うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

巳亦敬一彩りガラス器展準備

4月28日(金)から巳亦敬一さんの個展がはじまります。
今日から3日間休店にして模様替えしていきます。
荷物も第一便が届きました。

17_mimata_0072.jpg

照明のしたで黄金色に輝く人気定番の新スキシリーズです。
グラス、デザートカップ、ボール、酒器などが届きました。
一つずつ姿が見えるようにする展示会の並べ方ではなく、
荷ほどきして整理のためにテーブルに積み上げました。
これが器好きにはたまらない金塊的なボリューム感で、
全部欲しくなってしまう物欲が涌きます。

17_mimata_0069.jpg

この新スキシリーズが長く幅広く人気なのは、
さりげなく品があり特別感がありながら、
口当たりの良さ重ねやすさなど使いやすく、
日常から晴れの場でまで使えて飽きのこない点など、
手仕事吹きガラスの器としての標準品にして良いガラス器です。

17_mimata_0071.jpg

*個展ですがコンパクトになった新銀花では、
少人数でご覧いただきたくために、
勝手ながらご予約制にさせていただいております。
当日でもかまいませんので電話03-3396-3538か,
メールでお問い合せください。

                   甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

春を想わす器 16

今週末から巳亦敬一さんの個展が始まります。
コンパクトにした銀花なので個展の作品数に対応すべく、
陳列台を増設したり、常設品の展示棚を空けて、
照明器具を増やしたりと準備万端です。

17_mycup_1432.jpg
巳亦敬一 新スキデザートカップ 丸平 3,348円
径13cmH7cm


その巳亦さんの人気の定番新スキシリーズから、
デザートカップ丸平をご紹介します。

17_mycup_1433.jpg

新緑が爽やかな季節になり、
日差しが強くなってくると、
口当たりの冷たいものが急に美味しくなります。
食卓に上る食器も清々しいものが欲しくなります。
このデザートカップはそんな時に、
料理をしつらえて楽しめます。

17_mycup_1435.jpg

高坏型の向付として使えば、
初鰹なんかが似合いそうです。
甘庵は薬味や野菜たっぷりの冷や奴が分相応。
昨日届いたタケノコの穂先をあぶって山椒味噌でものせて・・・。
おなかが空いてくるとイメージがドンドン湧きます。

器は美味しそうでなければイケマセン。
好物や季節の素材や料理が思い浮かぶ器が、
自分にとって良い器になる第一条件だと思います。
皆さんにはどんな料理が思い浮かびましたか。

                 甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

春を想わす器 15

数日前に所用で移動中の道路脇の林の新緑の中に山藤を見ました。
庭木にある藤棚の藤のはなよりも色濃く力強い花房をみせていました。
蔓が巻くさまもありこの花器を思い浮かべました。

17_nishikawa_1418.jpg
西川孝次 紫花入れ 7,560円
W12.5cmD7.5cmH13.6cm


西川孝次さんの紫花入れです。
スキの素地の中に螺旋に入る紫の線文からは、
緩やかな動きを感じます。

17_nishikawa_1421.jpg

口首下の肩まで着せの重なりが、
扁平に整えたフォルムに重厚さを与えて、
花器としての安定感にもなっています。

17_nishikawa_1420.jpg

遊牧民などが持つ皮の水筒を思わす形は、
エキゾチックな一面を見せる姿です。

このまま置物としても美しく、
存在感も備えているのですが、
洋花でも山野草でもすっと受け止めて、
華やぐ空間を作り出す、
花を引き立てる花器としての力を発揮します。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

春を想わす器 14

荻窪銀花の窓から見える銀杏並木は、
初冬に剪定されてすっきりした枝振りになっていました。
芽吹き出した頃には隙間だらけの感じがしていましたが、
ここに来て急に鴨脚の葉の形がみえて来ると、
しっかりした枝振りの灰茶に新緑の葉のバランスが絶妙で、
整えられた剪定の技を感じました。

17_kubota_1444.jpg
久保田信一 灰釉鉄絵 盛り浅鉢 10,800円
径26.3cmH5.3cm


この茶と緑の組み合わせから感じた春に重なる、
久保田信一さんの灰釉二彩盛り浅鉢をご紹介します。

17_kubota_1447.jpg

灰釉と鉄彩が生み出す茶から緑、白までの、
溶けて混ざり合う流れやグラデーションが、
新緑の樹木が美しい春の風景に重なります。

17_kubota_1446.jpg

盛り浅鉢としましたが見込みがそこそこ平らでいて、
程よい深みがあり鉢と皿のいいとこ取りです。
自然に幅広い盛りつけを楽しめます。
かさばる大鉢と大皿をこれ一つでかなりの範囲を対応できます。

17_kubota_1448.jpg

そして二彩シリーズの緑と茶が生み出す彩りは、
土を釉薬と鉄の自然な発色で料理映えが良く、
不思議なくらいの多様な料理を受け止めて、
より美味しそうに盛り映えします。

また、径が26cmあるのですが、
陶器の良さを活かして手持ちが軽く、
この表情が生むためしっかりと焼かれているので、
丈夫で汚れにくい、日常使いしやすい仕上がりです。

仕舞いがちのなる大皿大鉢ですが、
この盛り浅鉢は使い勝手の良さから、
食卓への出番が多くなる便利な器になります。

             甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

春を想わす器 13

風がつよかったり一日の内に寒暖差があったりと、
ちょっと気まぐれな春の天気ですが、
皆さん体調を崩さないようになさってくださいね。

17_nishikawa_1402.jpg
西川孝次 色流しアワ入り鉢 15,120円
径20cmH10cm


さて今日は見る角度でずいぶんと表情の変わる、
西川孝次さんの色流しアワ入り鉢です。
丸く作った後に縁を四角く形を整えていて、
見る角度によって表情が変化します。

17_nishikawa_1403.jpg

高台から腰までは丸い鉢ですが、
縁端は柔らかな四角になっていて、
見込み中心から四辺に中央に、
緑、茶の色ガラス混ざりながら施された四本の線文が、
アワ入りの白い爽やかな素地に映えます。

17_nishikawa_1404.jpg

この4本の線文も彩りが異なり、
四辺の縁も緩やかに起伏もあって、
面によって表情を変えて見せます。

17_nishikawa_1406.jpg

高台のある姿は存在感があって、
ゴージャスな趣があり、
飾り鉢として楽しみたくなるほどですが、
やはり料理と盛る付ける方が、
より器をして生き生きします。

それでも姿を楽しむなら、
果物など盛りつけてコンポートとして、
水盤として花を生けても楽しめる、
完成度の高い作品と言える鉢です。

          甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

春を想わす器 12

昨日から日本列島を春の嵐が通り過ぎました。
荻窪界隈は夜中に雨が強く降りました。
雨は上がりましたが風はまだ強めに吹いて、
窓の外に見える銀杏並木の新緑が揺れています。

一昨日昨日は気温が上がり、
少し前まで冬の衣類が手放せなかった甘庵も、
一気の綿や麻の素材になりました。
今日はそんな綿のような自然素材にイメージが重なる、
久保田信一さんの長石釉鉢をご紹介します。

17_kubota_1392.jpg
久保田信一 長石釉盛り鉢 8,100円
径23cmH6cm


ナチュラルな素材感がお好きでその質感の延長で、
柔らかい土味の残った焼き物をお求めになり、
使ってみると縁ががたがたになったり、
あっと言う間にシミが出来てしまったりという、
苦い経験をされて土ものや手仕事の”やきもの”を、
避けるようになった方が少なくないようです。

17_kubota_1393.jpg

残念です。
とても残念。
その”やきもの”は素材をきっちり活かしていなかってだけなんです。
土味を活かすというのは土の生感ではなく、
”やきもの”という通りにしっかりと焼くことが第一です。
その上での素材感が大切になります。

17_kubota_1396.jpg

この鉢は陶器らしさを引き出す仕上がりになっています。
長石釉というシンプルな乳白色の釉薬を絵付けもなく施し、
しっかりと焼いて出来上がっています。
この”しっかり焼けかれている”見極めは、
素地の土の中に自然の含まれていた鉄分が、
溶け出して釉薬と絡みあってソバカス状に点在して見えています。

17_kubota_1395.jpg

これを不完全とみるか、
ナチュラルと見るか・・・。
好みになるのでしょう。
真っ白なパンがよいか、全粒粉のパンがいいか、
更級そばか田舎そばかも、どちらも美味しいですし、
それぞれの魅力や良さを持っています。

ざっくりの表現として、
精緻な白磁も素敵ですが、
土味のある陶器もまた素敵です。
ただし、日常の総菜は陶器の方が盛りつけしやすいかも・・・。
その意味でのこの鉢は日常使いのための鉢です。
丈夫で盛り映えしてバンバン使える日常食器です。

               甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

春を想わす器 11

今日ご紹介するのは爽やかな気配が春の食材を映えさせる、
小野寺友子さんの白磁ボールです。
このボールの魅力は美しいフォルムと、
白磁といってもあえて純白でない素地で作られている点です。

17_onodera_1387.jpg
小野寺友子 白磁ボール 5,832円
径22cmH7.8cm


まずは小野寺さんの器らしい、
モダンでいながらも和の伝統を感じる、
切れがあって品格も備える姿です。

17_onodera_1389.jpg

そして濁りがある素地をいかした、
ぬくもりを感じる釉の肌合いが、
モダンで和の趣を調和させています。

17_onodera_1390.jpg

ゆったりした広がりの見込みと、
程よい深さのバランスは、
多様な料理の納まりが良く、
ニュートラルな白さを気遣いなく使え、
扱いやすさと丈夫さ持ったボールです。

17_onodera_1391.jpg

これらは全て小野寺さん自身の食いしん坊からで、
楽しんだ料理をより美味しく食べる器を意識しています。
結果として料理映えする器に仕上がっています。

                 甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

春を想わす器 10

この数日は晴れると日差しの強さを感じますが、
まだ油断すると大きな寒暖差に体が翻弄されます。
それも若い頃にはあまり感じなかったことで、
その意味からも季節の移り変わりに目がいったり、
感じ取る機会が増えているかもしれません。

16_winter_0856.jpg
葛西義信 マグカップ 菫文 3,888円
径8.2cmH8cm


さて今日ご紹介するのは、
葛西義信さんの菫文マグカップです。
年齢のこともあり制作の仕方を変えられたため、
葛西さんの器は残念ながら入荷がなくなりました。
丈夫で使い勝手の良い器をたくさん見せていただいたので、
とても寂しい気持ちです。

16_winter_0857.jpg

このマグは残りわずかな中の一つです。
呉須下絵染付の青と銅下絵釉裏紅の赤で描かれて菫(すみれ)は、
初め見たとき甘庵の身近に見る菫と少し違うなと、
牧野富太郎さんの植物図鑑で調べてみて、
北海道に多い菫を文様にしているとわかりました。
また菫の種類が思った以上に多くあることも知りました。

うつわ屋として37年間にたくさんの作り手や器と出会い、
多くのことを教えてもらってきました。
まあ〜ほとんど忘れていっています。
全部吸収するのは無理だったとしても、
もう少し努力しておくべきと悔やまれることもあります。

このマグがどなたかの元へ行くまで、
葛西さんから教わったチーズやバターの話など、
面白い話の記憶の整理して置くことにします。

                甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

春を想わす器 9

荻窪銀花界隈の桜はまだ頑張っているのですが、
黄緑や赤茶の美味しそうな若葉の黄緑が見えて来ています。
楓の芽吹きやハナミズキの膨らんで来た芽など、
ピンクや赤みがかった枝振りになっています。

17_mimata_1376.jpg
巳亦敬一 片口 5,184円
W13.5cmD11.5cmH6.5cm


巳亦敬一さんの吹きガラスの片口鉢が、
そんな組み合わせに似た彩りをみせています。

17_mimata_1377.jpg

酒を注ぐ楽しみもありますが、
口が広めのフォルムと、
柔らかくうららかな春の日差しを想わせる色合いが、
春野菜の緑が映えそうな渋い彩りです。

17_mimata_1380.jpg

巳亦さんの彩りを加えたガラス器は、
中間色であったり、淡い彩度だったり、
濁りがあったりすることで、
ガラスでありながら温かみのある素材感になっています。

17_mimata_1379.jpg

そのために四季を通して違和感なく使える、
使いたくなるガラス器に仕立てられています。
それでいて、盛りつけやしつらえ方で、
涼しそうにも、ぬくもりも表現できる、
不思議な要素をもっていて、
自然と出番も多くなるガラス器です。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

春を想わす器 8

菜種梅雨の季節なのでしょうか、
朝から雨がしっかり降り続けてる銀色の空です。
この雨はうるおいになり、
雨上がりの日差しで木々の芽を膨らませ、
野の草花を萌えさせることでしょう。

17_cyujo_1372.jpg
中條正康 春の野文
左:金彩絵替わり平鉢 4,860円 径15cmH5cm
中:絵替小皿 2,160円 径9.5cmH1.5cm
右:金彩絵替わり小皿 2,160円 径9.5cmH1.5cm


荻窪銀花の周りでは見つけづらくなりましたが、
ツクシやゼンマイや蕗の薹や野蒜といった、
美味しい春の山菜が、
春の味の記憶になっています。

17_cyujo_1371.jpg

そんな様子を文様として絵付けされた、
中條正康さんの器をご紹介します。

17_cyujo_1374.jpg

尾形乾山が描いていた文様絵柄を、
リスペクトして中條さんらしさが加えられ、
優しくて温かみのある絵柄になっています。

春の野の土や草の匂いが、
甘庵の記憶によみがえる、
春の想う器です。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

春を想わす器 7

近くに原っぱ公園という名前のままに、
そのほとんどが野原という公園があります。
雑草と言われそうなものが生えているだけの、
広々した空間に幼い子供が走り回っている長閑な公園です。
枯れ草のなかに春の野草が目立ったきていました。
野原が萌えだしてくる季節を感じ取りました。

17_mycup_1247.jpg
佐藤大寿 灰釉丸カップ 2,160円
径10cmH6.5cm 程よく入れて200cc


そんな様子が甘庵には重なった印象の、
佐藤大寿さんの灰釉丸カップをご紹介します。

17_mycup_1249.jpg

会津の鉄分を含んだ素地に、
ケイ酸の多い土灰釉が反応して、
淡い緑の禾目を見せていて、
とても爽やかな表情の釉調です。

17_mycup_1248.jpg

安定感がありながらころんとした形、
しっかりと持ちやすいハンドルと、
使い勝手のいい身近の器としての納まりが、
さりげなくデザインされているの点は、
とても好感を持てるカップです。

17_mycup_1250.jpg

いくつか並べてみれば、
土味、釉かけの濃淡、発色と、
一つずつがそれぞれの顔つきを見せている点が、
手仕事の温かみを感じる趣になっています。

良く焼けていて丈夫で扱いやすく、
樹ノ音工房の作品全般に言える、
良質なクオリティでリーズナブルな価格は、
お薦めできるカップです。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

春を想わす器 6

今日ご紹介するのは単品盛りにぴったりの、
口が付くことで左右非対称の形が楽しい、
小野寺友子さんの白磁片口鉢です。

16_open_0935_20170408102342093.jpg
小野寺友子 白磁片口鉢 4,968円
W18cmD14.5cmH6.8cm


片口は本来は注ぐための器ですが、
アシンメトリーを好む和の美意識と、
見立てる楽しみを趣にして、
器として普通に使われています。

16_open_0936_20170408102344df7.jpg

小野寺さんのこの片口鉢も、
美しく美味しそうな盛りつけを主体にデザインされていて、
片口として注げますが形の割には、
容積が少なく仕上げられています。

16_open_0937_201704081023453ae.jpg

素地の白磁も量産品の無機質な白ではなく、
少し青みや灰色がかった表情をもち、
料理を自然にかかえて映えさせ、
爽やかに春の食卓を飾ります。

底面はゆったりして見込みは深く、
盛りつけの納まりが良く、
丈夫な磁器の素地は気軽に使えて、
メンテナンスも楽です。

普段使いから花のある使い方まで、
使い勝手の良さと品格を同時に備えた、
お薦めの逸品です。

           甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

春を想わす器 5

桜が満開になったのに週末にかけて天気が崩れるようです。
昨日から風もあって早くも花びらが舞っています。
桜に続いて桃が見頃になってきたり、
花蘇芳や花海棠の鮮やかな色合いを見せはじめ、
芽吹きだした新緑も赤い花との対比を生み出して、
春の彩りを楽しませてくれます。

17_fujita_1160.jpg
赤絵舟形豆小鉢 2,160円
W12.5cmD6.7cmH3.5cm


食卓にも春を想わす器を添えたくなります。
今日は小さいけど華やかでアクセントになってくれる、
藤田佳三さんの赤絵舟形豆鉢をご紹介します。

17_fujita_1162.jpg

長手方向で4寸ほどの楕円鉢で、
手のひらに程よく納まる形と大きさです。
小さくても動きのある華やかな赤絵が施され、
大きさ以上の存在感があります。

17_fujita_1161.jpg

見込み深さもあるので、
見かけより分量を盛りつけられ、
ちょっと汁のあるものも納まりもよく、
以外と出番の多くなる使い勝手です。

17_fujita_1163.jpg

裏を返せば累座(るいざ)のような、
螺髪(らほつ)を想わせるよな、
押し型で可愛い足が4つ付けられていて、
細部まで手を抜かない藤田さんらしい仕事です。

主菜ではないのですが、
春の香りや彩りを楽しむ料理を、
ちょっと盛りつけたくなる、
可愛いらしい器です。

               甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

2017年巳亦敬一展DM作り

今日はお休みをいただいてお花見日和ですが、
なんだかんだと事務仕事でまだ一歩も外にでていません。
それは休み明けを待てない楽しいお仕事だからです。
楽しみにしている巳亦敬一さんの個展のDM作りです。

17_mimata_dm.jpg

巳亦さんから今年の画像が届き、
さっそく朝から画像加工、DMのレイアウトなど、
無い知恵と腕でも楽しく夢中で作っていました。

会期も決まりましたので告知させていただきます。

                甘庵

巳亦敬一 彩りガラス器 展
4月28日(金)〜5月21日(月)
5/3水.10水.11木.17水.18木はお休みです
巳亦さんの彩りガラス器は周りの光を集めて柔らかく仄かな光が滲みでます。
煌めきや輝きともひと味違う淡い陰影で四季を問わずに活躍するガラス器です。
黄金色に煌めく定番の新スキシリーズも色々届きます。


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

春を想わす器 4

昨日の春雷にはびっくりしました。
交通量の多い通りに面していて、
そぐそばで事故が起きることがあり、
また追突事故でもと思ったら、
再び音がして・・・近くの工事現場?
と、今度はもっと大きな音で、ああ〜雷だと。
外を見ると雨脚が見えるほどの雨も降りだしていて、
まさに春雷の景色が広がっていました。

17_nishikawa_1366.jpg
西川孝次 酒器 左から
セレン赤面取りぐい呑み 3,990円 径6.8cmH7.2cm
ウグイス面取ぐい呑み 3,564円 径8cmH5.7cm
淡青緑面取りぐい呑み 3,564円 径7.5cmH7.4cm
ヒワあられ台付ぐい呑み 3,564円 径8.3cmH5.5cm
奥:ウグイス面取徳利 6,480円 径7.5cmH12.5cm


さて、今日の春を感じ取れる器をご紹介します。
桜もいよいよ満開になり、
お酒も楽しみたくなります。
そこで西川孝次さんのガラス酒器です。

17_nishikawa_1367.jpg

西川さんは型を上手に活かしていて、
多角形の面取りやぽこぽこっとしたあられ文など、
酒を注いだときや光を受けたときの杯や徳利に、
輝きや陰影を生みだす表情を与えています。

17_nishikawa_1368.jpg

こうして色や形がそれそれのぐい呑みと徳利が取り揃えると、
酒器そのものが美味しそうな趣をもち、
酒の肴になって盃も重なります。

              甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

春を想わす器 3

昨日は暖かさが少し戻り桜がほぼ満開になってきました。
今週は暖かさ続くようなので一気に爛漫の花模様になることでしょう。

17_fujita_1169.jpg
赤紅安南双急須 14,040円
径13cmH7.5cm 程よく入れて500cc


さて、今日のご紹介するのは、
藤田佳三さんの紅安南急須(ポット)です。
青、赤、緑と細かく点で描いている小花模様が、
軽やかな春の風を感じます。

17_fujita_1170.jpg

安南は中国からベトナムの古い表記です。
桃山時代からエキゾチックな表情に焦がれ、
侘びの趣もあって長く愛され続けて、
手法としても作り手に綿々と引き継がれています。

17_fujita_1168_201704031048086ee.jpg

藤田さんが絵付けが達者なのは周知のことですが、
生み出す形はどこか牧歌的ながらモダンで、
紅安南の文様をより活かしています。

17_fujita_1171.jpg

切れもよく、たっぷり入るので、
熱々を美味しくいただく、
食後の番茶やほうじ茶などが似合いそうです。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

春を想わす器 2

咲き出した桜が冷たい雨が濡れていますが、
空が少しずつ明るくなってきています。
冷え込んだ朝でしたがこれから気温が上がりそうで、
週末の花見を予定していた方にも一安心でしょう。

17_mycup_1280.jpg
サトウアカネ 加彩たっぷりマグ 2,160円
径11cmH6.3cm 程よくいれて230ccほど


桜ではありませんが器いっぱいに椿の花が描かれている、
サトウアカネさんの加彩たっぷりマグをご紹介します。

17_mycup_1281.jpg

デフォルメされたシンプルな椿文が描かれて、
しっかり焼かれ丈夫に作られて、
毎日の食卓に春を呼び込む、
明るく伸びやかさが映えるマグです。

17_mycup_1282.jpg

広く広がる口と低めのフォルムは、
スープカップからヨーグルト、シリアルのボールなど、
幅広く身近で便利に使える器です。

17_mycup_1283.jpg

工夫された彩りは、
下絵か色釉で描かれていますので、
普段に使う電子レンジやオーブンでも、
研磨剤入りの洗剤を使った食洗機でも、
気遣い無く使用いただけます。

また感心するのはこのクオリティでの価格です。
器の価格を作り手の技量を棚に上げて、
手間をそのまま時間計算する作り手には、
見直すきっかけの参考にと思ってしまいます。
お薦めできるマグカップです。

           甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

FC2Ad