うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

カフェオレボール三器三様

手の中に感触を楽しみたくなるような、
ころんとした姿が可愛い、
荒賀文成さんのカフェオレボールです。

13_araga_1726.jpg
左:白粉引カフェオレボール  3,150円 径13cmH7cm
中:白磁カフェオレボール 3,150円 径12.2cmH8cm
右:粉引カフェオレボール 3,150円 径11.8cmH8.2cm


手に持って掌を味わってもらいたいからの、
ネーミングと思ってもらった方がいいかもしれません。
もちろんカフェオレをいつも以上の楽しめます。

13_araga_1727.jpg

でも、それだけと思い込まれるのが、
残念なくらいな器で、
小丼としても、小鉢としても、
シリアルやヨーグルトや、
スープカップでもと、
いろいろ自由に使っていただけると、
この器の本来の力が発揮できると思います。

冬なら鍋の取り鉢もよさそう、
夏ならフルーツやデザートも映えるはず。

13_araga_1725.jpg

良い器は名前にとらわれず、
先人たちの「見立てる」を見習い、
使い方に広がりを持たせる工夫が、
楽しみなのですから、
ぜひ、手に取って掌を楽しんだ後に、
使い方のイメージが広がるのを、
試しにきてください。

            甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2616-4aa0da55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad