うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

こっくりとした鉄絵皿

"秋色の器展"から、今日ご紹介するのは、
企画展のサブタイトル通りの、
こっくりした表情の藤田佳三さんの鉄絵皿です。

12_autumn_0620.jpg
藤田佳三 鉄絵7.5寸皿 7,350円 径23.8cmH4.2cm

料理雑誌などで取材された京都の料理屋さんが、
使ってくれているそうですが、
よくわかる気がします。
きっと、料理を引き立てて、
美味しそうに映える盛りつけになるのでしょう。

12_autumn_0621.jpg
渋い釉調と侘びた鉄絵付けでも、
どこか雅さがあるのが藤田さんらしさです。


これからの季節にぴったりで、
松茸の香りや、秋なすの田楽が、
思い浮かんできます。

12_autumn_0623.jpg
歪みの出やすい陶器では少ない浅めな皿で、
洋皿としての使い勝手も良いフォルムです。


といいながらも、
サラダとパンのワンディッシュランチや、
パスタが美味しく頂ける日常使いが楽しい皿です。

12_autumn_0622.jpg
大きめに削られた高台は安定が良く、
それでいて野暮なバランスではなく、
土見せや釉かけのあとは、
ヤキモノ好きにはたまらない作行きです。


達者な鉄絵の上に薄めに施した灰釉が、
土肌をいかしたシックな地色を魅せています。
縁は輪花に仕上げて、縁に鉄を巻いて、
全体に気品のある器に仕立ててあります。


藤田佳三さんというと、
赤絵や安南が人気ですが、
藤田ファンには、是非とも、
使った時の広がりや使い勝手からお薦めできる、
長く手がけている鉄絵や粉引や刷毛目の器にも、
目を向けてみてください。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2432-d1f33926
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad