うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

シンプルな絵付けこそ

久保田信一さんの個展から、
今日ご紹介するのは、長石釉縁鉄小鉢です。

12_kubota_0978.jpg
左:長石釉縁鉄4寸小鉢 1,800円
径12cmH3.5cm
右:長石釉縁鉄五寸小鉢 2,600円
径15cmH5cm



器の縁に鉄をぐるっと巡らし、
白い釉薬を施すというシンプルな絵付けです。
古くは桃山時代の唐津皮鯨があります。
以後長い時間の中で、
様々な産地で、色々な人の手で、
繰り返されてきたのは、
盛り映えして、飽きがこず、
器として優れたデザインだからこそです。

12_kubota_0977.jpg
日常使いに大切な安定する大きめな高台ながらも、
飽きのこない美しいフォルムをもつ鉢です。


また、作り手や、土や釉薬や、窯によって、
表情やことなり、一つずつの個性が生まれます。
それは、こんなにシンプルな絵付けだからこそ、
多く作られ、自由に試すことが出来たのでしょう。

12_kubota_0976.jpg
釉のなかに溶け出した縁鉄の色合いが、
それぞれに個性となる美しい鉢です。


久保田さんの長石釉縁鉄小鉢も、
ご本人の性格のままに、
優しく穏やかに料理を包みながらも、
使い勝手を大切にした、
手持ちの軽さ、深くて滑らかな見込み、
丈夫で汚れにくいよう焼き切り、
何でももないと思いがちな、
表情の中に、しっかり個性がにじみ出しています。

使って頂くことで、
ファンが増えて行く、
久保田さんのそんな仕事です。

           甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2290-299bbea5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad