うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

注ぐ盛る二刀流の片口

光藤佐さんの片口は、
注げば切れがよく、
盛れば料理が映える、
使い勝手の良い、多才な器です。

13_mitsufuji_0683.jpg
左:刷毛目片口酒注 6,000円 W16.5cmD12.5cmH8cm
右:粉引片口酒注 6,000円 W15.6cmD12cmH8cm


今回の穴窯の器としても、
届いています。
その中から、刷毛目と粉引の2つを、
ご紹介しています。

13_mitsufuji_0684.jpg

化粧土を刷毛で引いたのが刷毛目、
どっぷり浸けたのが粉引です。
透明な釉薬をかけて焼いていますが、
薪窯の灰が降りかかり、
落ち着きのある色合いに仕上がっています。

13_mitsufuji_0685.jpg

華やかな白とは違いますが、
これがまた盛り映えする、
使い込むのが楽しみな釉調です。

どちらも少し歪ませてあり、
片手でも注ぎやすい形になっていて、
フォルムとしても柔らかく、
動きのある形です。

          甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2548-c62e88c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad