うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

銀色の壺

野波実さんの個展最終日です。
今日のブログでご紹介するものを、
取り鉢か花器で迷いましたが、
新しい仕事の銀彩の壺にします。

12_nonami_0834.jpg
銀彩壺 50,000円 径20cmH28cm

会期中のブログのなかでも、
野波さんの花好きを、何度かお話ししましたが、
花器も多く手がけていて、
小さいものは、縦横5cm前後のモノから、
ご紹介している壺より大きなものまで、
多様な花器が届いています。
そんな中でも、独特の存在感があります。

12_nonami_0831.jpg
小花器・小壺各種 2,000円〜2,600円 径5~7cmH6~7cm
白磁面取り一輪差し 3,000円 径6.5cmH12cm


途中で繋いだ、長閑な形の壺なのですが、
全身に銀彩が施されて、
銀色に煌めいています。

12_nonami_0836.jpg

素地がざっくりした肌合いで、
施釉もマット白磁なので、
銀彩がぎらついたり、つるピカと言う感じがなく、
銀箔を貼った、張りぼてみたいな・・・。
いえ、悪い意味ではなく、
また、軽々しい感じもなく、
不思議なくらいに、温かみのある壺です。

12_nonami_0703.jpg

全体のフォルムも、口作りも、
無機質ではなく有機質というか、
フィギア的ではなくぬいぐるみ的というか、
壺自体から息づかいを感じとれそうです。

そんな壺ですが、花をすんなり受け入れ、
盛り立て、活かす、実用実力派の壺です。
加えて、大きさと制作手間と材料を考えれば、
価格も大変良心的だと思います。

             甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2360-ff22f82c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【銀色の壺 】

野波実さんの個展最終日です。今日のブログでご紹介するものを、取り鉢か花器で迷いましたが、新しい仕事の銀彩の壺にします。銀彩壺 50,000円 径20cmH28cm会期中のブログのなかでも、

  • 2012/06/13(水) 02:05:52 |
  • まとめwoネタ速neo

FC2Ad