うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

普段使いの器 碗鉢

久保田信一さんの器は、
使い方に自由な広がりがあり、
盛る料理も幅広く受け止めてくれます。

今日ご紹介する器も、
そんな一つです。

13_kubota_1414.jpg
三島 鉢 3,000円
径12.5cmH5.5cm


納品リストでは「鉢」となっていますが、
高台は大きく低く安定しているので、
鉢としたのでしょうが、
手にも馴染んで持ちやすく、
低めの飯碗と言ってもよいフォルムです。

13_kubota_1415.jpg

三島手檜垣文アレンジの文様は、
和でありながらも現代的で、
いろいろ盛って試したくなる仕上がりです。

13_kubota_1416.jpg

またこの器も、
久保田さんの器に共通な、
手持ちが軽く、
カラッと芯まで焼き切っていて、
お薦めできる普段使いの器です。

           甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2596-5fe53f4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad