うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

懐かしいガラス器の色合い

西川孝次さんの冬晴れのガラス展が、
今日からはじましました。
西川さんらしい色づかいは、
清潔感がありながらも、
どこかレトロで懐かしい思いが、
沸き上がガラス器です。

11s_nishikawa_4806.jpg

それはまず、色づかいなのでしょう。
少しトロンとした色合いの素地に、
青、緑、赤、朱、萌葱、紫と、
本来の和の器には無かった、
色合いと素材感が入ってきた、
懐かしい時代のガラス器そのものを、
感じさせるからかもしれません。

11s_nishikawa_4805.jpg

でも、ただ懐かしだけとか、
古くさいのではなく、
今ぼくたちが、暮らしのなかで、
ちょうど良い感じで、使い頃の、
大きさやフォルムや、アイテムとして、
構成されているところが、
心惹かれ、使いたくなるところです。

11s_nishikawa_4804.jpg

届いたガラス器は種類も多く、
隔年の開催分、新作も多く、
ご紹介したいものがたくさんあるので、
会期中には、一つでも多く、
ご紹介できればと思っています。

           甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2184-b3cd657e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad