うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

荒賀文成さんの粉引

今日から、荒賀文成さんの個展がはじまります。
昨夜大きな揺れがありましたが、
負けずに頑張っておられる方もいるのですから、
ぼくに出来ることとして、
使うと心地の良い器を、
橋渡ししていきます。

11_araga_2419.jpg
左:粉引馬リム小皿 1,260円 径13cmH3cm
右:磁器リム小皿 1,260円 径13cmH3cm


今回の荒賀さんの個展は、
粉引の器展としたとおり、
ほとんどが粉引の器です。

11_araga_2451.jpg
粉引急須 9,450円 容積360cc

土や釉や化粧土などの組み合わせで、
同じ粉引でも、実に多彩な色合いが見えます。
また、粉引ですから使う事で、
育った色合いが重なっていき、
百器百様に変化して、
1つずつの器に仕上がりところが、
粉引の醍醐味です。

11_araga_2435.jpg
左:粉引鉢 3,780円 W19cmD16H7cm
中:粉引碗大 3,780円 W16cmD15H8cm
右:粉引碗大 3,780円 W16cmD15H8.8cm


今日4月8日(金)から4月10日(日)まで、
荒賀さんが銀花に詰めてくれます。
作り手の人柄ともかさなる、
温かみのある粉引を手にとってみてください。

                 甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/1977-e307ff29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad