うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

遊び心のある箱

荻窪銀花は定休日なので、
ブログのテーマには、
開催中の野波実さんの作品から、
遊びの仕事を選らんでみました。
やきものの箱です。

11_nonami_3160.jpg
白磁引きだし 5,000円
W7.5cmL10cmH5cm


焼き物箱の多くは、
香合やふたものにみられるような、
合子(ごうす)タイプで、
身の上に蓋をかぶせる方式がほとんどです。
でも、この箱は引き出し式です。

11_nonami_3161.jpg

木工にならありそうな小引き出しです。
大切なものをしまう小引き出しとしてだけではなく、
磁器で出来ていますから、
珍味や酒盗をしのばせて、
器として使うのも楽しそうですね。
もちろん、使った後は、
食器と一緒に洗えます。

11_nonami_3162.jpg

多くの方にある焼き物の箱の、
上下に開くイメージを、
引き出して開けるという、
この少しの意外性のある仕事が、
箱をあけたたときに、
ちょっと嬉しい気分が、
心に広がります。

11_nonami_3163.jpg

野波さんらしい遊びの仕掛けがある、
楽しい小箱です。
   
             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2034-159fb4fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad