うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

飯碗と小丼と麺丼

今日は感謝祭から、
山口利枝さんの大中小のサイズの、
碗形の器をご紹介します。

11_kansya_3704.jpg
左:山口りえ 白磁丼 4,200円 径19.5cmH9.5cm
中:染め付け飯碗 2,520円 径14.6cmH9.2cm
右:山口りえ 鉄絵小丼 3,780円 径12.2cmH6cm
感謝祭中は定価の20%引き(丸銀会員は定価の25%引き)


11_kansya_3705.jpg


染め付けの小さなものが飯碗で、
右の一回り大きいものが、鉄絵の小丼で、
大きなのが白磁の麺丼です。

飯碗、小丼、麺鉢としてつくられましたが、
小鉢に、汁ものや盛り鉢に、サラダボールにと、
使い方は自由です。

11_kansya_3706.jpg

どれも、名称に関わらずに、
自由に使ったもらいたい器です。
磁器の丈夫さと使い勝手のよさから、
手元のあると出番の多くなる重宝する器です。

明るくて爽やかな表情なのが、
山口さんの器の共通する特徴の、
身近で是非使ってもらいたい、
甘庵お奨めの器です。

甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2089-58afe650
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad