うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

手ひねりの角皿は角がない

今日から鶴見宗次さんの個展がはじまりました。
今年の作品で初めに目についたのが、
角皿、角鉢のシリーズです。

12_turumi_0598.jpg
鶴見宗次 角皿中 各8,400円

今日はまず角皿をご紹介します。
手ひねりなので、姿や形は一つずつの顔つきで、
灰をかけて、灰がガラス質の自然釉になるまで、
ギンギンガンガン焼き締めた表情も、
同じ物はありません。

12_turumi_0517.jpg
鶴見宗次 角皿中A 8,400円 □24cmH5cm

ただ、どれも明らかに鶴見さんの手あとの残る、
土肌を活かした、力強く、美しいフォルムの器です。

12_turumi_0518.jpg
鶴見宗次 角皿中A 灰が緑褐色の自然釉になっています。


土の塊から手でひねり出す、鶴見さんの角皿は、
タタラ作りや、ロクロ挽きのあと開いたもの友違い、
角皿ですが、角がありません。

12_turumi_0522.jpg
鶴見宗次 角皿中A 高台側にも自然釉がみられます。

そこが、硬質感の強さのテクスチャーながら、
柔らかで、穏やかな器に仕上がっています。

12_turumi_0527.jpg
鶴見宗次 角皿中B 8,400円 □23.5cmH5.5cm

鶴見さんの焼き〆の器は、
盛り映えしますからとお薦めして、
使って頂いた後に、多くのお客さまから、
「想像以上に料理映えする」と、
お褒めをいただきます。
ぜひ、試してほしい、甘庵お薦めの器です。

12_turumi_0528.jpg
鶴見宗次 角皿中B 少し深めの皿でマットで黒めに仕上がっています。

盛り付けには、大切な心得があります。
しっかり水に浸けて、
かるく拭いた程度で水気が残るままで、
料理を盛りつけてください。

12_turumi_0529.jpg
鶴見宗次 角皿中B 裏側の方が自然釉がみられます。

焼きもの、とくに焼き〆は、
水で濡らすと表情が活き活きして、
焼き締まった土肌の美しさが倍増します。

これからの暑くなる季節には特にぴったりです。
和のお約束では、焼き〆の器を水を打ち使うのが、
涼感をご馳走にする夏のおもてなしです。

また、料理の匂いや汚れも付きにくいのも、
後で洗う時がぐっと楽になり、
次に使うための優しさになります。

               甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2337-113f4577
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【手ひねりの角皿は角がない 】

今日から鶴見宗次さんの個展がはじまりました。今年の作品で初めに目についたのが、角皿、角鉢のシリーズです。鶴見宗次 角皿中 各8,400円今日はまず角皿をご紹介します。手ひねりなので、姿や形は一つずつの顔つきで、灰をかけて、灰がガラス質の自然釉になるまで、ギン...

  • 2012/05/19(土) 08:14:01 |
  • まとめwoネタ速neo

FC2Ad