うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

線刻鉢 スモーク

荒川尚也さんの個展がはじまりました。
今年のDMの画像にもなった線刻鉢をご紹介します。
昨年の個展で初めて手にしたとき、
荒川尚也さんのまた違う一面を見た気がしました。

12_arakawa_0999.jpg
線刻鉢スモーク 24,150円 径22cmH7cm

お付き合いさせていただき、
30年が過ぎた中で、
数年ごとに、大小のそんな波がやってきます。
昨年のは結構大きい波でした。

12_arakawa_1001.jpg

器の外側に、立体的な深さのある、
線刻が施されていて、
細かく彫りは静かな印象ですが、
ガラスの持つ硬質感を強く印象づける、
存在感が引き出されています。

12_arakawa_1002.jpg

また、スモークと呼ぶ、
モノトーンを素地は、
荒川さんの多くの器の澄んだ素地とは、
また違うガラスの魅力をみせてくれます。

12_arakawa_1004.jpg

光を器の中に取り込んで、
どよんとした透け感が、
どこか無機質ではなく、
でもクールな気配を漂わせています。

明日は、スキの線刻鉢をご紹介します。

               甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2375-d73008d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【線刻鉢 スモーク】

荒川尚也さんの個展がはじまりました。今年のDMの画像にもなった線刻鉢をご紹介します。昨年の個展で初めて手にしたとき、荒川尚也さんのまた違う一面を見た気がしました。線刻鉢ス

  • 2012/06/29(金) 17:27:23 |
  • まとめwoネタ速neo

FC2Ad