うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

モデルチェンジした楕円皿

木を刳りぬいた輪がついていることで、
その特徴的な姿もあって人気の楕円皿は、
パン皿という名前で作られていましたが、
今年マイナーチェンジしました。

11_takei_4443.jpg
輪付楕円皿 18,900円 シオジ・マユミ 漆仕上げ
W43.5cmD16.5cmH5cmh1.8cm


全体のプロポーションは変わりなく、
遊びの輪も健在ですが、
皿の見込み部分の刳り型が、
斜めに10℃振れて二回り小さな楕円に、
スッキリと刳られています。

11_takei_4444.jpg
名前の輪と受け木は、マユミ材から削りだしています。
真弓と表記され、粘りがあり強いために、
弓の材として珍重されたそうです。
この粘りと強さを活かした遊びの輪です。


前のパン皿という名前だと、
パン皿以外に使うことを、
躊躇されてしまう方もあったようで、
この遊びの輪の付いた皿は、
前菜、菓子器、ランチプレート・・・。
ほんとうはドンドン使ってこそ、
真価を発揮する皿です。

11_takei_4445.jpg
本体は、緻密な質感のマユミの輪と対称的な、
はっきりした木目の男性的なシオジです。


それもあり名前も「輪付楕円皿」と、
姿のままですが改名です。
しっかり染みこますように塗った、
漆が摺り減るほど使って頂きたい楕円皿です。
もちろん、摺り減ったときには、
お預かりしてメンテナンスさせていただけば、
リフレッシュして元のようになります。

            甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2150-e95db63c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad