うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

お正月の器

羽子板形に作られた足のある器には、
可愛くてほっとする絵付けが、
中條正康さんらしいタッチで描かれています。
まさにお正月の器です。

11_chujo_5424.jpg
波千鳥文羽子板皿 5,500円
W15.5cmD8.5cmH3.8cm


近年のお客様のお買い物からは、
季節の器をお求めになる方が減り、
まして、節句や特定の時期に絞られた器を、
楽しんでいただける機会が減っている気がします。

11_chujo_5426.jpg


四季折々、節句ごとのイベントや、
食べ物が流行ったりする今日なのですから、
和の伝統らしいお正月らしい器が、
一揃えあっても楽しいものです。

11_chujo_5427.jpg

心の栄養として受け取れる、
そんな気持ちこそが、
ともかく厳しかった今年一年、
ぼくらには、大切なことを思っています。

うつわ屋としては、
少しは遊びのある器で、
食卓や暮らしを和ませる、
橋渡しをしていきたいと、
改めて思いました。

          甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2204-e242971e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad