うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

新米が似合う飯碗

新米が美味しい季節です。
炊きたての白いご飯も、
季節の栗、サンマ、松茸・・・。
炊き込んだご飯も美味しいですね。

今日ご紹介するのは、
新米を美味しくいただける、
山口利枝さんの飯碗4種です。

12_yamaguchi_0819.jpg

12_yamaguchi_0820.jpg
左:花詰飯碗 2,730円 径12.3cmH6.4cm
右:花詰小丼 3,360円 径13cmH7.5cm


はじめの2点は、
花詰め文が描かれた、飯碗と小丼です。
染め付けでぎっしり隙間なく描かれた花弁、
そこに薄いゴスで塗るダミの、
和の青い色合いが食欲をもり立てます。

12_yamaguchi_0821.jpg

12_yamaguchi_0822.jpg
左:鉄ゴスしましまめし碗 2,310円 径11cmH6cm
右:菊文飯碗 2,520円 径12cmH6cm


こちらの2点の飯碗は、
ゴスの青と鉄で出した黄色が、
モダンで軽やかな印象を生む飯碗と、
間違いない菊文染め付けの、
伝統の味わい深さの飯碗です。

手仕事のロクロと絵付けの柔らかな表情と、
質感のある素地と青みがかった釉調が、
新米の味をより引き立てる飯碗です。

           甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2453-9688d85a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad