うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

二つの赤地金彩魚文

中條正康さんのほとんど器に、
金彩が使われています。
共通しえ使われる量はそう多くはないのですが、
とても印象深く、効果的です。

11_chujo_5417.jpg

ご紹介する二つの魚文の小鉢と皿にも、
ちょうど対称的な方法で、
金彩の魅力をみせてくれています。

11_chujo_5414.jpg
11_chujo_5415.jpg
赤地金彩魚文桃形鉢 4,500円
W10.5cmD9.5cmH6.3cm


一つ目は、魚の形のベースを赤絵て描き、
目やウロコやヒレなどを金彩で描き入れ、
繊細で品ある見込み絵にしています。
縁にも赤絵下地に金彩を施し、
桃形の輪郭を印象づけています。

11_chujo_5412.jpg
11_chujo_5413.jpg
赤地金彩魚文小皿 2,800円
径10.3cmH3cm


もう一つの小皿は、全体に赤絵を施して、
艶やかな赤絵をキャンバスにしたところへ、
見込み絵の魚文を金彩で描き、
10cmほどの小皿を華やかな逸品に仕上げています。


どちらも描かれている金彩は少量でありながらも、
大変効果的な構図と構成でまとめられていて、
雅な中にも、どこか侘びの気配もある、
気品のある器に仕上げられています。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2201-94bed4db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad