うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

写しとった質感

今日ご紹介する鉢も、
山口利枝さんの新しい仕事です。

11_yamaguchi_4723.jpg
渕鉄陽刻鉢 3,150円
径15.5cmH3.5cm


使い頃の5寸鉢の大きさで、
見込み側全面に、繊細な文様が、
立体的に施されています。

11_yamaguchi_4724.jpg
渕に引いた鉄が釉に溶けて茶から黄色に発色して、
器全体のフォルムを締めています。


イッチンなどで盛り上げたのではなく、
轆轤でひかれた後に、
雄型に押し当てて、丹念に写しとった、
テクスチャーだと思います。

11_yamaguchi_4725.jpg
綾織りや地紋のような地肌が綺麗です。

器の縁が、微妙に歪んでいるところが、
手の仕事ならではの、美しい揺らぎになっています。

凹凸の文様が、光と受けたときに見せる、
煌めきで、文様の印象が違って、
せせらぎや水面を思い浮かべました。
品のある美し器です。

            甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2172-e2bd22b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad