うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

藤田佳三さんの片口鉢

非対称の形に惹かれる和の美意識が、
多くの人の心に響くのか、
アシンメトリーの姿の片口が、
大好きの方が多いようです。
まぁー甘庵もその一人です。

11_summer_3859.jpg

その上、元々が注ぐための道具の形ですから、
注ぎ口がしっかり作られていれば、
片口の形を楽しんでいる鉢でも、
注ぐ器として、使い勝手が広がるところも、
嬉しいところです。

11_summer_3860.jpg
藤田佳三 安南手片口小鉢 4,200円
径11.5cm 高さ6.5cm


藤田佳三さんは、
注器としての片口とは分けて、
あえて片口鉢と言っていますが、
そうはいっても藤田さんのこと、
手が自然に注器としての口作りをしてしまうのでしょう。
大方の片口鉢も、尻漏りせずに、
切れの良い口に仕上がってします。

11_summer_3861.jpg
藤田佳三 赤絵片口小鉢 4,200円
径11.5cm 高さ6.5cm


第一の目的としては、
注ぐためではなく盛り映えのための口ですが、
容積などの点と、納得できれば、
美味しいお酒を頂くときには、
注器として華をそえ、
器の魅力は肴になる、
酒器としての力をもっています。

11_summer_3862.jpg
藤田佳三 安南手片口向付 4,725円
径14cm 高さ6.5cm


注器としていけるのですから、
麺汁、割りした、ドレッシングなど、
使い方で、片口鉢の楽しさが広がります。

              甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2102-ae41531f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad