うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

備前緋だすき皿

銀花アウトレット会から、
今日ご紹介するのは、備前ひだすきの皿です。

12_outlet_1325_20121203121204.jpg
木村宗得 備前緋だすき大皿 24,150円
径24cmH4.8cm

アウトレット価格はお問い合せください

緋だすきというのは、
重ね焼きするときに器同士が、
焼き付かないように、
敷いたり、縛ったりしたワラが、
器に緋色を残したものです。

12_outlet_1407.jpg

水をくぐるだけで、
緋色がパッと華やかになります。

12_outlet_1406.jpg

甘庵は、同じ頃に窯からでて5寸皿を、
2枚ですが30年近く使っています。
使い込んでいって、
全体が落ち着いたわりには、
緋色の部分は、かえって鮮やかになっています。

12_outlet_1408.jpg

何を盛っても映えてる土味と、
丈夫で使い勝手も良いのが、
備前の器の持つ魅力です。
料理好きの方にお薦めできる逸品です。

          甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2503-7a1bd33b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad