うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

藍の敷物でお部屋のイメージが変わる

森くみ子さんの阿波藍絞りは、
藍を発酵させた「すくも」を、
自然な木灰汁建てで染めているので、
濃い紺色でも、お部屋が暗くならずに、
落ち着いた気配に包みます。

11_mori_3455.jpg
敷物・飾布 43,050円 木綿 58×126

身につけるものを続いてご紹介していたので、
敷物、飾り布をご覧いただきます。

11_mori_3461.jpg
ディテールも美しいんです。

展示台につかっているテーブルに広げてみました。
テーブルの長さは150cmです。

11_mori_3456.jpg
敷物・飾布 65,100円 木綿(茶) 60×193

それぞれの素材や織りで、
色とりどりの藍の色合いをみせてくれます。

11_mori_3457.jpg
大胆は絞り分けのデザインが、
地色の茶色い綿に良く映えます。


絞りのデザインも、
現代の住まいのなかで活きるものばかりです。

11_mori_3458.jpg
敷物・飾布 65,100円 木綿(茶綿)60×183

藍色の持つ不思議な力で、
酷暑でも部屋の中に爽やかさが漂い、
心が和み穏やかになりながら、
画像を撮っていました。

11_mori_3460.jpg
リズミカルな絞り柄が、
シックでいながら可愛らしさがあります。


ちょっと高価に感じるかもしれませんが、
長く使かった日数、日々毎日の暮らして、
少しずつ感じとれる幸せで割ってみれば、
きっと元がとれる以上の、
心地良さを手に入れられます。

            甘庵




ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2071-06b96770
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad