うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

毎日使うマイカップだから

飯碗や湯呑みなどの自分の器を持つ、
世界からは珍しい習慣があります。
この暮らしから、身近な器への見識水準が、
高い国だったと、甘庵は思っています。

12_useful_1336.jpg

その習慣も薄れつつある気がしています。
それでも、自分のカップとして、
マグをもっている人が多いようです。

12_useful_1338.jpg
左:光藤佐 粉引マグカップ 4,000円
径8cmH8cm
右:光藤佐 安南マグ 3,600円
径7.7cmH8cm


開催中の「使いやすく盛り映えする器展」でも、
いくつかのマグやカップをご紹介しています。

12_useful_1339.jpg
左:山口りえ 鉄印判マグカップ 3,360円
径9cmH9cm
中:山口利枝 腰呉須巻きマグ  3,150円
径8.5cmH9cm
右:山口利枝 ブドウ文マグ  3,150円
径8.5cmH7cm


職場などでも使うことを想定して、
コーヒーや紅茶や、時にお茶やスープなど、
いろいろ使っても、匂いや油がしみにくく、
ヒットなどしにくい、丈夫さから、
磁器や土ものでも、かなりしっかり焼ききった、
マグをご紹介しています。

12_useful_1337.jpg
左:小野寺友子 白磁スープカップA 3,150円
W16cmD12cmH5.7cm
右:野波実 白磁デザートカップ 2,500円
径12cmH5.8cm


それでも、型で作られたものや量産品とは違う、
作り手ごとに表情のあるマグから、
自分の好みで選んでいただき、
マイカップとして愛用してもらえるよう、
お薦めのカップをセレクトしました。

            甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2486-d286d7ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad