うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

通好みの絵刷毛目鉢

今日は藤田佳三さんの個展の前半折り返しです。
少し人気が片寄ってしまうのですが、
会場には、安南手や赤絵の器も在庫があります。
また、個展の時にだけ作る、
魅力的な器も並んでいます。

11_fujita_4566.jpg
勢いある刷毛目と力のある鉄絵が生きている、
端正な姿の刷毛目鉢です。


今日現在で在庫のあるものからご紹介します。
少し通好みで、一見は渋いのですが、
使っていただくとわかっていただけるのですが、
これが料理が何でも映えるんです。

11_fujita_4568.jpg
絵刷毛目4.5寸鉢 2,835円 径13.5cmH4cm

また、使い勝手も良く、
使うほどの少しずつ侘びて趣が増し、
飽きのこない、時を経て愛着が湧いてくる器です。

少し鉄分のある素地に、
化粧土を刷毛で引き、
鉄で力のある下絵を施してあります。

勢いのある刷毛目を生み出しすために、
藤田さんは、器に合わせて、
刷毛を自分で作っています。

11_fujita_4567.jpg
絵刷毛目5.5寸鉢 3,990円 径16.5cmH4.5cm


ちなみにその刷毛は、
餅米の穂を叩いて柔らかくこなし、
器に応じた太さや長さで束ねるそうです。

このような作るための道具や、
さまざまな下準備なども、
材料店で求めるのではなく、
自分の感性に合わせて作っています。

11_fujita_4569.jpg
重ねての納まりもよく、収納性が高いのも、
日常の器には大切なポイントです。


こんなところに表れる、
藤田さんのモノ作りの姿勢こそが、
焼き上がった器が使った時の心地良くて、
使うほどに愛着が湧いて、
多くのファンの皆様に、
長く可愛がっていただける器が、
出来上がるのだと甘庵は思っております。

            甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2159-3bc26dec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad