うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

輪花安南手鉢

ガラス器や磁器に比べれば、
直接的な涼しいイメージではないのですが、
人気の藤田佳三さんの安南手も、
夏に使いたい器です。

11_cool_3310.jpg
左:藤田佳三 安南手輪花4寸5分小鉢 3,675円
径14cm高さ4cm
右:藤田佳三 安南手輪花小鉢 3,990円
径14cm高さ6.5cm


それは、安南が中国の古い呼び方で、
今のベトナムに位置していて日本以上に暑く、
その風土で生まれたやきものということが、
どこか影響しているかも知れません。

11_cool_3311.jpg
そう高さのない4.5寸鉢も小鉢も、
フォルムには凛とした気品が漂います。


数百年も前に紹介された安南は、
異国的でいて、滲んだ染め付けが、
侘び寂びの好みにも好まれて、
愛され続けてきたのでしょう。

11_cool_3312.jpg
4.5寸鉢の輪花は少しシャープな切り込みです。

それは、現代でも古びることなく、
エスニックな香りと、
輪花という貴族的な仕事が、
盛り付けが映え、使うことで、
心をリッチにしてくれるからのようです。

11_cool_3313.jpg
小鉢の輪花はゆったりと大らかな切り込みです。

涼しさをイメージできる料理や
暑いときに食べたくなる料理を、
より涼しげに、より美味しくしてくれる、
安南手輪花の鉢です。

                甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2055-6cdb047e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad