うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

梅酒が飲みたくなったグラス

この数日は梅雨らしい天気で、
どうも蒸していて鬱陶しい毎日です。
こういうときには梅酒が飲みたくなります。
ご紹介する西川孝次さんのスキワイングラスを見ていて、
その思いが強くなりました。

17_cool_0306.jpg
西川孝次 スキワイングラス 4,104円
径8cmH11cm 程よくいれて50cc


飲み友のM氏から頂く自家製の梅酒が、
呑み助が作るからか、十年以上の良く寝かせてあるからか、
彼の家の大粒の梅が良いのか、
ともかくどれも美味いんです。

17_cool_0307.jpg

レギュラーのタイプだけでなく、
蜂蜜をつかったものや、ジンで漬けたものなど、
さっぱりしているもの芳醇なものと、
どれも美味しくてお裾分けにいただくのが、
楽しみになっています。

17_cool_0308.jpg

スッキリした角のない口当たりなので、
基本的に薄めずにいただいています。
とはいえそれなりにアルコール度数が高いのと、
大切にちびちびと、かつ格調高く楽しみたいので、
いつもモルトグラスのような小振りで、
脚のあるグラスにしています。
このグラスもそれにぴったりなイメージです。

17_cool_0309.jpg

小さい頃から(薄めてですが)、
暑気払いに、夏ばてしないようにと、
年寄りにすすめられて飲んでいて、
甘庵には整腸作用が感じられます。
それが梅の成分なのでしょう。
梅干しと同様に日本ならではの伝統的な健康食品なのでしょう。

                甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

ナチュラルな素材感が涼しげな鉢

今日ご紹介するのは、
久保田信一さんの長石釉盛り鉢です。

17_cool_0333.jpg
久保田信一 長石釉盛り鉢 8,100円
径22.5cmH5.5cm


冷やっとするほどの質感やイメージではないのですが、
生成の綿や麻のようなナチュラルな素材感から、
涼やかな盛りつけが自然な鉢です。

17_cool_0334.jpg

大きさとぽってりとした縁作りから、
丈夫そうだけど重いのではと想像なさる方が多く、
手にするとむしろ軽さを感じられる、
実用の使いやすい器です。

17_cool_0335.jpg

無駄のないロクロ挽きは軽さに加えて、
見込みのあって底面もそこそこ平たく、
料理の種類を選ばずに盛りつけがしやすく、
日常の器として汎用性が高い鉢です。

17_cool_0336.jpg

陶器の素材感とシンプルな調合の長石釉が、
ハデなところはないのですが、
料理を盛りつけてみると不思議とぱっと華やかになるのも、
この鉢のもつナチュラルなパワーです。

                甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

黒い器で涼感を盛りつける

普通は涼感のある器と言えば、
白い器やガラス器をイメージされるでしょう。
でも黒い器も涼感豊かな盛りつけができます。

17_cool_0329.jpg
小野寺友子 黒マット片口鉢 5,400円
W21cmD15cmH8cm


ご紹介するのは小野寺友子さんの黒マット片口鉢です。
注げますが盛りつけが映える造形になっています。
金属が結晶化したメタリックな質感のある黒釉が、
瑞々しい夏野菜を涼しげに映えさせます。

17_cool_0330.jpg

マットな釉調は黒いキャンバスとなり、
緑や赤や白がくっきりと映り、
清々しく清涼感に溢れて見えます。

17_cool_0331.jpg

ロクロで丸く挽かれたあとに、
ゆったりと歪めた楕円形は、
大きさ以上に解放感のある表情になり、
広がりのある夏の器の造形として、
使い勝手が広がります。

17_cool_0332.jpg

また和の器の手法でありながらも、
どこかモダンな気配をもっていて、
エスニックや中華も似合い、
料理がいっそう美味しそうになる、
使い回しのきく器です。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

使われなくなった器

気温が上がると冷たい飲み物が欲しくなります。
冷蔵庫を開けてペットボトルから飲料水を飲むのが、
普通になっています。
ヤカンで麦茶をいれ冷やしたり、
飲み物に氷を入れたりすることは、
少なくなっているのでしょうか。

17_cool_0325.jpg
西川孝次 アイスペール 8,424円
径11cmH12.5cm


というのは、今日はアイスペールをご紹介します。
それで、いろいろ考えていて思ったのが、
まずアイスペールを要望されるお客様が、
とても少なくなっていることでした。

17_cool_0326.jpg

出番がなくなっている器なのでしょうか、
それとも断熱性重視の量産品が選ばれるのでしょうか。
確かに溶けないのは魅力的かもしれませんね。

17_cool_0327.jpg

それでも氷が溶けていったり、
アイスペールが結露する様も、
酒を飲んでいるときには、
時間の流れを感じ取れて良いものだなと、
甘庵は思ったりしますが、
それ自体がレトロな感覚なのかもしれませんね。

17_cool_0328.jpg

だた一つ譲れないのは、
道具としての美しさです。
酒を飲む時の肴として成り立つ、
工芸品の味わいだけは優位に立てると、
うつわ好きとして思っています。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

器に露を打つ

茶道では風炉を使う季節になると、
懐石膳や器に茶筅で露を打ち、
清涼感で生み出してもてなすそうです。

17_cool_0341.jpg
鶴見宗次 手ひねり焼きしめ片口鉢 5,400円
W16cmD16cmH8cm


ヤキモノも水との相性がよく、
おおよその器がしっとり感が増して、
表情が豊かになります。
と、同時に染みこみやすい器なら先に水が入ることで、
汚れや匂いが付きにくくなる利点もあります。

17_cool_0337.jpg

冷たい料理なら水冷やしておく、
暖かい料理ならお湯で温めておけば、
料理の味わいにもプラスです。

17_cool_0338.jpg

夏ならば焼き締めの器を湿らせて、
軽く拭く程度でしっとりした表情で盛りつけすれば、
涼感がご馳走になります。

17_cool_0339.jpg

焼き締めの器に露を打つと、
路地に水を打った時のように、
涼感に溢れた表情になります。

17_cool_0340.jpg

しっかりした和食のお店でも、
膳や椀に露が打ってあります。
初めて分け入る野に露が降りているように、
お客様が初めて手をつけますという、
意味合いをこめているそうです。

おもてなす側にももてなされる側にも、
和の美意識や感性があってこそなりたつ、
涼感を楽しむ習慣なのでしょう。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

遊びの仕掛け

昨日は晴れて暑かったのに、
今日は朝からしっかり降ってヒンヤリしています。
明日はまた暑くなるようです。
ころころ変わる天気にめげずに、
体調管理に気を付けましょう。

16_open_0992.jpg
野波実 青白磁引きだし 5,400円
W8cmD9cmH5cm


どんよりした空で気持ちも湿りそうなので、
今日は作り手の遊び心が楽しい仕掛けの仕事を、
ご紹介します。

16_open_0990.jpg

野波実さんの青白磁引き出しです。
フタをとるのではなく引きだして開ける、
小さな箱です。

16_open_0991.jpg

磁器なので匂いも移らず丈夫ですから、
ハコモノの使い方ならなんでも出来て、
お客さまに開け方の意外性を、
楽しんでいただける点が売りです。

16_open_0988.jpg

だんだん見えてくる中の料理と広がる香りと、
暖かさや冷たさを保っているのは、
小さなご馳走の演出になります。

閉めているときから、
引きだしていく加減で変わる、
形としても面白いので、
オブジェとして、小花器としても、
楽しんでいただけます。
動きが楽しい仕掛けのハコモノです。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

たっぷり飲めるグラス

水分補給を心がけならない季節です。
美味しくたっぷり飲めるグラスをご紹介します。
巳亦敬一さんの新スキモールグラスです。

17_cool_0321.jpg
巳亦敬一 新スキモールグラス 3,024円
径8.3cmH10.3cm 程よく入れて300cc


通常のモールではなく、
円筒形に近い形の側面中程を境にして、
ずらした2段のモールが施されています。

17_cool_0322.jpg

ズドンとした大振りなグラスを持ったとき、
初めの印象は「軽い」でした。
その分見かけ以上に容積も多く、
程よく入れて300ccほど入ります。
上手く注げば缶ビールが注げそうです。

17_cool_0323.jpg

口径も大きくて氷をたっぷり入れても、
ゆったりと混ぜられるので、
十分冷えた飲み物を頂くにはぴったりです。

17_cool_0324.jpg

口径が大きくなると持ちづらくなりがちですが、
そのための納まりとして、
細めで二段構えのモールが活きてきます。
氷の響きがよいのにも有効な気がします。

たっぷり水分補給にぴったりの、
この季節に活躍するグラスです。

              甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

非対称が美しい花器

巳亦敬一さんの片口花瓶をご紹介します。
アシンメトリーの姿に惹かれた先人たちは、
片口を器として見立てたり、
目的から離れてデザインとして使いました。

17_cool_0317.jpg
巳亦敬一 片口花瓶 B/Ye 5,985円
W12.5cmD9cmH15.3cm 控えめにいれて500cc 単品


ヤキモノでは多く見かけてきた片口型も、
身近になったガラスの食器にも見られるようになりました。
この花器も片口の持つ非対称なフォルムが、
美しくデザインされています。

17_cool_0318.jpg

高台裾から口端に自然な広がりをみせて、
繊細で緊張感のある口元まで伸びでいます。
高台部分の青い素地が上にいくほどぼかされる、
柔らかなグラデーションに黄色い*型の点文は、
上に行くほど黄色がはっきりとしています。

17_cool_0319.jpg

これも何気ないようでいて、
手の込んだ細やかな、
計算された技で生み出されています。

17_cool_0320.jpg

花瓶としてとどいていますが、
試してみると完全に片口としての機能を備えています。
それも実に繊細な注ぎ心地で、細く滑らかに注げ、
水切れも良く、スパッと潔く切れます。

控えめにいれても500cc入りますので、
酒豪が集まった宴には活躍できます。
また、ハーフボトルほどの量が程よい方なら、
デキャンタとして使うのも一興かと。
花器にしておくだけではもったいない、
美しいフォルムの花瓶です。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

不思議なフォルムの碗

野波実さんの白磁細椀をご紹介します。
ありそうであまり見かけないフォルムの碗です。

縦長の飯碗?大きな湯呑み?大振りのカップ?
答えは手にいれて使う人が導き出すことで、
それも使う度答えが変わるかもしれません。

17_cool_0310.jpg
野波実 白磁細碗 2,600円 1客
径11cmH8.5cm 程よくいれて250cc


それだけ自由な碗だと思います。
飯碗としてみれば多少高めの姿から安定感がと考えても、
湯呑みのバランスから思えばそう不自然ではなく、
場所をとらずにという使い勝手もありになりそうです。

17_cool_0311.jpg

でも湯呑みとしてはかなり大きいですが、
程よくいれて250ccの容積から思えば、
マグカップ程度の大きさで、
むしろたっぷり飲みたい方には、
望む容積かもしれません。

17_cool_0312.jpg

そうこのぐらいのカフェオレボールなら良くある容積ですが、
普通はもう少し平たい姿のモノが多いでしょう。
でも、持って飲むことをイメージすると、
このカップのほうが飲みやすいと思える。

17_cool_0313.jpg

ありそうで無かったから不思議な姿に見えますが、
自由に使うことでイメージを膨らませてみると、
柔らかな頭の野波さんらしい器で、
なかなか使い勝手の良いデザインの器に思えます。

                 甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

深みのある青ガラス鉢は納まりも深い

西川孝次さんの縁返し青中鉢をご紹介します。
青いガラスは青や緑が混ざり解け合っていて、
深みのある彩りをみせています。

近い勝手がよい5寸鉢サイズで、
料理からデザートまで多彩な使い方で、
これからのシーズンには活躍するガラス鉢です。

17_cool_0301.jpg
西川孝次 縁返し青中鉢 3,780円
径14.5cmH4.5cm


日常使いのために良くデザインされた
西川さんの技量がよく伺える鉢です。
まずは一番接触することの多い縁を、
折り返して丈夫な納まりにしています。
それでいて野暮にならないフォルムです。

17_cool_0302.jpg

逆台形の高台から縁に直線的に広がるシンプルなフォルムは、
安定感や重なりの良さという利便性を持ちながら、
プロポーションの美しさも備えたデザインです。

17_cool_0305.jpg

細部にも優しい納まりが見えます。
折り返しした縁端だけでなく、
高台内隅や高台角にも鋭角がなく丸められていて、
縁や高台はヒットしにくく欠けにくく、
見込みは汚れが溜まらないという、
使い手への優しい配慮に満ちています。

17_cool_0304.jpg

このところ爽やかでしたが今日は気温が上がってきています。
この鉢を見ていて心太が食べたくなりました。

                 甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

すきまの涼感

今日ご紹介するのは外側を二重に作り透かし彫りをした、
野波実さんの白磁すかしフタモノです。

16_open_0860_201706141028386cf.jpg
野波実 白磁透かしフタモノ
左:8,640円 径13cmH11cm
右:4,860円 径10cmH8.3cm


身の部分が二重にロクロで挽きあげて縁を止め、
中空を作りあげて透かす彫りをした、
立体感のある作りです。

16_open_0858_20170614102836a96.jpg

花器などではみかけても、
器ではあまり使わない手法ですが、
器でも遊びが楽しめるフタモノで、
作り手の遊び心から生まれています。

16_open_0861_2017061410283962c.jpg

透かし彫りで生まれたすきまが、
白磁の持つ涼感をより高めていて、
フタを開けて中を取り出す時の期待感が高まります。

夏に冷たい肴などを盛りつけして、
そのまま冷蔵庫で冷やして置いて、
初めの一杯のときにだしたら、
涼感のもてなし感が高まることでしょう。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

渋めの彩りがクールなボール

今日ご紹介するのは巳亦敬一さんの、
渋い彩りで静かな気配を持つボールです。

16_mimata_0230_20170612110851dc5.jpg
ボール(ダークグレー)4,644円
径12.5mH6.3cm


開いた形の使いやすい基本形のボールで、
スモーキーなグレーの素地で、
見込みに不透明なベージュも素地のグレーが重なり、
緑ががかった渋めの色合いになっています。

16_mimata_0232_2017061211085443e.jpg

ボールとありますが、
全体の渋い彩りから、
食材の自然は彩りや質感を活かす、
和の器としても力を発揮します。

16_mimata_0231_201706121108531fb.jpg

腰の下部分にはモールが施されて器に煌めきを与え、
高台のない形には手がかりとなって、
持ちやすいディテールになっています。

16_mimata_0233_20170612110855513.jpg

そのモールの凹凸は見込み側にはほぼ表れず、
スプーンで掬う時のストレスもなく、
洗うときの汚れだまりもありません。

ナチュラルな形は重なり収納性も高く、
食器棚が過密な器好きにはポイント高いデザインです。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

洗いざらしの肌合いのポット

夏日になると直に肌に触れる素材に、
天然素材の洗いざらしを選びたくなります。
そんな感覚に似た素材選びは器にも当てはまります。
ご紹介する加藤財さんのポット白丸もそんな器です。

17_kato_0248.jpg
加藤財 ポット白丸 11,880円
容積550cc 単品


せっ器や陶器の土に磁器を調合して、
堅く締まる素材感とそれでいて土の素材感を引き出しています。
白くてもマットで堅さのなかにも柔らかみを感じます。

17_kato_0249.jpg

水をはじくというより親しむ感じは、
焼き締めのヤキモノがもつ涼感です。
それでも調合調整した素地をしっかり焼いていて、
極端な汚れもなく、堅い仕上がりになったいます。

17_kato_0251.jpg

切れが良く見かけの大きさよりたっぷり入り、
茶葉の味わいを良く引きだし、
美しい姿はお茶をする時間を豊かにしてくれると定評です。

17_kato_0252.jpg

通常の使い方としては暖かいお茶をいれ注ぎますが、
今の時期には緑茶葉と水で冷蔵庫にそのまま入れて、
水出しして冷たいお茶を楽しむ方もいらっしゃいます。

この洗いざらしの肌合いの白いポットは、
そんな使い方にもぴったりの涼感を見せます。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

ゆったり盛り付ける涼感

今日ご紹介するのは爽やかな涼感にあふれた、
野波実さんの白磁大板皿です。

16_open_0954_20170610111939ebc.jpg
野波実 白磁大板皿 21,600円
W40cmD22cmH4cm


この大きさで間延びせずに凝縮感があるのは、
素地に斜めに削り陰影をつけることで
リズミカルな白磁の表情に仕上がっています。

16_open_0956_20170610111942c80.jpg

40cmの長さは平均的な食卓でも使えて、
かなりの存在感が生まれるサイズです。
このサイズだからこそのゆったりとした盛りつけで、
白磁の涼やかさが活きて、
涼感のある料理に仕上がります。

16_open_0955_2017061011194050f.jpg

ロクロではなく一点物として作られていて、
器でありながらも作品としての力量をもち、
料理を受け取り生えさえる額縁をして、
ステージとしてのパワーが滲みます。

16_open_0957_20170610111943fe1.jpg

その割にただ盛りつけるだけで、
料理が映えて実に美味しそうになる、
優しい力持ちと言いたい大板皿です。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

懐かしさを覚える朝顔型のデザートカップ

降ってはいないものの湿度が多く梅雨空の荻窪です。
蒸してくると冷たい飲み物やデザートが欲しくなります。

16_mimata_0269_20170609104029597.jpg
新スキデザートカップ 丸平 3,348円
径13cmH7cm


新しいタイプのかき氷が流行っているようですが、
そうオシャレでないかき氷やアイスも似合いそうな、
巳亦敬一さんの新スキデザートカップ丸平をご紹介します。

16_mimata_0270_20170609104031681.jpg

アールデコを思わせるようなスマートなフォルムが、
モールの煌めきが活きて豪華さをもっています。


16_mimata_0271_2017060910403622f.jpg

朝顔型で見込み底が程よく細くなり、
デザートを最後の一匙までストレスなく掬えるところは、
形優先ではなくあくまでも使う器に仕立ててあります。

16_mimata_0272_20170609104034ec5.jpg


よそ行きのオシャレ感が晴れのうつわとして、
高坏型の向付としても使いたくなる、
うつわとしての実力を持っています。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

日差しが強いとクールなスキガラスになるグラス

今日ご紹介する涼感のある器は、
巳亦敬一さんの定番新スキシリーズから、
新スキワイングラスをご紹介します。

17_mimata_0004_20170606112153867.jpg
巳亦敬一 新スキワイングラス 3,024円
径7.5cmH10.3cm 程よく入れて140cc


このシリーズは電球色の元では黄金色の煌めきが特徴で、
とろ〜とした温かみのある色合いですが、
日差しの強い中でみるとさっぱりクールなスキガラスになります。

17_mimata_0074.jpg
午前中の太陽光で撮影しました。
午前中は青い色が多いためにほとんど無色に見えます。
スキ(透明)ガラスということがわかります。


昼間明るい部屋で冷たい麦茶や緑茶を飲むときには、
涼感のある澄んだ彩りになっているガラスが、
日も落ちて照明と灯すとワインやビールが似合う、
アンティークな香りを感じる、
深みのあるスキガラスに変化します。

17_mimata_0002.jpg

光の加減で見えるそれぞれのスキガラスが、
冷たい飲み物が美味しさを増す、
良質な質感をもっていて、
飲み物を注いだ部分に見える、
着せとモールで生まれる屈折の変化も、
飲み物の味わいをより深めます。

17_mimata_0005.jpg

ワイングラスとして作られていますが、
低いステムで安定性高く使いやすく、
広がりと深さのバランスの良さから、
汎用性の高い日常のグラスとしてお薦めできます。

           甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

自然素材の涼感マグ

今日も爽やかな天気の荻窪です。
数日後には梅雨入りのなりそうな予報をききました。
この心地よさを堪能しておかないと・・・。

17_cool_0297.jpg
佐藤大寿 灰釉ロングカップ 2,700円
径10cmH9.5cm 程よく入れて230cc


さて今日ご紹介する涼感のある器は、
樹ノ音工房佐藤大寿さんの灰釉ロングカップです。
地産自然素材カップと言いたいヤキモノです。

17_cool_0298.jpg

大寿さんの生まれ育った会津本郷の土と、
燃料など植物を燃やした灰を主体に、
作くられる伝統の釉薬です。

17_cool_0299.jpg

ナチュラルな素材感は高温で焼かれて生まれる、
ヤキモノの器にも滲み出ます。
温かみと同時に爽やかです。

17_cool_0300.jpg

お気に入りのティーやコーヒーもよいのですが、
カップを冷やしておいてのビールも、
クリーミーな泡立ちでお薦めです。

自然素材だけに釉調は一つずつの顔を持ち、
素地の土をかみ合いながら流れる禾目は、
これからの季節には爽快な涼感のカップです。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

動きのある緑釉が涼しげ

日差しが強くなっていても、
昨日今日と爽やかな週末になっている荻窪です。
梅雨前の貴重な天気です。

今日の涼感をテーマにして選んだ器をご紹介します。
久保田信一さんの灰釉二彩五寸皿をご紹介します。

17_cool_0288.jpg
久保田信一 灰釉二彩(白土)小皿 2,592円
径15.5cmH3.5cm


鉄絵の具と灰釉が見せる、
緑の濃淡が流れ滲む景色は、
窯の中で良く焼かれて、
灰釉と鉄の反応で描き出せれています。

17_cool_0289.jpg

爽やかな彩りと動きのある文様は、
飽きがこずに四季を通してつかえますが、
この時期には不思議と涼感を感じます。

17_cool_0290.jpg

ゆったりと見込みへ続く曲面が、
程よい深さを持つ皿で、
煮汁やソースも受け止めて、
盛りやすい料理映えする五寸皿です。

17_cool_0291.jpg

陶器の軽さや重なりやすいデザインも、
使い勝手のよさを裏打ちしている、
お薦めの器です。

             甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

涼感のある絵付け飯碗

蒸し暑さと戦ってきた暮らしから、
夏には住まいや身の回りのものに涼感のあるものが、
取り入れられてそれは和の文化となり、
涼感をご馳走と感じる感性が磨かれました。

17_fujita_0292.jpg
染付飯碗 4,320円
径11.5cmH6cm


今日ご紹介する藤田佳三さんの染付飯碗も、
柔らかく穏やかな表情の中に、
さらりとした涼感を感じとれます。

17_fujita_0295.jpg

染付は呉須というコバルトが主体の絵の具で、
下絵を描きその上に釉薬を施して焼成します。
長く使うことで変化や劣化がほとんど無いため、
日常の器として長く愛用されてきました。
寒色の青い絵付けは涼感があり、
夏の器として好ましい器です。

17_fujita_0294.jpg

藤田さんの染め付けは多くの磁器ものとはことなり、
安南手をリスペクトしていて、
灰釉をたっぷりめに施ししっかり焼くことで、
絵付けが滲む様を引き出しています。

17_fujita_0296.jpg

かちっとした染め付けとは違う安南手の、
”ゆるい”絵付けは開衿の姿勢というか、
ゆったり感からも涼感をえられます。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

ガラスも良いけど陶器のビアカップもなかなかです

気温が上がるとビールが美味しくなりますね。
今日は村木律夫さんのビアコップをご紹介します。

17_muraki__0283.jpg
村木律夫 金彩ビアカップ 5,940円
径8.5cmH10.8cm 程よく入れて300cc


陶器に磁器をまぜた表情があって丈夫な素地で、
外側の表面を掻き取りことでざっくりした質感にして、
灰釉を施ししっかりと焼いた手に馴染む仕上がりです。

17_muraki__0284.jpg

陶器ならではのビアコップに良さは、
ビールを注いだ時の発泡の細かさです。
クリーミーなアワが自然に断つので、
ビールの美味しさがより引き立ちます。

17_muraki_0285.jpg

口縁に一カ所金彩のオブジェが付いているところは、
一点ものの酒器にしたてた作り手の遊び心です。

17_muraki_0286.jpg

割って飲むのがお好きな方なら、
氷をいれて冷たい系も、お湯やお茶などの熱い系も、
楽しめて使い方が倍増します。

グラスも良いけど陶器のビアコップも、
なかなか美味しいビールが楽しめ、
味わい深さをお薦めいたします。
            
            甘庵  


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

FC2Ad