うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

藍糸の彩り

藍染めは同じ瓶でも、
布の素材や織り方なので、
違った色合いや表情を見せてくれていましたが、
糸でも同じように、
様々な彩りを見せてくれています。

12_mori_0119.jpg
左:綿 77g 4,851円
中:綿 75g 2,993円
右:綿 50g 1,470円


濃淡や彩度の違いなどが、
自然のなかかの樹木の緑の違いのように、
空や海の色の違いのように、
眺めていても飽きのこない、
美しい彩りです。

12_mori_0121.jpg
左:シルク・レーヨン 130g 8,873円
中:シルク・レーヨン 134g 8,442円
右:シルク・レーヨン 125g 5,644円


森さんから届いた、
どの糸もにも言えることは、
藍の色合いに濃淡があっても、
どの色も澄んで爽やかで、
明るく華やかな藍色なことです。

12_mori_0120.jpg
左:綿ローピング 100g 5,460円
中:綿ローピング 95g 4,486円
右:綿ローピング 40g 1,260円


昨年糸求めていただいたかたで、
編み上げたサマーセーターを、
お召し頂いてお客様もいて、
編み上がった糸は、
カセのままの糸とは違う、
立体的で、身につけられて、
使われている魅力があります。
また、橋渡しさせて頂く身には、
なによりのう嬉しさです。
 
          甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2390-b5f7f488
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad