うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

凛とした静かな7寸皿

山口利枝さんの仕事の中で、
甘庵がついついお薦めしたくなるのは、
白磁の器が多くなってしまいます。

それは、料理の盛りつけが映え、幅広く使え、
しつらえの時に他の器との取り合わせが良く、
長く愛着を持てて、丈夫で使い勝手が良いからです。

11_yamaguchi_4751.jpg
渕鉄輪花7寸皿 4,200円
径22cmH3.8cm


そして何より、白いだけではなく、
素地やロクロ目やフォルムといった、
山口さんの仕事の原点部分が、
とても好ましいからです。

凛とした気配には気品が漂い、
静かでいて、ゆったりした表情を、
もっている器だからです。

11_yamaguchi_4752.jpg

ご紹介している7寸皿は、
輪花に刻まれた縁が貴族的でさえある、
緊張感を見せながら、
縁に巻かれた鉄が優しさと柔らかさを見せ、
やや緑がかった白磁の釉調を、
引き立たせています。

見込みは広く平らで、
盛りつけの納まりがよく、
日常の中での使用範囲の広い、
7寸皿として良くできています。

11_yamaguchi_4753.jpg

またこの皿の品の良さは、
そのまま晴れの器として、
十分に力を発揮します。

と、甘庵としては、自然力が入って、
お薦めしたくなる7寸皿です。

            甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2179-2dd1b1b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad