うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

お得なお薦めの器

武井順一さんの仕事は、
電動工具を少しだけ使いますが、
そのほとんどを手作業で、
木の塊から削り出しています。

木目を楽しみ、木の特性を活かして、
熱い料理でも、油ものでも、
冷めにくく温まりにくく、
盛り映えして、使い勝手の良く、
洗ったり管理のしやすい、
仕上げは拭き漆が中心です。

12_takei_0985.jpg

それらの仕事を時間給計算で、
価格を設定しているので、
手の掛かる仕事も多く、
ヤキモノなどと比べて、
高価を感じてしまう方も、
おいでになると思います。

そんな中でも、
比較的時間が少なかったり、
最小限で手を止める勇気で、
とってもお得にできている器があるので、
ご紹介してみます。

12_takei_0988.jpg
器角 8,400円 ヒバ 拭き漆
W40.5cmD17cmH5.5cm


両側に手のある、ヒバのモダンな器は、
どこか北欧の匂いを感じるます。
ヒバという針葉樹の特性を活かした器です。
ケヤキや山桜などの広葉樹に比べて、
材としては柔らかく仕事は早く進みます。

12_takei_0989.jpg

ただ年輪部分は堅く、その堅さの差や、
逆目が立ちやすい点を、
技で補うことでスムーズに納めています。
結果が嬉しい価格に反映しています。

12_takei_0986.jpg
桜長皿 25,200円 桜 拭き漆
W50.5cmD20cmH3cm


山桜の皿は、長さ50cmというこの大きさから思うと、
ヤキモノでは制作の大変な長皿と比較しても、
むしろリーズナブルな価格です。

12_takei_0987.jpg

しかも、ヤキモノなら割れやすい形状ですが、
まず割れることはないのも嬉しい器です。
日常で毎日のように気軽に使え、
軽くて、手入れも楽で、
バンバン使って気になれば、
さっと漆を塗り直してもらえて、
メンテナンスも簡単です。

どちらも、木の器の使いやすさを、
経験していただくためには、
価格からもお薦めの2点です。

          甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2465-174f8288
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まっとめ【お得なお薦めの器 】

武井順一さんの仕事は、電動工具を少しだけ使いますが、そのほとんどを手作業で、木の塊から削り出してい

  • 2012/10/23(火) 06:35:55 |
  • まっとめBLOG速報

FC2Ad