うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

デザートみたいな小鉢

葛西義信さんの個展がはじまりました。
葛西さんの器が、
久々にたくさん並びました。

北海道で作り出された器には、
身の回りの草花が絵付けされていて、
農作物ではなくても、
北の大地の恩恵を受けて、
出来上がっている気がします。

12_kasai_1122.jpg
葛西義信 高足鉢
スミレ・ななかまど・ブドウ
各3,780円 径11cmH6.5cm


そのせいもあってか、
染め付けでも*釉裏紅紅でも、
繊細というより、おおどかな、
少し骨太で、ゆったりした、
筆運びや構図の絵柄です。

12_kasai_1125.jpg

素地の丈夫さも相まって、
毎日の食卓で気軽に使えて、
気持ちを豊かにしてくれる器です。

12_kasai_1123.jpg

ご紹介している高足鉢も、
高坏やデザートカップと言われる形で、
皿や鉢の平面的な食卓に、
アクセントやリズムをつけてくれます。
デザートやスイーツが、
おなかいっぱいでも入るように、
ひとつの器が気持ちを豊かにしてくれる、
+αの力を持っている、
心のデザートみたいな器です。

         甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2470-96a0f0d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad