hare_0114.jpg

手を加える部分が多い分、
ロクロ制作よりもいっそう、
一つずつの仕上がりになり、
器であっても単品作品といえるものになります。

14_hare_0116.jpg

絵付けも自然と一つずつの形に沿い、活かすため、
一つずつの顔つきを見せて、
藤田さんならではの雅な趣が自然と引き立っています。

その魅力は、手出作られた料理やスイーツのように、
見た目や形以外にある口にしたときの味わいの違いに似て、
毎日使う楽しさや、料理の盛り映えに表れてきます。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

蓋のある器の豊かさ

寿ぎのうつわ展から今日は、
中條正康の牡丹文蓋向付をご紹介してみます。

14_hare_0031.jpg
中條正康 牡丹文蓋向付 12,960円
蓋含む径13cmH8.5cm
碗のみ径11.8cmH6.4cm


蓋をあけたときに解き放される、
湯気と香りは贅沢で心豊かになります。

蓋をあけて初めて目にする喜びと、
暖かさと御料理の香りは味わいを高め、
和の料理ならではのもてなしでしょう。

14_hare_0032.jpg
本体見込み部分も蓋の裏も牡丹文が連続していて、
あける時がこの器のもっとも大切な瞬間を演出します。


そのためには蓋のある器が必要ですが、
日常ではなかなか使い切れないと思われがちですね。
確かに蓋の分、価格も追加されますし・・・。

でも、ご紹介の蓋向付のように蓋も使えたり、
冷たい料理にも使ったり、
出番を多くすれば元もとれるし、
蓋をあけるときの豊かな気持は、
それ以上のくれるはずです。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

藤田佳三さんの新作色絵鉢

寿ぎのうつわ展から藤田佳三さんの新作の色絵鉢をご紹介してみます。
五寸と四寸五分の2種届いています。

15_kotohogi_1029.jpg
左:藤田佳三 色絵四寸五分鉢 3,024円
径14cmH4.5cm
右:藤田佳三 色絵五寸鉢 3,996円
径15.3cmH5.6cm


定番の赤絵と同じ赤や緑の上絵付けがされていますが、
また違う藤田さんの魅力が引き出されています。

赤の絵の具を比べて見ると、
艶のある点と彩りの違う赤色な点と、
素地の土味をいかして肌に絵付けされている点が、
異なる特徴になります。

15_kotohogi_1032.jpg

唐草系の連続文よりも、
規則的にレイアウトされた可愛い花文と、
素地の優しい土色もあり、
温かみのある印象に仕上がっています。

化粧土がなく素地の上に釉薬が施されていて、
陶器ならではの貫入は入っても、
日常的な気軽な扱いでできます。

15_kotohogi_1031.jpg

また、盛りつけや盛り映えも、
洋やエスニックなど幅広く、
受け入れやすいと思います。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

ハッピーな気分にしてくれる小皿

寿ぎのうつわ展から小さいのにパッと華やぐ、
中條正康さんの絵替金彩小皿をご紹介します。

14_hare_0012.jpg
中條正康 絵替金彩小皿 各2,160円
径9.5cmH1.5cm


鉄の下絵と金彩のシンプルな構成が、
華やかで晴れがましい出来上がりです。
一枚一枚の絵柄が違い選ぶのも楽しく、
絵替わりを見つけるごとに何枚も揃えたくなります。


14_hare_0013.jpg
中條正康 絵替金彩小皿 各2,160円
径9.5cmH1.5cm


節分、ひな祭り、端午の節句、七夕・・・季節ごとの節句や、
誕生日などのお祝いごと、ハッピーなお祭りごとなど、
言祝ぐ場面にはぴったりです。

14_hare_0010.jpg

お客様を迎えるときにも、
もてなす気持で使ってもらえば、
四季を通して出番が多くなります。

3寸強の小皿なのに食卓に一枚あるだけで、
ハッピーな気分にしてくれる、
目出度い絵柄の小皿です。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

初荷は藤田佳三さんからの寿ぎのうつわ展補充品

寿ぎのうつわ展がはじまりました。
藤田佳三さんから補充品が初荷でとどきました。
そのなかから、色絵楕円皿をご紹介してみます。

15_kotohogi_0022.jpg
藤田佳三 色絵楕円皿 4,860円
W25cmD17.5cmH3.5cm


楕円皿は丸い皿が多い食卓に変化を見せてくれます。
藤田さんの優しい絵付けの色絵楕円皿は、
和皿としても洋皿としても食材や料理を映えさせてます。

15_kotohogi_0023.jpg

赤もしくはピンクに見える色絵は、
紫がかった赤釉の濃淡で変化を見せています。
藤田さんの赤絵とはまた違って魅力があります。

少し端の反った形、楕円の縦横比なども、
今までの楕円皿と少し違うように思えます。

15_kotohogi_0024.jpg

定番になるかまだ未知数ですが、
常に新しい仕事を手がけ、
完成度を高めていく藤田さんらしい、
仕事の姿勢がみえるフレッシュな器です。

             甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

寿ぎのうつわ展がはじまります

七草の今朝は冷え込みました。
インフルエンザも流行っているようです。
仕事もはじまり日常にリズムになってきていますが、
この季節には、気持のなかに新たにという感触があります。
節分から新しい年になり、ひな祭り、端午の節句を続きます。

14_hare_0051.jpg
中條正康 椿小皿 2,160円
径9.3cmH1.3cm


14_hare_0052.jpg
華やぐ早春息吹きを感じ取れる椿文小皿です

明日1月8日(木)からの寿ぎのうつわ展では、
誕生日や記念日と四季折々のことほぐ席で使いたい器を並べてみます。
中條正康さんの雅で可愛い絵付の器、
藤田佳三さんの気品ある赤絵や安南手、
光藤佐さんの凛とした器ほか、
寿ぐ気持になる器をご覧いただきます。

甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

加藤財さんの急須とポットをHPにアップしました

たから急須ファンの皆さんお待たせいたしました。
お茶が美味しく入って、端正で気品ある美しい姿の、
加藤さんの急須やポットを整理してHPのショップにアップいたしました。

15_kato_0001.jpg

15_kato_0073.jpg

急須・ポットとも、姿や形だけでなく、ツマミや蓋と本体の際など、
よく見ていただくと、一つずつ違い、同じ物がなく、
自分だけの急須やポットを選ぶ楽しみがあります。

15_kato_0121.jpg

15_kato_0153.jpg

サイズではわかりにくいので、容積を表示しています。
ス(お茶を漉す部分)がかかるほどで計量しています。
お使いになるお茶や使い方でお選び下さい。

15_kato_0201.jpg

15_kato_0092.jpg

新年は1月7日(水)までお休みをいただいておりますので、
ご注文は承りますが、発送は1月8日(木)以降とさせていただきます。
どうぞご了承ください。

いつものようにHPで、ご覧いただけます。
このページから、http://www.kan-an.com/shop/shop_kato_index.html

HP表示の書き換えが間に合わずに、
時間差で、売り切れの時にはごめんなさい。

                        甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

謹賀新年 2015

あけましておめでとうございます。
”うつわ屋のつぶやき”を、
今年もよろしくお願いいたします。

15_kotohogi.jpg

新年の営業は1月8日(木)より、
寿ぎのうつわ 展を催します。

         甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

FC2Ad