うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

木灰からでる緑

少し太陽高度が低くなって、
影の出方だ変わってきています。
秋が近づいてきていることを感じとれるのですが、
澄んできた空気の中斜めに刺す日差しは、
加齢して硬化している甘庵の肌でも刺してきます。
当然のことながら暑い。
まだまだ残暑に耐えています。

12_zansyo_0332.jpg
鶴見宗次 白皿 15,750円 径30cmH4.5cm
12_zansyo_0312_20120910112451.jpg


少し涼しげで暑苦しくなく、
同時に秋も感じとれ木灰からできた、
緑の自然釉の皿と鉢をご紹介します。

ロクロを使わずに、
手ひねりで質感の高いフォルムを生み出し、
がんがん焼いた焼き締めの器を作る、
鶴見宗次さんの作品です。

12_zansyo_0527.jpg
鶴見宗次 白鉢 10,500円 径21cmH8.7cm
12_zansyo_0528.jpg


石肌のような土肌に、
緑のジュエルのような釉だまりが、
美しい器は、驚くほどに、
料理を選ばず、盛り映えがします。

手ひねりの造形もあるのですが、
素地が変形するほどに、
焼き切ってしまう鶴見さんならではの、
炎が生み出した美しい歪みです。

12_zansyo_0529.jpg
鶴見宗次 白皿 8,400円 径23.5cmH4.5cm
12_zansyo_0530.jpg

高温の窯のなかで、
木の灰が溶けて素地の土と絡みあい、
緑の釉調も様々な色あいをみせるために、
二つの同じ表情色合いはありません。
作りだす鶴見さんにとっても、
手に入れ使ってくださる方にとっても、
一期一会の出会いになります。

               甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2429-b3384cbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad