うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

作品価値の高い逸品

感謝祭も中盤になりました。
今日も甘庵お奨めの買い得品をご紹介します。
藤田佳三さんの刷毛目鉄絵大徳利です。
赤絵や安南手が人気の藤田さんの、
基本になっているのが粉引や刷毛目です。

11_kansya_3699.jpg
藤田佳三 刷毛目鉄絵大徳利 定価12,800円 径12cmH19cm
感謝祭中は定価の40%引き


赤絵や安南に比べると渋目ですが、
じっと向き合うと、表情の深さが見えて来て、
飽きのこない、秀作です。
また藤田さん自身の力の入れ方もあって、
刷毛の勢いや鉄絵の流れには、
力強さが溢れています。

11_kansya_3701.jpg
素地のかみ合って美しい発色の刷毛目の上に、
流れるように描かれた鉄絵からは彩りが浮かびます。


大徳利とあるのは、
伝統的な古作に習うところがあるためで、
茶事や宴などでは楽しみに使えますが、
容積が大きいので飲みきれず出番が少ないでしょう。
ただその姿のもつ気品や、存在感のあるたたずまいから、
そのまま飾るだけでもたのしめます。
それでも、器はなるべく使ってもらいたいので、
普段は花器などにつかうことをお奨めします。

11_kansya_3700.jpg
ゆったり二合五勺入ります。いわゆるお預け徳利にぴったり。
友と時間をかけてゆっくり盃を交わすのに・・・。
そんなゆとりを持ちたい昨今の時勢ですね。


これが、また花を引き立て、
趣のある活け上がりになること、
間違いない、お奨めの逸品です。

               甘庵




ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2087-2f74b56c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad