うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

汎用性の高いピチャー

今日のお薦めは西川孝次さんのスキピチャーです。
本体部分にはお得意のアラレ文が施され、
液体を入れたときに小さなレンズが並ぶ効果を見せ、
注ぐ時にも楽しめます。

16_open_0099.jpg
西川孝次 スキピチャー 3,996円
W10cmD8.5cmH10cm 程よく入れて200cc


注ぐ物なら何でもいけます。
ミルクを入れてクリーマーももちろん、
ドレッシングやソースやタレなども、
程よく入れてワンカップなので、
一人デキャンタや片口に使うのも有りです。

16_open_0100.jpg

お休みの時には、
野草や短めになった花を挿しても、
水が綺麗に映えて、
とても可愛い花入れになります。

16_open_0101.jpg

吹きガラスのホットワークの口作りなので、
経験と勘で作ります。
焼き物のような完全な切れは無理ですが、
注ごうという勢いと切ろうという気持ちで、
寛容な気持ちをもって使ってくだされば、
許容範囲と思います。

置いたところのシミが気になるときには、
似合う皿を見立ててピチャーアンドソーサーで、
使う配慮を楽しんでください。

口が有り取っ手がある姿と、
注ぐという楽しみのあるピチャーは、
色々使えるお気に入りがあると、
食卓の表情が豊かになります。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

不思議と何でも美味しそうになる鉢

今日のお薦めは鶴見宗次さんの手ひねり丸鉢大です。
ロクロを使わず手から生み出されるフォルムは、
質感や表情が濃く彫刻的な魅力を持ちます。


16_open_0060.jpg
鶴見宗次 手ひねり丸鉢大 10,800円
径19cmH10cm


土の限界を高めるために山土を入れ、
納得しないと何度も窯に入れ直し焼き切るため、
窯神様のいたずらの歪みがよく見られます。
この鉢も良い感じに歪んでいて、
侘びた茶道具に通じる緊張感を生み出しています。

16_open_0061.jpg

灰をかけてひたすら焼き、
噛んだ石がハゼ、鉄が吹き出す肌は、
荒々しくざっくりしている印象なのに、
水に通しで潤わせて盛りつけすると、
料理を優しく包んで盛り立て、
どんな料理も不思議なほどに、
美味しそうに見えます。
16_open_0063.jpg

また、さっくりした表情なのに、
使い込んでいただくほどに、
角が取れていき滑らかに感じてきます。
器を仕立てていく楽しみもしっかりと体験できます。

16_open_0064.jpg

さて、どんな料理がイメージできましたか。
ぜひ試してみてください。
冒険と思えるような盛りつけが、
次からは自然に見えてくるそんな鉢です。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

小さいけど濃い仕事

今日のお薦めは光藤佐さんの小振りの粉引汲み出しです。
穴窯で焼かれて、灰や炎をくぐって、
緑の灰だまりや焦げの窯変が見えます。

16_open_0043.jpg
光藤佐 粉引汲み出し 2,700円
径8.5cmH5cm


なんでもない碗型ですが、
飽きのこない使い勝手の良い、
遍的なバランスの姿です。

16_open_0044.jpg

優しい口あたりが嬉し汲み出しで、
こっくり入れた煎茶も、
番茶でも似合いそうです。

16_open_0045.jpg

ちょっと飲まれるかたなら、
酒器にしてみたくなる、
一点物としてみても、
納得できる力がみなぎっています。

16_open_0046.jpg

三寸たらずと小振りですが、
さりげないフォルムでありながら、
しっかりと存在感のある使いたくなる器です。

          甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

手に包み蓋を開けたくなるフタモノ

甘庵はフタモノが好きです。
自分にとって好ましい器は手にしたくなります。
フタモノならさらに蓋を開けて見たくなります。
何をいれようかと使い方を考えるのも楽しみになります。

16_open_1180.jpg
野波 実 白磁兎フタモノ 6,480円
径9.6cmH10.7cm


今日のお薦めは野波実さんの白磁兎フタモノです。
蹴轆轤で引き出されたふっくらとしたフォルムは、
白磁で有りながら柔らかさと暖かさを感じます。

16_open_1181.jpg

蓋に付くツマミの白兎も柔らかな毛並みを感じます。
見ているだけでも心優しくなる穏やかな作品です。
美しく優しい姿が置物として、
身近に置いておきたくなる可愛いフタモノです。

16_open_1182.jpg

それでもしっかり焼けている磁器なので、
気遣いなく普段使いできる安心感があります。
お気に入りのご飯の友を仕込んで冷蔵庫に入れておき、
炊きたての新米を味わう時に、
これさえあればと思わせてくれそうです。

16_open_0025.jpg

さて、もしも貴方が手に入れたら何を仕込んで、
どう使うのでしょう。
考えるだけでも楽しい器です。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

ロックグラス煌めきが肴になる

秋めいてくるとロックが美味しくなる。
と思うのは甘庵だけでしょうか。
汗ばむ季節だとビールや水割りがすすんでいましたが、
朝夕の風が涼しくなってくると、
濃いめの酒をゆっくり飲みたくなってきます。

16_open_0964.jpg
荒川尚也 スクリュータンブラー 4,644円
左: 径9.3cmH9cm
右: 径9cmH9.5cm


そこでお薦めするのが酒の肴になる、
荒川尚也さんのスクリュータンブラーです。
底から口にゆったりと広がるテーバーと、
ずしりといた重みを持つ、
トラッドなロックタンブラーです。

16_open_0965.jpg

重みになる腰から下の厚みのある部分に、
細かなモールが螺旋文を描いていて、
飲み物の色や光を映して煌めきます。
酒を口に運ぶたびに鳴る氷り変化する景色は、
器好きには最上の酒の肴になります。

16_open_0966.jpg

あえてなのか個体差があるタンブラーで、
作者はぐい呑みや茶碗のような、
一点作りだからこそ込められるテンションで、
作っているのかもしれません。
だからこそ一つずつの個性と同時に、
どのタンブラーもそれぞれに、
甲乙付けがたい存在感と美しさを纏っています。

                甘庵   


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

こっくりした粉引飯碗

新米の美味しい季節ですね。
今日のお薦めはこっくりした味わいの、
久保田信一さんの粉引飯碗をご紹介します。

16_open_0047.jpg
久保田信一 粉引飯碗 各2,592円
左:径12.3cmH5.6cm
中:径12.6cmH5.3cm
左:径12.4cmH6cm


自分の器を持つ日本的な習慣から、
飯碗は自分の好みで決めて、
各人が違う質感や彩りや大きさになります。
ここが他国になり楽しい習慣です。

16_open_0048.jpg

自分の好みの飯碗選びは、
器に親しみ楽しむ暮らしの基本になり、
器への認識や愛情を育みます。
大切にしたい習慣です。

16_open_0049.jpg

ご紹介の久保田さんの粉引飯碗も、
サイズや口端や高台の形状が少しずつ違い、
手に持って口に運ぶ、これまた他国になり器なので、
選ぶ時に手に持ってみて、
自分好みの掌を感じて選ぶことも、
大きなポイントになります。

16_open_0050.jpg

黒土に白い化粧土を纏わせ、
釉薬を施しやくことで、
こっくりした肌合いをもち、
使うことで貫入や雨漏り手などの、
侘びた変化も生まれてくることもある、
長く可愛がり育てていく、
陶器ならではの楽しみがあります。

                甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

省き削がれて生まれた個性

今日のお薦めはシャープで美しいフォルムの、
稲垣明子さんの結晶釉練込コップをご紹介します。

16_open_1041.jpg
稲垣明子 結晶釉カップ 4,104円
左:径8cmH8.5cm
右:径7.5cmH9.5cm


ロクロで挽くには不向きな鋳込みの土を基本にした、
三色の色土をざっくりと混ぜて、
ロクロ成形の回転で緩やかに混ざり合わせていきます。

16_open_1042.jpg

ロクロの上で混ざり合うため同じ練り込みはできません。
あわせて大きさやフォルムも一つずつに作られた、
マイカップをイメージしたカップです。

16_open_1043.jpg

無駄を省いたシンプルな姿を薄造りで挽きだし、
回転で螺旋に練り込まれた土色を、
マットな結晶釉で包み素朴な質感に仕上げています。

使う器として使いやすい要素を持ちつつも、
造形的に省き削ぐことで個性あるカップにしています。
そこには稲垣さんらしさで裏付けられていて、
丁寧で真面目な仕事があってこその造形です。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

素材は絵 器は額縁

秋の長雨が続いていてどうもすっきりしない荻窪です。
昨日、朝から降り続いている雨の中、
宅配便さんが荷物を届けてくれました。
三重県のMさんからまたまた秋の味覚が届きました。

16_open_0021.jpg

今回はご近所からいただいた物などお裾分けで、
自家栽培らしくのびのび自然のままの野菜です。

16_open_0954.jpg
野波実 白磁大板皿 21,600円
W40cmD22cmH4cm


冷蔵庫に収納する前に、
目の前にあった野波実さんの白磁大板皿に盛って、
無事到着メール用に撮影してみると、
絵になります。

16_open_0955.jpg

スーパーで並ぶものとは違って、
ちょっと傷やシミがあったり曲がったりしてますが、
個性が絵になっていて美味しそうです。
*実際に食べてみると甘くて味も濃く美味しい。

16_open_0956.jpg

かなり大きな板皿ですが、
全ては乗り切らないので、
届いたラインナップを一通り盛ると、
存在感のある美しい皿がいっそう煌めいています。

16_open_0957.jpg

盛った野菜たちが主役になり、絵になり、
器が額縁になって受け止め盛り映えしています。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

野草を挿すだけで活き活きと

朝晩の気温が急に下がって秋を感じています。
草花からも季節の変化を感じています。
ホトトギスとミズヒキを摘んできたので、
目についた西川孝次さんのガラス花入れ挿してみました。

16_open_0015.jpg
西川孝次 ウグイス鶴首平瓶 8,640円
径9.5cmH13.5cm


再生ガラスで作られたこのシリーズは、
季節に関わらず使いたくなる魅力あります。
泡をいっぱい抱えた腰からすっと澄んだ首へつながり、
腰部分の六つの房が果実のような膨らみを見せて、
安定感のある美しいフォルムです。

16_open_0018.jpg

いつも作品としてそのまま眺めていても、
惹かれていましたが、
水を満たして山野草を投げ入れるだけで、
花器が活き活きとしてきます。

16_open_0019.jpg

やはり器は使われてこそ、
その魅力を引き出せると、
改めて感じました。

          甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

可愛い絵なのに景色広がり飽きないカップ

また台風のあとに溢れた出た水の映像が流れています。
被害に遭われた方のご苦労に心痛みます。
もう台風は来なくていいですから・・・。

16_open_1044.jpg
サトウアカネ 加彩ストレートカップ 1,944円
径8cmH8cm


今日のお薦めは可愛い家並みが描かれた、
サトウアカネさんの加彩ストレートカップです。
大きな蕎麦猪口のような姿なので、
カップですが小鉢のようにも使える、
多彩に使えるマルチなカップです。

16_open_1045.jpg

アカネさんの加彩シリーズは、
彩りがきれいですが、
上絵ではなく釉薬で本焼きでの、
絵付けになるので、
摩耗や電子レンジや食洗機にも、
気軽に使っていただけます。

16_open_1047.jpg

ママになったときに、
渋好みのアカネさんが子供のためにと、
描き始めたシリーズですが、
今や大人たちにファンの多い人気のシリーズに。

16_open_1046.jpg

それは描く絵付けがシンプルで可愛いのですが、
しっかり絵柄として器の肌になっていて、
長く使うほど愛着が湧く、
飽きのこない仕事になっているからです。

植物などでもこの家並みでも、
心象的にデザインされていて、
見る側使う側でイメージと広げられる、
楽しみに満ちているからでしょう。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

和皿洋皿の利点を兼ね備えた盛皿

今日のお薦めは一枚あると和洋中華エスニックと、
なんでも盛り映えしちゃう久保田信一さんの縞柄盛皿です。

16_open_1277.jpg
縞柄盛り皿 9,180円
長石釉 径26.5cmH3.5cm


縞柄は刷毛目的な方法の絵付けです。
線文、千筋文、木賊文などは、
通常は一本づつが平行に描こうとしていますが、
久保田さんの縞柄は刷毛目のような、
線の群になって動きが特徴で面白い点です。

16_open_1279.jpg

この縞柄が和のトラッドな表情を持ちながら、
同時にモダンでアバンギャルドな気配を兼ね備え、
材料や料理を選ばず受け止めで美味しそうに見せます。

16_open_1278.jpg

久保田さんが現代彫刻をやっていた目が、
作り出す表現力が活かされていると、
甘庵は一人納得しています。

16_open_1280.jpg

また、鉄による発色や文様を描く、
久保田さんの選択から縞柄も、
モノトーンの濃淡が基本なので、
かなり密度の高い文様でも、
料理を邪魔することなく主役に盛り立てる、
デザインとして良くまとまっています。

プレートと行っても良い見込みに見えますが、
平らではなく緩やかな曲面を持っている点も、
和皿洋皿の利点を兼ね備えている、
使い勝手のよい一枚に仕上げています。

              甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

土味いっぱいでも使いやすい

今日のお薦めは鶴見宗次さんの、
焼きしめ手ひねりマグです。

16_open_0907.jpg
鶴見宗次 マグカップ 各3,240円
左:径8cmH9cm
中:径7.5cm8.5cm
右:白 径8.5cmH7.5cm


窯が違う3点を並べてみると、
一つずつ顔つきが違って、
手仕事の器と出会う面白みを体現できます。

16_open_0908.jpg

いつでもその時に出来る限り良く仕上げようとしていて、
土や窯や作り手の気持ちで結果は、
プロなのでそれぞれ甲乙がつけがたく仕上がって、
善し悪しより好みになります。

16_open_0909.jpg

とくに鶴見さんはロクロを使わず、
手から生み出したフォルムと、
釉薬ではなく灰をかけて、
限界までしっかりと焼き上げているため、
土味をひきだし、カリカリに焼け、
火の勢いで緩やかに歪みを見せ、
窯変の楽しみを味わえます。

焼き切っているので、
土の匂いがすることはなく、
飲み物の味を変えることなく、
汚れにくい堅いやいものになっています。

ザクザクした表情ですが、
口あたりは不思議なくらいに柔らかく、
少し使い込んでもらうとさらに滑らかになります。
それもしっかり焼いて、
マグ自体がガラス化しているからです。
土味を楽しみ、使いやすいマグです。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

盛りつけが楽しい片口鉢

今日のお薦めは小野寺友子さんの白磁片口鉢です。
注ぐことより盛りつける楽しさに重点をおいた、
何をもっても納まりのよい片口型の鉢です。

16_open_0935.jpg
小野寺友子 白磁片口鉢 4,968円
W18cmD14.5cmH6.8cm


片口は本来は注ぐ器ですが、
注ぐ機能のための口があることで、
非対称の形をもっています。
この非対称の姿に先人たちが面白みを見いだして、
器として見立て使いをはじめたのでしょう。

16_open_0936.jpg

やがてそれは見立てではなく器の形として認知され、
ごく普通に使われるようになってきたようです。
特徴の口が破損したり、重なりにくい形状になったりと、
日常使いとしてマイナスの点もありながら、
それに勝る趣があるからこそ、
片口鉢を愛用する方が多いのでしょう。

16_open_0937.jpg

非対称の元のになる口を、
通常は向かって左にして配膳します。
動きのある盛りつけになり、
シンメトリーが基本の文化の国では考えにくいことが、
なぜか私たちには抵抗感より、
好ましさや、美しさを感じ取れます。
和の文化の特徴の一つなのではないでしょうか。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

男性的なロックタンブラーですが・・・

連休初日、久々に明るい朝の荻窪ですが、
午後からまた崩れて行く予報がでています。
またまた大きな台風がやってきそうですし、
どうかもう被害がでないでほしいと願うばかりです。

今日のお薦めは西川孝次さんのどんとした、
安定感のあるフォルムのロックタンブラーです。
でも、これは案外女性向きではと思っています。

16_open_0878.jpg
西川孝次 ポッチロックタンブラー 3,240円
径7.5cmH9cm 程よく入れて300ccほどです


口径は大きいしテーパーのないシリンダー状なので、
女性の手には持ちにくそうですが、
掛かりになるポッチがあり、
胴部分は型押しの線文が刻まれているので、
これも持ちやすさになっています。

16_open_0879.jpg

そして近年の大きなマグの購入者の大半が女性であるように、
日常のカップは大きめを好まれる女性が多いようです。
このタンブラーはそんなお好みにあうマイグラスになります。

16_open_0880.jpg

底面が大きく安定性が高く、
口が広くて洗いやすく、
シンプルなデザインは飲み物を選ばず、
マイグラスとしての汎用性が高くて、
使い勝手がよいはずです。

それにタンブラー自体が酒の肴になるような、
一つずつ作られた吹きガラスならではの魅力を備えていて、
長く愛用されるグラスに仕上がっています。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

普段使いの四寸鉢

この数日すっきりしないどんよりとした日が続いています。
秋雨前線と台風の影響のようですが、
早く秋晴れの空が見たくなります。
16_open_1109.jpg
久保田信一鉄彩小鉢 1,944円
径12cmH3.5cm


今日ご紹介するのは久保田信一さんの、
料理を引き立て品格がありながら、
普段使い出来る鉄彩4寸小鉢です。

16_open_1110.jpg

陶器の良さを活かして手持ちが軽く、
しっかり焼くことで土と鉄と灰釉が見せる、
美しい窯変を見せながら丈夫です。

16_open_1111.jpg

ちょっと珍味を一品オシャレに盛りつけても、
テーブルがいっぱいの時にさらに一品をこってり持っても、
晴れでも褻(け)でも、
多用なしつらえを納める力のある四寸皿です。

16_open_1112.jpg

それでも器は晴れよりも褻(け)=普段使いの出番が多い物です。
普段使いで生きる器こそ、
お気に入りの器を使うことで、
食卓が美味しそうになる器の力を、
十二分に活かすことができます。

使いやすいサイズと、価格と内容を照らして、
お薦めしたいリッチになれる普段使いの器です。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

新店舗がスロースタートしました

新荻窪銀花は、店舗と言うより侘びた庵です。
マンションの部屋に旧店舗の備品の一部を持ち込み、
切り貼りして納めた、コンパクトなうつわ屋です。

16_open_1248.jpg

当然今までのような展開はしにくくなりますが、
逆に、ここであるからこそお客さまにゆっくり楽しんでいただける、
長閑な空間にてきるかもしれないと思い、
我が儘な展開を試してみることにしました。

16_open_1252.jpg

それに、初めてお出かけになるときには、
オートロックのマンションの入口で、
TVインターフォンで応対されて入るのは、
入りにくい方も面倒と感じる方も多いと思います。
そこで、まず初めてのときには、
最寄り駅や、お近くまでお迎えに上がろうかと考えました。

16_open_1251.jpg

もう一点、狭いので一度に来店いただくお客さまを、
多くても4名までに絞ることにしました。
一日を2時間ずつ、午前一組午後三組の四組に分けて、
ご予約(当日でもかまいません)を受けてからお迎えできればと・・・。
まあ、そうそうお客さまが重なることはないと思っております。

16_open_1249.jpg

甘庵としては遊びにいしていただけたように、
お迎えできればと思っていたのです、
プレオープン中にお迎えしたお客さまは、
皆さん顔見知りのお客さまばかりだったこともあり、
ノンビリしていただき、旧店舗とは違った視点や視線で、
器をじっくり見ていただいていました。
大昔の荻窪銀花にちょっと戻った感じもしていました。
これからも、こんな感じで皆様をお迎えできたらと思いました。

16_open_1250.jpg

次回は9/22木から10/2日まで常設展を開催の予定です。
お問い合せ、ご予約をお待ちしております。
メール

                  甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

新米とうり坊が届きました

一昨日、いつも色々と応援していただき、
お気遣いをいただいている三重県のTさんから、
重い秋のお便りが届きました。

届けてくれた宅配便のお兄さんに、
玄関先に置いてもらい判子を押したら、
「重たいですから持ち上げるときに気を付けてください」と、
「ありがとう、ごくろうさん」といい。
『年寄りって思われたかな』と思いつつ持ち上げて『う。。本当だ』
開けてびっくり。
新米がびっち入ってて・・・。

その時点でもう、白米の炊きあがった香りとイメージが・・・。
秋だけの味わいをたくさんいただいて、
幸せです。

16_open_1238.jpg

で、箱の隙間に湿った新聞しがビニール袋に入っている。
開けてみれば可愛いうり坊(カラスウリ)が優しく包んであります。
メモ書きには「今朝の散歩でみつけました」
Tさんのお人柄がぎゅっと詰まった贈り物です。
目からも秋の風を感じ取れました。

              甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

プレオープンを終えて

9日間の期日でプレオープンを開催して、
皆様のご意見を伺いながらの、
実験的な展開でスタートしました。

16_open_1240.jpg
ナチュラルな彩りで香りも素敵なお花です。
まだまだ元気です。


親しいお客さまが多かったこともあり、
甘庵が思い描いていたイメージで、
対応させていただけて、
とても楽しい時間になりました。

16_open_1241.jpg
銀花に幸運を呼ぶようにといただきました。
ガルーダに乗ったヴィシュヌだと思います。


コンパクトなことや靴を脱いで上がることもあり、
ノンビリしていただき、
光の入り方や飾り付けなど、
旧店舗とは違った視点や視線で、
器をじっくり見ていただいていました。
大昔の荻窪銀花にちょっと戻った感じもして、
こんな感じで皆様をお迎えできたらと思いました。

16_open_1243.jpg
まだ胃袋に消えていない美味しい物たち。

また、画像はご来店いただいたお客さまや、
ご贔屓のお客さまたちから、
たくさんのお心遣いをいただきました。
一部はすでに胃袋へ納まってしまったものもございますが、
ご縁をいただいていることに、
改めて感謝いたします。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

まだまだガラス鉢が使いたい

九月も半ばになろうとしているの、
まだ蒸し暑さが残っていて、
冷たい料理がまだ美味しい感じです。
そのイメージで今日は西川孝次さんの、
縁返し青中鉢をご紹介します。

16_open_1232.jpg
西川孝次 縁返し青中鉢 8,100円
径20cmH6cm


一人で独占すれば贅沢感のある、
野菜たっぷりの冷しゃぶサラダ、
トッピングを欲張った冷たいパスタ、
色々乗せたぶっかけうどん、
具だくさんおろし蕎麦とか、
もう食べたいものが色々浮かびます。

16_open_1237.jpg

もちろんシェアする料理にもデザートにも、
使い勝手の良いサイズで、
多彩なサラダや冷たくした煮物や、
秋ナスを焼いてを鉢ごと冷やしておいたり、
梨やブドウを盛りつけても、
幅広く盛り映えするガラス鉢です。

16_open_1233.jpg

青中鉢とありますが、
よくみれば素地に泡を巻き込んだ、
青や緑が混ざり合っていて、
深みのある表情が見て取れます。

16_open_1235.jpg

シンプルなフォルムで扱いやすく、
縁を折り返す納まりで丈夫さへの配慮が、
織り込まれた使い勝手の良いデザインです。

            甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

モダンですが基本は和の器です

今日ご紹介する小野寺友子さんの粉引鉢は、
スタイリッシュでモダンなボウルという印象です。
そこが小野寺さんの器の魅力であり、
今の食卓で使いやすい理由です。

16_open_0919.jpg
小野寺友子 粉引鉢大 5,400円
径22cmH7cm


整った洗練されたフォルムのボウルですが、
これは粉引兜鉢が基本になっている鉢です。

16_open_0920.jpg

小野寺さんの粉引は総刷毛目のアレンジで、
粉引のみどころのヒマ(化粧土のムラから素地が見える)を、
デザインとして描いています。
見込みと口縁との勾配をかえて、
境の線で立体感を際だたせています。

16_open_0921.jpg

粉引は使う込む楽しさを、
兜鉢は納まりがよく、
料理を引き立てる盛りつけのバランスを、
無理なく自然にサポートします。

毎日のおかずから晴れのご馳走までが美味しそうになり、
和洋中エスニックと多用な料理や食材が映える、
使い出すと乾くヒマのないほど出番の多くなる器です。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

お茶以外も似合うマイカップ

甘庵の時代では自分の湯呑みが、
職場にありましたが、
近年はどうなんでしょうか。

16_open_0984.jpg
野波実 青白磁 飛びかんなカップ 2,592円
径8~8.5cmH8.7~9cm 程よく入れて200ccほど


甘庵が、もしも今職場に持ち込むめるなら、
自分の湯呑みよりマイカップにします。
この野波実さんの青白磁飛び鉋(かんな)カップなど、
ぜひ使ってみたいです。

16_open_0985.jpg

まず何を入れても不自然ではありません。
日本茶、紅茶、コーヒー、ウーロン茶、麦茶・・・。
どれも似合います。
バリバリの湯呑みでコーヒーはちょっと、
マグカップで緑茶もなんだか・・・。
このカップならどれも美味しいティブレイクになります。

16_open_1207.jpg
これが飛び鉋。鉋は高台などを削り出す板状の金属の道具で、
ロクロの上に乗せて削るときに本体の上を適度に触れることで、
鉋をはねさせてリズミカルな跡を残す装飾手法です。


大きさも良いです。
平均的な湯呑みのサイズです。
でも見かけより容積があります。
きわどいくらい薄い碁笥高台で、
見込みの深さそのまま入るからです。

16_open_0986.jpg

そして丈夫で扱いやすい磁器なので、
漂白剤や洗剤などの気遣いもなく、
多彩な飲み物でも香りの邪魔をしません。
それでいて、蹴轆轤(けろくろ)で一つずつ作られたフォルムは、
無機質ではなく器好きにはたまらない、
オリジナルのマイカップになります。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

使うとより良さが分かる五寸皿

久保田信一さんの灰釉二彩小皿をご紹介します。
素地の陶器の持つ柔らかな白地に、
灰釉と鉄絵が生み出す緑のグラデーションが綺麗な、
軽くて盛り映えする使える五寸皿です。

16_open_1104.jpg
久保田信一 灰釉二彩(白土)小皿 2,592円
径15.5cmH3.5cm


緑のグラデーションが出来る仕掛けは、
良く焼くからこその還元炎の焼成中に、
鉄の発色で生まれています。

16_open_1101.jpg

調合に使う灰が持つ若干鉄分で灰釉は、
還元炎で焼かれた窯変で、
釉だまりが淡い緑釉を見せます。

16_open_1102.jpg

鉄は釉薬の中の濃度や焼き方で、
黒、茶、緑、黄色などを発色します。
この皿は灰釉の下地に両端二カ所に、
鉄下絵を施して溶けた灰釉と合わさり、
重力で見込みに流れることで、
緑のグラデーションを、
窯神さまの力を借りて描いています。

16_open_1103.jpg

中程に白抜きの素地が見えるように、
計画して下絵施釉されていますが、
自然に一つずつの表情を見せています。
これも、料理の邪魔をしない、
幅広い料理を盛り映えさせる、
力をもっている理由の一つです。

盛りつけが決まり料理の納まりがよく、
多少の汁物なども受け取れる性能は、
底面の平らなプレートではなく
見込みに緩やかな深みを持つ、
自然なフォルムが貢献しています。

陶器の良さを活かした軽さ、重なりの良さなど、
使い出すと分かる良さから、
日常の皿として出番が多くなる五寸皿です。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

凝縮された酒が似合うグラス

今日は西川孝次さんの色々飲みたくなる、
リキュールグラスをご紹介します。

16_open_1134.jpg
西川孝次 モールリキュールガラス 3,240円
径6.5cmH9.5cm


西川さんのスキ(透明)の素地は、
どこかレトロで少し柔らかみのあります。
小振りなグラスですが存在感のある姿で、
整ったバランスと丁寧な仕事が伺えます。

16_open_1135.jpg

カップ部分は二段階になっていて、
上の部分はモールがはいり、
絞りこんが下部がステムに上手く連動して、
締まりのある美しいフォルムに仕上がっています。

16_open_1136.jpg

スキなので飲み物の色合いを、
邪魔することなく楽しめます。
リキュール類はもちろん、
モルトウイスキーや日本酒や、
自家製果実酒も似合います。

16_open_1137.jpg

凝縮された飲み物をゆったりと楽しむときに、
ぴったりのグラスです。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

異なる趣の取り合わせも楽しい

今日は対比する酒器を組み合わせてご紹介します。
ぐい呑みは光藤佐さんの無釉のやきしめぐい呑みです。
片口は前川俊一さんの銀彩片口です。


16_open_1185.jpg
左:光藤佐 穴窯焼き閉めぐい呑み 4,320円
径8cmH5cm
右:前川俊一 銀彩片口 8,640円
W13cmD7.5cmH10.2cm


光藤さんのぐい呑みは穴窯でがんがん焼かれて、
炎の後が土の発色を見せ、
素地の原土に噛んだ石がはぜている、
ざっくりした無釉やきしめの、
土味と素材感を楽しむ和のぐい呑みです。

16_open_1197.jpg

一方の前川さんの片口は、
艶やかな白釉の上に、
いぶし銀とは違うパラジウムの、
曇らない輝きを持つ銀彩というモダン仕立てです。

16_open_1188.jpg

この対比の取り合わせが面白くて、
ご一緒に紹介することにしました。

16_open_1186.jpg

長くうつわ屋を営んでいて、
器という共通項でご縁をいただいたお客さまと、
様々な形で親しくさせていただくことがあります。

16_open_1187.jpg

M氏もそんな一人です。
互いに時間の都合をつけやいこともあり、
時折酒をご一緒させてもらいます。
甘庵のいい加減さとは違って、
積極的な節電や無駄にゴミを出さない心遣いなど、
暮らし方にも感心させられるばかりです。

若い頃の出会いなら、
環境や重なる部分の少なさから、
こんなに親しくなれなかったかもしれないと、
思うことがあります。

年を重ねることで、
より人それぞれであることが大切なことだと、
だからこそ自分に無いものを持っている人と、
知らないことを知っている人と、
会話をもてることが幸せと感じています。

とまぁ〜。
和の感性である器の取り合わせと、
ちょっと通じることがあるかな〜と、
そんな風に思いました。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:片付け・収納・お掃除 - ジャンル:ライフ

盛る持つ使うの三拍子が揃う猪口

使い回しがきく、多用性があることで、
古くからある形の器のそばチョコが、
今現在の皆様の食卓でも活躍しています。

16_open_1117.jpg
久保田信一 二彩蕎麦猪口 2,160円
灰釉 径8cmH6cm


そばチョコとして使うときすでに、
まず手に持つ=持ちやすさ
そばや時におかずを汁に浸けて食べる=盛り映え
そば湯をいれて汁を飲む=飲みやすさ
器として三つの使い方をこなします。

16_open_1119.jpg

手に持って食べたり飲んだりできるので、
ごく自然に飲み物のカップとして使うことも、
料理を盛ってつかうことも出来るわけです。

16_open_1121.jpg

ご紹介している久保田信一さんの、
柔らかな緑の二彩蕎麦猪口は、
豊かで多彩な食材が上る現代の食卓にぴったり、
和の前菜から洋の肴やエスニックなスウィーツまで、
お茶やコーヒーや酒類もいけます。

16_open_1120.jpg

一つの器を多彩に使う楽しめるのは、
灰釉と口巻きの鉄が生み出す、
ナチュラルな釉調がもつ表情と、
径と高さとテーパーだけの要素で、
使い勝手と美しさを両立したフォルムで、
しっかりと支えているからです。

蕎麦猪口は今の暮らしの中で、
より活躍の場を広げて生き続ける、
もっとも身近なマルチな和の器です。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

これ一枚あるとかなりこなせる八寸皿

今日は小野寺友子さんの八寸皿をご紹介します。
食べることが好きで料理好きな小野寺さんは、
自分で使いたい器や必要と感じる器を作って使って、
そこから定番の作品にしていっています。

16_open_0998.jpg

この八寸皿もランチに一枚で納まる皿として、
空間にゆとりあるゆったり盛れる皿として、
自分で使うために作られたそうですが、
思った以上に使い勝手がよく、
しばらくこればかり使うようになり・・・・、
はたと気づき。

16_open_1002.jpg
小野寺友子 白磁八寸皿見込み絵 丸 5,400円
径24.5cmH4.6cm


これは器作りとして不味いかも、
これあるとこれ一枚でかなりのことがこなせて、
他の細かな器を買ってくれないかも。
と、小野寺さんには珍しく面白ネタとして話してくれました。

16_open_1008.jpg
小野寺友子 白磁八寸皿見込み絵 角 5,400円
径24.5cmH4.5cm


たしかに、食材や料理を選ばずに盛り映えして、
ゆるやかな曲面の見込みは食材の納まりが良く、
使い慣れるほどに使い勝手のよくなる、
日常の皿として大活躍します。

16_open_1004.jpg
小野寺友子 白磁八寸皿 5,400円
径25cmH4.5cm


見込みに鉄絵があるものと無地の白磁皿があります。
見込み絵があるものと組んで絵柄違いを選んで、
マイプレートにするのにもちょうど良い頃合いの皿です。

                  甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

光を受けて煌めくガラス

ご紹介しているのは西川孝次さんの、
青いガラスの美しい酒瓶です。
新店舗に移って画像を撮るときに、
旧店舗とは違う日の差し方を試していましたが、
ガラス器の見え方が圧倒的に違います。

16_open_1139.jpg
西川孝次 青アワ赤蓋角酒瓶 9,810円
□6.5cmH17.5cm


ガラス器の陶器や漆器などの他の器にない、
光を透かすという大きな特徴が、
光を背にして置いたときに、
ガラス器の表情が一変します。

16_open_1142.jpg

と同時にご紹介の角瓶のように、
素地の色の光で影を落として映り込み、
モールや面取りや角が輝き、
器を煌めかせます。

16_open_1143.jpg

また水や飲み物などの液体が入ると、
液体がレンズの効果を生み出して、
さらに表情に深みをまします。

16_open_1144.jpg

建築物の構造や緯度から光を取り入れることに、
思いを寄せていたヨーロッパで、
教会建築などでステンドグラスを多用していますが、
その魅力を窓目に置いた器で楽しめます。

手仕事の吹きガラスならではの、
素地にある緩やかな歪みや揺らぎが、
光に抑揚を生み出してより効果的です。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

粉引は藤田佳三さんベースです

今日ご紹介するのは藤田佳三さんの粉引汲み出しです。
柔らかなフォルムと質感は飲み物を美しく見せて、
掌と口あたりの良さは味を引き立てます。

16_open_1169.jpg
藤田佳三 粉引汲み出し 2,160円
径10cmH6cm


S社のI右衛門のCMでも長く使われていたのも、
納得できる実力のある汲み出しです。

16_open_1170.jpg

粉引は素地と釉薬の間に化粧土を施す手法で、
朝鮮半島から伝わってきた技術で、
釉薬の白にない柔らかで独特の質感を生み出し、
古くは茶人たちに見いだされ、
長く愛されてきました。

16_open_1172.jpg

粉引は、藤田さんの仕事の基本に一つになっています。
人気の赤絵や安南手は素地や釉薬など異なるのですが、
絵付けの下地になる柔らかな白は、
粉引の作業から生まれています。

16_open_1173.jpg

ロクロ挽きして高台と削り、
乾かした素地に水でどろどろにした化粧土を、
施す生掛けという歩留まりのよくない方法を、
茶器だけではなく食器でも使うのも、
柔らかな表情を生み出すための、
藤田さんらしいこだわりです。

また、粉引の白は使うことで変化している、
侘びた表情を仕立てていくためのキャンバスの白です。
変わらない白さを望まれるかたにはお薦め出来ません。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

モノトーンの絵柄が料理を美味しくみせます

今日ご紹介するのは久保田信一さんの、
長石釉流描浅鉢です。

16_open_1093.jpg
長石釉鉄流描 浅鉢 4,104円
径18.5cmH5cm


半透明の長石釉は素地を活かした、
柔らかな白を生み出します。
そこに鉄がメインの黒い釉薬で、
勢いのある文様を描いています。

16_open_1094.jpg

ただ通常は筆で描くことが多い文様を、
黒釉を流して描く方法にしていて、
このアブストラクトで動きのある、
独特の文様が生み出しています。

16_open_1095.jpg

この文様が盛りつけするときに、
料理とぶつかりうるさくなるのではと、
思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
不思議なくらいに料理になじみ、
しかも料理を選ばず盛り映えさせます。

16_open_1096.jpg

モノトーンでもコントラストに温かみがあり、
自然由来の発色であることや、
適当に描いているようでも、
作り手が実際に料理をもって使うこで得た、
楽しみにから生み出せれた文様だからこそです。

またこのシリーズのなかでも、
ご紹介の浅鉢の口径と深さのバランスは、
和食器として品格高く使うことから、
日常の器として多彩な国籍の料理まで、
実に使い勝手のよい形です。
一点で一緒盛りから、一人ずつの鉢まで、
使い方も多用性があってお薦めできる器です。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

FC2Ad